インサイドセールスについてのよくある疑問

更新日:

インサイドセールスの内製化についてよくある疑問

質問

Q.インサイドセールスの内製化とは?


回答

A.インサイトセールスとは、電話やメールなど非対面で行う営業です。
一方の内製化は、外部に委託していた業務を自社のリソースやノウハウで行う体制に切り替えることを指します。
つまり外注に依頼していたインサイドセールスを自社での運用に切り替えることが、インサイドセールスの内製化です。
インサイドセールスを内製化すれば、自社の人材を有効活用でき成長が見込めます。
知見やノウハウが蓄積されるのがメリットです。
さらに自社の商品やサービスに詳しい担当者がアプローチするため、インサイドセールスの成果が上がる可能性が高まるでしょう。
顧客情報を自社で管理するようになるので、情報漏洩のリスクが少ないのも魅力です。


質問

Q.インサイドセールスの内製化と外注化の違いとは?


回答

A.インサイドセールスの内製化と外注化の違いと、どちらにするべきかの判断基準を紹介します。
【内製化と外注化の違い】
インサイドセールスの外注化とは、内製していたインサイドセールスを外部に委託することを指します。
つまり委託していたインサイドセールスを自社で行う体制に切り替えるのが内製化、自社で行っていたのを業者に委託するのが外注化です。
外注では専門業者に業務を委託するため、運用メンバーの確保や教育を必要としません。
インサイドセールスの経験者が自社にいない場合でも、すぐに始められるのがメリットです。
【内製と外注の判断基準】
内製と外注にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
たとえば内製化すればノウハウが蓄積されますが成果を得られるまで時間が必要で、さらに知識がないと顧客との関係構築が困難です。
外注すればプロが対応してくれるため成功率が高くなる一方、ノウハウが蓄積されずセキュリティ面での不安もあります。
そのためリソースを割けるリソースや経験のある社員がいるなら内製が、インサイドセールスのノウハウがないなら外注がおすすめです。


質問

Q.インサイドセールス内製化の流れとは?


回答

A.インサイドセールスを内製化する、基本的な流れを紹介しましょう。
【分業体制を構築する】
インサイドセールスを内製化する場合、複数の部門で役割を分担する必要があります。
担当者が集中すべき活動に専念できるように、分業体制を構築しましょう。
どの部署が営業プロセスのどこまで担当するのか、明確にすることが重要です。
【人材を確保する】
インサイドセールスを内製化するときは、担当するスタッフを採用します。
他部署から異動させるなら、営業やテレアポ経験者から立ち上げメンバーを採用するのがおすすめです。
ほかにはインサイドセールスの経験者を中途採用する方法があります。
【インサイドセールスの教育をする】
初めてインサイドセールスを内製化するときは、教育不足が心配です。
未経験者や経験が浅いメンバーで始める場合は、十分な研修が必要になります。
テクニックや知識といったノウハウや失敗事例を蓄積して、マニュアル化していくことが重要です。


質問

Q.インサイドセールスの内製化を成功させるためのポイントとは?


回答

A.インサイドセールス内製化を成功させる、2つのポイントを紹介します。
【CRMやSFAを活用する】
CRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援システム)ツールを活用しましょう。
顧客情報や会話履歴、商談ステータスなどの情報を共有でき、検索やスコアリングも可能です。
データの集計や分析を行うことで、インサイドセールスの成果につなげます。
【内製と外注をハイブリットで運営する】
インサイドセールスのノウハウが不十分な場合、内製と外注をハイブリットで運営するのがおすすめです。
社内のリソースで内製化を進めながら、不足している部分を外注で補います。
一時的に外注することで早期の立ち上げが実現でき、トークスクリプトや運用体制などプロのノウハウを参考にできるのがメリットです。

インサイドセールスの目的や役割についてよくある疑問

質問

Q.インサイドセールスの目的や役割とは?


