Pay-Look(ペイルック)の料金·評判·機能について。月額5,555円から利用できる?

最終更新日 

業務効率化を実現するクラウドサービス·SaaSが各社からリリースされています。

今回紹介するPay-Look(ペイルック)は毎月の給与明細を電子化することができるサービスとして注目されており、導入によりペーパーレス化などのメリットも生まれます。

料金面や機能面、類似サービスとの比較などを紹介しますのでサービス選定の参考にしてください。

Pay-Look(ペイルック)とは?

Pay-Lookとは、株式会社ブレインコンサルティングオフィスが運営するクラウドWeb給与明細ソフトです。他社メーカーの給与計算ソフトや給与明細ソフトとは異なり、「給与データ(CSV形式)を取り込み、Web給与明細を作成する」機能に特化しています。

特徴

操作がとってもシンプル

Web給与明細を発行するには、給与データ(CSV形式)を取り込むだけです。従来の紙のものと比べて、時間も労力も大幅にカットできます。もちろん再発行業務も一瞬でできます。

Web上で給与明細を発行するため、紙代、印字代、発送代、仕分けなどの物理的、属人的問題から解放されます。

紛失リスク軽減

作成した給与明細のデータはクラウド上に保存されるため、管理にかかる手間はもちろん、紛失、盗難というリスクも防止することができます。

セキュリティ面も安心

給与明細という従業員のプライバシーに関わる個人情報を扱うPay-Lookでは、従業員それぞれが固有のIDやパスワードを使ってログインするため不正にアクセスされる心配がありません。

PDF化した給与明細はパスワードを設定することもできるのでさらに強固なセキュリティ体制のもと管理することができます。

Pay-Lookの機能紹介

Pay-Lookの想定ユーザーは、税理士や社労士など、企業の給与計算をアウトソーシングで請け負っている方です。

給与計算の際、次のようなお悩みはありませんか?

  • 紙の給与明細を作成・発行しているので、時間、労力的にもコストがかかる
  • 紙の給与明細なので、仕分けや発送費用などコストがかかる部分大きい
  • 給与明細の再発行業務の際に、紙の明細書では時間や労力的にコストがかかる
  • 複数の企業の給与計算をうけているので、作業が煩雑になってしまう

Pay-Lookは「給与データ(CSV)からWeb給与明細を作成する」機能に特化しているため、これらの課題を解決してくれます。

Pay-Lookの強み

Pay-Lookの最大の強み、それは「給与計算ソフトに依存せずに、Web給与明細を作成できること」です。

ジョブカン給与計算、やよい会計、マネーフォワードクラウド給与などの給与計算ソフトでは、給与データをCSV形式で出力する機能を備えています。Pay-Lookでは、CSV形式データを取り込んで明細を作成しますので、どのような給与計算ソフトからでもWeb給与明細を作れます。

また、消費税率などの給与に関する法律への対応は給与計算ソフトが対応しています。そのため、法改正に伴う面倒な設定作業などはなく、Web給与明細を発行することに集中できるのもPay-Lookの強みです。

料金プランについて

Pay-Lookの料金プランはとてもシンプルです。

  • 初期費用:110,000円
  • 月額利用料:5,500円+55円×人数

例:10名分の給与計算を行う場合

5,500円+55円×10名=6,050

2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

Pay-Lookの導入事例·評判

コストパフォーマンスに優れています

“一番有難いのが、「明細書を何度WEBにアップし直しても、追加料金が掛からない」ところです。昔は紙の明細書で、印刷し直しが発生した場合は、もったいなくて仕方ありませんでしたので、その点「一番変えてよかった」と心安らかになりました。また、紙の明細書を発送するという手間も、発送費用も一切かからなくなったのでとても助かっています。”(MG Group西本社会保険労務士事務所様)

プリンター不要でコストカットにもつながりました

“明細書発行が瞬時にできるのは画期的です。 今までは、ドットプリンターにとにかく悩まされていました。ドットプリンターは結構場所をとるし、給紙と排紙の場所にも気を遣いますし、印刷の際の騒音などいままでは仕方がないとあきらめていました。また、複写用紙代も高くなる一方でしたので、これがなくなったのはとても大きなことでした。”(ブレイン社会保険労務士法人様)

類似サービスとの違いは?

他社に比べて割高

Pay-Lookは、他社の給与明細作成ソフトと比べると若干割高です。

例えば、業界最安値のやよいの給与明細オンラインの月額料金は、従業員10名まででしたら、月額450円。従業員30名まででしたら、月額1,200円です。

通常、給与明細作成ソフトの料金は、1ユーザーにつき月額数百円(300円~500円)の課金が必要になります。例えば、1ユーザーにつき月額500円の追加料金でしたら、10名の運用で月額5,000円かかる計算になります。初期費用は掛かりません。

以下の条件を元に料金を比較してみます。

【条件】

  • 従業員10名分
  • 初期費用を含む
  • 複数の料金プランがある場合は、最も安いプランとする

【結果】

  • Pay-Look(¥5,500+初期費用¥100,000)
  • マネーフォワードクラウド給与(¥5,980)
  • 人事労務ソフトfreee(¥5,980)
  • ジョブカン給与計算(¥4,000)
  • フリーウェイ給与計算(¥1,980)
  • やよいの給与明細オンライン(¥450)

「出来る限り月額料金が安いソフトを選びたい」のであれば、他社メーカーのソフトを選定した方が良いと言えるでしょう。

よくある質問

 

Pay-Lookでペーパーレスな給与明細の発行を

Pay-Lookには他社との明確な違いがあります。

「Pay-Lookの強み」でも記載しましたが、それは「給与ソフトに依存せずにWeb給与明細が発行できる」ことです。

給与データ(CSVデータ)の取り込みに特化していることから、企業の給与計算ソフトに依存しません。そのため、企業会計のアウトソーシングを請け負う場合、取引先がどのような給与計算ソフトを使っていてもWeb給与明細を作成できます。これは、クライアントの幅を広げる際に役立つことでしょう。

他社メーカーに比べると料金は割高ですが、「特定の給与計算ソフトに依存せずにWeb給与明細を作りたい」というニーズを満たしてくれる価値があります。

画像・データ出典:Pay-Look公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載