eラーニングについてのよくある疑問

更新日:

本記事では、eラーニングについてQ&A方式で解説しております。

eラーニングのメリットについてよくある疑問

質問

Q.eラーニングの特徴は?


回答

A.eラーニングとは、学習者が自ら進んで学習に取り組むことができる、インターネット上で提供される学習方法です。

自宅や職場などさまざまな場所からアクセスでき、通勤や休憩などのスキマ時間を活用して自分のペースで学習を進められるという特徴があります。そのため、学習者のライフスタイルに合わせた柔軟な学習が可能です。

また、文章だけではわかりづらい内容を動画や音声などを使うことで、理解を深めやすいといった特徴もあります。

質問

Q.学習者側から見たeラーニングのメリットとは?


回答

A.学習者側から見たeラーニングのメリットは以下の通りです。

・時間や場所を問わず学習できる
・自分のペースで学習できる
・繰り返し何度も学習できる
・動画や音声によって理解を深めやすい
・講習会に行くための交通費や時間を削減できる

時間や場所にとらわれず、自分のペースで学習できるため、忙しい人でも学習時間を確保しやすくなります。

同じ内容を繰り返して学習できる点や、動画などを活用できる点は、学習者が疑問を解消したり理解を深めたりするのに役立つため、学習の質も高められるでしょう。

講習会に行く費用や時間が減らせることで、遠方に住む人も気軽に学習を受けられるようになります。

質問

Q.提供側から見たeラーニングのメリットとは?


回答

A.提供側から見たeラーニングのメリットは以下の通りです。

・会場費や交通費などを削減できる
・会場手配などの準備時間や労力を削減できる
・大人数に一律で提供できる
・教材内容の変更や最新情報の共有をしやすい
・教育者の負担を軽減できる
・進捗管理や評価をしやすい

講習会の開催にかかるコストや時間、労力などを削減できる点は大きなメリットといえるでしょう。

大人数に同一の内容を提供したい場合でも、わざわざ集合させる必要がなく、教材変更や情報の共有もスムーズに対応できます。

eラーニングで新人教育やマニュアル教育などを行えば、同じ内容を何度も教える必要がなくなるため、入れ替わりの多い現場などで教育者の負担を軽減できます。

質問

Q.eラーニングにデメリットはあるの?


回答

A.もちろんeラーニングにはデメリットもあります。
・インターネット環境が必須
・機器の操作など最低限の知識が必要
・システム導入の専門知識やコストが必要
・学習者のモチベーション維持が難しい
・実技や実習には適さない
・他の学習者との交流を深めづらい
・教材を制作する手間やコストがかかる

eラーニングはインターネットを使えることが前提なため、学習者と提供者はインターネット環境や基本操作の知識が必要です。さらに、提供者はeラーニングシステムを導入するための専門知識も必要となります。

好きなタイミングで学習できるといった柔軟さをもつ反面、学習者が自発的に取り組まなければ意味がないため、学習者のモチベーションを維持する工夫が重要です。

eラーニングでの学習はコンテンツの視聴がメインとなるため、実技が必要な内容には適さなかったり他人との交流がしづらかったり、教材制作が必要だったりなどデメリットが多数あります。

eラーニングを効果的に活用するには、これらのデメリットを緩和する対策や従来の対面式学習との使い分け方について考えなければなりません。

eラーニングの種類についてよくある疑問

質問

Q.eラーニングの対象者の種類は?


回答

A.eラーニングの対象者には幅広い年齢・職種の人々が当てはまります。

・乳児~児童
・学生
・企業の社員
・雇用者
・スキルアップやキャリアアップを図りたい人
・資格取得を目指す人

企業の社員では、新入社員からベテラン社員、管理職や営業職など、さまざまな階級や役職が対象となります。

質問

Q.eラーニングコンテンツの種類はどんなものがある?


回答

A.