回答

A.インサイドセールスの目的は、見込み客の興味や関心を引き出し、それに基づく情報を提供し続けて信頼を築き上げることにあります。
また、インサイドセールスの役割は、見込み客に対してオンライン上で営業活動を行い商談ができる状態に導くことにあります。
その後はフィールドセールスが引き受け、営業部門の生産性アップにつながるのです。
簡単に言えば、インサイドセールスは顧客とフィールドセールスの橋渡し役とも言えます。


質問

Q.インサイドセールスとフィールドセールスの違いは?


回答

A.インサイドセールスとフィールドセールスには、営業手法に違いがあります。
【インサイドセールス】
・電話やメール、チャットなどオンライン上で顧客に商品やサービスを販売する方法
・顧客の興味や関心を引き出したうえで商品やサービスを紹介し、契約に導く役割を持つ
【フィールドセールス】
・顧客の元へ直接足を運び、商品やサービスを提案・契約に結びつける方法
・インサイドセールスが築いた顧客関係を引き受けて商談を担当する
・商品やサービスの提供の他に、顧客のアフターサービスも担当する
このように、インサイドセールスとフィールドセールスには大きな違いがありますが、2つの営業方法には密接な関係があります。
また、インサイドセールスはオンラインで営業活動を行うため「内部営業」、顧客に直接会うフィールドセールスは「外部営業」と呼ばれることもあります。


質問

Q.インサイドセールスの手法とは?


回答

A.インサイドセールスの手法を、フィールドセールスに引き渡すまでの流れとして説明します。
【(1)見込み客情報からデータベースを作成する】
SNSや各種マーケティング活動により収集した見込み客情報から、顧客データベースを作成します。
データベースはExcelなどの表計算ソフトでも作成可能ですが、マーケティング支援ツールを使用すると、情報が可視化されやすくなります。
その他にも支援ツールにはさまざまな機能があるので、インサイドセールスを成功させるためにも使用した方が良いでしょう。
【(2)見込み客にコンタクトを取り情報提供をする】
データベースから見込み客を選定したら、コンタクトを取り、商品やサービスの情報提供をします。
このときに、顧客の関心や興味を聴き取り、深く掘り下げるようにするとインサイドセールスが成功しやすくなります。
また、資料の取り寄せやダウンロードした顧客に対しては、不明点や質問はないかなどヒアリングしておくといいでしょう。
【(3)フィールドセールスへの引き渡し】
顧客との信頼関係が築かれ購入意欲が高まった時点で、商談を取り付けフィールドセールスへ引き渡しをします。
フィールドセールスは、インサイドセールスの情報を元に商談を進めていくため、漏れのないように引き渡しを行うことが重要です。


質問

Q.インサイドセールスの目的を達成させるためのポイントとは?


回答

A.インサイドセールスが目標を達成するために重視するポイントは次のとおりです。
1.顧客の利益を最大限に考慮する
2.コミュニケーションを重視する
3.フィールドセールスとの連携を図る
4.計画的なフォローアップをする
5.成果を評価し、継続的な改善をする
これらのポイントを意識して活動することによって、インサイドセールスの効果は高まり、生産性のアップが期待できます。

インサイドセールスを効率化させる方法やポイントについてよくある疑問

質問

Q.インサイドセールスの主な業務内容は?


回答

A.インサイドセールスの主な業務内容について説明します。
【(1)見込み客の発掘】
インサイドセールスは、新規顧客に商品やサービスを提供することを重視した販売方法です。
そのため、まずはSNSなどのメディアやマーケティングチームより提供されたリストを元にして購入してくれそうな見込み客を発掘します。
【(2)コンタクトを取る】
見込み客を見つけたら、次は電話やメール、SNSなどを利用してコンタクトを取ります。
この時に、見込み客の興味や関心、ニーズなどを確認することが重要です。
【(3)ヒアリングやデモを実施する】
見込み客のニーズなどを把握したら、より深く理解するためのヒアリングや、興味がありそうな商品やサービスのデモを行います。
デモを行うことで見込み客の関心をより引きつけ、購買意欲の向上が期待できます。
【(4)購入までのサポート】
インサイドセールスでは、見込み客が商品やサービスを購入するまでのサポートも重要な業務です。
ヒアリングやデモを行った後に見込み客から問い合わせがあったときは、丁寧に対応しましょう。
疑問が解決することで、見込み客が商品やサービスを購入しやすくなります。
【(5)顧客満足度の向上】
インサイドセールスは商品やサービスの販売が目的の販売方法ですが、顧客満足度の向上も忘れてはいけません。
なぜなら、顧客からの情報により新規顧客の獲得につながるケースもあるからです。
顧客からのフィードバックやクレームには丁寧に対応し、改善点を見つけ出していくのも、重要な業務の1つです。


