販売管理の目的と導入すべき理由とは?

更新日:

    販売管理の目的と導入すべき理由

    販売管理を行う目的

    業務管理を強化する

    販売管理を行うことで、受注や納品、在庫数など詳細な情報を可視化して管理することが可能となるため、納期の遅れや業務のミスを防止することが可能となります。

    販売管理を行うことで、業務のどの部分に課題があるのか洗い出すことができるので、業務改善にもつながります。

    収益を上げるため

    販売管理は、モノの流れやお金の流れを可視化することができるので、顧客ごとの販売実績を把握して業績の分析や改善につなげることができます。

    モノの流れを理解することで、過剰な在庫を適切にコントロールして在庫管理を適正かできる点も特徴的です。

    販売予測を可能とするため

    販売管理システムを導入して、販売に関する情報を一元管理すれば、蓄積された販売データをベースとして商品が売れやすい時期や適切な在庫量の目安などの市場の流れを抑えた販売予測が可能となります。

    商品が売れやすい時期がわかれば、無駄な在庫を抱えないように発注量を調整したり、逆に足りない分を適量発注することができます。

    さらに、顧客データを分析することで自社商品がどんな年代や性別の方にヒットしているのかが把握できるため、新規商品開発に役立てることも可能となります。

    顧客満足度の向上

    販売管理によって業務改善が実現できれば、業務スピードを向上して顧客により高品質な対応ができるようになります。

    さらに、販売管理を行うことで在庫管理や入金・出勤などに関する業務のミスが減るため、結果として顧客満足度の向上につながります。

    販売管理を導入すべき理由

    収支状況を可視化するため

    販売管理を行うことで、商品がいつ、どれくらい売れたのか、代金の回収は完了しているのかといった情報が把握できるようになります。

    どのようなお金の流れが発生しているのかが可視化できれば、部署ごとの利益を把握しやすくなり、売上実績を分析して商品の改善に充てることもできます。

    業務効率化を実現するため

    販売管理では各工程ごとに管理を行うため、納品時期や受注時期を確認しやすくなります。

    また、リピート発注しているものに関しては、受注状況に合わせて仕入れ数を変更して、適切な在庫状況を実現しコストコントロールを可能とします。

    システムによって各種情報を一元管理すれば、部署をまたいだ情報の共有ができ、確認漏れやヒューマンエラーなどを防止することができるため、業務効率化につながります。

    この製品は販売管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    販売管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【販売管理】

        類似サービス: アラジンオフィス

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

        アラジンオフィスとは、株式会社アイルが開発・提供している販売管理・在庫管理パッケージシステムです。 5,000社以上のユーザー様に販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、販売管理・在庫管理システムとなっています。

           

        完成度の高いパッケージ

        アラジンオフィスは、多くの導入実績を元に、ユーザーの声を1つのパッケージに集約しました。 販売管理に必要な豊富な機能が標準搭載されているため、ノンカスタマイズでも十分な運用が可能です。

        あらゆる業種・業態に対応

        アラジンオフィスは、さまざまな業種・業態に対応した販売・在庫管理パッケージシステムです。

        豊富な外部システム連携

        ハンディターミナルやWMS、会計システム、RFID、店舗管理システム、営業支援ツール、複数ネットショップ一元管理システムなど、さまざまなシステム連携が可能なため、販売管理・在庫管理だけでなく更なる業務効率化を実現できるでしょう。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載