SMS配信は自作でできる?やり方やおすすめツールも紹介

更新日:

メール配信と比較して、到達率が高く、電話番号があれば手軽に送ることができることから、重要情報の連絡などに利用されることが多いSMS配信ですが、ツールを活用せずに自作で送ることはできるのでしょうか。

本記事では、SMS配信をパソコンから送信する方法や、ツールを活用する場合のポイントなどを解説しますので参考にしてください。

SMS配信とは

SMSとは、ショートメッセージサービスの略で、メールアドレスを宛先にメッセージを配信するメールサービスと違い、相手の電話番号を宛先にテキストメッセージを送信することができます。

送ることができる文字数は配信ツールによって異なりますが、最大で670文字というのが一般的です。

SMS配信は、迷惑メールフォルダに入ってしまうことがないため、メールと比べて到達率が高く、携帯電話の標準機能で受け取ることができるため、相手先にアプリなどをダウンロードしてもらう必要ありません。

また、SMS配信ツールを利用すれば、一斉送信や予約配信といった配信方法も選択できます。

到達率や開封率が高いため、本人確認のための手段や、カスタマーサポートからの連絡などに活用されているケースが多い点も特徴的です。

SMSをパソコンから配信する方法

SMS配信は、メールアドレスを宛て先とするメール配信と異なり、相手先の電話番号を利用して送受信を行います。

ですので、パソコンからSMS配信を行う場合は、電話が利用できるスマートフォンと連携する必要があります。

WindowsのPCを利用してSMS配信を行いたい場合はAndroid端末を、MacのPCからSMS配信を行いたい場合はiPhoneと連携します。

PCでSMS配信を行う場合、1対1や、少量のメッセージを送信する用途であれば十分でしょう。

スマートフォンからのSMS配信と比べて、キーボードを使って文字入力ができるため、短時間でメッセージ作成ができる点が利点と言えます。

しかし、大量のSMS配信を行いたい場合や、セグメント配信などの柔軟性が高い配信方法を利用したい場合には、専用のSMS配信ツールを利用した方が良いでしょう。

おすすめのSMS配信ツール

SMSLINK

特徴

SMSLINKは、株式会社ネクスウェイが運営している直感的に利用できるSMS配信サービスです。

96%という高い到達率でSMS配信を行うことができ、多くの企業で導入されています。

担当者の目線にたって設計されたUIで、初めてのSMS配信ツールにもおすすめです。

初期費用がかからず、低コストから導入することができるため、スモールスタートからの運用にも適しています。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜
  • 従量課金:8円〜/通
  • 無料トライアル:デモあり

※2023年1月現在/詳細は公式サイトを確認

Media SMS(メディアSMS)

特徴

Media SMSとは、株式会社メディア4uが運営しているSMS送信サービスで、多くの導入実績があります。

SMSを活用したメッセージ配信によって、高い到達率を実現することができ、顧客からの反応を高めることが可能なサービスです。

国産サービスなので、日本語でのサポートを受けることができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額基本料:0円
  • 従量課金制
  • 最大2ヶ月の無料トライアルあり

※2022年4月現在/詳細は公式サイトを確認

SMS FourS

特徴

SMS FourSは、株式会社りーふねっとが運営しているSMS配信サービスで、セキュアで安定した環境でのSMS配信が可能です。

4つのS(STABLE、SECURE、SPEEDY、SUSTAINABLE)をテーマに設計されており、電話番号だけで手軽にSMS配信を始めることができます。

PCからSMS配信を行うことができ、最大で660文字のショートメッセージを配信することが可能で、国内主要キャリア(docomo、KDDI、SoftBank、楽天)と直接接続してのメッセージ配信を実現します。

料金

  • 初期費用:0円
  • サポート費用:0円
  • 送信費用:〜8円/通

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

i-Macss

特徴

i-Macssは、株式会社クロノスが運営しているSMS配信サービスです。年間8,000万通の実績があります。

電話番号を宛て先として簡単にSMS配信を行うことができ、スマートフォン・ガラケーにも対応しています。

本人確認業務や督促業務などに活用されており、高い到達率でSMS配信が実現できます。

国内主要4キャリアとネットワークを構成しているため、セキュリティ面も安心です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 課金単価:要問い合わせ

※2023年1月現在/詳細は公式サイトを確認

自作のSMS配信を用途に合わせて活用しよう

SMS配信について、自作で行う場合やおすすめのツールについて紹介しました。

PCを活用して自作でSMS配信を行う場合、一度に送信できる量や送信方法に限界があるため、個人間のやりとりに活用するなど用途にあわせて利用すると効率的です。

ビジネスで活用するには、専用のSMS配信ツールを利用した方が機能性に優れているため、そちらも合わせて検討すると良いでしょう。

    その他の関連する記事

    これは SMS配信 の製品です。
    SMS配信 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【SMS配信】

        伝えたい情報を確実に届ける: SMSLINK

        (4.5)

        月額料金0円無料お試しあり
        初期費用0円1通あたりの費用8円

        顧客へPCからSMSを送信できるサービス。宛先リストのアップロード、メッセージの作成、送信日時の設定の3ステップでSMSを簡単に送信可能です。一斉送信や予約送信の機能も充実しているため、連絡業務を効率化させることができます。

        使いやすさを追求した操作性

        どんなに便利な機能を搭載していても、誰でも使いこなせる操作性を備えていないと意味がありません。 SMSLINKは、操作担当者の目線に立った使いやすい設計、見やすい画面を意識して作られています。 また、実際に担当者からヒアリングを行い、より使いやすいサービスになるように、定期的なバージョンアップを行っているため、初めてSMS配信サービスを導入する方にもおすすめです。

        業界最安水準

        SMSLINKは、1通8円からSMS配信が可能で、業界の中でも最安水準値で利用することができます。 また、初期費用や月額費用もかからないため、ローコストで利用できるサービスとなっています。

        用途に応じて運用タイプを選べる

        SMSLINKは、パソコン上でサービス画面からSMS配信ができるWebタイプと、システム連携が可能なAPIタイプを提供しているため、導入企業の運用スタイルに合わせて利用することが可能です。

        高い到達率のSMS送信を実現: Media SMS

        (4.5)

        月額料金0円無料お試し2ヶ月無料
        初期費用0円導入会社3,000社

        全キャリア直接接続により顧客にメッセージを送信できるSMS配信サービス。国内キャリアだけでなく海外キャリア端末へも送信可能で、高い到達率と受信者に情報をより多く届けられる。携帯番号履歴調査により誤送信の防止ができます。

        国内全キャリアに直接接続

        Media SMSは、ドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルとの直接接続が可能です。 さらに、独自開発のMNP(モバイルナンバーポータビリティ)判定機能で、高いSMS到達率の実現をサポートします。 また、ユーザー端末側での国際SMSブロックをクリアすることも可能なため、着信拒否されてしまっても安心です。

        長文SMSを送ることができる

        Media SMSは、最大で670文字までの文章を送ることができるため、自社で伝えたい情報をしっかりとメッセージに織り込むことが可能です。 全キャリアで長文メッセージを送ることができるため、全方位をターゲットとしてSMS配信業務を行うことができます。

        双方向のSMSが可能

        一方的にこちらからSMSを送信するだけでなく、ユーザーからSMSを受け取ることも可能です。 自由な文章で返信することも可能で、受信した内容に応じて自動返信する機能もあるため、問い合わせ対応を効率化できます。返信メッセージも長文化に対応しています。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載