タレントマネジメントシステムについてのよくある疑問

更新日:

本記事では、タレントマネジメントシステムについてQ&A方式で解説しております。

タレントマネジメントシステムについてよくある疑問

質問

Q.タレントマネジメントの目的とは?


回答

A.
タレントマネジメントを行う目的は、主に以下のポイントが挙げられます。

  • 企業の経営目標に対して最適な人員配置の検討
  • 社員各々がベストな能力を発揮するための人事戦略

明確な経営目標を達成するための人材のマネジメント、すなわち採用・配置・目標設定・評価、業績賞与といった要素に対し、最適な施策を行うことです。


質問

Q.タレントマネジメントの導入効果は?


回答

A.
タレントマネジメントを導入することで、社員各々の特徴や強み・実績・性格などを把握でき、これまで企業が行いたくてもなかなか実施できなかった「人材配置」や「評価制度」を見直すことが可能になります。

タレントマネジメントを導入することで期待できる効果は、主に以下の5つです。

  • 社内の人材が活躍できる環境作り(活性化)
  • 社員各々にぴったりあった部署への配置(最適化)
  • 企業全体の生産性の向上(組織の活性化)
  • 従業員が業務内容に納得して取り組める組織作り(満足度の向上)
  • 従業員にとって働きやすい環境構築(定着率・離職率の改善)

タレントマネジメントの施策を十分に行うことで、社内人材育成の環境が整います。

それによって、人材の成長速度がアップするため、企業全体はさらに活性化するはずです。
すなわち、

  1. 人材が成長
  2. 企業としての生産性が向上
  3. 経営目標が実現
  4. 従業員満足度の向上

という、好循環を生み出すことができます。


質問

Q.タレントマネジメントの導入方法は?


回答

A.
タレントマネジメントは主に、以下のような導入方法が一般的です。

  1. 導入目的を設定する
  2. 適材を発掘する
  3. 適正に活用する
  4. 部署同士が連携し育成・評価する
  5. リテンションする

まず、企業のビジョン・経営戦略をテーマに、「タレントマネジメントを行う理由」を明確にし、その設定した理由に対し、最適な人材を発掘します。

その後、個人のプロフィールなど整理したデータを用いて、社員を適材適所に配置します。

人材の上長に当たる、例えば現場のマネジャーなどの役職を持つ人物は、人材個々の状態・変化を常に人事部門と共有・データ化して成長を支援、加えて人材の体調・モチベーションをフォローアップしましょう。

それによって従業員は、最良のパフォーマンスが発揮できるようになり、企業が活性化されるのです。

現場と経営陣が連携し、タレントの育成・評価に励み、経営目標を追いかけるのがベストと言えるでしょう。


質問

Q.おすすめのタレントマネジメントシステムは?


回答

A.
【HR-Platform】
HR-Platformは、フォスターリンク株式会社が提供しているクラウド型の組織・人材マネジメントシステムです。

人事評価制度・組織体制に優れており構築してくれるため、導入する企業に最適なカスタマイズをしてくれます。

アウトソーシングサービスの提供も行っており、業務の効率化・人手不足の解消にも最適なサービスです。

  • 月額費用:要お問合せ
  • 初期費用:要お問合せ
  • 無料お試し:デモあり
  • 導入社数:非公開

【スマカン】
スマカンとは、スマカン株式会社が運営しているクラウド人事システムです。

人材情報の可視化はもちろん、人材配置・人材育成・目標管理・人事評価のサポートに長けており、企業の人材戦略の心強い味方になってくれるサービスです。

クラウド型の強みを活かし、テレワークにおける人材管理や目標管理も行えます。

  • ベーシック:月額50,000円〜
  • 選べるパック:評価パックorスキルパック
  • 30日間無料のトライアル

【JobSuite TALENTS】
JobSuite TALENTSは、株式会社ステラスが運営する人事業務プラットフォームです。

JobSuite TALENTSの従来の人材管理システムをベースとし、人事の業務プロジェクト管理に大きな強みを持っています。

社員のデータベースとしての活用はもちろん、人事業務を計画的に行える支援機能が非常に優秀で、毎日の人事業務がより高い水準で行えるようになります。

カスタマイズの要望に応じて仕様・価格が変動するため、詳しくはお問い合わせください。

【CYDAS】
CYDASとは株式会社CYDASが提供している人材の見える化を実現するタレントマネジメントシステムです。

人事制度の仕組み構築に長けており、育成プランの最適化にぴったりなサービスとして人気を博しています。

導入することで人事評価をスムーズに行えるようになるため、最適な人材配置と人材評価が実現されます。

多くの有名企業からも導入されており、実績十分なタレントマネジメントシステムです。

  • 月額費用:要お問合せ
  • 初期費用:要お問合せ
  • 無料お試し:デモあり
  • 導入社数:非公開


質問

Q.タレントマネジメントの料金体系は?


回答

A.
企業がタレントマネジメントに取り組む際の一般的な流れは、システムの導入をはじめとし、人事・評価制度の策定・採用戦略の立案・教育研修となりますが、その際、必要な費用として考えられるのは主に以下の通りです。

  • システムの導入費用・月額費用
  • コンサルティング・研修費用
  • 社会保険労務士との契約費用

また施策の数が増えるに従い、当然関わる人数も多くなり比例して費用も高くなります。

企業の規模によって異なりますが、年間500万円〜1,000万円といった単位でのコストも考えられるため、予算に限りがある際は、タレントマネジメントの目的をリーダー育成に絞るなど条件を決めて活用した方が良いでしょう。


質問

Q.タレントマネジメントの費用相場は?


回答

A.
以下おおよそのタレントマネジメントの費用の相場です。

  • 研修 150,000〜300,000円(1回あたり)
  • 採用代行 月額150,000〜350,000円
  • コンサルティング 月額200,000から500,000円

【コンサルティング】
企業の人事制度・評価制度の課題を的確に見つけ、改善へと導くのがコンサルティング会社の役割ですが、その費用は、企業の従業員数が多いほど多くの施策を行う必要があるため、従業員数で月額料金が変動するシステムを採用しているところが多いようです。

相場としては、

従業員10名〜20名:月額200,000円から300,000円前後

従業員40名〜60名:月額350,000円から500,000円前後

が一般的です。

【研修】
ビジネスマナー・OJT・リーダー向けのマネジメント研修などを依頼する際、その費用としてかかるのがおおよそ150,000円から300,000円前後です。

法人向けの研修である場合、参加人数に制限がある場合も少なくありません。

テキスト制作・会場の利用料などにも費用は発生します。

【採用代行】
企業が人材採用を行うに当たって、採用代行会社にサポートを依頼する際にかかる費用です。

主に、求人広告出稿・日時調整・応募者情報の管理が採用代行会社の業務になりますが、

費用はおおよそ、月額150,000円から350,000円程度であることが通常です。

当然、採用活動が長ければ長いほど、それに比例して費用は高額になります。


質問

Q.タレントマネジメントの比較ポイントは?


回答

A.
タレントマネジメントを比較する上で一番目を引くのは、業務範囲による費用の違いです。

コンサルティングと一口に言っても範囲は様々ですが、例えば、

  • 評価制度の課題に対し、ピンポイントでコンサルタントからアドバイスを受けるケース
  • 採用・組織戦略によるトータルでのコンサルティングを受けるケース

とでは、当然費用は大きく異なります。

また採用代行を依頼する場合でも、

  • 広告の出稿・日程調整など狭い範囲での業務委託する場合
  • 採用業務全般(説明会開催・応募者管理・内定通知など)を業務委託する場合

とでも費用は異なります。

まずは、発注先としてピックアップした複数の会社へ見積もりを依頼し、費用の違いや自社にとってお得になるのはどれか、しっかりと確認しておくことが重要です。

また、これまでの実績を公開している企業を優先的に候補にするのもおすすめします。

コンサルティング・研修は、すぐに売り上げや収益などの効果へと直結するような種類のものではありません。

過去の成功事例・業務実績などをWEBサイト上で公開しているコンサルティング会社は、確度の高いノウハウを所有していると判断できるでしょう。

依頼したい内容をしっかりと整理した上で、十分な実績を持つ企業に依頼することを心がけましょう。


質問

Q.タレントマネジメントとエンゲージメントの関係性とは?


回答

A.
タレントマネジメントを「手段」とすれば、エンゲージメントは「目的」です。

エンゲージメントの向上を目的とするため、タレントマネジメントはそれに対する手段だと考えるとわかりやすいでしょう。

すなわち、最適なタレントマネジメントを行い企業活動が活性化すれば、エンゲージメントの向上が見込めるということになります。

従業員にとって、適性にぴったりな部署に配属してもらえたり、正しく評価を獲得できたりすることは、企業への信頼感に繋がります。

従業員が企業に貢献したいと考えるきっかけになり得るのです。


質問

Q.タレントマネジメントでエンゲージメントを向上させる方法は?


回答

A.
上でも述べましたが、エンゲージメントを向上させるためには、従業員が企業に対して信頼ややりがいを感じてもらう必要があります。

信頼ややりがいを感じてもらうためには、能力やスキルに応じた役割に従業員を配置する必要があります。

そのためには、タレントマネジメントによって、一元管理された情報が有効です。

また、「自分の能力に最適な役割」と「自分の能力よりやや高い能力が必要な役割」のどちらにやりがいを感じるかは人によって異なるはずです。

これらを判断するのにも、タレントマネジメントは最良な手段だと言えるでしょう。

以下、エンゲージメントを向上させるための手順をまとめました。

【目的を明確にする】
タレントマネジメントをする際は、

  • タレントマネジメントをする理由
  • タレントマネジメントで何を解決するか

といった、目的を明確にすることが必要です。

例えば、離職率の高さをはじめとした、「社内の元気のなさ」を課題として感じている場合は、エンゲージメントを向上させることをまず第一に考えるべきでしょう。

目的がはっきりすれば、タレントマネジメントの導入自体が目的になってしまうという、よくある間違いを防ぐことができます。

また、タレントマネジメントシステムを選定する際にも、目的に最適なものを選ぶ必要があるので、このフェーズを怠ってはいけません。

【タレント情報を把握する】
効果的なタレントマネジメントを行う際は、当然タレント情報をしっかりと把握しておく必要があります。

まずは、現状、企業内の各部署に人材がどれくらいいて、どのような方法とコストをかけて教育・育成しているのか、可視化して情報収集することから始めましょう。
そのためには、

  • 現在企業が保有している情報が最新のものか
  • 部門ごとに保管している情報の統一が図れているか

を確認することが必要です。

企業がそのような取り組みを始めることで、従業員も、「会社全体で従業員の情報を把握して、より環境を改善しようとしてくれている」と感じ取り、満足感向上に繋がるきっかけが芽生えるはずです。

【計画を策定し運用する】
タレントマネジメントの適切な計画と運用により、エンゲージメントは徐々に向上します。
運用と一口に言っても、

  • 部門ごとの課題解決に最適な人材を配置する
  • スキルアップ・パフォーマンス向上に有効な研修を用意する

など、様々な手段が考えられます。

的確な計画を立ててその通りの運用ができれば、効果は発揮されるはずです。

また、計画を策定する際は、従業員からヒアリングをするのも良い手段です。

従業員が感じる課題をタイムリーに知り、企業が解決に向けて施策を行うことで、従業員の信頼感にも繋がることでしょう。

【効果測定を行う】
計画通りに運用を行って行く中で、定期的な効果測定を欠かすことができません。

計画通りの効果が出ているかをしっかりと確認し、都度改善と修正を行い最適化を目指しましょう。

効果を確認する方法は、例えば、従業員個別のヒアリングなどを行ったり、従業員側の感想を募ったりなどが有効な手段と言えます。

PDCAサイクルを回すことは、ミスマッチのある施策を続けない上でも非常に重要なのです。


質問

Q.エンゲージメントを高めるためのポイントは?


