マーケティングに重要!「F1層」とは?|特徴や消費行動、人数について

更新日:

マーケティングや広告の分野でよく聞かれる「F1層」という言葉があります。

マーケティングや広告では、対象となる性別や年齢をセグメント化して、ターゲットを絞り込みます。

「F1層」とは、20~34歳までの女性(Female)を指します。

この「F1層」はマーケティングにおいて、もっとも重視される層といわれます。

本記事では、「F1層」における特徴や消費行動について解説します。

「F1層」とは?どんな人を指す言葉か

「F1層」をはじめとした、マーケティングにおける年齢と性別のセグメントについて解説します。

性別においては、女性=F(Female)、男性=M(Male)の分類となります。

年齢は、「F」「M」ともに、さらに3段階に分類されます。

それとは別に、未成年も年齢により2段階に分類されます。

表にすると以下のようになります。

・未成年
C層
4~12歳の子供
T層
13~19歳の子供

・女性
F1層
20~34歳の女性
F2層
35~49歳の女性
F3層
50歳以上の女性

・男性
M1層
20~34歳の男性
M2層
35~49歳の男性
M3層
50歳以上の男性

上記の分類のなかでも、「F1層」はトレンドに敏感で消費意欲が強いため、マーケティングのターゲットとして重視されるのです。

「F1層」の特徴と日本でのF1層の人数について

ここでは「F1層」の特徴について解説いたします。

「F1層」の特徴

20~34歳の女性は、大学生~社会人で未婚が多い世代といえます。

社会人としてのキャリアは浅く、経済力はさほど高くはないですが、未婚が多い世代のため、それなりに自由に使えるお金をもっていると考えられます。

そのため消費意欲は高く、美容やスキルアップなどの自己投資が盛んな世代であるといえます。

また、流行に敏感な世代でもあります。

口コミやネットの情報に感度が高く、情報拡散のスピードが速い点も、マーケティングのターゲットとされやすい理由です。

「F1層」の人数

日本国内の「F1層」の人口は2018年の総務省統計局調査で、9,517,000人とされ、日本の全人口の7%を占めています。

少子高齢化の影響か、男性・女性ともに「1層」の人口が少ない傾向にあります。

しかし、人数が少なくても他の層に比較して美容やファッションといった、活発な「自分消費」がマーケティングで重視され、人気ターゲットとなるのでしょう。

「F1層」の消費行動・消費動向について

「F1層」の消費行動・消費動向について見ていきます。
前述のとおり、美容やファッションといった活発な「自分消費」が大きな特徴です。

それに加え、消費意欲を旺盛にしているのは、この世代の「情報感度の高さ」であるといえます。

インターネットによる情報収集

「F1層」の主な情報源は、雑誌やテレビではなくインターネットです。

この点はスマートフォンの普及が大きく影響しているのでしょう。
情報収集や買い物、SNSによるコミュニケーションにいたるまで、日常生活に必要なことはスマートフォンがあれば、ほぼ完結します。

