給与前払いについてのよくある疑問

更新日:

本記事では、給与前払いについてQ&A方式で解説しております。

給与前払いについてよくある疑問

質問

Q.給与前払いサービスとは?


回答

A.

給与前払いサービスとは、急な出費や生活費の不足など、従業員が次の給料日までに金銭が必要になったとき、サービス会社が一部先払いする制度です。

サービスを利用することにより次のようなメリットが考えられます。

  • 従業員が知人や消費者金融から現金を借りることがなくなり、金銭トラブルを回避できる
  • 急な出費や生活費の不足に充てたりと、従業員の一時的な救済措置になる
  • 給与前払いサービスが利用できる安心感から、従業員の離職率を下げられる

このようなことから、給与前払いサービスを利用する企業は増えています。


質問

Q.給与前払いのニーズとは?


回答

A.

給与前払いサービスのニーズは、年々高まっています。

特に、入社して年数が浅い若年層や非正規雇用者の間で利用が増えているのが特徴です。

給与前払い制度を利用すると福利厚生が充実し、従業員が金銭に不安を感じず勤務できるようになります。

また、給与前払い制度を導入していると、求人に対する応募率アップが期待できます。


質問

Q.給与前払いサービスのデメリットは?


回答

A.

【(1)事務作業の手間が増える】
給与前払いサービスを利用するには、勤怠状況のデータなどをサービス提供会社と連携する必要があります。

そのため、各従業員のデータの登録や管理に手間や時間を取られてしまうのです。

導入する際には、現在使用している勤怠管理システムが給料前払いサービスと連携しているか確かめてからにしましょう。

【(2)手数料および運用コストの負担が増える】
給与前払いサービスを利用すると、従業員と企業側それぞれに費用負担が増えます。

どのようなものかというと、従業員が前払い金を受け取るときに発生する費用や、企業側がシステムを利用する際に支払う使用料などです。

給与前払いサービスは各提供会社や利用したいサービスごとに異なります。

コストがどの程度かかるのかよく比較してから、導入を検討すると良いでしょう。


質問

Q.給与前払いサービスを利用する際の注意点は?


回答

A.
【(1)個別対応が必要】
給与前払いサービスは個別に対応する必要があります。

そのため、申請があるごとに対応に時間と手間を取られるため、申請数が多くなると通常の業務に支障をきたす可能性があります。

また、前払いサービスを利用してトラブルが発生した場合、その対応に時間を割かれる可能性があることも考慮しなければなりません。

【(2)法令遵守の重要性】
給与前払いサービスを利用する場合は、法令遵守に努めなければなりません。

たとえば、サービス提供会社が一時的に金銭を立て替える形式で給料前払いサービスを行っている場合、貸金業登録がされていないと法律違反になります。

また、個人情報保護法などの法律も遵守しなければなりません。

どのような法律を守る必要があるのか十分に理解してから、サービスを利用するようにしましょう。

【(3)資金管理の必要性】
給与前払いサービスは、自社で用意した資金を従業員に前払いする場合と、サービス提供会社が立て替える場合があります。

自社の資金で前払いしている場合、申請数の増加により資金繰りが厳しくなる可能性があります。

また、サービス提供会社に立て替えてもらっている場合は「借金」をしていることになるので、その金銭は必ず返さなければなりません。

給与前払いサービスを利用しても資金繰りが厳しくならないか、検討してからサービスを利用することが重要です。

    その他の関連する記事

    これは 給与前払い の製品です。
    給与前払い の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【給与前払い】

        お手軽操作で簡単に前払いが可能: Will Pay

        (4.5)

        月額費用0円無料お試し要お問合せ
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        低コストで導入可能な給与前払いサービス。サービス会社が金銭を立て替え、利用者の申請も手軽に行えるため、企業と従業員にとって高い利便性があり、企業は雇用管理コストを削減できます。