回答

A.
これまで述べてきたことをまとめると、エンゲージメントを高めるためのポイントとしては以下の4つが重要と言えるでしょう。

  • エンゲージメントを高める目的や課題を明確にする
  • タレント情報をしっかりと収集する
  • 目的に沿って適切な施策を計画通り行う
  • PDCAサイクルを回し、より高い結果に繋げるために改善を定期的に行う


質問

Q.タレントマネジメントシステムの機能は?


回答

A.
【従業員の基本情報データベース】
従業員の基本情報を集約したデータベースです。キャリアや実績だけでなく特技やスキルなどの社員情報を登録することができる機能です。

【スキル・キャリア・実績などの登録機能】
スキルや実績なども登録できます。職務とスキルのギャップを見える化すれば、育成計画や配置転換、自社に不足するスキルを持つ人の採用計画などに役立ちます。

【配属管理機能、組織図の作成機能】
タレントマネジメントシステムは情報を可視化することが重要です。配属管理機能は各部門に所属する人員のランクやスキル、残業時間などをグラフで表示できます。また、社員の性別や年齢、勤続年数や評価等を集計してグラフを作成することもできます。従業員情報をもとに組織図を生成できます。


質問

Q.タレントマネジメントシステムの選び方は?


回答

A.
【ツール・サービスの強みやタイプは何か】
タレントマネジメントシステムは、それぞれの機能や特長、ツールのタイプも異なります。比較の際にはどのようなタイプであるかや強みを把握するといいでしょう。

【自社の課題・目的に適しているか】
タレントマネジメントシステムはタイプや強みが異なるため、自社に合っているものを選ぶことが大切です。自社の課題を解消し、目的を達成できるツールであるか確認しなければなりません。

【分析機能は充実しているか】
タレントマネジメントシステムはデータ管理システムではなく、分析しデータを活用することが大切です。
どのような分析機能があるか確認しなければなりません。


質問

Q.タレントマネジメントシステムのおすすめランキングは?


回答

A.
【HRMOSタレントマネジメント】
社員の顔写真付きの組織図をもとに、入社時から現在までの人事情報を管理できるタレントマネジメントシステムです。

【ミイダス】
自社で活躍できる人材の分析から採用をサポートするシステムです。自社の社員の特徴をデータ化し、自社に合う人材を把握できるので採用活動に活用できます。

【HITO-Talent】
人材データベースの分析をもとに適切な人材配置にアプローチできるタレントマネジメントシステムです。データベース項目はカスタマイズできます。


質問

Q.タレントマネジメント導入期の課題は?


回答

A.
タレントマネジメントの導入期の課題には、ゴールが共有されていないことがあります。
タレントマネジメントは人事部だけで行えるものではないので、従業員全員と共有することが必要です。
タレントマネジメントによるゴールを明確にし共有すること、実際に運用して従業員に成果を感じてもらうことが成功のために必要になります。
そして、自社にあったタレントマネジメントに関するサポートシステムのサービスが選べないということもあります。
サポートシステムのサービスは、現在多数あります。それぞれ特徴があるので、タレントマネジメント導入の目的に合わせて選ばなければなりません。


質問

Q.タレントマネジメント実践期の課題は?


回答

A.
タレントマネジメントの実践記の課題には、業務フローへの組み込みや定着化することがあります。
タレントマネジメント運用には人材データの更新が必要ですが、人材データは常に変わります。
人事評価に加え、人材データの更新が加わるので、業務フローをしっかり決めないと業務の工数が増えるだけになってしまいます。
また、データが不足していると分析ができません。
それには社内のどこにどれだけの人材がいるのか、スキルやノウハウなどがあるか特定できないと、分析ができません。そのため、社内の人材を把握する必要があります。


質問

Q.タレントマネジメントの課題を乗り越えるためのポイントは?


回答

A.
タレントマネジメントの課題を乗り越えるためには、人材データの管理を徹底することが大切です。
タレントマネジメントを行うには、従業員の人材データの管理を徹底しなければなりません。
人材データを最新の状態に更新するだけでなく、できるだけ詳細の情報を収集することで人材育成や人材配置にも活用することができます。
また、目的を常に意識することも大切です。
タレントマネジメントを行う場合は、最終的な目的を忘れないようにしなければなりません。人材育成や組織強化は、短期的ではなく中長期的なスパンで取り組むものになるため、最初の目的やゴールを忘れがちです。
タレントマネジメントを行う目的を常に意識し、目的と状況を照らし合わせて運用することが重要です。


質問

Q.e-文書法とは?


回答

A.
e-文書法は2005年に施行された法律で、電子保存に関する2つの法律を指した通称です。この法律では商法や税法などで保管が義務付けられている文書の電子保存を認めており、電子文書法とも呼ばれます。

【電子帳簿保存法とは】
電子帳簿保存法は1998年に施行された法律で、一定の要件を満たせば国税関連帳簿や決裁書類、国税関係書類の電子化保存が認められます。また、2022年1月1日に行われた法改正によって、「過去分重要書類」でなければ事前申請や承認を得ずに電子保存をすることができるようになりました。


質問

Q.e-文書法と電子帳簿保存法の違いは?


回答

A.
【法律の適用範囲の違い】
e-文書法と電子帳簿保存法は法律の適用範囲が違います。電子帳簿保存法の対象となるのは課税に関する文書ですが、e-文書法の対象となるのは法定保存文書です。具体的には税務関連書類や有価証券報告書、人事関連の書類などが該当します。

【要件の違い】
電子帳簿保存法は、より重要度の高い納税義務に関わる国税関係帳簿書類の電子化について定められた法律のため、e-文書法よりも要件が厳しくなっています。また、e-文書法の要件は文書を管轄する各府省令によって異なります。


質問

Q.e-文書法と電子帳簿保存法に対応して文書を電子化するメリットは?


回答

A.
【紙の書類の保管が不要になる】
以前までは日々発生する紙の書類を保管する必要があり、保管するためには大きなスペースを確保しなければなりませんでした。このような状況を解決するためには、電子文書や電子化文書として文書を保存することが効果的で、物理的なスペースは不要になります。

【郵送や受け取りといった手間がなくなる】
これまでは必要な書類をやりとりする場合、一度郵送して相手が書類を受け取る必要があり、郵送するのに手間がかかることや受取人不在で相手の元に届くまで時間がかかってしまうなどの課題がありました。しかし、書類を電子保存することによって、インターネット環境さえあればメール等で簡単に送信できるので無駄な手間がなくなります。

【ペーパーレス化や印紙税免除などでコスト削減】
文書を紙で保存した場合、保管スペースの維持や郵送料、紙と印刷代、商取引に当たって発行する文書に課される印紙税など様々なコストがかかります。ペーパーレス化することで、これらのコストを削減することができます。


質問

Q.e-文書法と電子帳簿保存法に関係するシステムは?


回答

A.
【電子契約システム】
電子契約システムとは、紙の契約書に印鑑を押すのではなく、インターネット上で電子ファイルに押印・署名をして契約をするシステムです。また、契約の締結に加えて契約書の作成や契約書の保管も行うことができます。

【OCRソフト】
OCRソフトを使用することで画像に含まれる文字を読み取りデータに変換することが可能です。使用する場面は、紙の資料をデータ化する場合や名刺管理など多岐にわたります。これまで手入力で書類の文字を写さなければならなかったのを自動化できるため、業務効率化が向上するだけでなく、人の手で操作することによるミスを防ぐことができます。

【電子帳票システム】
電子帳簿システムとは、請求書や出納表などのあらゆる帳票を電子化し、作成から管理まで行うシステムのことです。デジタル上ですべての工程を完結できるため、業務効率アップやコスト削減が期待できます。

【ワークフローシステム】
ワークフローシステムとは、報告書や社内申請書など電子化された文書を申請者、決裁者、承認者へと適切な順番で配信し、決済から承認を迅速に行えるようにするシステムのことです。作業の抜け漏れや進捗の管理が簡単に行えるメリットがあります。


質問

Q.エンゲージメントスコアとは?


回答

A.
【概要】
エンゲージメントスコアとは、従業員が企業に対しての姿勢を数値化したもので、愛社精神や仕事への熱量を知ることができます。

エンゲージメントスコアと仕事での成果は必ずしも同じになるとは限らないため、従業員の潜在的な意識を知り、社内体制を改善するために重要な指標となります。

【従業員満足度との主な違い】
エンゲージメントスコアと従業員満足度を同じ認識で捉えている方も多いですが、従業員満足度は従業員からの一方的な満足度に対して、エンゲージメントスコアは従業員と企業の関係性を数値化したものになります。

従業員満足度は給与や福利厚生などの待遇をベースにした信頼関係のため、簡単に関係性が崩れてしまいますが、エンゲージメントスコアを高めておくことで従業員の離職率を下げることができます。

【注目が集まる理由】
エンゲージメントスコアが注目を集めている理由としては、従業員との信頼関係を数値として可視化でき、社内体制の改善や生産性向上につなげられることが考えられます。

従業員と企業の双方が信頼関係を築くことができれば、従業員は働くことにやりがいを感じやすくなるでしょう。


質問

Q.高いエンゲージメントスコアを保つメリットは?


回答

A.
【労働生産性が向上する】
社内の人員だけで最大の利益を生み出すことは、企業にとって永遠の課題と言えるでしょう。エンゲージメントスコアは給与や福利厚生といった待遇に関しての満足度ではなく、働く環境ややりがいに対してのモチベーションを数値化しているため、エンゲージメントスコアを高く保つことで労働生産性の向上が期待できます。

【従業員の定着率が上がり離職が減る】
人材確保や離職率の低下は多くの企業で課題に感じている問題です。働き方が多様になった現代では、同じ企業で働き続けるという考え方が薄まっているため、若い世代は簡単に離職や転職をしてしまいます。

また、従業員が企業に求めることも変わりつつあるため、エンゲージメントスコアを高くすることで、従業員の定着率を上げて離職を減らすことができるでしょう。

【より良い商品やサービスの開発につながる】
従業員が働くやりがいを感じている環境では、新しいアイディアが生まれやすくなります。そのためエンゲージメントスコアを高めることで、 より良い商品やサービスの開発につなげることができるでしょう。

また、エンゲージメントスコアが高い企業には、新しく優秀な人材も入ってくるため、新しい事業の展開なども期待できます。


質問

Q.エンゲージメントスコアを高めるコツは?


