ベンチャー企業とは?定義やスタートアップとの違いは?

更新日:

就職・転職活動を行うにあたって、「ベンチャー企業」にも注目しているという方も多いことでしょう。

しかし、そもそもベンチャー企業とはどのような企業のことを指すのか、具体的には把握していないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ベンチャー企業について解説しますので参考にしてください。

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業とは、新しいサービスや事業を展開する企業のことを指します。

ベンチャー企業に明確な定義はありませんが、大手企業では着手することが難しい独自のアイデアや技術をもとにしてビジネスを行っている企業全般をベンチャー企業と呼ぶ傾向にあります。

ベンチャー企業は、成長過程にある企業がほとんどで、最も成長している段階は上場直前といえます。

一部、上場済みの企業でも、独自事業でまだまだ成長過程にある企業は、大手ベンチャーという扱いになっているケースもあります。

また、ベンチャー企業は、ベンチャーキャピタルなどの投資期間から資金的援助を受けているケースが多いことも特徴の一つです。

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違いは?

ベンチャー企業と混同されがちな言葉に「スタートアップ企業」があります。

スタートアップ企業は、ベンチャー企業に近い形態で、その中でも設立後間もない企業、短期間での成長を目指す企業のことをスタートアップ企業と呼びます。

スタートアップ企業の規模は様々で、法人化していない場合もあります。

ベンチャー企業の場合、企業規模としては、大半が中小企業に分類されます。

ベンチャー企業は今後も注目されていく

ベンチャー企業について解説しました。

ベンチャー企業は成長意欲が高く、入社してからすぐにチャレンジすることができる環境にあることから、転職希望者の中でも、選択肢の一つとして注目が高まっています。

当然人によっては、ベンチャー企業の風土が合わない場合もありますので、特徴やメリット・デメリットをしっかりと理解して転職活動に励みましょう。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載