スキルマップとは?作り方やツール、目的について

更新日:

    スキルマップとは?

    スキルマップとは、業務を遂行するために必要なスキルを洗い出し、従業員それぞれが持っているスキルを可視化して一覧にした表のことを指します。

    スキルマップを作成することで、業務遂行のために必要なスキルを整理し、スキルマップと照らし合わせて項目ごとに数字やレベルとして管理することが可能となります。

    スキルマップは企業によっては力量表や技能マップと呼ぶ場合もあります。海外企業ではSkills Matrixとも呼ばれます。

    スキルマップは横軸にスキル項目、縦軸に従業員の名前を記載、スキル名と名前がクロスする目に従業員が持っているスキルレベルを記入します。

    スキルレベルの評価方法は企業ごとに異なり、単純に◯✖️で表記する場合もありますが1〜3といった数字で段階的に評価する場合もあります。

    スキルマップを作成する目的

    スキルマップを作成する目的はいくつかあります。それぞれについて解説します。

    スキルの可視化

    スキルマップを作成することで、管理職だけでなくその上の経営層までもが、組織内の誰がどのようなスキルを持っているのかが一覧で把握できるようになります。

    また、スキルを一覧として可視化することで、今現在どんなスキルが組織に不足しているのか、将来的にどんなスキルが必要となるのかがわかるようになるため、採用戦略や人材育成にも活用できます。

    スキルマップは人材育成やスキル管理を行うために不可欠なツールと言えるでしょう。

    人材育成に活用する

    スキルマップを作成することで、従業員一人ひとりのスキルがどの段階まで成熟しているのかが可視化できるようになります。

    すでに他の人に教えることができるほどスキルが成熟しているのか、指導の必要がなく単独で業務ができるレベルなのか、補助が必要かといったスキルの成熟段階が明確となることで個人ごとに育成計画を立てやすくなるというメリットが生まれます。

    スキルマップを作成すれば、従業員ごとにどんなスキルが足りないのかがわかるため、必要なスキルを身につけるための研修や学習機会を設けて効果的な人材育成につなげることができます。

    従業員のモチベーション維持

    スキルマップは人材育成に活用することができ、結果として従業員のスキルアップ意欲やモチベーションの向上にもつながります。

    どんなスキルが自分に足りないのかが明確になるだけでなく、他のメンバーのスキル成熟度も可視化できるため競争心を刺激することもできます。

    人材育成においてのスキルマップの活用方法としては、全員が確認できるような場所に張り出したり、個別の面談時に見せるといった方法が多いようです。

    スキルマップによって自分が保有しているスキルを可視化してもらえれば、これまで勘や経験に頼った人事をしていた上司に対して客観的に人事評価してもらえるようになる点もメリットでしょう。