回答

A.
【まずは要素や正しい計測方法を理解する】
エンゲージメントスコアを高める上で、要素や正しい計測方法を理解する必要があります。
主な要素は以下の通りです。

1.戦略や方向性
2.リーダーシップ
3.個人の尊重
4.品質
5.スキルアップの機会
6.給与や福利厚生
7.業績管理
8.個人の裁量
9.リソース
10.教育制度
11.協力体制
12.組織体制

【管理職のマネジメント力を強化する】
エンゲージメントスコアを高くするためには、管理職のマネジメント力が必要不可欠です。

管理職が企業のビジョンや理念を理解して部下を育成できるように、管理職のマネジメント力を強化する体制や制度を作りましょう。

【社内コミュニケーションの活性化を促す】
エンゲージメントスコアを高めるためには、社内コミュニケーションの活性化が必要です。個々に仕事を進めるのではなく、チームとしてプロジェクトを進められるようになると、企業の生産性も向上していくでしょう。

【継続してスコアを測り続ける】
エンゲージメントスコアは短期的ではなく、継続して計測をし続けることが重要です。新しい施策を実行した後の結果などを見ながら常に改善していくことで、エンゲージメントスコアは高まっていくでしょう。


質問

Q.クラウド契約書とは?


回答

A.
クラウド契約書とは契約書の作成から締結までをクラウド上で一括管理できるシステムです。従来は書面でやりとりをしていたものを電子化することで、契約手続きが円滑になり業務効率を向上させることができます。


質問

Q.クラウド契約書のメリットは?


回答

A.
【書類の発行や押印などの手間がなくなる】
クラウド契約書システムを利用することで、書類の発行や押印といった作業にかかる手間がなくなります。また、契約書を電子化することで、紙の費用や印刷代、郵送料などのコストも削減することができます。

【セキュリティ強化につながる】
契約書を書面で管理する場合、書類の管理体制によっては重要な情報が外部に漏れてしまうことがあります。また、万が一送り先を間違えてしまった場合には取り返しのつかない事態へと発展してしまう可能性があるでしょう。

一方、クラウド契約書であれば、データにパスワードを設定することができるため、第三者が閲覧できないようにすることができます。


質問

Q.クラウド契約書システムの基本機能は?


回答

A.
【契約書の作成】
契約書にはさまざまな種類があり、契約の目的に合わせて記載する内容や体裁が異なります。クラウド契約書システムにはあらゆる契約に対応できる契約書のテンプレートがあるため、簡単に契約書を作成することができます。

また、システムによってはAIが作成した契約書をチェックするため、関連する法律などの観点から不備がある箇所を知らせてくれるため、取引のリスクを事前に避けることができるでしょう。

【契約締結】
契約書を締結するためには、関係する部署や上司、法務の承認を得る必要があります。電子化された契約書であれば、承認作業をスピーディーに進めることができるため、締結が遅いことによる機会ロスを防ぐことができるでしょう。

【締結した契約書の管理】
締結した契約書はその後も管理をしなければなりません。書面で契約書を管理している場合、複数人が同時にチェックすることができず、受け渡しにも時間がかかってしまいます。

クラウド契約書で管理をしていれば共有がスムーズになり、紛失するリスクを回避できるメリットがあります。また、必要に応じて印刷することも可能です。


質問

Q.クラウド契約書システムならではの機能や特徴は?


回答

A.
【テンプレート利用】
クラウド契約書システムにはあらゆる契約に対応できるテンプレートが備わっているため、テンプレートを利用することで簡単に契約書を作成することができます。また、テンプレートを使用することで、契約書によって内容が異なるといったトラブルを防ぐことができます。

【過去の文書の検索や引用】
作成した契約書のデータはクラウド上に保存されるため、過去の文書を引用して新たな契約書を作成することも可能です。また、検索機能もついているため、見つけたい契約書を簡単に探し出すことができます。

【AIによる自動添削】
クラウド契約書システムにはAIによる自動添削が搭載されているものもあり、精度の高い契約書添削を実現しています。関連する法律や過去の判決例などを参照し、取引に潜んでいるリスクをあらかじめ排除することができます。


質問

Q.おすすめのクラウド契約書システムは?


回答

A.
【クラウドサイン】
弁護士ドットコム株式会社が提供するクラウド契約書システム「クラウドサイン」は弁護士が監修しているツールで日本の法律に特化したシステムであることが特徴です。初期費用は無料で、プランに応じて月々の利用料を支払うことで利用できます。
クラウドサインの主な機能は以下の通りです。

・2段階認証
・電子署名・押印
・権限機能
・書類インポート機能
・AIによる自動入力

【NINJA SIGN by freee】
株式会社サイトビジットが提供するクラウド契約書システム「NINJA SIGN by freee」は契約書の作成やレビューから承認までがクラウド上で完結するシステムです。

初期費用は無料でLightプランは月額¥4,980(利用者が1人、毎月の送信上限50通)と他のシステムと比べても低価格で利用できるのが特徴です。中小企業や個人事業主の方におすすめのクラウド契約書システムと言えるでしょう。


質問

Q.リソース管理とは?


回答

A.
【目的や役割】
リソース管理とはプロジェクトを進行する上で必要な人員や資金、時間などを適切に管理してプロジェクトを成功させることを目的としています。リソースをうまく活用することで求めている成果を出すことができ、利益率も高まります。

【リソース管理の種類】
リソース管理すべき種類は以下の通りです。

リソース管理の種類管理する際のポイント
ヒト人材はプロジェクトを進める上で欠かせないリソースです。各メンバーのスキルや経験に合わせて適切な役割を与える必要があります。
モノパソコン等の社内設備や備品などのリソースを管理することで余分になることや不足することなく活用することができます。また、ランニングコストの管理も必要です。
カネ社員への給与や設備への投資金など基本となるリソースです。どのくらいの資金を投入するかリソースを管理することで成果に大きく影響が出ます。
情報ノウハウや顧客などの情報はプロジェクトに活用することができるため適切な管理をしましょう。また、情報が漏洩しないためにも適切に管理してセキュリティ対策をする必要があります。

以上のようなリソースを適切に管理することで無駄なくプロジェクトを進めることができます。


質問

Q.リソース管理を行うメリットは?


回答

A.
【リソースの過不足を防げる】
適切にリソースを管理することでプロジェクト全体を把握することができるため、リソースの過不足が起こらないよう調整することができるでしょう。また、予想していない事態が発生した際にも早急に対応できるでしょう。

【計画に具体性が生まれる】
人員やタスク、資金などのリソースを管理することで計画に具体性が生まれます。「誰がいつまでに何を行うのか」を把握することで突発的なトラブルが発生したとしても対応することができるでしょう。


質問

Q.リソース管理ツールとは?


回答

A.
【ツールでできること】
リソース管理ツールを活用することで、人材のスキルや経験に応じて適切なプロジェクトに配置することができ、業務をアサインすることができます。また、リソースの状況をツール上で共有することで、過不足を調整することができるでしょう。

【最適な選び方】
リソース管理ツールを選ぶ際は、導入費用・機能の豊富さ・操作性などを基準に選ぶようにしましょう。特に目的に合わせた機能が搭載されているかを必ず確認してください。


質問

Q.おすすめのリソース管理ツール3選は?


回答

A.
【Stock】
Stockはプロジェクトチームの情報を簡単にデータとして残せるツールで、あらゆる企業で導入されているリソース管理ツールです。チャットツールでは重要な情報が流れてしまいますが、Stockのノート機能を使うことでテキストや画像を記録として残すことができます。

また、タスクやメッセージ機能で社員同士での情報共有もスムーズに行うことができます。

【クラウドログ】
クラウドログは工数管理や利益計算を自動で行うことができるリソース管理ツールです。また、各プロジェクトの予算や実績を自動でレポート化することができるため、前月の結果をもとに改善策を立てることも簡単にできます。

【Asana】
プロジェクト運営に適したリソース管理ツールAsanaは担当者と期限を明確にして各メンバーへタスクを送ることができるため、全体の情報共有がスムーズになります。また、進捗状況がグラフで確認することができるため、一人一人に確認の連絡をする必要がありません。


質問

Q.給与計算システムの3つのタイプとは?


回答

A.
【給与計算特化型】
給与計算特化型の給与計算システムは、給与データの入力や計算、給与明細の発行など給与計算に必要な作業を効率化することができるシステムのことを言います。給与に関する法律や規則の変更にも素早く対応することができるのが特徴です。

【人事システム型】
人事システム型の給与計算システムは給与計算を効率良くする機能だけでなく、人事管理機能も搭載されています。従業員の勤怠情報を管理する機能も備わっているため、連携することで給与計算がスムーズに行うことができるでしょう。

【ERP型】
ERPは統合基幹業務とも呼ばれ、給与計算を含む企業の根幹となる業務を統合したシステムのことを指します。全ての情報を一元管理することで業務効率の向上を実現できるでしょう。


質問

Q.給与計算システムを選ぶ際の基準は?


回答

A.
【自社の企業規模】
企業の規模が大きくなるほど契約社員やアルバイトなど多様な従業員を抱えているため、給与計算も複雑になります。そのため、給与計算システムを選ぶ際は企業規模に適した機能のあるシステムを選びましょう。

【業務や勤怠フロー】
給与計算は人事業務の一部に過ぎません。そして、勤怠情報など他のデータと連携して給与を計算します。給与計算システムを選ぶ際は、給与計算に関連するどこまでの業務をシステムを使って行うか決めてから選ぶことをおすすめします。

【既存システムとの連携可否】
すでに社内で導入しているシステムと連携することができるかは給与計算システムを選ぶ上で重要になります。もし、既存のシステムと連携することができなければ、業務フローを変えなければならないため、業務フローを簡単に変えることができるかも検証しましょう。


質問

Q.給与計算システムのメリットとデメリットは?


回答

A.
【メリット】
給与計算システムを導入するメリットは主に以下の5つがあります。

・業務の手間と時間を削減できる
・給与計算のミスを減らせる
・法改正や税制度の変更にも対応できる
・コストの削減
・属人化による課題の解消

給与システムを導入する最大のメリットは業務効率化を図れることです。また、税制度は毎年変更する可能性があるため、手作業で計算を行ったり、属人化が進んでしまうとミスが発生してしまうでしょう。

【デメリット】
給与計算システムを導入するデメリットは主に以下の4つです。

・初期費用やランニングコストがかかる
・インターネット環境が必要
・セキュリティ面のリスクがある
・導入するための準備が必要

給与計算システムを導入するには、初期費用やランニングコストがかかってしまいます。しかし、業務の効率化を図ることができるため、手作業で計算した場合との費用対効果を比較しましょう。

また、導入するための準備に時間がかかってしまうと通常の業務に支障が出てしまうことがあります。できるだけ簡単に導入できるシステムを選ぶことをおすすめします。


質問

Q.おすすめ給与計算システムは?


