KnowledgeC@feの料金·評判·機能について。100IDで月額30,000円から?

最終更新日 

KnowledgeC@feとは

KnowledgeC@feは人材育成をサポートするためのプラットフォームサービスです。すでにこれまでの導入社数が1,600社以上、利用者数も64万人を超えるという実績豊富なサービスとして業種を問わず評価されています。

人手不足やなかなか低下しない離職率、これからのビジネスでは人材育成が成否を分ける重要なポイントになるともいわれています。人材をしっかり育成できる環境を築けば、業務の効率化も実現できます。適材適所を実現することで、仕事を通して人材が伸びる環境を築けるうえに離職率の低下や従業員のモチベーションの維持などの効果も期待できます。

しかし逆に言うと人材育成がうまくできない会社は人材も育たず、定着もせず、業務効率の悪い環境でつねに人手不足の状況に晒されてしまうリスクを抱えることになります。そんな現代の企業が抱えている難しいテーマをサポートするサービスを用意しているのが、このKnowledgeC@feなのです。

KnowledgeC@feの特徴·機能

LMSを導入

特徴·機能としてまず挙げられるのが、「LMS(学習管理システム)」を導入した人材育成を手掛けている点です。これは、これまでの豊富な研修運営業務の経験·実績をもとに考えられたもので、業種や育成対象となる従業員のキャリアに合わせた柔軟な育成環境を用意できるサービスです。

これには、1,500以上もの豊富なコンテンツが用意されており、これらの中から役立つコンテンツを選んで研修·育成の質を高めることができます。しかも豊富な実績とノウハウに裏付けられたスタッフによるサポートも用意されており、顧客ごとに理想的な育成環境の構築が可能です。

eラーニングが可能

さらにeラーニングによる研修を専門的に行う「KnowledgeC@fe for eラーニング」のサービスもあり、こちらを利用することも可能です。

もう少し具体的に見ると、さまざまな人材育成コンサルティングサービスやタレントマネジメントなど人材育成にかかわるサービスとの連携により内容も充実しています。また、インストラクショナルデザインによる学習ニーズの分析を行ったうえでの教材開発なども大きな特徴となっています。

スマホにも対応

スマートフォン、タブレットにも対応しているので時間や場所を選ばずに学習することが可能です。テレワークのような在宅勤務の状況でも社員の育成を行うことができます。

KnowledgeC@feの強み

1,500以上の多彩なコンテンツは、「内定者向け」「新入社員向け」から「全社一斉向け」「中堅社員向け」など細かく分類されており、目的に合わせたコンテンツ選びが容易にできます。量と質のバランスを意識したコンテンツになっているのが強みとして挙げられます。

また、よくある研修の問題点として「研修を受講しただけで終わり」「受講することそのものが目的になってしまっている」といった点を解消し、効果を高めるためのフォローが充実しています。

研修を実施する前の状況把握、研修内容の現場活用へのサポート、さらに実践結果の評価なども利用できます。会社が実施する研修の費用対効果を高める意味でも大きな意味を持つはずです。

また、コンテンツ変換オプションを利用することで、PowerPoint原稿を簡単にコンテンツ化できるなど、手軽に従業員に学習する機会を提供することも可能です。

KnowledgeC@feの価格·料金プラン

KnowledgeC@feの価格·料金プランは「初期導入」とメインとなる「KnowledgeC@fe」サービスの2段階に分けられています。

初期費用の16万円に、プラスでKnowledgeC@feのサービスを利用した規模·期間に応じて加算されます。

基本的には登録ID数に応じて課金される形となっており、100IDで年間利用した場合で月3万円~、先述したeラーニングに特化した「KnowledgeC@fe for eラーニング」のみなら同じID数で12,500円~となっています。その他、オプションサービスを追加することも可能です。例えば動画配信オプションでは初期費用として10万円かかります。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

KnowledgeC@feの注意点

育成対象となる従業員の数や利用するサービスの数によってはかなり高額な費用が掛かってしまいます。

ですから、比較的規模の大きな企業に適したサービスとの評価も得ています。中小企業は費用対効果をよく意識したうえで利用する必要がありそうです。

KnowledgeC@feの口コミ·利用企業からの評判

社内研修が効率化できました

“グループ会社の従業員研修に利用しています。人材育成プラットフォームとしてLMSを利用し、eラーニングも導入しています。今では自社だけでなくビジネスパートナー先にも研修手段として提供しています。”(富士通株式会社様)

類似サービスとの比較

類似サービスではCloud Campusが挙げられます。料金面や特徴で比較してみると以下の通りです。

 

KnowledgeC@feCloud Campus
初期費用16万円10万円〜
月額最低費用3万円〜7万円〜
お試し利用なしあり
特徴大企業向け固定料金制

 

料金面の比較としてはCloud Campusがユーザー数に関わらず固定料金で利用できるので比較的安価に運用を開始することができます。

また、機能面では大企業で利用する場合にはKnowledgeC@feが費用対効果が高く、機能も豊富なのでおすすめです。

KnowledgeC@feで人材育成の効率化を

本格的にサービスを利用するとなると少々コストがかかってしまうのは避けられませんが、その分ゼロから人材育成環境を築いていくことができる手厚いサポートが得られます。これまで人材育成になかなか手を付けられずにいた企業に、特に向いているサービスといえるのではないでしょうか。

画像·データ出典:KnowledgeC@fe公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部