        ランニングコストをかけずに導入できる

        Will Payは初期費用や月額利用料などのランニングコストをかけずに導入することができます。 給与先払いサービスにおいて懸念される、前払い用の資金を事前にプールしておかなければいけないという点においても、Will Pay側で立て替えてくれるので心配無用です。 申請をする従業員にはシステム利用料と各種銀行の振り込み手数料が発生しますが、1万円の申請で495円と決して高額ではないので安心して利用することができます。

        いつでもスマホから申請ができる

        Will Payの給与前払いはスマホや携帯、PCから24時間365日申請することができます。また、午前11時30分まで(ジャパンネット銀行の場合は18時まで)に申請することで当日中に賃金を受け取ることができる手軽さも特徴的です。

        離職率の低下を実現できる

        冠婚葬祭など突発的な出費があった際にも給与の前払いが利用できることで、従業員を経済的にサポートすることができるようになります。 また、新入社員などは生活環境の変化などにより金銭的に困っている方も多いでしょう。そういったケースに給与の前払いが選択肢にあるというだけで従業員にとっては非常に心強いものであり、その企業への定着率を高めることへも繋がります。

        給与の前払いで従業員満足度を向上: 楽天早トク給与

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ振り込み手数料楽天銀行の場合0円

        楽天カード株式会社が運営している給与前払いサービス。あらゆる勤怠管理ツールと連携が可能。楽天銀行での受け取りであれば、手数料は無料で利用でき、従業員は申請1回につき楽天ポイントを受け取ることができます。

        シンプルな操作性とわかりやすい画面

        楽天早トク給与は非常に使いやすく、直感的に操作することが可能です。 楽天会員のIDでログインすることができるため、普段から楽天のサービスを利用している方は、特に利用しやすいサービスと言えるでしょう。 1つの画面で、申請可能な金額の確認や申請金額を入力する項目、受け取り方法などがまとめられており、PCやスマホから簡単操作で前払い申請ができるため、画面操作が苦手な方が多い職場でも安心です。

        預託型のため貸金業に該当する懸念がない

        給与の前払いサービスで懸念されることが多いのが、「給与前払いサービスは賃金業にあたるのではないか」という問題です。 楽天早トク給与は前払い金の原資を立て替えることがなく、原資は企業自身の口座(預託金)から振り込まれるため、給与支払いの原則に則っているので賃金業には該当しないため安心して利用することができます。

        既存システムとのデータ連携が容易

        楽天早トク給与は、勤怠データを登録している既存システムと連携して、CSVファイル形式で勤怠データをアップロードすることが簡単にできます。 この連携させた勤怠データをもとに、申請可能額を計算してくれるため、導入企業側の負担は最小限です。申請可能回数や申請額の上限を企業側で設定することも可能なため、従業員の過度な前払い申請を抑制することもできます。

        類似サービス: CRIA(クリア)

        (4.5)

        月額費用0円無料お試しなし
        初期費用0円最短利用開始1週間〜2週間程度

        CRIAは給与の即時受け取りを可能とし、従業員にも企業側にもメリットをもたらす給与即時払いサービスです。 飲食業界やサービス業界、小売、アミューズメント、人材·事務といった幅広い業界で導入されている実績があります。

           

        企業側の負担は0円

        初期費用、月額費用、手数料などが0円で利用することができるだけでなく、給与前払いサービスではネックとなりがちな、準備金の用意も不要という利便性の高さが好評です。

        多言語に対応

        日本語、英語、ベトナム語の3ヵ国語に対応しているため、外国人の求職者に対してもアピールすることができます。 直感的に操作できるユーザーインターフェースを取り入れているため、外国人の方でも簡単に操作方法を覚えることができるという特徴があります。

        手厚いサポート体制

        CRIAでは24時間365日対応可能なコールセンターを設置しています。直感的に操作ができるとはいえ、万が一、操作方法がわからない場合でも、専用のコールセンターが問い合わせに対応してくれるため、安心して利用することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載