回答

A.
【freee人事労務】
freee人事労務は、これまで40万社以上の導入実績があるシェアNo.1の給与計算システムです。労務や経理をはじめとするさまざま業務をこのシステム1つで行うことができるため、業務効率を大幅に良くすることができるでしょう。また、操作性も簡単なため、属人化の課題を解決したい企業にもおすすめです。

【マネーフォワード クラウド給与】
マネーフォワード クラウド給与はマネーフォワードが提供する給与計算システムで、同社の他サービスと連携することで勤怠管理や人事管理などバックオフィス全体の業務を一元管理することができます。また、連携可能な外部ツールも多いことが特徴です。

そして、振込みも銀行口座と紐付けることでワンクリックですることができるため、給与に関連する業務効率が良くなります。


質問

Q.勤務評価とは?


回答

A.
勤務評価とは、従業員の勤務態度を評価する制度です。仕事の成果はもちろんですが、どんな姿勢で仕事に取り組んでいるのかを評価しています。内容としては、業務の進行への努力、会社の規則・ルールを遵守できているか、コミュニケーションは取れているかなどがあります。

しっかり業績を上げていたとしても、勤務態度が悪ければ評価は悪くなります。成果を上げながら、良い勤務態度で働くことが評価を上げる大前提です。


質問

Q.勤務態度を評価するための項目は?


回答

A.
【規律性】
まず挙げられるのは規律性です。社内の規律を守れているかどうかが評価されます。具体的には、


・無遅刻無欠勤かどうか
・期限が守れているか
・上司の指示に従えているか
・正しい言葉遣いをしているか

などが当てはまります。

【協調性】
協調性があってこそ、従業員同士で協力しあい、仕事が成り立ちます。協調性がない従業員ばかりだと、自分だけ良ければ大丈夫という考えを持つ人が増えてしまい、仕事が成り立たなくなってしまいます。上司・部下・同僚との連携はもちろんですが、周囲への協力などを忘れないようにしましょう。

【積極性】
仕事をする上で、受け身になっていてはどうすることもできないことは多々あります。そのため、積極性も評価の項目に入ります。会議での発言や提案、新しいことへの挑戦、資格取得など、意欲を見せる従業員は積極性で評価を得ています。

【責任感】
仕事での期限を守ったり、目標達成のための努力を惜しまなかったり、問題が発生した時の対応の姿勢などで評価されるのが責任感です。何かあったときに他の従業員に任せず、責任を持って対処する姿勢が大切です。

【安全に対する意識】
学校でも校則で服装や髪型が指定されていることがほとんどです。社会人の場合、服装の指定があることが多く、それを守ることができているかも評価されます。それと同時に、危険の心配がない安全な行動も評価項目に入ります。事故が発生する原因を作ることなく、安全意識を高めていくことが大切です。

【経営目線の有無】
どの企業にも経営理念があります。企業の方向性に沿った行動が評価されます。ここで重要なのが経営理念がはっきりとしているかどうかです。経営理念があやふやになっており、従業員が理解していなければ評価ができません。経営理念を明確にし、浸透させておきましょう。


質問

Q.勤務評価を行うことで現れる変化とは?


回答

A.
【遅刻や欠勤の頻度】
遅刻・欠勤の回数が評価されることで、頻度が減る可能性が高まります。きちんと毎日仕事に行くだけで評価が高くなるため、行かない意味はないということです。

【社内の雰囲気】
遅刻・欠勤が減り、同じ目標に向かって仕事をするようになることで社内の雰囲気がぐっとよくなります。社内の雰囲気が良くなると、生産性が上がったり、離職防止にも繋がります。

【目標やミッションの統一】
企業理念を評価項目にすることで、企業理念や企業としての目標の浸透が期待できます。従業員全員が目標を理解し、それに向かって進むための具体的な行動がはっきりするようになります。

【労災発生のリスク軽減】
安全の項目を評価すると、従業員の意識が安全に向くため労災のリスクが減ります。労災は企業としては避けたいものです。従業員が安全に向けて努力することで、労災の防止だけではなく、欠員をなくして生産性のキープも可能になるのです。


質問

Q.勤務評価をする際のポイントは?


回答

A.
【客観性を持って評価する】
勤務評価をするには、個人的な感情を持たずに評価する客観性が大切です。1人で評価を行うのではなく、複数の人の意見を聞けるよう、評価するためのチームを作ることも1つの方法です。

【評価後のフィードバックや意見交換を大切に】
ただ評価するだけではなく、評価後に、どうすれば評価が上がるのかを従業員と一緒に考えるフィードバックの機会を作ることも重要です。従業員それぞれと一緒に考えることで意識の高まり方も違いますし、より企業を良くしていくための従業員の意見を聞く貴重な場を作ることもできます。


質問

Q.社員管理システムとは?


回答

A.
社員管理システムは、従業員のデータを一元管理することで人事部門の業務を効率的に進めることができるものです。従業員の能力データが数値化・可視化されるため、システムをうまく活用することで従業員の能力を引き出すこともできるようになります。企業の利益アップに直接影響を与えることもできるのです。


質問

Q.社員管理システムでできる管理項目は?


回答

A.
【労務管理】
労務管理は、労働時間や給与など、労働を行う上で重要な項目の管理を行うことです。他には、安全衛生管理・人事制度の企画、実行・社員研修など、従業員に関わる業務全般が当てはまります。従業員が働きやすい環境を整える役割を持っているのです。

【勤怠管理】
勤怠管理は、タイムカードなどで従業員の就業状況を把握し、適切な賃金の支払いなどに繋げます。それだけではなく、時間外労働の管理をすることで長時間労働の防止に努めたり、有給や休暇取得の状況を確認することで従業員の健康維持や法令遵守を徹底することができます。

【人事管理】
従業員の個人情報の管理も業務の1つです。氏名・性別・生年月日・住所などの基本情報はもちろん、労働時間や給与といった労務情報、目標管理・360度評価・MBO管理のような人事評価の管理も行います。

【給与管理】
毎月の給与の管理も行います。各データから給与を計算し、従業員の指定口座に振り込みます。振り込み手続きや金額の間違いなど、気をつけなければならないところがたくさんあります。


質問

Q.社員管理システムの導入メリットは?


回答

A.
【社員の情報を効率よく管理できる】
社員管理システムを導入することで、社内にいなくてもいつでもどこでも従業員の情報を見ることができるようになります。アナログだと社内にあるたくさんの紙の資料の中から情報を探さなければなりませんが、その必要がなくなります。クラウド上のシステムならテレワークでも利用できるため、より便利に使えます。

【情報漏えいリスクを減らせる】
紙で従業員の情報を管理していると、持ち出しと破棄が簡単なので情報漏えいリスクのリスクが高い状態にあります。ですが社員管理システムで管理すると、登録情報の暗号化や専門スタッフの24時間監視などにより高度なセキュリティ管理ができるようになります。情報漏えいに敏感な現代でも安心できるシステムです。

【適切な人事の実現】
従業員の情報をデータベース化できるのが社員管理システムの大きなメリットです。データベース化することで特定の条件で抽出が可能になるので適材適所の配置が叶い、従業員は自分の能力を発揮できる部署で働くことができるため従業員のモチベーションアップに繋がります。


質問

Q.おすすめの社員管理システム3選は?


回答

A.
【COMPANY】
COMPANYはクラウド型の社員管理システムです。人事管理・分析・勤怠管理・人材育成などの従業員管理に必要な機能が全て詰まっています。基本的にクラウド型で提供されていますが、企業の状況に合わせてオンプレミス型の相談もできるようになっています。

【freee人事労務】
freee人事労務もクラウド型のシステムで、主に労務管理を得意としています。勤怠管理・給与計算・マイナンバー管理・年末調整など、労務管理の機能が充実しているため業務の一元化が可能です。他社サービスと連携ができるため、スムーズな導入ができます。

【ourly profile】
ourly profile(アワリープロフィール)は、自己紹介画面で従業員同士が理解しあえるようになっていたり、組織図がはっきりし、部署を超えた交流が期待できるシステムです。組織がサイロ化してしまうことを防ぎ、社内のコミュニケーションを活性化させる効果があります。


質問

Q.社員を評価する「人事評価」の目的とは?


回答

A.
人事評価とは、決められた期間内での従業員の業務・業績に対し、適切な評価を行うことです。ほとんどの企業が半年ごと、1年ごとなど決められた期間で実施しています。その評価の内容は、人事異動や給与の査定の参考に使われます。

人事評価の目的は、企業としてどんな成果や行動を期待しているのかを伝えたり、従業員の能力の評価をしたり、従業員の能力を把握したりすることです。ただ評価するだけではなく、より成長するためにはどうしたらいいのかを考えます。


質問

Q.人事評価に必要な社員の評価項目は?


回答

A.
【業績・成果評価】
業績・成果評価は、期間内の業績や活動実績を評価します。評価する項目は、業績に関して自分で設定した目標を達成できたか評価する業績目標達成度、業務での課題をどれだけクリアしたのかを評価する課題目標達成度、掃除や挨拶など、日常業務の評価をする日常業務成果があります。

【能力評価】
能力評価は、従業員が業務を行うために必要な能力を評価します。評価項目には、新しいアイデアを発見する企画力、考えるだけではなく、どれだけ実践できたかを評価する実行力、現状をどう改善するのかを評価する改善力があります。

【情意評価】
情意評価は、業務への姿勢や勤務態度を評価します。いくら業績を上げていたとしても、勤務態度が悪ければ評価が下がってしまいます。評価項目は、コミュニケーション能力や交渉力が評価される協調性、積極的に取り組んでいるかを評価する積極性、自分の仕事を最後までやり抜く意志と結果を評価する責任性があります。


質問

Q.社員評価の主な手法は?


回答

A.
【MBO評価】
MBO評価とは、従業員の目標を設定してモチベーションアップや生産性向上を目的としたものです。目標管理制度とも呼ばれています。個人の目標などがはっきりと数値化され、評価に納得してもらいやすい特徴があります。

【360度評価】
360度評価は、1人の従業員に対し、上司だけではなく部下・同僚など複数の関係者に人事評価を行ってもらうものです。色々な立場から評価することで、主観をなくし、評価される従業員の強みを評価できます。

【コンピテンシー評価】
コンピテンシー評価は、高い能力や業績を持つ従業員の行動特性を基準にし、各個人の評価をします。評価基準が明確になっているため、改善点と課題が見つけやすいメリットがあります。


質問

Q.社員を評価する際のポイントや注意点は?


回答

A.
【社員に評価基準をきちんと伝える】
従業員にとって、人事評価はモチベーションに大きく関わります。評価基準を事前に伝えておくことで、自分の評価にも納得ができ、課題の発見や次の目標が設定しやすくなります。また、基準が明確になっていることで、評価する人の主観が入りにくく、安心できます。

【属人的な評価や曖昧な基準を作らない】
評価基準が曖昧になっていると、属人的な評価になりがちです。属人的な評価は、主観が入ってしまい適切なものではありません。評価の項目や内容をわかりやすく設定して明確にし、その内容を周知させることで属人的な評価を防ぐことができます。

【評価基準と社員の個人目標を連動させる】
人事の評価基準と従業員個人の目標を連動させることで、より明確な評価基準の設定が可能です。目標に基づいた人事評価により従業員エンゲージメントの向上を目指すことができ、次の目標達成のためのスキルアップが期待できます。

【評価後は次回につながるフィードバックを実施】
人事評価は、評価したら終わりではありません。評価結果の経緯や今後の課題を1対1でフィードバックすることが重要です。上司と部下のコミュニケーション促進にも繋がります。


質問

Q.社員満足度とは?