【既存の資料をアップロードする形式】
紙媒体の資料や画像、動画、PDFなどすでにあるものをアップロードし、それらをそのまま教材コンテンツとして提供する形式です。
これまでの研修で使っていた資料を引き続き使いたい場合や、コンテンツ制作の手間を省略したい場合に適しています。
【アニメーション形式・ストーリー形式】
アニメーションやストーリー性のあるコンテンツは、学習者の興味を引くことができ学習意欲の向上に役立ちます。
複雑な内容も視覚的にわかりやすくなるため、覚えづらい内容や情報量が多い内容に有効ですが、多額の制作コストや専門技術が必要です。
【動画講義形式】
講義の様子を撮影・配信し動画教材として提供する形式です。
リアルタイム配信では実際の講義と同じ感覚で受講でき、録画されたものでは巻き戻して繰り返し学習ができます。また、制作の手間やコストもおさえられます。
【VR体験による講義形式】
VR(バーチャルリアリティ)を活用し、実践に近い学習を提供できる形式です。
安全面で実践することが難しい内容や、体験しづらい内容、実践が重要な内容などに向いています。


質問

Q.eラーニングシステムの提供形態は?


回答

A.eラーニングシステムの提供形態はクラウド型とオンプレミス型に分かれ、クラウド型が多く出回っています。
【クラウド型】
クラウド型はオンライン上でサービスとして利用するタイプで、低コストですぐに運用を開始したい場合に向いています。
メリットは、導入コストが安い、サーバー構築が不要、保守運用の手間がかからないなどが挙げられます。
デメリットは、ランニングコストが高額になりやすい点です。
【オンプレミス型】
オンプレミス型は自社サーバーにインストールするタイプで、セキュリティ重視やランニングコストを抑えたい場合に向いています。
メリットは、セキュリティを徹底しやすい、ランニングコストをおさえられるなどが挙げられます。
デメリットは、導入コストが高額、サーバー構築が必要、運用開始までに時間がかかるなどです。

質問

Q.目的別eラーニングシステムの選び方は?


回答

A.ここではeラーニングシステムの選び方を目的別にご紹介します。
【社員教育や研修に活用したい】
eラーニングを社員教育や研修に活用する場合は、進捗状況を管理しやすく外部連携ができるものがおすすめです。
進捗状況が管理しやすいと、学習者の理解度や疑問点を把握した上での的確な指導や評価ができます。
ZoomなどのWeb会議アプリと連携してオンライン上でのコミュニケーションが取れるようになると、質問をしたり社員同士での交流を深めたりすることが可能になります。
【自社の教材を使いたい】
これまでの研修で使っていた資料やPDFなどをそのまま教材として提供したい場合は
・コンテンツのアップロードができるか
・アップロードする資料の形式は対応しているか
を確認しましょう。
教材制作とアップロード、両方の機能を搭載しているものもあります。
【すぐにeラーニングを導入したい】
すぐにeラーニングを導入したい場合は、教材のラインナップが充実しているシステムを選びましょう。
必要な教材が揃っているか、学習者のレベルに合わせた教材があるかなどの確認も重要です。
導入形態はスムーズな導入できるクラウド型がおすすめです。

eラーニングがもたらす学習効果についてよくある疑問

質問

Q.eラーニングの学習効果とは?


回答

A.eラーニングの学習効果を2つご紹介します。
【学習内容を効率的に定着できる】
eラーニングは自分の理解度に応じて反復学習ができるため、覚えづらい内容や複雑な内容を集中的に繰り返し学ぶことで、効率的に知識を定着させられます。
従来の講義では不明点は改めて質問しなければなりませんが、eラーニングはその必要がなく自分で疑問を解消しやすい点で優れています。
【的確な指導を得られる】
eラーニングシステムで学習者一人ひとりの理解度や進捗が管理されるため、その人にあわせた的確な指導やサポートを受けられます。
従来の講義では進捗や理解度を把握しきれないため、一人ひとりに向けた指導は困難でしたが、eラーニングは人数が多くても容易に把握できる上、より具体的な指導をすることが可能になります。

質問

Q.eラーニング導入によるメリットとは?


