OPS(オーピーエス)の料金・評判・口コミについて

更新日:

    サーバーの構成やネットワーク設計・セキュリティ対策をするのに、それぞれ別のツールを使っている企業も多いのではないでしょうか。便利な分、使い分けが大変ということもあるでしょう。そんなときに利用したいのがネットワーク監視ツールの「OPS」です。OPSはサーバーの構成からネットワーク設計・セキュリティ対策まで可能です。この記事ではOPSの特徴や導入するメリットについて紹介します。

    OPSの特徴・機能

    24時間365日体制でインターネットを監視

    1つ目の特徴が24時間365日でインターネットを監視しています。それも日本だけではなく、世界中のインターネットです。OPSはセキュリティ面も抜かりなく、雇用形態はすべて正社員のみとしています。認証システムを取り入れたり、自然災害リスクの低い場所に位置していたりなど、あらゆるリスクを下げています。

    豊富な運用実績

    2つ目の特徴が豊富な運用実績です。こういったツールを導入する際に参考にするのが運用実績ではないでしょうか。OPSでは中小企業から上場企業・規模・業種問わず導入されています。条件や業種を問わずに導入できるのは、とても大きな安心感と導入しやすさを覚えるのではないでしょうか。

    業務負担軽減

    3つ目の特徴が業務負担軽減です。こういったものを導入する一つの理由として業務の負担を減らしたいというのがあるのではないでしょうか。OPSでは、システム運用を自動化して、業務負担を大幅に軽減します。これにより他の業務に集中できたりするでしょう。

    おすすめの類似セキュリティソフト

    全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

    (4.5)

    月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
    初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

    クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

       

    3STEPで簡単導入・利用できる

    専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

    セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

    Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

    日本のお客様向け手厚いサポート対応

    Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

    リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

    (4.5)

    月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
    初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

    CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

    二要素認証の追加

    通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

    認証仕組みの新規導入

    Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

    外部からのアクセス強化

    既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。


    OPSのメリット

    OPSのメリットは主に以下の2つです。

    運用コストが削減できる
    障害安定性が向上する

    1つ目の特徴が運用コストが削減できることです。導入をする際に気になるのが運用コスト。OPSではそういった面にも着目し、社内で運用体制を立ち上げるよりもはるかに運用コストを削減できます。2つ目の特徴が障害安定性が向上します。自動運用ロボット「puzzle」と有人を導入しており、安心したサービス稼働を実現させています。

    OPSの注意点

    OPSの注意点は運用を代行していることです。そのためリアルタイムの情報を得たいという場合でも、正確な情報を把握するまでに多少のタイムラグが発生する可能性があります。

    OPSの価格・料金プラン

    OPSの料金プランはベーシック、スタンダード、プロフェッショナル、フルマネージドの4つからなっています。各内容も違い、一概に料金も言えないので、気になる方は公式サイトより見積もり依頼をしてみてください。

    OPSの導入事例・評判

    音楽配信のプラットフォームの再構築をする際に、OPSでの運用代行を採用しました。AWSを基盤として、コストを抑えられるオートスケール機能を要件としたのです。監視が完璧な上に、かかるコストも適正で、導入から2年以上経ちますがトラブルはありません。
    株式会社レコチョク様

    データセンターの移行に伴い、サポートや運用代行をOPSに依頼しました。他の企業に比べて移行作業、運用コストが1割から2割ほど低いのが魅力的です。運用監視サービスでは、あらかじめ必要なアラートのみをあげるので、担当者の負担も軽減されました。
    株式会社サイハード様

    OPSの比較

    サービス月額特徴
    Site24x71,750円〜SaaS型オールインワン監視システム
    OpManager年間/234,000円〜自社にあった監視体制を選択できる
    ThirdEyeお問い合わせマップ表示によりわかりやすいネットワーク状況

    Site24x7はSaaS型オールインワン監視システムで、1つの画面からトータルを把握できるのが特徴です。シンプルで分かりやすい監視ツールを求めている企業に良いでしょう。OpManagerは8,000以上の装置テンプレートがあり、総合的にネットワークを監視できるのにもかかわらず、年間234,000円というリーズナブルな価格が魅力的です。ThirdEyeはマップ表示ができ、分かりやすいネットワーク状況が特徴です。一目で把握できるので、たくさんのネットワークを持っていても問題はないでしょう。

    OPSでコストを抑え、ネットワークを監視しよう

    OPSの特徴はなんといっても、コストを抑えながらネットワークを監視できることです。導入してから2年以上はトラブルがないという声もありますので、機能面でも問題はないでしょう。タイムラグが発生してしまうという注意点はありますが、大きなタイムラグではないので許容できる企業はぜひ導入を検討してみてください。

      • qeee枠【セキュリティソフト】

        全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

        (4.5)

        月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

        クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

        3STEPで簡単導入・利用できる

        専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

        セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

        Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

        日本のお客様向け手厚いサポート対応

        Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

        リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

        CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

        二要素認証の追加

        通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

        認証仕組みの新規導入

        Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

        外部からのアクセス強化

        既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

      執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載