回答

A.
社員満足度とは、従業員が職場環境や働きがいなどに満足しているかどうかを表している指標です。毎日順調に仕事をしていても、不満があれば離職へ繋がる原因となってしまいます。社員満足度を様々な視点からチェックして現状を確認し対策を取ることで、社員満足度アップだけではなく離職率低下に繋げることもできます。


質問

Q.社員満足度の構成要素とは?


回答

A.
【企業理念やビジョンへの共感】
企業理念・企業ビジョンについて理解している従業員はどれくらいいるのでしょうか。この2つについて理解して共感している従業員は自社に対して愛着や誇りを持っており、高い信頼を持っています。そのため、無意識に自社に貢献しようとする行動を取るのです。

まずは従業員がどれくらい企業理念・企業ビジョンのことを理解しているかをチェックし、周知するにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

【人事評価やマネジメントの納得感】
定期的に行われている人事評価や、上司のマネジメントに納得しているかどうかも社員満足度の要因の1つです。人事評価の結果に納得しているのはもちろんですが、上司が部下の考えを把握し、尊重したコミュニケーションを取っていたり、部下の行動を誉めていると満足度が高くなります。

【与えられている仕事内容】
自分の仕事が自社に貢献できているのか、業績に影響を与えているのかどうかを疑問に思っている従業員もいます。ただ、職種によっては貢献度が見えにくいことがあるため、従業員同士が自分以外の仕事にも興味を持ち、自分の仕事がどれだけ影響しているのかを理解することが大切です。従業員同士で情報を交換し、称賛し合うと貢献度が見えやすくなります。

【社内の人間関係】
2017年の内閣府の調査によると、若者の離職理由の上位に「職場での人間関係」があることがわかりました。従業員は1日のほとんどを自社で過ごすことになるため、職場環境は社員満足度の重要な要素になります。職場環境のほとんどを占めているのが人間関係と言っても過言ではありません。コミュニケーションを増やすだけではなく、従業員同士がお互いに興味関心を持つことで風通しの良い職場環境に繋がります。

【職場環境】
人間関係ももちろんですが、従業員が快適な環境で仕事ができているかどうかも社員満足度に大きく影響します。空調が適温になっているかどうか、衛生が整っているかどうかなど、1日のほとんどを過ごす社内の環境を確認しなければなりません。業務上仕方ない場合は、少しでも快適になるような工夫をしましょう。

【給与や福利厚生】
給与や福利厚生は生活に大きく関わってくるため、社員満足度のほとんどを占めるのではないでしょうか。成果や仕事量に見合った給与や、住宅手当・食事手当や特別休暇など、従業員のニーズに合わせた福利厚生があると社員満足度が高くなります。


質問

Q.社員満足度を向上させるメリットは?


回答

A.
【社員の定着率が上がる】
社員満足度が高いということは、従業員の帰属意識が高いということです。そのため、人材の流出を防ぎ、定着率がアップします。会社の業績アップに繋がったり、認知度も高まるため企業の魅力が増します。採用活動も、従業員からの紹介による採用が増えることでコスト削減にも繋がります。

【生産性が上がる】
社員満足度が高いと従業員は高いモチベーションをキープしながら仕事に取り組めます。その結果、生産性アップが期待できるのです。生産性が上がると売上アップにも貢献できるため、会社にとっても大きなメリットとなります。

【顧客満足度が上がる】
社員満足度が高い従業員は、自社に貢献しようという行動を取ります。自社製品をよりよくしようと分析をする従業員が増えることで、顧客のニーズに合ったものを作り出せるようになります。すると顧客満足度がアップし、顧客から信頼を得られるようになるのです。


質問

Q.社員満足度を向上させるためにできる取り組みの例は?


回答

A.
【企業理念とビジョンをきちんと共有する】
企業理念・企業ビジョンは企業の方向性を示したものです。これを従業員に理解し、共感してもらうことで、それに向けた業務ができるようになり、従業員同士の一体感が生まれます。方向性がはっきりしていることで目指す内容が明確化するので、よりモチベーションがアップします。

【働きやすい職場環境を整える】
職場環境はいろいろな観点から整備することができます。欲しい福利厚生についてアンケートをしたり、業務効率アップのためのシステムの導入をしたりと、たくさんできることがあります。職場環境が整うことで、社員満足度も大きく違ってきます。まずは従業員の意見を聞いてから導入するものを検討しましょう。


質問

Q.従業員エンゲージメントとは?


回答

A.
従業員エンゲージメントとは、自分が勤めている企業に貢献したいと考える従業員の意欲のことです。意欲が強い場合は、企業と従業員の間に強い絆があり、モチベーションが高い傾向にあります。

また、企業への帰属意識が高いこともあり、従業員エンゲージメントの向上に取り組む企業が多くなっています。


質問

Q.従業員エンゲージメントが低くなる主な原因は?


回答

A.
【企業理念やビジョンに共感できない】
毎日働いているのにも関わらず、自社の企業理念を理解している従業員は全体の33%、全く企業理念のことがわからないという従業員が39%もいるというデータがあります。それだけの人が、何のために働いているのかを理解していないのです。いくら好きな仕事でも、経営方針が合わないとイメージが崩れてしまい、離職率が高まってしまいます。

【仕事内容に不満がある】
仕事内容や進め方に不満があるという場合も従業員エンゲージメントが低下してしまいます。自分の考えを受け入れてもらえない環境や、バージョンアップすることのない職場はモチベーションが下がってしまいます。

【職場環境や人間関係が良くない】
離職理由の上位に、人間関係があります。経営者や上司の態度が高圧的だったり、相談をしたり本音を言えない環境だと離職率が一気に高まりますし、従業員エンゲージメントも低いままです。心当たりがあるという場合は、風通しの良い職場環境にするには何が原因になっているのかを一度考えてみましょう。

【給与や待遇に納得していない】
給与の伸びのいい企業は少なく、自分の給与に不満を持っている人は多くいます。業務が多いため給料の割に合わないと考えている場合、納得させてそのままにするのではなく、給与を上げたり負担を減らしたりするというような具体的な対策が必要です。


質問

Q.従業員エンゲージメントを向上させるメリットは?


回答

A.
【業績や生産性が向上する】
従業員エンゲージメントが高いと、企業との結びつきが強いため従業員が企業のために自主的な行動をします。ただ決められたことをこなすだけではなく、よりよくするためにはどうしたらいいのかを考え、実践するという姿勢が見られます。そんな従業員が増えることで、業績・生産性アップが期待できます。

【優秀な人材の流出を減らせる】
従業員エンゲージメントが高い企業は離職率が低いという結果が出ています。企業に愛着があるため、辞めることを考えている人がいないということです。そのため、優秀な人材が流出することがありません。また、新たな優秀な人材の入社にも繋げることができます。


質問

Q.従業員エンゲージメントを向上させた事例集は?


回答

A.
【①リンクアンドモチベーション】
リンクアンドモチベーションは経営コンサル企業です。「従業員エンゲージメント=会社の成長エンジン」と考え、いろいろな施策を実践しています。自社のための施策を商品に組み込んでおり、コンサル事業に活用しています。企業が良くなるとそれだけ成長でき、売上にも貢献しているのです。

【②Google】
検索エンジンなど、色々なサービスを提供しているGoogleは、オフィス設計に従業員エンゲージメントを高める工夫がされています。例えば、簡易キッチンをオフィス内に複数設置し、飲食物を用意しています。キッチンにより置いてある飲食物は違うため、欲しいものを取りに行くためには移動が必須です。その結果、部署間でのコミュニケーションが活性化するのです。

【③ユーザベース】
「NewsPicks」を手掛けるユーザーベースは、企業の価値観を明確にし、「7つのルール」と「4つのやらないこと」を共有しました。企業理念や価値観が浸透した結果、売上高はどんどん伸びています。


質問

Q.人材管理とは?


回答

A.
人材管理は、企業の目標を達成するために、従業員を効率的に活用することです。人材管理の業務の中には労働時間の管理や給与計算もあり、そのイメージが強いですが、企業の成長のためには従業員の活用が欠かせません。


質問

Q.人材管理を行う目的や重要性は?


回答

A.
人材管理を行う目的は、適切な人材管理を行って経済の状況に素早く対応し、従業員のパフォーマンスを高めることです。多様化している顧客ニーズにも対応できるようになるのはもちろんですが、他の企業と差別化をして競争を勝ち抜いたり、従業員もスキルをぐっと伸ばすことができるようになります。


質問

Q.人材管理を正しく行うメリットは?


回答

A.
【企業の組織力が上がる】
人材管理を行うことで、従業員の能力に合わせた人事配置をしたり、社内の環境の変化に柔軟な対応ができるようになります。それにより、従業員全員が同じ方向を向くことができるため、企業の組織力がアップするのです。目指す方向が明確化しているだけで、従業員のモチベーションも大きく変わってきます。

【従業員のモチベーション維持】
従業員の評価も人材管理の仕事の1つです。目に見えないような従業員の努力も適切に評価できる制度を作ることで、従業員が評価されていることを実感できるようになります。評価は賃金に直接影響するものなので、適切な評価により従業員のモチベーションを保つことができるようになります。


質問

Q.人材管理の方法やステップは?


回答

A.
【課題の明確化と事前計画】
人材管理を闇雲に行うのではなく、まずは課題を明確にすることと、管理を実行するための計画を立てる必要があります。自社が人材管理にどのような課題があるのかをリストアップし、改善するための計画を立ててから実行に移しましょう。

【採用活動】
従業員の採用が人材管理の最初のステップです。どんな人材が必要なのかをはっきりさせておくことで基準が生まれ、採用活動を行いやすくなります。誰でもできる仕事だから誰にやらせてもいいわけではありません。その人の能力を見極めた上で役割を与えることが大切です。どんな従業員にも自分の能力を最大限発揮でき、充実した仕事ができるようにしましょう。

【育成や配置転換】
従業員をただ増やすだけではなく、育成していくのも重要です。近年では人材管理の業務の中でも重要視されています。従業員全員のスキルアップを目指すことはもちろんですが、自社が求めている社員の姿を明確にし、それに近づけるための育成計画を立てましょう。

【評価】
一定の期間ごとに従業員の評価を行います。評価は従業員のモチベーションにも関わり、士気にも影響する重要な業務です。どちらか一方が納得できればいいのではなく、従業員も管理者も納得できるような評価制度の構築を目指しましょう。


質問

Q.おすすめ人材管理システムは?


