データドリブンとは?ビジネスやマーケティングに重要な理由と設計方法、分析ツールについて

最終更新日 

近年、企業で注目を集めているデータドリブンについて、詳しく理解していますか。
ビジネスやマーケティングに重要な理由と設計方法、分析ツールについてご紹介していきます。

データドリブンとは?その意味を解説

データドリブンは膨大なデータを目的に合わせて分析し、データを使ってビジネス上の意思決定や問題解決、マーケティングなどに活かしていこうという方法です。
これまで、日本のビジネスの現場では経験則や勘などが重視されてきました。
経験に基づく判断や対応は重要な要素ではありますが、個々人の経験や主観に頼る方法では、その人材がいないときには役立ちません。
また、経験則が受け継がれない可能性もあります。
時代の変化やIT技術の進化により、膨大なデータの蓄積が可能となっています。
そこで、蓄積されていくビックデータと科学的な理論に基づくアルゴリムによって処理された分析結果をもとに、ビジネスの意識決定や課題解決などを行っていこうという、新時代の業務プロセス法がデータドリブンです。

データドリブンがビジネスやマーケティングに重要な理由とは

これからの時代に、データドリブンがビジネスやマーケティングに重要な理由について確認していきましょう。
IT技術の進化は目まぐるしく、膨大なデータが蓄積管理しやすくなり、分析スピードや活用できる基盤が整ってきました。
それを利用しない手はありません。
特に、日本は高齢化が進み、ベテラン社員が大量に定年退職していくなどで、社内にこれまで蓄積されてきた経験則やノウハウが、若手へと継承し切れていない状況があります。
これからの時代は人に蓄積された経験や勘ではなく、より正確性が高く、科学的な根拠に基づいた方法で状況分析や意思決定、課題解決をしていくべき時が来ています。
人間の記憶や判断は時として誤ることもありますが、適切なデータの選定と適切な分析を実施し、上手に使いこなすことができれば、データに基づく方法はより的確な判断を示してくれるのです。

マーケティングにもデータドリブンを

消費者の行動や好みも多様化しており、購買行動も、以前のようにフェイストゥフェイスで取引するだけではなくなりました。
オンラインショップの利用の増大、実店舗とオンラインショップなどよりお得な方法の使い分け、ネットで検索して最も安く買えるお店で買う、最も早く配送してくれるところで買うなど、選択も多様化しています。
こうした消費者の行動をキャッチアップし、自社の商品やサービスのを選んでもらい、リピートしてもらうためには、個々の顧客の購買行動分析も不可欠です。
オンラインショップの購入履歴や店舗での情報収集など、蓄積されたデータをもとに商品やサービスの販促をしたり、新商品の開発をしたり、宣伝の仕方を工夫することで、売上アップに結びつけていくことが重要になってきています。

データドリブンにおけるデータ設計の重要性について

データドリブンにおいてはデータ設計がとても重要になります。
それはなぜでしょうか。
なぜなら、分析のもととなるデータの選定に誤りがあれば、分析をした結果も正確性や精度を欠き、誤った指針や判断材料をもたらしてしまうからです。
そのため、とある意思決定や課題解決、マーケティングの目的に合わせ、どんな条件でデータを抽出するのかが重要になります。
最適なデータを用意できれば、アルゴリズムに基づき精度の高い分析ができるとしても、前提が誤っていては困ります。
そのため、データ設計が重要になるのです。

データドリブンを行ううえで便利な分析ツールをご紹介

データドリブンを行ううえでは、データの収集や整理、解析や分析を行うためのツールが必要となります。
データドリブンを行ううえで便利な分析ツールと、使い方について確認していきましょう。

マーケティングオートメーション(MA)ツール

マーケティングオートメーション(MA)ツールとは、マーケティングのプロセスの一端を自動化できるツールです。
見込み客のデータを管理して、自動で販促を行うことが可能です。
使い方の一例として、たとえば、資料請求などを通じて得た顧客の情報やビジネスの現場で取得した名刺をマーケティングオートメーションツールに取り込むと、事前に作成したひな型に基づき、メールを自動的に送信できます。

CRM

CRMは顧客のさまざまな情報を蓄積し、マーケティングをはじめ、クレーム対応など幅広く活用できる顧客管理ツールです。
近年はオムニチャネル化や多角的な販売手法が主流になっていますが、オンラインショップでの購買歴や実店舗での買い物履歴、電話やハガキなどによる通販購入歴など、一括管理が可能です。
使い方の例としては、店舗に訪れた客に対し、オンラインショップでの購買歴をチェックして、好みに合う商品を勧めることやコールセンターに問い合わせが入った際にCRMの履歴で購買歴や問い合わせ歴をチェックしてスムーズな対応ができます。
顧客満足度を高め、顧客との関連性を強めて販促などにつながるツールです。

Web解析ツール

近年はオンラインショップや企業のホームページなどの位置づけが重要性を増しています。
Webサイトへのアクセスアップを図りたいときやWebサイトを通じた売上アップを図りたいときなどに、サイトの現状を解析して、意思決定に役立てるツールです。
PV(ページビュー)数、ユニークユーザー数、セッション数、インプレッション数、クリックスルー率、直帰率などWeb解析上、重要となる項目の解析に役立ちます。

データドリブンを支える3つの要素について

データドリブンを支える3つの要素について、押さえていきましょう。

誰もがアクセスし使いこなせる体制構築

膨大なデータの集計や抽出、分析に多くの時間を割いていては、スピードが求められる時代に迅速な意思決定はできません。
企業の業種や規模、目的などに基づき、最適な分析ツールを導入し、専門的なスキルがなくとも、誰もが簡単に必要なデータを使いこなせる体制づくりが必要です。
簡単な方法でデータの利用ができ、素早くシンプルに意思決定し、マーケティングに活用できる環境を構築しましょう。

データドリブンに基づく実行力

せっかく、データドリブンに基づく意思決定や課題解決法、マーケティングができるようになっても、それを個々のスタッフが使いこなせない場合や実行に移せなければ意味がありません。
CRMを使って販促メールやDMを送れば、来店や購入促進に結びつくのに、顧客の掘り起こしをせず、来店する一部の得意客のみ相手にし続けるような古いやり方が続き、新たな手法が現場で採用されなくては困ります。
分析や決定だけでなく、それを実行する組織力の育成も欠かせません。

データドリブンの活用度チェックと見直し

データドリブンの活用と実行が組織に浸透しているか、定期的に活用度や普及度を評価しましょう。
現状の課題を洗い出して優先順位に基づいた対策を実行し、さらなる活用や高度な利用促進が求められます。

データドリブンに基づく意思決定で経営スピードを加速させよう

データドリブンは膨大なビックデータを用い、目的に合わせて抽出したデータを分析し、企業のビジネスの現場における意思決定や課題解決、マーケティングに活かしていく手法です。
便利な分析ツールを活用しながら、従来の個人の経験則や勘だけに頼らない、より客観的で科学的、かつ安定運用ができるデータドリブンの普及促進を図っていきましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載