CELF(セルフ)の料金·評判·機能について

更新日:

    見積書などの案件管理、交通費や出張の申請書などのワークフローシステムを自社で作成する際には高度なプログラミング知識がないと難しい場合があります。IT系の会社にアプリケーションの制作を依頼すると費用も高額になってしまいます。
    近年は、CELFのような簡単操作で業務アプリケーションが作れるシステムを導入する企業も増えてきました。本記事では、CELFの特徴、強み、料金プランなどを解説いたします。

    CELFとは?

    CELFは、SCSK株式会社が提供しているWebアプリケーション制作サービスです。
    Excel感覚で操作することができ、プログラミングの知識や経験がない方でも簡単に扱うことができ、最適な業務アプリが作れます。

    おすすめの類似アプリマーケティングツール

    初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

    (4.5)

    月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
    初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

    オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

    ランニングコストのみでアプリ開発ができる

    従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

    既存Webサービスとの連携が可能

    すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

    リリース後のマーケティング施策もサポート

    アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

    CELFの特徴·機能

    CELFには、Excelデータを元に自動でWebアプリケーションを作成する機能が搭載されています。
    一から自分で制作できる機能も搭載されており、マクロやプログラム知識は一切不要で利用できるのが特徴です。CELFの主な機能、特徴については以下の通りです。

    ドラッグ&ドロップ操作で簡単

    CELFは、マクロやプログラムなどの専門知識なしで、ドラッグ&ドロップの簡単操作のみで扱えるのが特徴です。
    直感的に利用できますので、パソコンに詳しくない方でもすぐに操作を覚えて活用することができます。

    Excelを活用してWebアプリケーションを作成

    CELFには、Excelを読み込める機能が搭載されています。
    インポートしたExcelファイルを活用し、データ項目を定義するだけで自動的にWebアプリケーションを作成できます。

    バージョン管理ができる

    CELFを使って作成したWebアプリケーションは強制的なアップデートも可能となっています。
    また、過去のバージョンに戻すこともできますので、状況に合わせた使い方も可能です。

    運用管理機能が充実

    運用管理機能が充実している点も、CELFの特徴です。
    アクセス権管理、グループ管理機能もありますので公開範囲やアクセス権も自由に設定できます。

    CELFの強み

    CELFの強みは、Excel感覚で簡単に扱える点です。
    普段の業務でExcelを使っている方でしたら、違和感なくすぐに使いこなせるようになることでしょう。高度なITの知識は一切不要です。
    また、CELFにはRPA機能が搭載されている点も強みとなっています。今まで個人が行っていた業務も自動化できますので、従業員の負担解消、人材不足の解消などに活用できます。

    CELFの価格·料金プラン

    CELFのクラウド版の月額利用料金は、1,500円です。年間利用料金は17,500円となっています。
    1ユーザーに対しての料金となっており、最低利用ユーザー数として10ユーザー以上必要です。
    RPAオプションを利用する場合には、1端末あたりに対して、35,000円の年間利用料金もかかります。
    30日間の無料トライアル版も用意されていますので、導入前にお試しも可能です。
    詳しい料金については、直接問い合わせてみてください。

    2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    CELFの注意点

    CELFの注意点は、Excelとまったく同じではないことです。
    見た目はよく似ていますが、リボンメニュー、ショートカットキーなどが異なっており、サポートしていない機能もあるので、Excelに慣れている方は戸惑う部分もあるかもしれません。
    ただ、操作自体はとても簡単なので心配は不要です。

    CELFの口コミ·利用企業からの評判

    CELFで工数削減を実現できました

    “サービス品質向上のため、業務プロセスの改善を行ってきましたが、それぞれの企業様によって業務プロセスがあるため標準化ができず、業務の可視化もできていなかったため改善の糸口が見つけられませんでした。そこでCELFを導入するために業務プロセスを整理し、導入したところ工数削減やヒューマンエラーをなくすことにつながりました。”(株式会社伊東商会様)

    類似サービスとの比較

    CELFと類似したサービスとしては、Claris FileMakerがあります。
    Claris FileMakerは、ファイルメーカー株式会社が提供しているサービスで、CELFと同じようにプログラミングの知識なしで、業務向けのアプリケーションが作成可能です。ドラッグ&ドロップ操作ができ、組み込みテンプレートも用意されていますので簡単に扱うことができます。
    Claris FileMaker Cloud版の料金は、Essentials、Standard、DX移行などのプランが用意されています。最安のEssentialsならば、1ユーザーあたり月額1,950円で利用可能です。
    CELFの月額料金は1,500円なので、少しでも安い料金で利用したい場合にはCELFのほうが向いているかもしれません。

    CELFで簡単にWebアプリケーションの作成を

    CELFを導入すれば、ITに詳しくない方でも簡単に自社の業務アプリケーションが作成できます。
    簡単にアプリが作れることで企業としてのナレッジを蓄積することも可能ですし生産性を向上させることも見込めるのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

    画像·データ出典:CELF公式サイト

      • qeee枠【アプリマーケティング】

        初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

        (4.5)

        月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
        初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

        オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

        ランニングコストのみでアプリ開発ができる

        従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

        既存Webサービスとの連携が可能

        すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

        リリース後のマーケティング施策もサポート

        アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載