回答

A.
【SmartHR】
SmartHRは、労務手続きが自動化できるクラウド型の人事労務ソフトです。労務管理だけではなく、人材管理の機能も持っており、人事評価・従業員の調査・人材マネジメントを行うことができるようになっています。

中小企業でも導入しやすいよう、複数のプランがあり、自社に合うものを選べます。50,000社以上の導入実績を持つことから、色々な企業からの信頼を得ているシステムです。

【COMPANY】
COMPANYは、人事管理や勤怠管理だけではなくタレントマネジメントも行うことができるソフトです。人事管理の画面では個人情報・評価・自己申告などを見ることができ、申請機能が標準で備わっています。

大手1,200社の導入実績があり、10年以上利用している企業が600社以上あるほど高い継続率を誇ります。

【ヒトマワリ】
コスパを重要視したいなら「ヒトマワリ」をチェックしてみてください。ヒトマワリは、月額10,000円から人材データの管理をすることができ、人事台帳・人事評価・面談記録などを一元化します。データが蓄積されることで分析機能を利用でき、正社員比率・平均給与・昇給率などの分析ができます。

採用管理機能を利用すれば、求人管理・応募者管理・面談管理などの機能により効率の良い採用業務が可能になります。


質問

Q.人事DXとは?


回答

A.
【目的や重要性】
人事業務にデジタル技術を取り入れて、業務の効率化やパフォーマンス向上を進めるのが目的です。

ツール・システムや技術を活用することで、人事業務にかかる時間や労力を大幅に削減できます。

従業員の負担軽減はもちろん、会社全体の生産効率アップにもつながるでしょう。

また、蓄積されたデータを分析することで適材適所の人材配置が可能です。

業務の効率化や適切な人材配置のために、人事DXを進める必要があります。

【HRテックとの違い】
HRテックとは、人事領域の業務効率化に役立つ仕組みや技術のことです。

たとえば採用管理や労務管理、人事管理、勤怠管理などのシステム・ツールがあげられます。

人事DXは人事業務をデジタル化する取り組みによる組織改革や人材活用のこと、HRテックは技術そのものと考えればわかりやすいでしょう。


質問

Q.人事DXを進める上での課題は?


回答

A.
【必要なデータの収集が困難】
人事DXを進めるためには、人事に関するデータを一元化する必要があります。

部署ごとに管理していたり、紙で保管していたりしていると収集が困難です。

データ収集に労力や時間がかかることが、人事DX推進の課題になっています。

【ツールやシステムを正しく活用できていない】
ツールやシステムを導入しても、正しく活用できなければ意味がありません。

導入するだけで満足してしまい、機能を持て余してしまうケースもあるでしょう。

自社にあったツール・システムを選定して、積極的に活用することが重要です。

【DX化を推進できる人材の不足】
人事DXの推進には、デジタル化に対応できる人材が求められます。

社内に専門的な知識や技術をもった人材がいない場合、採用を検討する必要があるでしょう。

さらにシステム・ツールを使いこなすために、トレーニングが必要とされます。


質問

Q.人事DXの実行手順は?


回答

A.
【まずは目的の明確化】
まずは人事DXを進める目的とゴールを設定します。

具体的な目標をたてて、経営層や従業員で共有することが重要です。

ツールやシステムの導入を目的にするのではなく、導入したうえで何を達成したいのかを明確にしてください。

【現状分析と課題抽出】
人事業務の現状分析をおこない、課題を抽出します。

採用や配置、育成、定着率、評価制度などの問題を洗い出しましょう。

現在のシステム・ツールや業務フローもあわせて、見直すのがおすすめです。

【DXを軸とした課題解決の施策実施】
DXを軸とした課題の解決策を検討してください。

たとえばツール・システムの導入や業務の削減、業務フローの最適化などがあげられます。

優先順位をつけて少しずつ実行していくことで、無理なく人事DXを進められるでしょう。

【評価と分析】
実施した施策の評価と分析をおこないます。

人事DXの効果を検証したうえで、新しい課題を洗い出しましょう。

課題の解決方法を検討して、人事DXのさらなる改善を目指してください。


質問

Q.人事アウトソーシングとは?


回答

A.
人事アウトソーシングとは、人事業務を外部に委託することです。

専門のサービスがあり、負担になっている人事関連の業務を代行してもらえます。

人事業務は多岐にわたり、サービスによっても対応する範囲が異なるので、基本的な知識をチェックしておきましょう。


質問

Q.人事アウトソーシングに依頼できる業務内容とは?


回答

A.
【給与計算】
従業員の給与を計算して支払う業務を委託できます。

給与明細の作成や振込をあわせて依頼することが可能です。

【勤怠管理】
出勤・退勤の時間や欠勤、休日取得の有無などを管理する業務です。

専門知識をもったプロに委託することで、労働時間の適切な管理や正確な給与計算が実現できます。

給与計算とあわせて人事アウトソーシングに依頼すれば、業務の負担が大幅に軽減できるでしょう。

【社会保険業務】
健康保険や厚生年金保険、労災保険など、各種申請書の届け出などを委託できます。

手続きが煩雑だと感じるなら、人事アウトソーシングへの依頼を検討してください。

【面接や採用業務】
採用計画の立案から面接後のフォローまで、面接や採用に関するさまざまな業務を委託できます。

説明会や応募者とのやり取り、面接、選考など業務内容は多岐にわたり、負担になっているケースは多いでしょう。

人事アウトソーシングにすべてもしくは一部の業務を委託することで、面接・採用業務の負担を軽減できます。

【人材の育成】
人材育成の計画や運営、評価の委託が可能です。

開催日程の調整や講師の選定、会場や教材の用意など研修に必要な業務を、人事アウトソーシングに任せられます。


質問

Q.人事アウトソーシングを活用するメリットは?


回答

A.
【コア業務に集中できる】
人事アウトソーシングに人事業務を委託すれば、コア業務に集中できます。

本来の業務に人材を有効活用できるため、生産性のアップにつながるでしょう。

【人件費などのコスト削減】
人事アウトソーシングに委託すると、採用や研修、教育などのコスト削減になります。

人材の確保が不要になり、人件費の削減につながるのがメリットです。

一方で委託する業務の内容や範囲によっては費用が高額になるので、注意しましょう。

【法令・コンプライアンス遵守の強化】
社会保険や労働基準法は定期的に改正されており、チェックしたうえで従う必要があります。

専門知識を有した人事アウトソーシングに委託することで、迅速な対応が可能です。

法令やコンプライアンス違反の心配がなく人事業務をおこなえます。

【人材不足を補える】
人事アウトソーシングで人材不足を補えば、従業員の負担を軽減できるでしょう。

仕事が忙しい時期だけ委託するのもおすすめです。


質問

Q.おすすめの人事アウトソーシングサービスは?


回答

A.
【レジェンダ】
レジェンダは、システムとアウトソーシングの両方を提供するサービスです。

クラウド型人事システム「EHR」により、すべての人事情報を一元で管理できます。

【HELP YOU】
専属ディレクターとチームによって、幅広い業務をまとめてアウトソーシング。

人事以外に総務や経理、営業サポートなどの業務を委託でき、自由に組み合わせできるのがメリットです。


質問

Q.人事データ分析とは?


回答

A.
人事データ分析とは、収集した従業員のデータを分析することです。

分析するデータには個人情報や勤怠、給与、評価があげられます。

分析結果を用いて課題を明確にして、解決のための施策につなげるのが主な目的です。


質問

Q.人事データ分析の重要度が増している背景とは?


回答

A.
【少子高齢化などによる人手不足】
少子高齢化により労働人口の減少が進んでいます。

人手不足の企業は多く、少ない人材で成果をあげることが求められるでしょう。

人事データによって人材育成を効率化して、即戦力を育てることが重要です。

【戦略的な人事の必要性が増している】
経営戦略実現のためには、戦略的な人材採用や人事施策が求められます

正しい人事データ分析を取り入れることで、人材を最大限活用することが可能です。

【テクノロジーの発展でデータ活用の幅が広がっている】
テクノロジーの発展によって、データの収集・分析が簡単にできるようになりました。

膨大なデータを管理できるようになり、分析精度も上がっています。

活用の幅は広く、その重要度はこれからも高まっていくことが予想されるでしょう。


質問

Q.正しい人事データ分析がもたらすメリットや効果は?


回答

A.
【採用プロセスの改善につながる】
採用プロセスの改善により、採用業務の効率化やコストの削減につなげます。

たとえば突破率や適性テスト、グループディスカッションの内容を分析。

課題を明確にして改善することで、採用プロセスの最適化やコストの削減が可能です。

【人材の流出が減る】
人事データを分析して退職の理由やパターンを明確化。

制度や待遇を見直して人材の流出を防ぎます。

【従業員のキャリア形成やモチベーションアップにつながる】
人事データ分析では、個人のスキルや成果に関するデータの収取・分析が可能です。

データをもとに面談をおこなえば、キャリア形成をサポートができます。

また、人事データ分析は、従業員の不満の解決や職場環境の改善に役立つでしょう。

従業員一人ひとりのモチベーション向上が期待でき、企業全体の生産率アップにもつながります。


質問

Q.人事データ分析で見るべきデータは?


回答

A.
【離職に関するデータ】
辞職の理由やパターン、転職先などのデータを分析して、傾向を明確にします。

データをもとに施策を実施することで、離職率の低下につなげられるでしょう。

【スキルにやパフォーマンスに関するデータ】
従業員のスキルやパフォーマンスに関する、人事データ分析を確認します。

人材育成やキャリア形成のサポートに役立ててください。

【コストや生産性に関するデータ】
従業員の人件費(コスト)と、生み出す利益(生産性)をチェックしましょう。

人事異動や労働時間の見直しなどの施策によって、変化を確認します。


質問

Q.人事情報システムとは?


回答

A.
人事情報システムとは、人事情報を一元で管理できるシステムです。

・基本情報
・採用
・勤怠
・労務
・人事評価

上記のような情報を収集していつでも確認でき、データ分析にも役立てられます。


質問

Q.人事情報システムの導入目的やメリットは?


回答

A.
【人事労務業務の効率化】
人事情報システムならデータを簡単な作業で更新できます。

入社・退社や配置転換、結婚の際にすぐにデータを更新・共有できるため、手間や時間がかかりません。

書類やExcelでの管理から変更すれば、人事労務業務の効率化につながるでしょう。

【正しい人事評価につながる】
人事情報システムを導入すれば、スキルや実績、目標の達成率をデータとして管理できます。

評価までのプロセスや基準がわかりやすくなり、より正確に人事評価を実施できるのがメリットです。

評価の理由や今後の課題も可視化されるため、従業員の納得度も高まります。


質問

Q.人事情報システムで管理できる項目は?


回答

A.
【従業員の基本情報】
氏名や性別、生年月日、住所、家族構成、入退社年月日など、従業員の基本情報を管理できます。

膨大なデータを適切に管理でき、結婚や引っ越しによる情報変更にも迅速な対応が可能です。

【人事評価情報】
人事情報システムによって人事評価の情報を一元化。

従業員一人ひとりの業績やスキルをデータとして管理でき、より公平な評価につなげます。

【労務管理情報】
雇用契約や勤怠管理、給与計算など労務情報の管理が可能です。

勤怠管理や給与計算の自動化はもちろん、社会保険や雇用保険の電子申請に対応している人事情報システムもあります。

法改正に自動アップデートで対応できるのが魅力です。


質問

Q.人事情報システムの比較ポイントは?


