アウトバウンド型のインサイドセールスとは?インバウンドとの違いも解説

更新日:
これはインサイドセールスの製品です。

インサイドセールスの製品をまとめて資料請求

インサイドセールスは、アウトバインド型とインバウンド型に分かれます。

それぞれの特徴を理解することが、営業での成果をあげていくことにつながるでしょう。

この記事では、アウトバウンド型のインサイドセールスについて解説します。

インバウンド型との違いや、アウトバウンド型のインサイドセールスを成功させるコツとあわせてまとめました。

おすすめの類似インサイドセールスツール

類似サービス: UKABU

(4.5)

         
月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

       

商談準備にかける時間を短縮

いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

商談時の確認漏れを防止

UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

類似サービス: レタル

(4.5)

         
月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

レタルとは、株式会社Yui’sが運営している手紙マーケティングを活用した営業代行サービスです。 手紙を活用しているため、テレアポやDMなどの新規開拓営業と異なります。 具体的には、決裁者などの届けたい相手に直接届けることができ、開封率も高い点が特徴です。

高品質なリストを抽出

闇雲に手紙を出しても、コストがかかるばかりで思うような成果は得られません。 レタルでは、680万社という豊富なリストから、業界・従業員数・資本金といった情報でリストを精緻化しています。 また、公開情報に基づき、決済者情報を決定するため、品質の高いリスト作成が可能です。

高品質な手紙を作成

レタルで作成する手紙は、セールスライティングを活用しており、トップ営業マンのトークを複製するため、高い品質を実現することができます。 1枚の手紙で終わることなく、効果的なセールス文章で3枚〜4枚の手紙を作成し、潜在層〜顕在層にまでアプローチしてリードを獲得することが可能です。

手紙DXによる見込み顧客の可視化

アナログな手法である手紙は、効果測定が難しいのが大きな課題でした。 その点レタルでは、一社一社にパラメータを付与する「効果測定・追跡機能」によって、CVした顕在客はもちろん、CV前に離脱した潜在客を可視化して取りこぼしのない営業を可能としています。

 

類似サービス: OPTEMO

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

OPTEMOとは、株式会社ジェイタマズが運営している商談獲得ツールです。 Webサイトを訪問した顧客が見ている画面をリアルタイムに確認しながら、最適なタイミングでチャットや音声通話によってリードを獲得することができます。

       

商談化率の高いリードとコミュニケーションがとれる

OPTEMOは、専用のコードを導入したいページへ入れるだけで導入することができます。 Webページを訪問者した顧客の動きをリアルタイムに把握し、温度感が高い最適なタイミングでチャットや音声通話によってコミュニケーションを図ることが可能です。

インサイドセールスが自ら商談を獲得

OPTEMOでは、顧客側・企業側双方がチャットや音声通話を活用してコミュニケーションを図ることができます。 サイト訪問者が見ているページをリアルタイムに可視化できるため、顧客側の温度感が高いタイミングでインサイドセールス部門自ら声掛けし、商談を獲得することが可能となります。

SFA/MAツールと連携

OPTEMOは、Salesforceやhubspot、Marketo、Marketing Cloud Account Engagement(旧:Pardot)といったSFA・MAツールと連携することができます。 これらのツールと連携することで、顧客の温度感がより高いタイミングでのアプローチが可能となります。