回答

A.eラーニング導入によるメリットは以下のようなものが挙げられます。
講演会の開催にかかるコストや時間、労力を削減できる
・多人数や遠隔地へのコンテンツ提供がしやすい
・教育内容を統一できる
時間を確保しづらい学習者も教育できる
・教育者の負担を軽減できる
・進捗管理が容易になり、適切な指導や人事評価ができる
・教材内容の変更に対応しやすい

質問

Q.eラーニングの学習効果が得られないパターンとは?


回答

A.eラーニングの学習効果が得られないパターンをいくつかご紹介します。
【コンテンツの質が低い】
教材となるコンテンツがわかりづらかったり難しすぎたりした場合は、学習者の意欲を低下させるため、十分な学習効果が得られないことがあります。
コンテンツを利用した学習が中心となるeラーニング学習でスキルアップを図るには、質の高いコンテンツ制作が特に重要です。
【学習のルールを定めていない】
学習の目的やルールが曖昧な場合も十分な学習効果が得られないことがあります。
自由度が高すぎると、取り組み方がわからず学習者自身の負担が大きくなるため、学習意欲が低下したり非効率な学習をしたりする可能性があります。
【モチベーションを維持するための工夫をしていない】
eラーニングは柔軟な学習形態である反面、強制力が弱いため、効果が出るかどうかが学習者のモチベーションに依存します。
そのため、自主的に取り組んでもらえるよう積極的なサポートやフォローが重要です。

質問

Q.eラーニングの学習効果を高めるコツは?


回答

A.eラーニングの学習効果を高めるコツは以下の通りです。
【学習者の興味を引く上質なコンテンツを制作する】
わかりやすく、学習者のレベルに適した、興味を引くコンテンツが理想です。
会話形式にしたりストーリー性をもたせたりすることで、複雑な内容でも飽きずに取り組んでもらえるでしょう。
1コンテンツの長さや情報量を減らすなど、学習のハードルを下げることも有効です。
【学習のルールを定め、目的や目標を明確にする】
期限やコンテンツの指定、学習の手順など、一定のルールを設けることで学習者のやるべきことが明確になり、意欲的に取り組んでもらいやすくなります。
さらに、学習の目的や目標などを意識させることで、能動的に取り組めるようにもなるため、高い学習効果を得られるでしょう。
【モチベーション維持のための工夫を行う】
学習者の学習意欲を高めるには、テスト結果をランキングで発表したり、学習状況を評価に取り入れたりするなどが有効です。
学習ツールの操作性や利便性の悪さもモチベーション低下の原因になりかねないため、操作性や対応デバイスなども確認しておきましょう。

eラーニングを社員教育に活用する方法についてよくある疑問

質問

Q.eラーニングで社員教育はできるの?


回答

A.eラーニングで社員教育を行うことは可能です。
集合研修とは違い、eラーニングは人を集める必要がないため、忙しい社員でも空いた時間に研修を受けられます。
また、学習者が自主的に取り組むスタイルのため、教育者の負担を軽減できるメリットもあります。
ですが、eラーニングは実技や実習には不向きなため、社員教育をeラーニングだけで終わらせるのはおすすめしません。

質問

Q.社員教育にeラーニングを活用するメリットとは?


回答

A.社員教育にeラーニングを活用するメリットは以下の通りです。
【コストを削減できる】
会場手配や移動などが不要なため、集合研修に比べると大幅なコスト削減ができます。
集合研修でかかる費用には
・会場費
・交通費
・宿泊費
・資料作成費
・講演料
などがあります。
【個人にあわせた指導ができる】
eラーニングシステムによって学習者の理解度や進捗を個別管理できるため、社員一人ひとりへの的確な指導や評価が可能になります。
【社員全員が統一された内容の研修を受けられる】
社員全員が統一された研修を受けられることで、能力差による業務のバラつきが緩和され、業務の質を一定に保つことができます。


質問

Q.eラーニングで社員教育を行う際の注意点とは?


