他のお弁当デリバリーと何が違う?シャショクルの料金・評判・機能について

最終更新日 

昨今注目されている社食サービス。美味しいお弁当を気軽に食べられることや、いつでも好きな時間に食事を取ることができるなど、働き方の多様化に合わせた社食サービスが導入されており、各企業でも福利厚生の充実を狙って導入が進んでいるようです。しかしサービスの多様化に伴い、導入を検討している企業からはどのサービスを選べばいいのかわからない、自社の福利厚生にあったサービスを選びたいが料金が高いなどの声があがっています。

今回は数ある社食サービスの中からシャショクルというサービスについてご紹介させていただきますので社食サービス導入の参考にしていただけると幸いです。

シャショクルとは

シャショクルはスターフェスティバル株式会社が運営するデリバリー型社員食堂サービスです。豊富なお弁当のジャンルで社員の健康管理を促進し、ランチタイムのオフィス利用率向上から社員間のコミュニケーションの活性化を促し福利厚生の充実をサポートできるサービスとして注目されています。ワンコインから利用できる価格帯も好評で、多くの有名企業で導入されています。

東京都では2015年10月から弁当・惣菜類の移動販売に関する規制が強化されており、弁当等人力販売業としての許可、販売時に食中毒防止の講習を受けた食品衛生責任者の設置が義務付けられたこともあり、路上での弁当販売を断念するお店も多かったようです。そういった弁当の需要拡大に合わせてのシャショクルスタートだったので市場の反応は好感触だったようです。

シャショクルの機能・特徴

豊富なお弁当のラインナップ

シャショクルでは野菜中心のヘルシーなお弁当から肉中心のがっつり系弁当まで幅広いお弁当を用意しています。ワンコインから利用できるのでお財布にも優しく、レトルトやカップラーメンなどで昼食を済ませていた社員にとっては栄養バランスが取れた食事がオフィスにいながら取れるので嬉しいサービスと言えるでしょう。安いだけでなく、有名店のお弁当など高価格帯のお弁当も用意されているので、自分へのご褒美や、午後への活力に良いものが食べたいという社員の要望にも見事に応えることが可能となっています。

取り扱うお弁当については厳格な出店基準が設けられており、店舗の衛生管理はもちろん配達時の温度管理、販売員への衛生教育など食の安全を意識した施策を実施しています。

コスト削減

社員食堂を実際に構えようとすると莫大な費用がかかりますがシャショクルなら決められた時間に販売スペースを確保するだけで簡単に社食販売が可能となります、対面販売プランの場合、決められた時間になるとシャショクルの販売員が訪問して数種類の日替わり弁当を販売してくれるので無駄な人件費もかかりません。

オフィス街ではランチタイムはどこのお店・コンビニも長蛇の列ができ、貴重なお昼休憩の時間を割かれてしまい、昼食を食べたら休憩が終わってしまったという経験もあるでしょう。この無駄な時間もシャショクルを導入すればお弁当の配達を待っていれば良いだけなので削減可能となります。お弁当はワンコインから利用できるので、レストランやカフェの利用でかかっていた高いランチ代の節約にも繋がります。

採用活動のアピールポイントになる

就活中の学生や、転職活動中の方にとって意外と重要視されているのが福利厚生の充実さです。業種・業態、年収などはもちろん重視されていますが働き方の多様化に合わせて注目されるようになったのが福利厚生です。福利厚生の内容はその会社のカラーが表れる部分なので、各社とも福利厚生の充実をもって他社との差別化を図っています。そして、企業として採用活動のアピールポイントになるのが社食サービスの有無になります。健康経営を目指している企業は求職者にとっても働きたい企業の候補として選ばれやすいですし、働き方改革に対応している企業だという認識をもたれることでしょう。

シャショクルの価格・料金プラン

シャショクルでは対面販売プランと無人販売プランの2つのサービスプランが用意されており、そのどちらも初期費用は0円となっています。対面販売プランの場合は固定費0円(条件あり)でロス買取もなしなのに対し、無人販売プランは月額50,000円でロス買取も発生します。どちらのプランもQRコード決済で簡単に支払いをすることが可能です。利用者はお弁当代金のみがかかるシステムとなっています。

※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

シャショクルの口コミ・利用企業からの評判

コミュニケーションツールとしても活用できています

“以前からランチタイムを利用してもっと社員間でのコミュニケーションをとって欲しいと考えていました。導入コストもかからず、安価で利用できるシャショクルはバラエティ豊富なお弁当が魅力的で、外食に行く時間の削減、食堂を構えるコストの削減が実現できるので非常に助かっています。”(グリー株式会社様)

シャショクルは商品ラインナップが魅力的

“シャショクルのお弁当はどれも美味しくて、メニューが毎日変わるので飽きがこないところが魅力的です。他のお弁当屋さんでは取り扱っていないような商品もあるので社員からも好評です。ランチタイムに出かける時間も省略できているのでランチミーティングの機会が増えました。”(株式会社ビズリーチ様)

SNSでの評判・口コミ

類似サービスとの比較

シャショクルと類似サービスとして挙げられるのはCLOUDMEALやFit Food Biz Liteなどが挙げられるでしょう。これらのサービスを料金面で比較すると、シャショクルでは導入費0円、1食あたり約500円から利用可能となっているのに対し、CLOUDMEALは初期費用0円で1食あたり約500円から、Fit Food Biz Liteは1食あたり約500円と別途企業負担金が発生します。ただしシャショクルの場合、無人販売プランでは月額50,000円の費用が発生するので料金面ではCLOUDMEALが優れていると言えるでしょう。

商品数としてはシャショクル、CLOUDMEAL共にそのラインナップの豊富さを売り文句にしているのでどちらを選ぶかは資料請求をして比較してみるのがいいかもしれません。

社員の健康管理に気を使いたいという企業では、健康簡易社食と銘打っているFit Food Bizがおすすめと言えます。

シャショクルで飽きのこない楽しいランチタイムを

今回は社食サービスの中からシャショクルをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。社食サービスの導入は企業にとっては福利厚生の充実、社員の健康管理のためと考える方も多いかもしれませんが、楽しいランチタイムは社員のコミュニケーションの活性化だけでなく、午後からの気持ちの切り替えにも繋がります。

手軽に導入が可能な社食サービスが増えてきており、導入前に試験的に運用が可能、トライアル試食会を実施しているサービスもあるので、自社の規模や食事に関する課題を考えつつ資料請求や試食会への参加などを検討してみてはいかがでしょうか。

画像・データ出典:シャショクル公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部