質問

Q.インサイドセールスを効率化させる方法とは?


回答

A.インサイドセールスを効率化させる方法を、わかりやすくまとめました。
【工程の合理化】
インサイドセールスの工程をわかりやすくし、各工程でチェックポイントを設けることで、顧客とのやりとりを効率よく行える
【自動化ツールの活用】
マーケティングオートメーションツールやCRM(顧客関係管理)、チャットボットなどを効率よく利用すると、時間や手間の短縮ができる
【オンラインマーケティングツールの活用】
オンラインマーケティングツールを活用すると、市場調査や商品・サービスの宣伝などを自動化できるので、マーケティング活動を効率よく進められる
【担当者の教育】
担当者の商品やサービスに対する知識やコミュニケーション能力を高めることで顧客との信頼を築けるようになる
【データの分析と改善】
コンバージョン率や顧客が持つ疑問や問題などの情報を収集し分析することで、より効率よいインサイドセールスが可能になる
これらの方法を総合的に組み合わせることで、効率の良いインサイドセールスができるようになります。


質問

Q.インサイドセールスを効率化させるためのポイントとは?


回答

A.インサイドセールスを効率化させるためのポイントは次のとおりです。
・顧客に合わせたコンテンツを提供する
・顧客からの質問や問題に対しては迅速に対応する
・顧客の信頼を得るためにコミュニケーションやフォローアップを大切にする
・データ分析や顧客からの声を反映し、常に改善を行う
これらのポイントを実践すると、インサイドセールスの効率化が図れるようになります。


質問

Q.インサイドセールス効率化に役立つツールやサービスは?


回答

A.インサイドセールス効率化に役立つツールやサービスを紹介します。
【LeadPool】
LeadPoolは、インサイドセールスに欠かせないリスト作成や顧客詳細情報の調査などを効率よく行える次世代型のプラットフォームです。
CRM/SFAとも連携可能で、さらに豊富なデータと最先端のテクノロジーを持ってインサイドセールスをサポートします。
【スケッターズ】
スケッターズは、営業やマーケティングのプロ向けに開発されたツールで、BtoBおよびSaaS事業に特化しています。
CRMなどの支援ツールとも連携でき、リード情報の自動的な更新も可能です。
スケッターズは長年にわたるオンラインセールス経験や豊富なノウハウも所有しているため、市場に左右されない確実な製品アピールが実現できます。

    その他の関連する記事

    これは インサイドセールス の製品です。
    インサイドセールス の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【インサイドセールス】

        類似サービス: MiiTel(ミーテル)

        (4.5)

        月額費用5,980円〜/ID無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        MiiTel(ミーテル)は、株式会社RevComm(レブコム)が提供している営業電話や顧客対応を可視化するAI搭載のクラウドIP電話サービスです。

           

        電話対応の内容を可視化できる

        従来のクラウドIP電話は、電話をすることが目的でしたが、MiiTelは、AIが通話内容を話速、ラリー回数、沈黙回数、抑揚などの観点から定量的に評価、フィードバックしてくれる機能が搭載されています。

        架電業務の効率化を実現

        MiiTelには、架電業務を効率化させる機能が豊富に搭載されています。 例えば、電話番号を1クリックするだけで架電することができるため、電話番号を押している時間を短縮、かけ間違いを防止することが可能です。