回答

A.eラーニングで社員教育を行う際は、社員のスキルアップをサポートする取り組みが重要です。
【学習の目的や重要性を明確にする】
社員が学習する目的や重要性を理解していないと、学習を後回しにしたり意欲が低下したりする可能性があります。
目的を提示したり、eラーニングでの学習結果を人事評価に組み込んだりするなど、社員の学習意欲を向上し維持する工夫が必要です。
【上質なeラーニングコンテンツを準備する】
eラーニングはコンテンツの視聴が中心となるため、コンテンツの質によって効果が出るかどうかが左右されます。また、低品質なコンテンツは学習意欲も低下させます。
わかりやすさはもちろん、社員のレベルに適しているか、飽きにくく取り組みやすいかなどにも注目してコンテンツを準備しましょう。
【学習内容をアウトプットする場をつくる】
研修を受けた後にもう一度自分の頭で考えて発信することで、学習内容の定着率を高めることができます。
テストを実施したり、学んだことをプレゼンテーションをさせたりするなどが有効です。


質問

Q.社員教育におすすめのeラーニングシステムは?


回答

A.ここでは社員教育におすすめのeラーニングシステムを3つご紹介します。
【Learning Ware】
『Learning Ware』は、株式会社プロシーズが提供する、2,400社以上の導入実績をもつクラウド型eラーニングシステムです。
豊富なeラーニングコンテンツを提供しており、教材制作のサポートも受けられます。また、eラーニングの管理だけでなく研修管理や分析なども利用可能です。
進捗管理機能、マルチデバイス対応、API連携機能などを搭載しており、初期費用と月額料金で利用できます。
【ひかりクラウド スマートスタディ】
『ひかりクラウド スマートスタディ』は、NTT東日本が提供する、国内600社以上の導入実績をもつクラウド型eラーニングシステムです。
自社で製作した動画教材は容量無制限でアップロードでき、研修の履歴管理、問題作成なども行えます。
8言語対応、シングルサインオン機能、ストレスチェック機能などを搭載しており、初期費用と月額料金で利用できます。
【Schoo for Business】
『Schoo for Buisiness』は、Schooが提供する2,000社以上の導入実績をもつクラウド型eラーニングシステムです。
多様なeラーニングコンテンツを提供しており、ビジネスやITなど幅広い分野の動画教材が6,200本以上あり、月額料金のみで無制限に利用できます。

eラーニングの活用事例についてよくある疑問

質問

Q.eラーニングでできることとは?


回答

A.eラーニングシステムを利用してできることとしては以下のものが挙げられます。
・研修やセミナーのオンライン配信
・動画や音声を活用したわかりやすい学習教材の提供
・VRでのシミュレーション
・テストやクイズの実施
・学習者の進捗管理
・講師や参加者とのオンラインでの交流
・モバイルデバイスを使った学習
・資料の共有
従来の研修や講義に比べて、進捗管理やテストの実施などがしやすくなります。


質問

Q.eラーニングの導入効果とは?


回答

A.eラーニングの導入効果を提供者と学習者に分けてご紹介します。
提供者は、コスト削減や人材教育の効率化などの導入効果が得られます。
・集合研修にかかるコストを削減できる
・統一された学習内容を多人数に提供できる
・教材変更や情報共有がスムーズに行える
・進捗管理や人事評価が容易にできる
・理解度や進捗度が個別に把握でき、具体的な指導ができる
・教育者の負担を軽減できる
一方、学習者には学習の質や柔軟性の向上といった導入効果があります。
・好きな時間と場所で学習できる
・自分のペースで学習を進められる
・繰り返し学習できる
・集合研修の交通費を削減できる
・的確な指導を受けられる
・動画や音声の活用によって理解を深めやすい
・最新情報を得られる


質問

Q.eラーニングの活用事例とは?


