人材マネジメントシステムとは?目的や導入するメリットを解説

更新日:
これはタレントマネジメントシステムの製品です。

タレントマネジメントシステムの製品をまとめて資料請求

近年、企業の人事部門において「人材マネジメントシステム」の導入が注目されています。

このシステムは、企業の成長をサポートするための強力なツールとして位置づけられています。では、具体的にどのような目的で導入され、どのようなメリットがあるのでしょうか。この記事では、人材マネジメントシステムの詳細を紹介します。

おすすめのタレントマネジメントシステム

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。経験や実績だけではなく、社員一人ひとりの性格や能力といった詳細な情報が把握できるようになることで、個人が最大限の能力を発揮できるような人材配置、人材育成が可能となります。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

JobSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

類似サービス: ざんまいクラウド

(4.5)

月額料金300円〜(利用イベントによって異なります)無料お試し90日間無料
初期費用30,000円最短導入期間5日程度

ざんまいクラウドとは、株式会社K2インフィニティーズが運営している人事評価業務支援アプリケーションです。 正式利用申し込みから最短5日で利用開始できるスピード感と、Webブラウザ・インターネット環境があれば、すぐに利用開始することができる手軽さが魅力的なサービスで、コスト面にも優れています。

テンプレートで簡単に始められる

ざんまいクラウドには、評価シートや目標管理シートのテンプレートが用意されているため、社員情報の登録をすることで、すぐに運用を開始することができます。

費用対効果に優れている

ざんまいクラウドは、費用対効果にも優れています。 目標管理シートを使う場合は、1アカウントにつき月額200円と低コストから利用することができ、シートを使う月だけ費用が発生するため、無駄なコストが発生することがありません。

人事評価の業務負担を軽減

ざんまいクラウドの目標管理シートの構成は、汎用のパラメータがあるため、どのような条件のシートに対しても、自由自在かつ無制限に構成することができます。

この製品はタレントマネジメントシステムの製品です。
タレントマネジメントシステムの製品をまとめて資料請求

人材マネジメントシステムとは

人材マネジメントシステムは、企業内の従業員の多岐にわたる情報を集約し、一元的に管理するための先進的なシステムです。

従業員のスキル、経験、業績などの情報を効率的に取り扱うことを可能にし、人事評価や業務の配置をよりスムーズに、そして適切に行うための支援を提供します。

人材マネジメントシステムを導入する目的

現代のビジネス環境は日々変化しており、企業はその変化に柔軟に対応する必要があります。経営戦略や組織の特性を考慮し、それに合わせて人材マネジメントシステムをカスタマイズすることが求められています。

システムの導入により、企業は生産性の向上、業績の最大化、そして人材の有効活用という目標を追求することが可能です。

人材マネジメントとタレントマネジメントの違い

人材マネジメントとタレントマネジメントは、ともに企業の人材を最大限に活用するためのアプローチですが、その焦点や目的には明確な違いがあります。

人材マネジメントは、企業全体の従業員を対象とし、その能力や適性を総合的に管理・育成することを目的としています。

一方で、タレントマネジメントは、特定の高度なスキルや独自の能力を持つ人材、いわゆる「タレント」を中心に、その発掘、育成、そして活用を重点的に行うアプローチです。

人材マネジメントシステムを導入するメリット

近年、多くの企業が人材マネジメントシステムの導入を検討しています。このシステムが持つ多くのメリットが道入の動機に挙げられます。その主なメリットをいくつか紹介します。

戦略的な人材育成が可能

人材マネジメントシステムを導入することで、企業は従業員のスキルや経験、業績などの情報を詳細に把握することができます。それぞれの従業員に合った育成プランの策定や、適切な業務配置が可能です。

結果として、従業員一人ひとりの成長を促進することができ、企業全体としての競争力を高めることが期待されます。

社員のモチベーションアップ

人材マネジメントシステムを活用することで、評価基準や評価理由を明確に共有することができます。従業員は自らの業績や成果を正当に評価されると感じることができ、その結果、モチベーションの向上が期待されます。