回答

A.
【対応できる業務範囲】
対応できる業務範囲と機能をチェックしましょう。

自社の課題やシステム化したい業務を、明確にするのがポイントです。

業務効率化や課題の解決に役立つ人事情報システムを選んでください。

【クラウドかオンプレミスか】
クラウド型とは、インターネット上のサーバーで提供されるソフトウェアです。

一方のオンプレミス型は、自社でサーバーを用意してソフトウェアをインストールします。

コストを抑えて導入したいならクラウド型、強固なセキュリティを求めるならオンプレミス型というように、それぞれの特徴を比較して選びましょう。

【サポート体制は整っているか】
始めて導入するなら、サポート体制が万全な人事情報システムがおすすめです。

電話やチャットなどの具体的な方法や無料サポートの内容を、チェックしてください。


質問

Q.おすすめの人事情報システムは?


回答

A.
【カオナビ】
簡単な操作で人事情報のデータベースを作成できる、人事情報システムです。

項目の設定・追加も自由で、ファイルの添付にも対応しています。

組織図や社員リスト、帳票をワンクリックで自動生成できるため、業務効率化に役立つでしょう。

【jinjer労務】
人事情報の集約や人事管理・年末調整のペーパーレス化、入社手続きの電子化に対応。

従業員ごとに制限を変更するロール管理や、情報をグラフ化するダッシュボードなどの機能も備わっています。

直感的に操作できるため、システムに慣れていない方でも安心です。


質問

Q.人事制度とは?


回答

A.
【基本の3つの制度】
・等級制度
等級制度では、従業員を一定の基準によって等級で振り分けます。

「職務」「役割」「職能」で等級を決めるのが基本です。

等級制度の設計では、昇降格の基準やステップアップの道筋を定めることが求められます。

・評価制度
一定の基準によって、従業員の能力や成果、貢献度を評価する制度です。

評価制度設計では、評価する項目を明確にする必要があります。

等級制度や報酬制度と連動しており、評価が高ければ等級や報酬があがるのが一般的です。

・報酬制度
報酬制度とは従業員に支給する報酬を定める制度です。

給与や賞与、退職金などの「金銭的報酬」と、仕事や制限、学習機会などの「非金銭的報酬」に分類されます。

報酬制度の設計では、報酬の内容や何に対して報酬を支払うのかを明確にすることが重要です。

【綿密な設計が重要な理由】
自社に適した人事制度にするためには、綿密な設計が求められます。

人材は企業にとって重要な資源であり、適切な管理が必要です。

モチベーション向上や人材育成、人的資源の活用のために、適切な人事制度設計をおこないましょう。


質問

Q.人事制度設計の際に注目されている制度は?


回答

A.
【1on1ミーティング】
1on1ミーティングとは、上司と部下が1対1でおこなう面談のことです。

週に1回や月に1回など短いサイクルでおこない、部下の悩みや課題を把握します。

上司と部下の信頼関係構築や、部下の成長促進に効果的です。

【360度評価】
上司や同僚、部下など複数名によって1人の従業員を評価します。

さまざまな視点を取り入れることで、より客観的な評価が可能です。

個人の特性をより正確に把握でき、評価対象となった従業員の納得感も高まります。

【ノーレイティング】
ノーレイティングとは、数値やランクをつけずに評価をする方法です。

上司と部下で面談をおこない、目標設定やフィードバックによって評価します。

環境の変化に対応しやすく、さらに評価のすり合わせによって納得感が高まるのがメリットです。

【成果主義】
成果や成績、プロセスに基づいて評価をおこないます。

年齢や学歴、経験に関わらず成果だけで評価するのが特徴です。

成果をあげた従業員が適切に評価されるため、人材育成やモチベーションの向上につながります。


質問

Q.人事制度設計の流れは?


回答

A.
【企業理念と現状を把握する】
まずは企業理念を再確認して、企業の考え方を明らかにします。

そのうえで現状分析をおこない、課題を洗い出しましょう。

給与や勤務時間などデータの分析はもちろん、従業員へのヒアリングも必要です。

【各制度の設計】
まずは人事制度の骨組みとなる、等級制度を設計しましょう。

そのうえで報酬制度や、部署ごとの評価制度を設計してください。

それぞれの制度で法的チェックをおこない、問題がないか確認することが重要です。

【運用を見据えたテストやシミュレーション】
人事制度設計がおわったら、運用を見据えてシミュレーションをおこないます。

1~2か月ほどテストをして、問題の有無や人件費や福利厚生などのコストをチェックしましょう。

問題が見つかったときは、施策を実行して修正してください。


質問

Q.クラウド人事評価システムとは?


回答

A.
クラウド人事評価システムとは、クラウド型の人事評価システムです。

クラウド型は、オンライン上のサーバーで提供しているサービスの形体を指します。

インターネット接続できる環境ならどこでも利用でき、コストを抑えて導入できるのが特徴です。


質問

Q.クラウド人事評価システムの機能は?


回答

A.
【人事情報管理機能】
個人情報や職務経歴、人事評価などの人事情報を一元で管理する機能です。

複数の部署や支店でも共有でき、必要なときにいつでも確認できるでしょう。

【目標管理機能】
クラウド人事評価システムには、従業員の目標を管理する機能があります。

達成状況やフィードバックなど、進捗をリアルタイムで共有。

進捗の遅れや課題を見える化でき、さらにデータとして収集・分析が可能です。

【評価シートの作成機能】
フォーマットによって評価シートを簡単に作成できる機能です。

複数の評価方法に対応しており、配布や回収、集計などもクラウド人事評価システムでおこなえます。

【分析機能】
クラウド人事評価システムで収集したデータを分析できます。

MBO(目標管理制度)やOKR、360度評価など、複数の評価基準に対応しているケースが多いです。

客観的な評価ができ、レポートの作成や人材育成にも役立てられるでしょう。


質問

Q.クラウド人事評価システムのメリットは?


回答

A.
【公平な人事評価ができる】
クラウド人事評価システムでは、実績などのデータをもとに評価が可能です。

主観が入りにくく、客観的で公平な人事評価ができます。

データを可視化することで、従業員からの納得感も得られやすいでしょう。

【評価に関わる業務の効率化】
クラウド人事評価システムを導入すれば、人事評価に関わる業務を効率化できます。

データの収集や分析を短時間でおこなえるため、手間や時間を大幅に削減できるでしょう。

担当者の負担が減り、コア業務にも集中できるのがメリットです。

【評価や分析結果を人員配置に活用できる】
蓄積したデータや分岐結果は人事配置の最適化に役立ちます。

従業員がそれぞれスキルや特性にあった配置につければ、生産性のアップにつながるでしょう。

【クラウドのためシステム開発が不要】
クラウド人事評価システムでは、提供されるサービスをそのまま利用できます。

システム開発のコストや手間が不要で、すぐに導入できるのがメリットです。


質問

Q.クラウド人事評価システムを選ぶ際の注意点は?


回答

A.
【自社の評価制度や導入目的に合っているか】
自社の評価制度や導入目的にあった、クラウド人事評価システムを選びましょう。

目的や課題を明確にして、必要な機能をリストアップします。

自社に必要な機能が備わった、クラウド人事評価システムを選んでください。

【既存のシステムと連携できるか】
勤怠管理や給与計算などシステムと連携できれば、データが共有できます。

業務効率化につながるので、既存のシステムに対応しているか確認しましょう。

【無料トライアルで使い勝手を確認する】
クラウド人事評価システムは使いやすさが重要です。

使い勝手のよいクラウド人事評価システムを選ぶことで、スムーズに導入できるでしょう。

無料トライアルで実際に使ってみて、操作性や画面の見やすさを確認するのがおすすめです。


質問

Q.人事評価の基準となる主な項目は?


回答

A.
【業績考課】
成績考課とも呼ばれており、売上や利益率などの成果に対する評価です。

成果の他には目標の達成率やプロセスなども含まれます。

他の基準と比較して数値で評価しやすいのが特徴です。

【能力考課】
業務を遂行するために身につけた能力や、潜在的な能力を評価します。

スキルや社内環境をよくするための取り組み、緊急時の対応などが評価のポイントです。

業績考課と比較すると、数値で評価するのが難しい傾向があります。

【情意考課】
行動考課や執務態度考課とも呼ばれる、勤務態度に対する評価です。

規律性や協調性、遅刻の有無など、職務を遂行する際の行動や態度を評価します。

主観が入りやすいので、同僚や部下などさまざまな人から評価を集めることが重要です。


質問

Q.人事評価基準の作り方は?


回答

A.
【評価項目の設定】
下記の基本項目を参考に、自社にあった人事評価基準を設定してください。

-業績考課
・売上・利益額
・目標達成率
・新規契約件数
・契約継続率

-能力考課
・企画力
・実行力
・改善力
・コミュニケーション能力
・理解力
・リーダーシップ

-情意考課
・規律性
・責任感
・協調性
・積極性

【評価グレードや点数の付け方を決める】
一般職や中間管理職、管理職など、役職ごとにグレードを分類します。

それぞれのグレードに適した評価項目を設定しましょう。

それから人事評価の内容をわかりやすく数値化して、基準となる点数の付け方を決めてください。

5段階評価が一般的ですが、6段階や7段階を採用している企業もあります。

【誰が評価するかを決める】
人事評価の担当者を決定しましょう。

直属の上司が担当するのが基本ですが、公平性を保つために他部門・他部署からの評価を取り入れることもあります。

人事評価の方法や項目によっては、複数人で評価したほうがよいケースもあるでしょう。


質問

Q.人事評価基準を作る際の注意点は?


回答

A.
【必ず複数人で基準を作る】
客観性を保てるように、人事評価基準を複数人で作成します。

さまざまな視点を取り入れることで、より公平な人事評価基準が作成できるでしょう。

【業務レベルや役職に合わせて作る】
業務レベルや役職によって評価すべきポイントは異なります。

たとえば管理職なら、マネジメント力やリーダーシップを評価する項目が必要でしょう。

役職のグレードや部署にあわせて、人事評価基準を作成してください。

【従業員に対して評価基準を明確に提示する】
人事評価基準を作成したら従業員と共有しましょう。

基準が提示されていれば、評価に対する納得感が高まります。

【フィードバックの機会を設ける】
上司と部下で評価に関するフィードバックをおこないます。

評価の理由を説明したうえで、課題を明らかにすることが重要です。

課題の改善や今後の目標について話し合うことが、従業員の成長につながるでしょう。


質問

Q.ノーレイティングとは?


回答

A.
ノーレイティングとは数値やランクで評価しない評価方法です。

人事評価と違って明確な基準はなく、目標設定とフィードバックを繰り返してその度に評価をおこないます。

環境の変化に対応しやすく、評価への納得感が得られやすいことがメリットです。

自社の方針によっては、ノーレイティングを取り入れることも検討しましょう。


質問

Q.人事評価システムとは?


