マネジメントとは?意味や業務内容について

更新日:

企業経営において度々聞かれる「マネジメント」という言葉ですが、どのような業務内容を指しているのかわからないという方も実は多いのではないでしょうか。

本記事では、マネジメントについて解説しますので参考にしてください。

マネジメントとは?

マネジメントとは、企業がヒトやモノ、カネといった経営資源を効率的に活用し、目標やミッションを達成することで、経営上の効果を最適化する手法のことを指します。

英語のmanagementは、経営や管理といった意味を持つため、これをビジネスシーンに転用している形になります。

マネジメントには、評価や分析、改善、計画など様々な要素が含まれており、経営・管理する業務全般がマネジメントと言えます。

マネジメントの業務内容

マネジメントの主な業務内容は以下の通りです。

目標設定

マネジメントの業務としては、まずは目標を設定してゴールを示す作業が挙げられます。

従業員に対して仕事を割り振る前に、どのような方向に伸ばすのかを決めるため、育成目標を設定します。

設定した目標を従業員たちに周知し、社内全体に浸透させることが重要です。

組織化

目標達成に必要な意思決定などを分析し、仕事を分類、さらに仕事を細分化し、それぞれの業務ごとに組織作りを行います。

また、人材の選定も組織作りに含まれます。

動機付け

仕事やインセンティブなどによって部下のモチベーション維持を図ります。

上司と部下が密にコミュニケーションを取り、動機付けを行います。

評価

部下や従業員の仕事ぶりを分析し、評価、フィードバックを行います。

評価するための基準を設け、組織全体の成果、従業員自身の仕事に対して振り返ることができるように基準を設定しましょう。

人材育成

部下の仕事内容を正しく把握し、状況に応じてサポートすることが重要です。

このサポートに関しては、仕事に対するアドバイスはもちろん、精神的なサポートも含まれます。

部下が自らの業務内容を振り返り、問題点を意識して改善できるようにサポートしていくことが人材育成には求められます。

マネジメントはポイントを抑えて取り組もう

マネジメントについて解説しました。

マネジメントは、業務内容ごとのポイントをしっかりと理解して取り組むことが重要で、部下が成長意欲を持って働けるように、サポートしましょう。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載