この製品はインサイドセールスの製品です。

インサイドセールスの製品をまとめて資料請求

インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、非対面で行う営業活動です。

たとえば電話やメール、Web商談での営業活動を指します。

リード(見込み客)の獲得や育成、商談の獲得が目的。

働き方の変化によりテレワークが進み、インサイドセールスを導入する企業は増えてきました。

アウトバウンド型のインサイドセールスとは

アウトバウンドは「中から外にでていく」を意味する言葉で、企業側から顧客に対してアプローチする営業のことです。

つまりアウトバウンド型のインサイドセールスは、非対面で顧客に行う飛び込み営業を指します。

たとえば電話やメール、オンラインツール、WEB広告による営業があげられるでしょう。

アポイント(面会や会合の約束)の獲得を目標とするテレアポと違い、インサイドセールスの主な目標は顧客育成です。

非対面なので多くの顧客に営業をかけることができ、自分で顧客を選択することができます。

インバウンド型とアウトバウンド型の違い

インバウンド型のインサイドセールスの基礎知識と、アウトバウンド型の違いを紹介します。

インバウンド型のインサイドセールスとは

インバウンドは「外から中に入ってくる」という意味があり、顧客側から商品やサービスに関するアプローチのことを指します。

インバウンド型のインサイドセールスとは、非対面で顧客が資料請求や問い合わせをするように促す営業です。

たとえばオウンドメディアやブログ、SNS、WEBセミナー、YouTube発信などがあげられます。

有益な情報を発信することで、商品やサービスに興味をもった顧客に見つけてもらうことが目的です。

インバウンド型とアウトバウンド型の違い

インバウンド型は顧客からのアプローチを待つ、アウトバウンド型は飛び込み営業でアプローチするといった違いがあります。

インバウンド型のインサイドセールスでは、商品やサービスに興味を持つ方に対して営業するため、成果につながりやすいのが特徴です。

効果がでるまでに時間や労力、コストがかかるというデメリットがあります。

一方のアウトバウンド型は多くの顧客に対してアプローチできますが、初回の成功率は高くありません。

アウトバウンド型のインサイドセールスを過度に行えば、消費者から反発される恐れがあります。

インバウンド型とアウトバウンド型にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、違いを理解しておくことが重要です。

アウトバウンド型のインサイドセールスを成功させるためのポイント

アウトバウンド型のインサイドセールスを、成功させるためのポイントをまとめました。

アウトバウンド型とインバウンド型を組み合わせる

インサイドセールスの成果を得るためには、アウトバウンド型だけでは不十分です。

安定して新規開拓ができるアウトバウンド型と、見込み客からのアプローチをうけるインバウンド型を組み合わせることが成果につながります。

営業リストを作成する

営業先の企業や個人の情報をまとめたリストを作成しましょう。

自社の既存顧客を分析して、商品やサービスと親和性のある営業リストを作成します。

トーク・メールスクリプトの用意

トークスプリクトやメールスプリクトなど、顧客対応のシナリオを用意。

話す内容や質問に対する回答を準備しておくことで、焦ることなくスムーズに話を進められます。

アポイントは顧客の意欲が高いうちに設定する

アウトバウンド型のインサイドセールスによって見込み客を獲得できたら、アポイントを設定します。

顧客の意欲が高いうちにアポイントを設定するのがポイントです。

SFAやCRMの導入を検討する

アウトバウンド型のインサイドセールスを行うと、営業先の数が膨大になり管理が難しくなります。

SFA(営業支援システム)やCRM(顧客関係管理システム)を導入することで、仕事の効率をアップできるでしょう。

アウトバウンド型のインサイドセールスの特徴を理解しよう

アウトバウンド型のインサイドセールスとは、非対面で行う飛び込み営業です。

多くの顧客にアプローチでき、安定して新規開拓ができます。

アウトバウンド型のインサイドセールスで成果を得るために、基礎知識や成功させるポイントをチェックしておきましょう。

    その他の関連する記事

    これは インサイドセールス の製品です。
    インサイドセールス の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【インサイドセールス】

        類似サービス: MiiTel(ミーテル)

        (4.5)

        月額費用5,980円〜/ID無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        MiiTel(ミーテル)は、株式会社RevComm(レブコム)が提供している営業電話や顧客対応を可視化するAI搭載のクラウドIP電話サービスです。

           

        電話対応の内容を可視化できる

        従来のクラウドIP電話は、電話をすることが目的でしたが、MiiTelは、AIが通話内容を話速、ラリー回数、沈黙回数、抑揚などの観点から定量的に評価、フィードバックしてくれる機能が搭載されています。

        架電業務の効率化を実現

        MiiTelには、架電業務を効率化させる機能が豊富に搭載されています。 例えば、電話番号を1クリックするだけで架電することができるため、電話番号を押している時間を短縮、かけ間違いを防止することが可能です。