回答

A.eラーニングの活用事例を業種別でご紹介します。
【サービス業】
とある写真関係の企業は、社員が学習しやすい環境を整えることを課題としてeラーニングを導入しました。
インプット目標の設定や利用率を高めるためのルールの緩和、授業の評価・改善などに取り組んだそうです。
導入後は、自主的な情報収集や学習が促進され、チームの関係強化にもつながりました。
【IT業】
とあるIT企業は、自己学習の促進と自主性のある人材の育成を課題としてeラーニングを導入しました。
学習目標の設定や、学習共有スレッドでナレッジシェアや学びの定着を行うなどの取り組みを行ったそうです。
導入後は、各自が学んだ内容を業務に活かせるようになり、学びのシェアによって学習の幅が広がり、社内のコミュニケーションも活発化しました。
【金融業】
とある金融会社は、社員の学習をサポートできる環境づくりや、チャレンジ精神のある人材の育成を課題としてeラーニングを導入しました。
全社員への案内や意欲の高い社員への支援、学びの文化づくりなどの取り組みを行いました。
導入後は、数百人にまで受講者が増え、自主学習の文化が社内全体に浸透してきているそうです。
【製造業】
とある製造会社は、集合研修の参加率の低さを課題としてeラーニングを導入しました。
集合学習機能を活用した学習や人事評価への組み込み、視聴する動画を話し合いで決定するなどの取り組みを行いました。
導入後は、チームの一体感が増したことで全社員の学習意欲が向上し、人事評価に組み込んだことで個別のスキルアップにもつながっているそうです。

eラーニングを店舗の教育に活用する方法についてよくある疑問

質問

Q.eラーニングは店舗でも利用できる?


回答

A.eラーニングは店舗のスタッフ教育に有効です。
店舗によってスタッフの能力に差がある場合や新人教育、パート・アルバイトスタッフに教育が行き届かないなどのお悩みを抱えている企業は多く存在します。
アルバイトなどシフト制により全員が一度に集まらない場合は、何度も研修会を開催する必要もあり全員に講習を受けてもらうのは非常に大変です。
eラーニングを活用した店舗スタッフ教育を実施することで、スタッフ各自がそれぞれの空き時間を利用し講習を受けることができるため講師の手配や講習場所の確保などの手間を省くことができコスト削減も見込めます。
しっかりとした教育により、新しいスタッフの仕事への不安も取り除くことができ、人材の定着にも繋がっていきます。

質問

Q.店舗教育の課題とは?


回答

A.人手不足が深刻な現代で人材の確保は重要な課題となっています。
新しく入ったスタッフが辞めてしまう理由の1つに仕事への不安が挙げられています。
その不安を解消するためにもしっかりとした研修を行う必要があります。

しかし人員不足により教育に手が回らないという現場も少なくありません。
このような課題を解決するためにもeラーニングの活用は効果的となります。

質問

Q.店舗のスタッフ教育にeラーニングを活用するメリットとは?


回答

A.店舗のスタッフ教育にeラーニングを活用するメリットは、時間と場所を選ばず学習できること、繰り返し利用できること、教育を均質化できること、学習管理を効率化できることなどが挙げられます。
年中無休や24時間営業の店舗の場合、スタッフの勤務時間が不規則であり、研修を実施することが難しいです。
eラーニング教育では時間を選ばずに各自で学習を進めることもできるため受講率も高くなります。
スタッフの入れ替えが行われた際にもeラーニングを繰り返し利用できるため教育への負担を軽減が見込めます。
集合研修などの場合、講師によって教え方の上手い下手によってスタッフの理解力にバラつきが生じて、結果的に店舗ごとのスキルやサービス品質に差が出てしまう場合があります。
eラーニングでは全員が同じ教材を利用するため教え方にバラつきがないため教育の均質化が可能となります。
またeラーニングでは学習履歴や成績を一元管理しており、未受講者を抽出し、受講を促すなど学習管理も行えます。

質問

Q.店舗向けおすすめeラーニングシステムは?


回答

A.
【playse.(プレース)ラーニング】
playse.(プレース)ラーニング(株式会社manebi)はリーズナブルな導入が可能なeラーニングシステムです。
接客、販売、営業、製造、物流など豊富なジャンルの教材が揃っているため様々な研修に活用できます。
39名以下は月額固定19,800円で利用でき、それ以上は有効ID数につき300円~500円となっています。
【Smart Boarding】
Smart Boarding(株式会社FCEトレーニング・カンパニー)は教育研修を手掛ける同社が提供するeラーニングシステムです。
月額980円/IDで360種類以上のコンテンツ、70講座以上のライブ型オンラインレッスンを受け放題となります。
動画コンテンツやオリジナル研修コースを作成することも可能です。