また、明確な評価基準に基づくフィードバックを受け取ることで、従業員の自己啓発の意欲も高まります。

人事業務の効率化

従来の人事業務は、多くの手間や時間がかかるものでした。しかし、人材マネジメントシステムを導入することで、これらの業務を大幅に効率化することが可能となります。

例えば、人事評価のプロセスの自動化や、従業員の情報管理の効率化などが挙げられます。

人材マネジメントシステムを比較するポイント

人材マネジメントシステムの選定は、現代のビジネス環境において企業の競争力を高めるための重要なステップとなっています。

まず、自社の具体的なニーズを明確に把握することが第一です。どのような機能やサービスが必要か、またどれだけの規模でシステムを導入するかという要件をしっかりとリストアップすることで、後の選定作業がスムーズに進むでしょう。

次に、システムの導入に関わる予算の設定を行います。初期導入費用だけでなく、長期的な視点での維持費やアップデート費用なども考慮に入れることが重要です。また、人材情報は非常にデリケートな情報であるため、システムのセキュリティ面での信頼性は欠かせません。

データの安全性やバックアップ体制など、セキュリティに関するポイントをしっかりとチェックすることが求められます。日常の業務効率に直結するため、デモンストレーションやトライアルを通じて、使いやすさやインターフェースの質を確認することも推奨されます。

最後に、システムの導入後もサポートが必要となる場面は多々あります。提供企業のサポート体制や、教育・研修の内容を確認し、長期的な関係を築ける企業を選ぶことが大切です。

人材マネジメントシステムを導入して戦略的な人材育成を実施しよう

現代の競争社会において、人材の有効活用は企業の成長を左右する重要な要素となっています。

人材マネジメントシステムを導入することで、企業は戦略的な人材育成を実施し、持続的な成長を目指すことができるでしょう。。

    その他の関連する記事

    これは タレントマネジメントシステム の製品です。
    タレントマネジメントシステム の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【タレントマネジメント】

        類似サービス: JobSuite TALENTS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。経験や実績だけではなく、社員一人ひとりの性格や能力といった詳細な情報が把握できるようになることで、個人が最大限の能力を発揮できるような人材配置、人材育成が可能となります。

        「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

        従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

        導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

        JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

        より広範な人事領域のDXを実現

        JobSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

         

        類似サービス: カオナビ

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        カオナビとは、従業員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。 経営者や人事のニーズ、多種多様な導入企業から得られた知見やノウハウを基に開発されており、使いやすい機能と充実したサポート、活発なコミュニティが特徴です。 あらゆる人事情報をカオナビに集約することで、効率的な人材採用、配置、育成、評価を実現。昨今注目を浴びる人的資本経営や人事労務DXにも対応しています。

               

        人事課題を解決する多種多様な機能

        カオナビにはタレントマネジメントに必要な機能が揃っており、様々な人事課題に役立ちます。 人事情報活用のはじめの一歩である人材データベースの構築から、データを活用した人材採用、配置、育成、評価の効率化、昨今注目を浴びる人的資本経営やリスキリングへの対応も可能です。

        誰でも使いやすい操作性

        タレントマネジメントでは、蓄積した人事情報を社内全体で活用することが重要です。 だからこそカオナビは、人事担当者に限らず、経営者から従業員までの誰もが使いやすい設計になっています。

        やりたいことを実現できるカスタマイズ性

        カオナビは、カスタマイズ性にも優れています。 たとえば、自社独自の管理項目があったり評価制度を運用したりしている場合でも、柔軟に対応可能です。

         

        類似サービス: ざんまいクラウド

        (4.5)

        月額料金300円〜(利用イベントによって異なります)無料お試し90日間無料
        初期費用30,000円最短導入期間5日程度

        ざんまいクラウドとは、株式会社K2インフィニティーズが運営している人事評価業務支援アプリケーションです。 正式利用申し込みから最短5日で利用開始できるスピード感と、Webブラウザ・インターネット環境があれば、すぐに利用開始することができる手軽さが魅力的なサービスで、コスト面にも優れています。

        テンプレートで簡単に始められる

        ざんまいクラウドには、評価シートや目標管理シートのテンプレートが用意されているため、社員情報の登録をすることで、すぐに運用を開始することができます。

        費用対効果に優れている

        ざんまいクラウドは、費用対効果にも優れています。 目標管理シートを使う場合は、1アカウントにつき月額200円と低コストから利用することができ、シートを使う月だけ費用が発生するため、無駄なコストが発生することがありません。

        人事評価の業務負担を軽減

        ざんまいクラウドの目標管理シートの構成は、汎用のパラメータがあるため、どのような条件のシートに対しても、自由自在かつ無制限に構成することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載