    公平な人事評価が可能となれば、従業員が働くモチベーションの向上にもつながります。

    スキルマップの作り方

    スキルマップは作成前の準備から作成後の運用までしっかりと計画して作成することが重要です。

    スキルマップを作成する目的を明確にする

    当たり前のようなことで意外と飛ばしがちな工程です。

    スキルマップをなぜ作成するのか、作成者の間で認識をすり合わせましょう。

    どんな時にスキルマップを活用したいのかを検討することで目的が明確になります。

    スキルの洗い出しを行う

    スキルマップを作成する目的を明確にしたあとは業務の棚卸し、洗い出しを行います。

    今現在どんな業務があるか、分類した上で階層に分けて整理することでそれぞれに必要なスキルも整理しやすくなります。

    スキルの項目を設定

    スキルマップに組み込むスキル項目を設定しましょう。

    スキル項目は具体的に記載することが重要です。

    例えば状況把握力、情報処理能力、課題解決力などと具体的に明記することでどんな個々の持っているスキルの成熟度が把握しやすくなります。

    スキルレベルの評価基準を設定する

    設定したスキル項目の評価基準を設定しましょう。

    評価基準はスキルの習得度度合いを段階・階層として数値化するのが一般的です。

    1〜3のように少ない段階だと従業員間のスキル差がわかりにくいため、1〜5段階くらいでわけると良いでしょう。

    評価基準の設定が曖昧だと効果的な活用が実現できないため、この段階は非常に重要です。

    試験的な導入とマニュアルを作成

    スキルマップをいきなり導入しても現場は混乱してしまいますし、管理する側も対応しきれない場合があります。

    まずは試験的に一部の部署に導入してみて評価を受ける従業員と管理者側からフィードバックをもらいブラッシュアップしましょう。

    試験導入が終わったらスキルマップの記入方法や、作成した目的・活用方法を整理したマニュアルを用意します。

    スキルマップの活用に向けた研修も併せて実施するとスムーズに浸透させることができるためおすすめです。

    本格的な導入と運用

    スキルマップの本格的な導入において重要なことは、運用しながら改善を続けていくことです。

    実際に運用してみることで改善点が見つかり、改善を重ねることでPDCAサイクルを構築することが可能となります。

    スキルマップは一度作成したら終わりというわけではなく、その時の状況に合わせて随時アップデートしていくことで、より効果的な運用が実現できるため、業務内容の変更時や人員配置が変更されたタイミングで見直してみると良いでしょう。

    スキルマップ作成に使える便利なツール

    HRBrain

    特徴

    HRBrainは従業員が持つスキルや資格、属性などあらゆる情報を一元管理することができるタレントマネジメントシステムです。

    タレントマネジメントだけでなく、組織サーベイが可能なEX Intelligenceというサービスも提供しており、人材管理、組織マネジメントなど幅広い業務領域をカバーすることができます。

    料金

    • 初期費用:要問い合わせ
    • 月額料金:要問い合わせ

    スキルナビ

    特徴

    スキルナビは目標や人材情報を一元管理できるスキル管理ツールです。

    標準搭載されている機能が豊富なため、ノンカスタマイズで十二分に使いこなすことができます。

    面倒な初期設定は全てカスタマーサクセスチームで行ってくれるため、導入ハードルが低く非常に利用しやすいサービスと言えます。

    料金

    • 初期費用:要問い合わせ
    • 月額料金:要問い合わせ

    ourly profile

    特徴

    ourly profileは組織内のあらゆる分断を解消社内コラボレーション創出ツールです。

    メンバーの顔写真や役職などの基本情報以外にスキルや趣味といった詳細な情報を共有することができ、コミュニケーション創出をサポートします。

    様々なセグメントで従業員情報を調べることができるので、これまでにないコラボレーションを生み出すことが可能なサービスです。

    料金

    • 初期費用:要問い合わせ
    • 月額料金:10,000円〜(税別)

    まとめ

    スキルマップについて基本的な意味や、作成する目的、スキルマップの作成に役立つツールなどを紹介しました。

    スキルマップを作成することで、自社の強みや足りない部分が明確になって人材育成や人事に活用できるので、本記事で紹介したツールも参考にしていただきスキルマップの作成に取り組んでみてください。

      • qeee枠【タレントマネジメント】

        類似サービス: HRBrain

        (4.5)

        月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
        初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

        HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

        人事評価を効率化

        HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

        人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

        HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

        最適な人材配置が可能になる

        人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

        類似サービス: スマカン

        (4.5)

        月額費用50,000円〜無料お試し30日間無料
        初期費用要お問合せ最低利用人数1人〜

        スマカンとは、スマカン株式会社が運営しているクラウド人事システムです。 人材情報の見える化・一元管理を可能とし、人材配置、人材育成、目標管理、人事評価に活用することで、企業の人材戦略をサポートすることができます。

        使いやすさ抜群のインターフェース

        どんなに便利なツールでも、使いこなせなければ意味がありません。 スマカンは、非エンジニアの方でも手軽に人材データベースや評価シートの設計を行うことができます。 パソコンはもちろん、スマートフォンでの使いやすさも意識したインターフェースで開発されているため、外出先からでも簡単に閲覧・入力が可能です。

        人材情報の一元管理ができる

        スマカンを導入すれば、人事に関する様々な情報を一元管理することができます。 オリジナルのデータベースが手軽に構築でき、CSVファイルによるインポートも可能なため、欲しい人事情報を使いやすい形で活用することができるようになります。

        クラウドで目標管理

        スマカンは、クラウドで提供されているサービスであるため、テレワーク・リモートワークなど、場所を選ばない目標管理を可能とします。 紙やExcelでは煩雑化していた管理をクラウドで、MBO・OKRの一元管理ができるようになります。

        類似サービス: JobSuite TALENTS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

        「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

        従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

        導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

        JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

        より広範な人事領域のDXを実現

        obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載