    その他の関連する記事

    これは eラーニング の製品です。
    eラーニング の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【eラーニング】

        オンライン研修×自己啓発学習を実現: Schoo

        (4.5)

        月額料金1,500円/ID無料お試しデモアカウント発行可能
        初期費用要問い合わせ導入会社2000社以上

        参加型の生放送授業と、4,600授業以上の動画教材で「仕事に活きる」知識・スキル・考え方を学べるサービス。どのデバイスからでも視聴でき、録画授業も見られるので、隙間時間でも学びやすいです。

        豊富な研修パッケージ

        Schoo for Businessで提供している研修パッケージは、実に100種類以上。 新入社員や中堅社員、管理職など、階層ごとに豊富な研修カリキュラムが用意されているため、社員一人ひとりにあった研修を行うことができます。 さらに、Schooには「視聴履歴の管理」、「オリジナル研修の作成」、「レポート提出機能」といった独自の受講管理機能が搭載されているため、学習効果の確認はもちろん、専門的な部門でもオンライン研修が可能という特徴があります。

        学習意欲を刺激するコンテンツを提供

        Schooの提供する授業は、ビジネス·ITスキルから働き方、健康、経済といった非常に幅広い分野をカバーしています。 ビジネススキル系:322種類 思考·自己啓発:289種類 OAスキル系:47種類 プログラミング:153種類 マネジメント:101種類 SE·エンジニア:156種類 上記以外にも豊富なカテゴリが用意されており、授業は365日更新されるため、常に最新のビジネストレンドを社員自ら学習することができます。 6,200以上もの動画が見放題で、スマートフォンやタブレットからでも視聴することができるため、テレワークを採用している企業はもちろん、移動中など空き時間を利用しての学習が可能です。

        双方向での学びが実現できる

        Schooのオンライン研修は、2種類の双方向での学びを実現させます。 毎日配信している生放送の授業では、講師と受講生代表、ユーザーの三者でコミュニケーションをとりながら進めることができるため、受け身な姿勢から導入企業の社員自ら学ぶという意識変革が期待できます。

         

        類似サービス: LearnO

        (4.5)

        月額料金4,900円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間1ヶ月〜

        10年以上の運営実績があり、初期費用がかからない点や、最短1ヶ月から導入できる手軽さから、これまでに多くの法人ユーザーから利用されています。

           

        操作性に優れた画面

        LearnOは、初めてeラーニングシステムを利用するという方でもストレスなく学習することができるわかりやすい画面で設計されており、スマホ・タブレットにも対応しているため、ちょっとした移動時間を活用しての学習も可能です。

        データを活用した学習分析が可能

        LearnOでは、成績が良い人の学習動向をログデータで把握することができます。

        常に最新の状態で利用できる

        LearnOでは、年4回以上のバージョンアップを行なっています。 ユーザーの声を反映してアップデートを行なっているため、使えば使うほど利便性が高まり効果的な学習を実現することができます。

        類似サービス: etudes

        (4.5)

        月額料金最大500円無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        UIが使いづらいと、学習しようとするモチベーションを損なう原因になりますが、「etudes」は、その点において非常に優れているサービスです。

           
             

        UIが非常に使いやすい

        UIが使いづらいと、学習しようとするモチベーションを損なう原因になりますが、「etudes」は、その点において非常に優れているサービスです。 一般的なインターネット検索を行うレベルで使用できるため、直感的操作のみで学習をストレスなく進めることができます。

        研修スタイルが選択可

        「etudes」は、パソコン・タブレット・スマートフォンでの動画学習はもちろん、PDF等のファイルを使った学習・アンケートにも対応しているため、学習内容の理解度を確認するテストも作成・配信することができます。

        セキュリティ体制が強固

        「etudes」では、万全のセキュリティ体制が整えられているのも嬉しいポイントです。 Microsoft Azureの「PaaS」が採用されており、安心してサービスを利用することができます。

        類似サービス: Wity

        (4.5)