回答

A.
【主な機能】

人事情報管理機能個人情報や経歴など情報を管理
人事評価項目設定評価方法や項目を設定
目標管理機能目標の設定や進捗率などを管理
評価シート作成機能フォーマットによる作成や配布・回収
評価ワークフロー入力フローや閲覧・編集制限の管理
人事配置・異動管理配置や異動の可視化やシミュレーション
CSV出力集計・分析したデータを出力

人事評価システムによって詳細な機能は異なるので、事前にチェックしておきましょう。

【対応している評価制度】

目標管理制度(MBO評価)企業方針と関連付けた個人の目標を評価基準とする
360度評価上司や同僚など複数の立場の人によって評価される
コンピテンシー評価高いパフォーマンスを発揮する人物像の行動特性を評価基準とする
OKR評価組織やチームで短期間での目標を定めて活動結果を評価する

対応する評価制度は人事評価システムで違うため、事前に確認しておくことが重要です。


質問

Q.人事評価システムのメリット・デメリットは?


回答

A.
【導入メリット】
・人事情報を一元管理できる
・人事評価業務を効率化できる
・明確な評価設定ができる
・公平な評価によるモチベーション向上と離職防止が期待できる
・必要な人材の明確化による人材採用・人材育成の質向上に役立つ
・データの活用により戦略的な人材配置ができる

【デメリット】
・初期費用や月額費用がかかる
・既存の評価シートをそのまま使用できない可能性がある
・人事評価制度の基礎知識が必要とされる
・人事評価制度の見直しが必要な可能性がある
・詳細な面談内容を反映できないケースがある


質問

Q.人事評価システムを選ぶ際の基準は?


回答

A.
【自社で採用している評価制度との相性】
社内で採用している評価制度に対応しているか、チェックしておきましょう。

目標管理制度や360度評価、OKR評価であれば、多くのシステムに備わっています。

既存の評価制度と相性がよい人事評価システムなら、そのままシステム化が可能です。

【自社の規模や組織体系と合っているか】
自社の規模や組織体系に適した人事評価システムを選びます。

企業規模が大きいと管理すべき人事情報が多く、ワークフローも複雑になりがちです。

人事評価システムの対応規模や機能、料金をしっかりと比較しましょう。

【社内の人事労務系システムと連携できるか】
給与計算システムや勤怠管理システムと提携できれば、人事業務のさらなる効率化が期待できます。

現在使用している人事労務系システムとの連携に対応しているか、確認しておくのがおすすめです。


質問

Q.おすすめの人事評価システムは?


回答

A.
【ヒョーカクラウド】
ヒョーカクラウドは、シンプルで使いやすい人事評価システムです。

何をすべきか一目でわかり、始めての導入でも操作に迷う心配がありません。

【サイダスピープル人事評価】
サイダスピープル人事評価は、「働きがい」を作るための人事評価システム。

授業員の資格や経験、日々の成果を見える化して、簡単に共有できます。

【あしたのクラウドHR】
目標設定や評価、査定、給与確定など人事評価運用の一元管理が可能です。

AIによる目標添削機能や評価者モニタリング機能によって、人事評価をサポートします。


質問

Q.人事労務とは?


回答

A.
【業務内容】
業務内容は人事と労務に分類できます。

-人事
・採用活動
・社内研修
・評価制度の運用
・配属先の決定

-労務
・勤怠管理
・給与計算
・入社・退社の手続き
・社会保険料の手続き
・就業規則の作成
・年末調整
・福利厚生の管理
・労務のトラブル対応

【現状の課題】
・慢性的な人材不足
・多様化する雇用形態に対応できていない
・複雑化する人事労務業務の負担
・テレワークへの対応が難しい
・ペーパーレス化が進んでいない

上記のような課題は労務管理システムで解消できる可能性があるので、ぜひ導入を検討してください。


質問

Q.人事労務を楽にする労務管理システムとは?


回答

A.
【基本機能やできること】

入退社手続き入退社に関する書類の作成・提出
従業員情報管理従業員の個人情報を管理
マイナンバー管理従業員のマイナンバーを管理
雇用契約書作成雇用契約書の作成・締結
就業規則・福利厚生管理就業規則や福利厚生の管理
年末調整の手続き年末調整に必要な書類の作成・提出

勤怠管理や給与計算を備えた労務管理システムもあるので、ぜひチェックしてください。

【導入メリット】
・人事労務業務を効率化できる
・人的ミスを減らせる
・従業員の情報を一元で管理できる
・法改正に対応できる
・外部システムと連携すればさらなる効率化につながる


質問

Q.労務管理システムの比較ポイントは?


回答

A.
【対応している業務範囲】
対応している業務範囲や機能は、労務管理システムによって異なります。

どのような業務をシステム化したいのか、明確にしておくことが重要です。

課題を洗い出したうえで解決に必要な機能をリストアップして、自社に適した労務管理システムを選びましょう。

【連携できるシステムの種類】
多くの労務管理システムは、外部システムとの連携が可能です。

勤怠管理システムや給与計算システムなどと連携できれば、さらなる業務効率化につながります。

現在使用しているシステムとの連携に対応しているか、あらかじめ確認してください。

【導入コストやランニングコスト】
導入コストやランニングコストを計算して、無理なく導入できる労務管理システムを選びます。

複数のプランを提供しているケースも多いので、それぞれの費用や機能をチェックしましょう。

複数の労務管理システムから見積もりをとり、比較するのがポイントです。


質問

Q.おすすめの労務管理システムは?


回答

A.
【freee人事労務】
シンプルなデザインと使いやすい操作性が魅力の、労務管理システムです。

暗号化や厳重なデータ保管、TRUSTe取得など、セキュリティ対策を万全におこなっています。

【SmartHR】
人事・労務の業務効率化に役立つ労務管理システム。

さまざまなデータをスムーズに収集でき、可視化・分析も簡単です。

【ジンジャー人事労務】
ジンジャー人事労務では、人事管理や年末管理のペーパーレス化が実現できます。

入社手続きの電子化や、組織シミュレーションなどの機能も便利です。

タレントマネジメントシステムの製品比較

カオナビ

カオナビ

月額費用要問い合わせ

カオナビとは、従業員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。 経営者や人事のニーズ、多種多様な導入企業から得られた知見やノウハウを基に開発されており、使いやすい機能と充実したサポート、活発なコミュニティが特徴です。 あらゆる人事情報をカオナビに集約することで、効率的な人材採用、配置、育成、評価を実現。昨今注目を浴びる人的資本経営や人事労務DXにも対応しています。

無料お試し要問い合わせ

ざんまいクラウド

ざんまいクラウド

月額費用100円〜

ざんまいクラウドとは、株式会社K2インフィニティーズが運営している人事評価業務支援アプリケーションです。正式利用申し込みから最短5日で利用開始できるスピード感と、Webブラウザ・インターネット環境があれば、すぐに利用開始することができる手軽さが魅力的なサービスで、コスト面にも優れています。

無料お試し90日無料

HRBrain

HRBrain

月額費用要見積もり

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するクラウド人事評価ソリューションです。 人事評価・目標管理のプロセスを効率よく管理することができ、組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで運用することができます。 あらゆる人材データの一元管理により、業務の効率化・データ分析・活用を行うことができ、従業員一人ひとりが活躍できる組織づくりを目指す企業におすすめのサービスです。

無料お試し7日間無料

JobSuite TALENTS

JobSuite TALENTS

月額料金要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

タレントマネジメントシステムの製品比較

カオナビ

カオナビ

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

カオナビとは、従業員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。 経営者や人事のニーズ、多種多様な導入企業から得られた知見やノウハウを基に開発されており、使いやすい機能と充実したサポート、活発なコミュニティが特徴です。 あらゆる人事情報をカオナビに集約することで、効率的な人材採用、配置、育成、評価を実現。昨今注目を浴びる人的資本経営や人事労務DXにも対応しています。

ざんまいクラウド

ざんまいクラウド

月額費用100円〜

無料お試し90日無料

ざんまいクラウドとは、株式会社K2インフィニティーズが運営している人事評価業務支援アプリケーションです。正式利用申し込みから最短5日で利用開始できるスピード感と、Webブラウザ・インターネット環境があれば、すぐに利用開始することができる手軽さが魅力的なサービスで、コスト面にも優れています。

HRBrain

HRBrain

月額費用要見積もり

無料お試し7日間無料

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するクラウド人事評価ソリューションです。 人事評価・目標管理のプロセスを効率よく管理することができ、組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで運用することができます。 あらゆる人材データの一元管理により、業務の効率化・データ分析・活用を行うことができ、従業員一人ひとりが活躍できる組織づくりを目指す企業におすすめのサービスです。

JobSuite TALENTS

JobSuite TALENTS

月額料金要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

詳細記事はこちら

    その他の関連する記事

    これは タレントマネジメントシステムの製品です。
    タレントマネジメントシステムの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【タレントマネジメント】

        類似サービス: JobSuite TALENTS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。経験や実績だけではなく、社員一人ひとりの性格や能力といった詳細な情報が把握できるようになることで、個人が最大限の能力を発揮できるような人材配置、人材育成が可能となります。

        「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

        従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

        導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

        JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

        より広範な人事領域のDXを実現

        JobSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

         

        類似サービス: カオナビ

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        カオナビとは、従業員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。 経営者や人事のニーズ、多種多様な導入企業から得られた知見やノウハウを基に開発されており、使いやすい機能と充実したサポート、活発なコミュニティが特徴です。 あらゆる人事情報をカオナビに集約することで、効率的な人材採用、配置、育成、評価を実現。昨今注目を浴びる人的資本経営や人事労務DXにも対応しています。

               

        人事課題を解決する多種多様な機能

        カオナビにはタレントマネジメントに必要な機能が揃っており、様々な人事課題に役立ちます。 人事情報活用のはじめの一歩である人材データベースの構築から、データを活用した人材採用、配置、育成、評価の効率化、昨今注目を浴びる人的資本経営やリスキリングへの対応も可能です。

        誰でも使いやすい操作性

        タレントマネジメントでは、蓄積した人事情報を社内全体で活用することが重要です。 だからこそカオナビは、人事担当者に限らず、経営者から従業員までの誰もが使いやすい設計になっています。

        やりたいことを実現できるカスタマイズ性

        カオナビは、カスタマイズ性にも優れています。 たとえば、自社独自の管理項目があったり評価制度を運用したりしている場合でも、柔軟に対応可能です。

         

        類似サービス: ざんまいクラウド

        (4.5)

        月額料金300円〜(利用イベントによって異なります)無料お試し90日間無料
        初期費用30,000円最短導入期間5日程度

        ざんまいクラウドとは、株式会社K2インフィニティーズが運営している人事評価業務支援アプリケーションです。 正式利用申し込みから最短5日で利用開始できるスピード感と、Webブラウザ・インターネット環境があれば、すぐに利用開始することができる手軽さが魅力的なサービスで、コスト面にも優れています。

        テンプレートで簡単に始められる

        ざんまいクラウドには、評価シートや目標管理シートのテンプレートが用意されているため、社員情報の登録をすることで、すぐに運用を開始することができます。

        費用対効果に優れている

        ざんまいクラウドは、費用対効果にも優れています。 目標管理シートを使う場合は、1アカウントにつき月額200円と低コストから利用することができ、シートを使う月だけ費用が発生するため、無駄なコストが発生することがありません。

        人事評価の業務負担を軽減

        ざんまいクラウドの目標管理シートの構成は、汎用のパラメータがあるため、どのような条件のシートに対しても、自由自在かつ無制限に構成することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載