モンキーアプリの料金・評判について

更新日:

    アプリ開発プラットフォームはお手軽にアプリを開発できるので、コストも期間もかからないのが魅力的です。アプリ開発プラットフォーム上はいくつもありますが、便利なのが「モンキーアプリ」です。モンキーアプリはLINE内アプリ開発プラットフォームで利用しやすいのが特徴です。この記事では、モンキーアプリの特徴や導入する機能を紹介します。

    モンキーアプリの特徴・機能

    ユーザーが気軽に利用できる

    1つ目の特徴はユーザーが気軽に利用できることです。企業側にとってコストが安く短い期間で導入できるのはメリットですが、ユーザーにとってもメリットがなければなりません。モンキーアプリは友だち追加もしくはQRコードの読み込みで利用可能です。

    チャットボット連携

    2つ目の特徴がチャットボット連携です。モンキーアプリが開発しているAIチャットbotと連携させれば、ユーザーからの質問もチャットボットが自動で返答してくれます。精度も高いので安心して導入可能です。

    LINE上で日報入力・閲覧が可能

    3つ目の特徴はLINE上で日報入力・閲覧が可能です。営業において日報は重要なのですが、出先から社内に戻りパソコンを開くのは手間でしょう。モンキーアプリはLINE上で展開するアプリを活用することで、出先でも入力・閲覧が可能です。

    おすすめの類似アプリマーケティングツール

    初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

    (4.5)

    月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
    初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

    オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

    ランニングコストのみでアプリ開発ができる

    従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

    既存Webサービスとの連携が可能

    すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

    リリース後のマーケティング施策もサポート

    アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

    モンキーアプリのメリット

    モンキーアプリの導入メリットは、以下の2つです。

    ユーザーが利用しやすい
    使用できるOSを問わない

    モンキーアプリは友だち追加またはQRコードから簡単に利用できるので、会員登録する必要がありません。手間もないのでユーザーが利用しやすいサービスになるでしょう。LINEを導入していれば使えるので、OSはAndroid、Apple問わずに使うことができます。多くのユーザーから利用されるサービスになるでしょう。

    モンキーアプリの注意点

    モンキーアプリはLINEを軸としたものです。LINEを導入していなければ使えませんので注意してくださいね。

    モンキーアプリ価格・料金プラン

    料金体系は初期製作費用と月額費用の2種を足したものです。

    2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    モンキーアプリの導入事例・評判

    対象商品購入者向けの園芸相談ができたり、ポイントの確認もできます。自社アプリからLINE内アプリに切り替えたことで大幅にユーザーを増やせました。
    サカタコンシャル

    自社DBとLINEアカウントを連携させて、入居者からの問い合わせと仲介業者からの物件空室確認に自動で対応するサービスにしました。問い合わせ数も回答までの待ち時間も大幅に減少しました。
    不動産管理LINEアプリ

    モンキーアプリと類似サービスとの比較

    サービス月額特徴
    GMOおみせアプリ公式サイトより料金表ダウンロード集客・販促機能が豊富
    Platio20,000円/90,000円/200,000円種類豊富なテンプレート
    Yappli初期作成費用・月額費用料金アプリを簡単に作成可能

    GMOおみせアプリは集客・販促機能が充実しており、お店のアプリを作るのにおすすめのサービスです。

    Platioは100以上のテンプレートで、自分に合ったものを選択できます。ノーコードで作成できるので、プログラミング知識がなくとも導入可能です。

    Yappliはアプリ作成に必要な機能があり、簡単に高クオリティのアプリを作れます。

    モンキーアプリでお手軽にアプリを開発

    モンキーアプリは手軽にアプリを開発できコストも安くすみ、期間も短く作成可能です。LINEを導入していれば、簡単に導入できますので是非導入を検討してください。

      • qeee枠【アプリマーケティング】

        初期費用0円でアプリ開発が可能: appsule

        (4.5)

        月額費用要お見積もり最低契約期間4ヶ月
        初期費用無料特徴ノーコードでアプリが開発可能

        オウンドアプリ開発ツールで、初期費用無料・アプリ最適UIの実現・スマホ向けサービスの事業発展に使えるアプリ・サービス。最小工数・運用自動化を前提としたアプリの制作が可能。ノーコードで自社だけのアプリが簡単に開発できます。

        ランニングコストのみでアプリ開発ができる

        従来のアプリ開発は、専門の制作会社に依頼して外注するのが当たり前でした。コストも通常初期開発で200万円〜1,000万円と言われています。 appsuleはこれらの開発費が無料で、月額などのランニングコストのみで開発、運用ができるため、非常にコストパフォーマンスに優れています。

        既存Webサービスとの連携が可能

        すでに自社で実施しているWebサービスやメディアと連携することができ、一本化した運用が可能なため、担当者の作業負担が増えません。 また、appsuleでは、アプリと連携する外部テクノロジーを積極的に導入·追加しているため、自社サービスの利便性を高める機能を追加することもできます。

        リリース後のマーケティング施策もサポート

        アプリ開発はもちろん、運用のオペレーションやマーケティングについても、広告代理店やアドテクノロジー、Webメディアなどでの業務経験を持つスタッフが懇切丁寧にサポートしてくれます。 自社の既存アプリに関する課題についてもコンサルティングしてくれるため、PDCAを意識したアプリ運用が可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載