        連携機能で更に機能を強化できる

        MiiTelは、CRM(Customer Relationship Management)ツールとの連携で、よりその機能を強化することができます。

        類似サービス: UKABU

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

        UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

               

        商談準備にかける時間を短縮

        いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

        商談時の確認漏れを防止

        UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

        想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

        スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

        類似サービス: レタル

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        レタルとは、株式会社Yui’sが運営している手紙マーケティングを活用した営業代行サービスです。 手紙を活用しているため、テレアポやDMなどの新規開拓営業と異なります。 具体的には、決裁者などの届けたい相手に直接届けることができ、開封率も高い点が特徴です。

           

        高品質なリストを抽出

        闇雲に手紙を出しても、コストがかかるばかりで思うような成果は得られません。 レタルでは、680万社という豊富なリストから、業界・従業員数・資本金といった情報でリストを精緻化しています。 また、公開情報に基づき、決済者情報を決定するため、品質の高いリスト作成が可能です。

        高品質な手紙を作成

        レタルで作成する手紙は、セールスライティングを活用しており、トップ営業マンのトークを複製するため、高い品質を実現することができます。 1枚の手紙で終わることなく、効果的なセールス文章で3枚〜4枚の手紙を作成し、潜在層〜顕在層にまでアプローチしてリードを獲得することが可能です。

        手紙DXによる見込み顧客の可視化

        アナログな手法である手紙は、効果測定が難しいのが大きな課題でした。 その点レタルでは、一社一社にパラメータを付与する「効果測定・追跡機能」によって、CVした顕在客はもちろん、CV前に離脱した潜在客を可視化して取りこぼしのない営業を可能としています。

        類似サービス: OPTEMO

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        OPTEMOとは、株式会社ジェイタマズが運営している商談獲得ツールです。 Webサイトを訪問した顧客が見ている画面をリアルタイムに確認しながら、最適なタイミングでチャットや音声通話によってリードを獲得することができます。

           

        商談化率の高いリードとコミュニケーションがとれる

        OPTEMOは、専用のコードを導入したいページへ入れるだけで導入することができます。 Webページを訪問者した顧客の動きをリアルタイムに把握し、温度感が高い最適なタイミングでチャットや音声通話によってコミュニケーションを図ることが可能です。

        インサイドセールスが自ら商談を獲得

        OPTEMOでは、顧客側・企業側双方がチャットや音声通話を活用してコミュニケーションを図ることができます。 サイト訪問者が見ているページをリアルタイムに可視化できるため、顧客側の温度感が高いタイミングでインサイドセールス部門自ら声掛けし、商談を獲得することが可能となります。

        SFA/MAツールと連携

        OPTEMOは、Salesforceやhubspot、Marketo、Marketing Cloud Account Engagement(旧:Pardot)といったSFA・MAツールと連携することができます。 これらのツールと連携することで、顧客の温度感がより高いタイミングでのアプローチが可能となります。

        類似サービス: カルティセールス

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        カルティセールスとは、株式会社Sapeetが運営している商談の成功率を向上させるためのDXツールです。 商談品質の向上を実現するための商談ナビゲーションをかんたんに作成することができます。

           

        ハイパフォーマーのヒアリングパターンをナビ化

        カルティセールスで、自社の優秀な営業マンのヒアリングパターンをシステムに反映することで、かんたんに商談ナビゲーションを作成することができます。 営業スキルの浅い若手人材であっても、ナビを見ながら商談に取り組むことで、抜け漏れのないヒアリングを実現することが可能となります。

        適切なフィードバックが可能に

        カルティセールスは、基本的にタップ操作でデータを入力することができるため、商談中に構造化された情報の蓄積が可能となります。 入力項目は、自社に合わせてカスタマイズすることができ、ほぼ選択式で商談情報を記録していくことが可能なため、入力速度が向上します。

        ノーコード構築が可能

        データを蓄積するためのヒアリング項目・商談記録項目は、直感的操作かつノーコードでカスタマイズすることができます。 ヒアリングした内容は、手書きのものであってもシステムでデータ化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載