        料金年額500円/人無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Wity(ウィティ)とは、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーション株式会社が運営しているストレスチェックツールです。 ワンタッチでストレスチェックができる手軽さと、その後の継続的なフォローまでがワンストップに実現できる利便性の高さから、多くの企業で導入されています。

           

        ストレスチェックで充実した組織診断を実施

        Wity(ウィティ)は、ストレスとの因果関係が強い、組織運営に関わる重要な要因を、厚生労働省の推奨尺度に準拠した形跡でチェックできるように独自開発されています。 組織診断が合わせて可能なWity(ウィティ)オリジナルの尺度から、厚生労働省指定の57項目に対応したものまで、導入企業の用途に合わせて選ぶことができます。

        わかりやすいレポート

        Wity(ウィティ)は、組織改善に活かしやすい、わかりやすいレポートでストレスチェックの結果を共有してくれるため、初めてストレスチェックツールを導入するという方にもおすすめです。 わかりやすい分布図で、部署ごとの高ストレス者の人数・割合を表示してくれるため、改善に取り組むべき箇所をすぐに把握することができます。

        使いやすいシステム

        Wity(ウィティ)は、わかりやすい画面で設計されており、ツールの扱いに不安がある方にとっても使いやすいシステムです。 従業員番号や誕生日などのわかりやすいIDを利用したログイン設定がワンタッチで実現でき、AIによる不正回答の検知機能も搭載されています。

        類似サービス: Smart Boarding

        (4.5)

                           
        月額料金29,400円(30ID込み)〜無料お試し14日間
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Smart Boardingとは、株式会社FCEトレーニング・カンパニーが運営しているオンライントレーニングシステムです。 OJT・研修・eラーニングを1つのシステムで実現することができ、「動画を観ただけ」で終わらない、身につくまでアウトプットすることができます。

               

        身につくまでアウトプットできる「動画×トレーニング」

        Smart Boardingでは、「動画だけ見ても、大して成長しない」といった課題を解決するためにeラーニングで学んだ内容をライブ型のオンラインレッスンで実践することができます。 プロの講師や他企業の参加者と一緒にオンラインレッスンに参加し、意見交換、フィードバック、コミュニケーションを図ることで、学習した内容を理解し、身につけることが可能となります。

        厳選されたコンテンツを提供

        Smart Boardingは、幅広い企業に研修を提供してきたノウハウを詰め込んだ、厳選されたコンテンツを提供しています。 新入社員~管理職研修、といった階層別の研修、コンプライアンス、情報セキュリティ、マーケティングなど、テーマ別の研修もご用意。

        専任担当による安心サポート体制

        1社ごとに専任担当がつき、操作面などの相談だけでなく、教育をどのように進めていくか、教育プログラムをどのように作っていくか、といった個別の育成課題の相談にも対応が可能です。

        類似サービス: カオナビ

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        カオナビとは、従業員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。 経営者や人事のニーズ、多種多様な導入企業から得られた知見やノウハウを基に開発されており、使いやすい機能と充実したサポート、活発なコミュニティが特徴です。 あらゆる人事情報をカオナビに集約することで、効率的な人材採用、配置、育成、評価を実現。昨今注目を浴びる人的資本経営や人事労務DXにも対応しています。

               

        人事課題を解決する多種多様な機能

        カオナビにはタレントマネジメントに必要な機能が揃っており、様々な人事課題に役立ちます。 人事情報活用のはじめの一歩である人材データベースの構築から、データを活用した人材採用、配置、育成、評価の効率化、昨今注目を浴びる人的資本経営やリスキリングへの対応も可能です。

        誰でも使いやすい操作性

        タレントマネジメントでは、蓄積した人事情報を社内全体で活用することが重要です。 だからこそカオナビは、人事担当者に限らず、経営者から従業員までの誰もが使いやすい設計になっています。

        やりたいことを実現できるカスタマイズ性

        カオナビは、カスタマイズ性にも優れています。 たとえば、自社独自の管理項目があったり評価制度を運用したりしている場合でも、柔軟に対応可能です。

         

      広告

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載