なかでもSNSによる情報に敏感であり、情報を受け取るだけでなく、積極的な発信を好む傾向があります。

そのため、SNSに発信して目を引くような、視覚的にインパクトがあるものに強い興味を示し消費の動機となります。

インフルエンサー

「F1層」に影響を与える存在としては、「インフルエンサー」が挙げられます。

「F1層」はネットの検索だけでなく、YouTubeやSNSから多くの情報を得ています。

こうした「インフルエンサー」の発信に敏感に反応し、紹介されたメイクやファッション、グルメなどに大きな影響を受け、消費する傾向にあります。

「F1層」の近年のトレンドについて

情報感度が高く、消費意欲も旺盛な「F1層」ですが、近年では違った傾向も見え始めています。

節約志向の高まり

景気の悪化による将来への不安を感じてか、「F1層」においても消費の減少傾向が見られるようになりました。

しかしながら、統計上の金額ベースでは減少傾向が見られますが、消費意欲そのものが減少しているわけではありません。

興味の対象が「低価格かつ高品質」なものに移っているようです。

それは、ファストファッションや100円・300円ショップの台頭に如実にあらわれています。

コストパフォーマンス重視にシフト

かつての「F1層」の消費は、ブランド志向が高く、コストパフォーマンス重視の買い物は恥ずかしいという意識がありました。

節約志向の高まりもあり、「コスパ重視の消費」はむしろ歓迎され、「楽しむもの」として定着し、積極的な発信の対象になっています。

近年の「F1層」消費の特徴は、コストパフォーマンスが、消費の判断基準となっている点にあるといえます。

「F1層」と合わせて覚えておくべき、「F2層」「F3層」について

「F1層」の特徴や消費動向について見てきました。

マーケティングにおいては、「F1層」の動向が重視されますが、「F2層」「F3層」についても同様に注目すべきです。

それぞれの層の特徴と消費動向についても解説します。

「F2層」の特徴と消費動向

「F2層」は、35~49歳の女性を指します。

この世代は、既婚者となり家庭や子供をもっている割合が多くなります。

子供に関する支出が増えますが、自己投資にも意欲が旺盛です。家庭で消費する品物の決定権をもつ場合も多くなり、全体の消費金額を底上げしています。

また、この年代の独身女性は「F1層」に比較し、経済力も上がります。健康への意識が芽生え、美容と健康の両面から自己投資が増え、消費意欲も高まります。

インターネットにおける情報収集力が比較的高い層でもあります。

そのため、消費にもっとも多様性が見られ、マーケティングにおいて「F1層」と同様に、重要な意味をもつ世代になります。

「F3層」の特徴と消費動向

「F3層」は、50歳以上の女性を指します

子育てが一段落し、経済的に余裕がでてくるのがこの世代です。
そのため、食料品や衣料品において、品質重視で高価なものを購入する傾向が強くなります。

また、健康に対する意識がもっとも高くなる世代でもあり、健康食品や健康器具の購入など具体的な行動が活発になる傾向があります。

情報収集に関しては、インターネットよりもテレビがメインになります。
リタイア世代が多く含まれるため、テレビの視聴時間が長いことも影響しているのでしょう。

そのため、テレビショッピングのメインターゲットとなり、健康器具や衣服のテレビ通販はこの世代に向けた商品が多く展開されています。

まとめ

節約志向が高まり、消費金額が減少傾向にあるとはいえ、「F1層」の消費行動は、マーケティングにおいて重要な意味をもつことに変わりはありません。

むしろ流行の変化スピードは速くなる一方であり、マーケットも敏感に反応し、対応する必要に迫られています。

また、各層においても、既婚・未婚や子供の有無といった要素により、消費動向は多様化しています。

今後は、さらに細分化したマーケティング手法が求められるようになってくるでしょう。

これはマーケティングオートメーションの製品です。
マーケティングオートメーションの製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【MA】

      コスパ&使いやすさに優れたMAツール: BowNow

      (4.5)

      月額料金0円〜無料お試し要問い合わせ
      初期費用0円〜最短導入期間要問い合わせ

      BowNowは、無料から利用することができ、どのような企業でも使いこなせるMAツールとして開発されており、高度なマーケティングレベルや豊富な人的リソースがなくても、MAツールの導入を成功させることができます。

      複雑な設定は不要

      BowNowは、複雑な設定なく使い始めることができます。 マーケティング部門はもちろん、商談数アップに直結する営業部門の担当者も使うことができるシンプルな設計を目指して開発されています。 マーケティングリソースが潤沢でないという企業でも問題なくMAツールを利用できるように、本当に必要な機能だけを搭載しているためMAの導入経験や専門知識がなくても安心して導入することができます。 また、ABMテンプレート機能では、テンプレート設定をONにしておけば、ユーザーを自動的にステータスごとに分類、優先的にアプローチすべきホットリストを自動で抽出することができます。

      すぐに成果がでる、かつ育成活動も開始できる

      MAツールはリード(見込み顧客)の育成活動も実現します。 BowNowには、詳細な検索条件やホットリードの自動抽出など、ホットユーザーを見つけるための機能が豊富に搭載されています。 短期的な成果をあげるためには、今現在のホットリードを抽出し商談につなげるようにアプローチすることが重要です。 BowNowは、顧客の購買意欲が高まったタイミングでアプローチするというリアクティブ戦略を基に設計されています。BowNowは定期的な情報発信をおこなうためのメール配信機能と、顧客の検討タイミングを逃さないホットリード自動抽出機能があり、育成活動のベースを構築することができます。

      コストパフォーマンスに優れている

      MAツールを導入したいが、初期コストが高額で、なかなか踏み切れないという方も少なくはないでしょう。 BowNowは、MAツールを使ってみたい、低コストで始めたいという方のために完全無料で利用できるフリープランを提供しています。 フリープランは、期間の制限なく無料で利用することが可能です。 無料で利用した上で、本当に必要な機能を課金していく料金体系となっているため、導入企業にマッチした最低限のコストでのマーケティング活動の効率化を実現することができます。 また、アカウントの発行から、3ステップで使い始めることができ、その手軽さも非常に魅力的と言えるでしょう。

      PDCAを回してより良い顧客体験を提供: anybot

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

      自動接客だけでなく、データを活用したCRM(顧客関係管理)としての機能も有しており、直接ビジネスにインパクトする予約やEC、その他集計分析機能も搭載されているため、PDCAを回しながら、より良い顧客体験を提供することができるようになります。

      開発不要で自社に合ったチャットボット/データ活用を実現

      anybotのチャットボットは、開発不要で自社に合った内容を構築することができます。高度なカスタマイズ機能も搭載されており、WebのUIやチャット用のアイコンを自由自在にカスタマイズすることができます。 公開方法も1行のコードを貼り付けるだけと非常に手軽に、自社の問い合わせ対応にチャットボットを導入することができます。

      高度なCRM(顧客関係管理)機能

      anybotは、顧客管理機能にも優れており、ユーザーが選択した内容やアップロードしたファイルを自動的にユーザーデータとして保存することが可能です。

      優れた集計分析機能

      多くの導線やKPIなどの情報を自動で集計して分析、可視化することが可能です。 業務別·アンケート別の集計のほか、ユーザーの操作やキーワード別の分析がスマートフォンからでも簡単に確認できるため、より効率化された改善、PDCAサイクルの実行を可能とします。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載