どこまで業務が楽になる?Dr.経費精算の料金・機能・評判について

最終更新日 

交通費を計算している時になど、もっと簡単で手軽に経費精算がしたいと思う人もいるのではないでしょうか?

そんな時に役立つのが、Dr.経費精算です。

Dr.経費精算の特徴や主な機能などを紹介していきます。

Dr.経費精算とは?

Dr.経費精算とは、クラウド型の経費精算システムの一つであり、このサービスを導入することで経費精算にかかっていた時間が90%も削減できるのが最大のポイントです。Dr.経費精算を利用すれば、ほかのどの経費精算システムよりも短い時間で作業が完了するため、一流企業でもトップクラスの導入率。自信をもっておすすめできる経費精算システムなのです。

Dr.経費精算の特徴

領収書撮影だけでデータ化

Dr.経費精算の特徴は、領収書を撮影して申請するだけで残りの作業は全て運営会社が代行してデータ化してくれることです。これにより、今まで面倒だった経費の申請が撮影だけで済むので、外出先でも手軽に経費が精算できます。入力時間もほんの少しで済む上、手入力を行う必要がないため入力ミスが起こることもありません。

また、撮影する領収書は手書きでも構わないのが大きな特徴です。Dr.経費精算では申請されたデータを読み取るのは機械ではなく人の目なので、機械特有の認識ミスが起こりません。サービスを導入するにあたって、データの認識力が高いのは大きな魅力だと言えます。

あらゆる会計ソフトにも対応しているので、新しく会計ソフトを導入する手間も必要ありません。

Dr.経費精算の主な機能と使い方

Dr.経費精算には様々な機能が搭載されており、簡単に使えるので是非とも導入したいシステムです。それでは、どんな機能があるのか使い方を交えてご説明しましょう。

運用に合わせてカスタマイズできる

Dr.経費精算では運用目的に応じてカスタマイズできる機能があります。承認ワークフローや入力事項、科目設定、各種設定機能も豊富にあるなど、自由にカスタマイズしてさらに使いやすくすることも可能です。

特に嬉しいポイントは、管理画面が見やすいので初心者でも直感的な操作によって簡単にカスタマイズできることです。シンプルな画面によって、経費精算にかかる作業時間を大幅にカットできるのがDr.経費精算の優れた機能だと言えるでしょう。

経理の効率化機能

Dr.経費精算には、面倒な経費精算の作業を徹底的に自動化してくれる機能が備わっています。まず、勘定奉行や富士通といった、CSVインポート機能をもつ全ての会計ソフトに対応しているので、新たに会計システムを導入する必要性がありません。

自社で開発している独自のシステムを使用している場合でも、CSV取り込みができるものであれば難なく連携できるのも大きなポイントです。他にも、様々なデータを自動で仕分ける機能や、全銀データを自動で生成してくれる機能など、役立つ様々な機能が備わっています。

申請ミスや違反を防止する機能

Dr.経費精算では、万が一違反申請してきた場合でも自動で拒否を行い、警告する機能があります。さらに領収書を撮影するだけで申請が可能になったことから、手入力によるミスが格段に減らせるのも大きなポイントです。

日当や手当も自動で計算してくれますし、ICカードの履歴を読み込む機能によって交通費の精算も非常にやりやすくなっています。Dr.経費精算を導入することにより、正しくチェックする手間や差し戻しの面倒くささも無くなるのが大きな特徴です。

交通費の自動入力

Dr.経費精算はICカードと連携しているので、履歴や乗り換え案内からすぐに交通費の精算ができます。駅名を入力するだけで運賃を自動計算する機能、定期区間は自動控除になり、タブレットにICカードをかざすだけで計算してくれるなど面倒な交通費精算が一気に楽になります。

Dr.経費精算の料金プラン

Dr.経費精算の料金は領収書の枚数に応じた課金体系となっています。

月間領収書枚数

初期費用

月額料金

50枚まで

0円

0円

50枚以上

0円

9,800円〜


詳細な料金に関しては、お問い合わせが必要となります。
利用人数無制限で月間の領収書枚数が50枚までの場合は、利用料金が完全に無料です。(交通費精算・旅費精算・経費精算・ワークフロー等すべての機能が利用可能)

Dr.経費精算の口コミ/利用企業の評判

レシートの撮影読み取りと、Suicaの履歴連携が決め手

今までは経理部門から申請された経費の確認や修正量が膨大になってしまい、会計ソフトへの入力が面倒でした。しかし、Dr.経費精算を導入してからは経理部門から経費精算が格段にやりやすくなったと言われました。

今まで経理作業に数日かけていたものが、たったの数時間で終わるので非常に楽です。

(ピュアリアルエステート様)

丁寧なサポートで、スムーズに導入できました

今まで机の上は大量のレシートや伝票で埋まっていましたが、忙しくて経費を計算する暇がありませんでした。そこでDr.経費精算を導入してみると、あんなに大量にあったレシートや伝票が数時間でなくなりました。

勉強会やチャットなどで私の質問に丁寧に答えてくれたので、スムーズに導入でき、本当に素晴らしいと思いました。

(有限会社みはし様)

Dr.経費精算の注意点(弱み)

Dr.経費精算には様々な利点があります。しかし、弱みと言えるほどではありませんが、注意すべき点もあります。

Dr.経費精算を利用するにあたり、撮影した領収書は運営会社のオペレーターによって手入力されることに注意しましょう。他の経費精算システムなら機械によって自動で読み取るので処理に時間はかかりませんが、Dr.経費精算の場合だと手入力になるのでおよそ1時間~2時間ほど時間がかかります。

もちろん正確性はDr.経費精算の方が圧倒的に高いので、読み取りの早さか正確性を求めるかは企業内で相談するのがおすすめです。

Dr.経費精算で煩わしい経費精算が楽になる

一流企業の導入シェアがトップクラスである、Dr.経費精算はこれまでの経費精算システムにはない様々な特徴が多くあります。Dr.経費精算システムを導入し、大幅な時間短縮による作業効率アップを目指してみてはいかがでしょうか?

画像・データ出典:Dr.経費精算公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部