OMNIPAGE ultimateの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
0円
初期費用
466.25ドル~
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは OCR の製品です。
OCR の製品をまとめて資料請求

OMNIPAGE ultimateは、PDFを検索可能なファイルに変換できる、ドキュメント変換ツールです。

スキャナーがなくても、デジカメやスマホで撮った写真から読み取れるのが大きなメリットです。

OMNIPAGE ultimateの機能を利用することによって、運用コストの削減・作業効率アップに繋がります。

気になるOMNIPAGE ultimateの特徴を、料金・評判・口コミとともに紹介します。

OMNIPAGE ultimateとは?

OMNIPAGE ultimateは、紙の書類やPDFファイルを共有・編集し、アーカイブ可能なドキュメントに変換する、世界有数のデスクトップドキュメント変換ソフトです。

スピーディーに変換するだけでなく、品質や機能性も優れていることから、運用コストの削減にも繋がります。

おすすめの類似OCRツール

類似サービス: スマートOCR

(4.5)

         
月額費用3万円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用10万円〜最短利用開始期間要問い合わせ

スマートOCRとは、株式会社インフォディオが運営しているAI-OCRサービスです。 書類や帳票をスキャン・撮影して画像データからテキストデータを抽出、簡単操作で書類を電子化することができます。

       

非定型帳票の読み取り精度

定型帳票だけでなく、取引先ごとにレイアウトがバラバラな非定型帳票でも柔軟に対応。エリア指定する必要はなく汎用性が高いデータの抽出が可能。

歪んだ写真の読み取り精度

プロジェクションマッピング技術を用いた歪み・たわみ補正機能により写真で撮影した歪んだ書類、台形の書類も整形します。そのためスマートフォンで撮影した写真も高精度で読み取りが可能です。

OCRテンプレート自動振り分け

アップロードした帳票から文字列を認識し、適用するテンプレートを自動で振り分けることが可能です。 自動でテンプレートが適用されるため、手作業でテンプレートを選択する手間を省くことができます。

この製品はOCRの製品です。

OCRの製品をまとめて資料請求

OMNIPAGE ultimateの特徴

OMNIPAGE ultimateには、以下のような特徴があります。

・優れたOCR精度
・多数のファイル形式に対応
・バッチ処理でスピーディーにOCR処理ができる

これらについて、詳しく見ていきます。

優れたOCR精度

OMNIPAGE ultimateは、英語などの書類をかなり高精度に読み取ります。

スキャナーだけでなく、デジカメやスマホで撮った写真からも読み取りできるのが、何よりものポイントです。

英語や外国語の書類をメインで扱う企業にとっては、作業効率の向上に役立つことでしょう。

多数のファイル形式に対応

OMNIPAGE ultimateは、PDF・HTML・Corelなど、多数のファイル形式に対応し、さまざまな出力形式に変換可能です。

バッチ処理でスピーディーにOCR処理ができる

OMNIPAGE ultimateは、バッチ処理によりOCR処理がスピーディーに行えます。

フォルダやEメールからのバッチ処理の最適化も自動で行うので、手動で作業や管理の必要がないのもメリットの1つです。

OMNIPAGE ultimateの料金

OMNIPAGE ultimateの料金は$466.25(2022年6月現在63,529円※税込)となっております。

※ダウンロード保証サービスを追加すると、$ 482.75(2022年6月現在65,778円※税込)です。

為替レートにより金額は変動しますので、詳細は問い合わせてみてください。

OMNIPAGE ultimateの評判・口コミ

OMNIPAGE ultimateの評判・口コミをまとめました。

使用感など気になる場合は、ぜひ参考にしてください。

OMNIPAGE ultimateの良い評判・口コミ

OMNIPAGE ultimateの良い評判・口コミには、以下のようなものがありました。

・完全なフォーマットが維持できたり、外部連携が整っている
・AI-OCRツールとして遜色ない機能が揃っている

OMNIPAGE ultimateの悪い評判・口コミ

OMNIPAGE ultimateの悪い評判・口コミには、以下のようなものがありました。

・対応OSがWindowsのみ
・UIが英語のみなので、英語の知識がないとおすすめできない

この製品に関連する動画を紹介

OMNIPAGE ultimateは外国語の書類を多数扱う場合におすすめ

OMNIPAGE ultimateは、日本語をはじめとした多数の言語に対応したOCRツールです。

UIが英語のため、英語の知識がないと操作が難しいかもしれませんが、外国語の書類を多数扱う企業には、おすすめのツールと言えます。

紙媒体の書類をデータ化するのにお困りでしたら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくは、公式サイトをご覧ください。

    その他の関連する記事

    これは OCR の製品です。
    OCR の製品をまとめて資料請求
      • OCR

        類似サービス: スマートOCR

        (4.5)

                 
        月額費用3万円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用10万円〜最短利用開始期間要問い合わせ

        スマートOCRとは、株式会社インフォディオが運営しているAI-OCRサービスです。 書類や帳票をスキャン・撮影して画像データからテキストデータを抽出、簡単操作で書類を電子化することができます。

               

        非定型帳票の読み取り精度

        定型帳票だけでなく、取引先ごとにレイアウトがバラバラな非定型帳票でも柔軟に対応。エリア指定する必要はなく汎用性が高いデータの抽出が可能。

        歪んだ写真の読み取り精度

        プロジェクションマッピング技術を用いた歪み・たわみ補正機能により写真で撮影した歪んだ書類、台形の書類も整形します。そのためスマートフォンで撮影した写真も高精度で読み取りが可能です。

        OCRテンプレート自動振り分け

        アップロードした帳票から文字列を認識し、適用するテンプレートを自動で振り分けることが可能です。 自動でテンプレートが適用されるため、手作業でテンプレートを選択する手間を省くことができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載