        連携機能で更に機能を強化できる

        MiiTelは、CRM(Customer Relationship Management)ツールとの連携で、よりその機能を強化することができます。

        類似サービス: UKABU

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

        UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

               

        商談準備にかける時間を短縮

        いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

        商談時の確認漏れを防止

        UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

        想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

        スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

        類似サービス: レタル

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        レタルとは、株式会社Yui’sが運営している手紙マーケティングを活用した営業代行サービスです。 手紙を活用しているため、テレアポやDMなどの新規開拓営業と異なります。 具体的には、決裁者などの届けたい相手に直接届けることができ、開封率も高い点が特徴です。

           

        高品質なリストを抽出

        闇雲に手紙を出しても、コストがかかるばかりで思うような成果は得られません。 レタルでは、680万社という豊富なリストから、業界・従業員数・資本金といった情報でリストを精緻化しています。 また、公開情報に基づき、決済者情報を決定するため、品質の高いリスト作成が可能です。

        高品質な手紙を作成

        レタルで作成する手紙は、セールスライティングを活用しており、トップ営業マンのトークを複製するため、高い品質を実現することができます。 1枚の手紙で終わることなく、効果的なセールス文章で3枚〜4枚の手紙を作成し、潜在層〜顕在層にまでアプローチしてリードを獲得することが可能です。

        手紙DXによる見込み顧客の可視化

        アナログな手法である手紙は、効果測定が難しいのが大きな課題でした。 その点レタルでは、一社一社にパラメータを付与する「効果測定・追跡機能」によって、CVした顕在客はもちろん、CV前に離脱した潜在客を可視化して取りこぼしのない営業を可能としています。

        類似サービス: OPTEMO

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        OPTEMOとは、株式会社ジェイタマズが運営している商談獲得ツールです。 Webサイトを訪問した顧客が見ている画面をリアルタイムに確認しながら、最適なタイミングでチャットや音声通話によってリードを獲得することができます。

           

        商談化率の高いリードとコミュニケーションがとれる

        OPTEMOは、専用のコードを導入したいページへ入れるだけで導入することができます。 Webページを訪問者した顧客の動きをリアルタイムに把握し、温度感が高い最適なタイミングでチャットや音声通話によってコミュニケーションを図ることが可能です。

        インサイドセールスが自ら商談を獲得

        OPTEMOでは、顧客側・企業側双方がチャットや音声通話を活用してコミュニケーションを図ることができます。 サイト訪問者が見ているページをリアルタイムに可視化できるため、顧客側の温度感が高いタイミングでインサイドセールス部門自ら声掛けし、商談を獲得することが可能となります。

        SFA/MAツールと連携

        OPTEMOは、Salesforceやhubspot、Marketo、Marketing Cloud Account Engagement(旧:Pardot)といったSFA・MAツールと連携することができます。 これらのツールと連携することで、顧客の温度感がより高いタイミングでのアプローチが可能となります。

        類似サービス: カルティセールス

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        カルティセールスとは、株式会社Sapeetが運営している商談の成功率を向上させるためのDXツールです。 商談品質の向上を実現するための商談ナビゲーションをかんたんに作成することができます。

           

        ハイパフォーマーのヒアリングパターンをナビ化

        カルティセールスで、自社の優秀な営業マンのヒアリングパターンをシステムに反映することで、かんたんに商談ナビゲーションを作成することができます。 営業スキルの浅い若手人材であっても、ナビを見ながら商談に取り組むことで、抜け漏れのないヒアリングを実現することが可能となります。

        適切なフィードバックが可能に

        カルティセールスは、基本的にタップ操作でデータを入力することができるため、商談中に構造化された情報の蓄積が可能となります。 入力項目は、自社に合わせてカスタマイズすることができ、ほぼ選択式で商談情報を記録していくことが可能なため、入力速度が向上します。

        ノーコード構築が可能

        データを蓄積するためのヒアリング項目・商談記録項目は、直感的操作かつノーコードでカスタマイズすることができます。 ヒアリングした内容は、手書きのものであってもシステムでデータ化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載