LTV-labの料金·評判·機能について。月額30,000円から利用できる?

最終更新日 

ECサイト運営において、注目されているのがCRMシステムです。
LTV-labは通販特化型のCRMシステムとしてリピーター獲得にも実績を上げています。
特徴や料金体系などについて解説します。

LTV-labとは

通販におけるリピーター育成を主眼に開発された通販特化型のCRMシステムです。
顧客を見える化して顧客育成プログラムを立案し、PDCAの自動化までが可能となっています。
LTV(顧客生涯価値)を最大化させるという狙いのもと、初回リピート件数の増加、リピート稼働回数の増加、購入単価アップなどを実現させます。

LTV-labの特徴·機能

顧客データ、購買データをもとに、売上分析からメール配信·ステップメール配信を実施するCRMシステムです。
購入商品や金額、購入期間などからセグメントし、最適な方法で顧客にアプローチすることができます。

顧客管理機能

自社通販ショップすべての顧客データを一元管理できます。
情報を自動か手動でインポートし、購入金額や購入時期、購入商品などから顧客データをセグメントして販促活動に役立てることも可能です。
属性グループでさらに細かく分類することもできます。

集計·分析機能

自社通販ショップすべてのリピート売上状態を管理できます。
新規とリピートで個別表示し、モールデータもインポート可能です。
RFM分析では購入日·購入頻度·購入金額で顧客をグループ化し、セグメントごとに性質·特徴を知り、販促効果を高める顧客分析ができます。

メール配信機能

メール販促に瞬時に接続し、適切なタイミングで自動メール配信が可能です。
顧客がメールを閲覧した端末の種別を保存し、効果の高いメールクリエイティブを自動判別して配信します。
配信後はクリック率や開封率などのデータ検証を行い、メールマーケティング精度を高めます。

カート·システム連携

運用中のカートシステムや基幹システム、モールデータなどとデータ連携が可能です。
また、すぐに導入することができます。
データ自動連携ができるカートシステムであれば、CSVファイルのカスタマイズやインポート処理の手間なく各データを取り込んで分析することが可能です。
また海外カートシステムや独自開発システムへの導入も相談できます。

LTV-labの強み

リピート率アップに特化し、初回購入者を2回目へと引き上げるためのシナリオ機能を有している点が強みです。
新規顧客獲得コストが上昇し続けるEC市場では、リピート顧客の獲得は通販事業者の生命線とも言えます。
リピーター獲得の最大の壁と言われるのが2回目の購入(初回リピート)ですが、そこに特化したプログラムになっていることが最大の魅力です。
2回目購入に至るまでに最も顧客離反の大きいハードルをクリアし、通販のLTVをアップさせる大切な期間に注力できることが特徴と言えます。

LTV-labの料金プラン

初期費用は50,000円で、月額費用は1件から5,000件までが30,000円となっています。
有効メールアドレス数に応じて料金が変わります。詳細は以下の通りです。

  • 5,001件〜10,000件:40,000円
  • 10,001件〜20,000件:50,000円
  • 20,001件〜30,000件:70,000円
  • 30,001件〜40,000件:90,000円
  • 40,001件〜50,000件:100,000円
  • 50,001件〜100,000件:150,000円
  • 100,001件〜:要相談

2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

LTV-labの注意点

連携店舗数が増えれば増えるほど、月額費用が割安になる仕組みになっているため、運営店舗が1店舗のみの場合や極端に数が少ない場合には、コストメリットはあまり得られません。
逆に複数店舗運営している場合は、最初からすべて連携するほうが得です。

LTV-labの導入事例·評判

業務を刷新しリピート率アップ

“ネクストエンジンがアプリ展開を始めた頃に導入しました。当時、本店データとモールデータを別管理し、集計も別作業だったため多大な労力がかかっていました。モール間を統一したデータ集計が可能となったことで顧客管理·データ管理が一元化され、商品別分析や売上の一元管理、多購入回数管理が実現しました。業務を効率化しリピート率·売上を上げていく仕組みとKPI設定は今後重要なキーであるため、LTV-labは大変便利なツールだと思います。”(株式会社リネアストリア様)

類似サービスとの比較

LTV-labと比較されやすいのは、KISSmetricsやclicktale、Ptengineなどです。
clicktaleとPtengineはヒートマップがありますが、使い勝手のためかあまり活用されていないという意見も少なくありません。
KISSmetricsは初期費用がかかりませんが、月額利用料が130,000円とかなり高額設定になっている点がネックです。
いずれもリピート率アップに特化しているわけではなく、アクセス解析ツールという名目のため、目的を違えないことが重要です。

Ptengine(ピーティーエンジン)の料金·評判·機能について。有料プランは月14,800円から使える?

LTV-labでリピート率の向上を

LTV-labは通販·ECにおいて初回リピート率をアップさせるという、現在まさに業界全体が命題として取り組んでいる点に特化していることが大きな特徴です。
ECサイトで最も重要とされるLTV(顧客生涯価値)を向上させ、継続して商品を購入してもらう土壌を作るためのデータ分析とコミュニケーションを実現するツールと言えます。

画像·データ出典:LTV-lab公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部