BIツールはどのような目的で導入されているのか

更新日:
これは BIツール の製品です。

BIツール の製品をまとめて資料請求

BIツールを導入するなら、まず目的を明確にする必要があります。

具体的な導入目的の例をチェックしておきましょう。

この記事では、BIツールの主な導入目的をまとめました。

BIツールを導入する際に確認したいポイントや、効果を高めるためのコツとあわせて紹介します。

おすすめの類似BIツール

類似サービス: Reckoner

(4.5)

月額費用要お問合せ無料お試し14日間
初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

   

直感的な操作でデータ連携ができる

従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

リアルデータでの変換・結合

通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

類似サービス: FineReport

(4.5)

                             
月額費用要問い合わせ無料お試しあり
初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

       

直感的な操作で帳票が作成可能

FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

強力なデータ入力機能を搭載

設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

様々なデータを一元管理

FineReportの管理ポータルでは、電子帳票やユーザー、権限制御、承認ワークフローなどを一元管理することができます。 管理者が自由にテンプレートやリンクなどの設定ができるため、柔軟に調整を行い、情報管理を効率化することが可能です。

 

類似サービス: Sactona

(4.5)

                             
月額費用要問い合わせ無料お試しあり
初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

FSactonaとは、アウトルックコンサルティング株式会社が提供している経営管理システムです。 クラウド・オンプレミスで提供されており、企業の運用体制に合わせて選択することができます。 予算編成や予算管理、見込管理といった経営の意思決定に必要な情報を提供し、実行していくことで、改善を繰り返し、経営技管理業務のサイクルを構築することができるパッケージシステムとなっています。

       

クライアントソフトのインストールが不要

Sactonaは、予算編成や見込報告などにおける各部署・子会社からの報告においては、Excelとブラウザソフト以外のソフトウェアを必要としません。 業務に関与する人数が多くなるほどに、クライアントソフトのインストールが大きな負担となるため、Sactonaは非常に運用しやすいシステムといえます。

幅広い規模で利用可能

Sactonaは、Microsoftのテクノロジーに準拠して開発されており、10ユーザーの小規模利用から、数千ユーザーの大規模利用にまで対応しています。 億単位の件数のデータをメモリ上で高速処理させる技術等を駆使し、エンタープライズ向けのグループ連結経営管理システムとしての利用が可能です。

オートメーション機能を標準装備

Sactonaには、オートメーション機能が標準装備されており、RPAでデータの取り込みからレポートの出力までをワンクリックで実行することができます。 予算・見込データといった数値や、コメント等の定性情報など担当者が入力するデータは、入力フォームからのデータ送信と同時に外貨換算や単純合算、連結消去データを自動で作成してくれるため、非常に効率的です。

 
この製品はBIツールの製品です。

BIツールの製品をまとめて資料請求

BIツールの導入目的にはどのようなものがある?

BIツールの主な導入目的を解説しましょう。

データの可視化と理解力の向上

BIツールでは、ダッシュボードやレポートを作成してデータを見える化できます。

グラフや表で表示することで、分析結果を視覚的に確認できるのが特徴です。

データの視覚化によって理解力をアップさせることが、導入目的の一つといえるでしょう。

時間と工数の節約

膨大なデータの管理や分析には手間と時間が必要です。

BIツールならバラバラのデータを一元で管理でき、分析なども自動で行えます。

業務にかかる時間や工数を削減できるため、業務効率のアップにおすすめです。

高度なデータ分析による意思決定

BIツールでは、リアルタイムのデータ分析を行えます。

データを分析することで、現状把握や問題の発見に役立てるのが導入目的の一つです。

膨大なデータから分析した正確な結果をもとに、企業戦略を立てられます。

組織内の情報共有

BIツールのダッシュボードやレポートは、社内で共有することが可能です。

最新のデータと分析結果を必要なときに確認できます。

一方で部署や役職によるアクセス制限もできるため、情報漏えいの対策もあわせて行えるでしょう。

BIツール導入時に気を付けるべきポイント

BIツール導入の際に、チェックしておきたいポイントをまとめました。

自社のニーズに合っているか

自社のニーズにあったBIツールを選ぶことが重要です。

達成したい目標と解決したい課題をリストアップしましょう。

そのうえで必要な機能を洗い出して、すべて備わっているBIツールを選んでください。

データの品質とセキュリティは確保されているか

BIツールでは、品質の高いデータを収集することで正確な分析結果を導きだします。

データクリーニングを行い不正確なデータを修正することで、データの品質を保つことが重要です。

データの品質を管理しやすく、セキュリティ機能を備えたBIツールを選びましょう。

担当者の十分な教育が可能か

担当者がBIツールを使いこなせなければ、十分な結果を得られません。

BIツールをスムーズに導入できるように、使い方を周知しておきましょう。

研修やセミナーを開いて教育する、マニュアルを作成するなどの準備が必要です。

BIツールで効果を発揮するにはどのようにすればよいか

BIツールの効果を高めるためのポイントを解説しましょう。

目標とKPIの明確化

目標とKPI(重要業績評価指標)を決めれば、達成のために必要な行動が明確になります。

BIツールの分析結果なども効果的に活用できるでしょう。

目標やKPIの達成率をBIツールで見える化することで、次に行うべきことも明確になります。

社内全体での情報共有

BIツールの分析結果は社内全体で共有しましょう。

従業員が企業の現状把握でき、業務に役立てることが全体の生産性アップにつながります。

BIツールのメリットを共有したうえで、ダッシュボードやレポートをチェックを習慣づけるのがおすすめです。

ダッシュボードやレポートを見直す

定期的に、BIツールのダッシュボードやレポートを見直します。

必要なら再設計することも検討しましょう。

BIツールではバージョンアップによって機能が追加されるケースもあるので、あわせて確認してください。

BIツールの導入目的を明確にしよう

BIツールの導入目的には、データの可視化や時間と工数の節約などがあげられます。

具体的な例を参考に、なぜBIツールを導入するのか目的を明確にしておきましょう。

BIツール導入時に気を付けるべきポイントや、効果を発揮するコツもあわせて参考にしてください。

    その他の関連する記事

    これは BIツール の製品です。
    BIツール の製品をまとめて資料請求
      • キュウイ枠【BI】

        類似サービス: Reckoner

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し14日間
        初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

        Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

           

        直感的な操作でデータ連携ができる

        従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

        豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

        Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

        リアルデータでの変換・結合

        通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

        類似サービス: FineReport

        (4.5)

                                     
        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

        FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

               

        直感的な操作で帳票が作成可能

        FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

        強力なデータ入力機能を搭載

        設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

        様々なデータを一元管理

        FineReportの管理ポータルでは、電子帳票やユーザー、権限制御、承認ワークフローなどを一元管理することができます。 管理者が自由にテンプレートやリンクなどの設定ができるため、柔軟に調整を行い、情報管理を効率化することが可能です。

         

        類似サービス: Sactona

        (4.5)

                                     
        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

        FSactonaとは、アウトルックコンサルティング株式会社が提供している経営管理システムです。 クラウド・オンプレミスで提供されており、企業の運用体制に合わせて選択することができます。 予算編成や予算管理、見込管理といった経営の意思決定に必要な情報を提供し、実行していくことで、改善を繰り返し、経営技管理業務のサイクルを構築することができるパッケージシステムとなっています。

               

        クライアントソフトのインストールが不要

        Sactonaは、予算編成や見込報告などにおける各部署・子会社からの報告においては、Excelとブラウザソフト以外のソフトウェアを必要としません。 業務に関与する人数が多くなるほどに、クライアントソフトのインストールが大きな負担となるため、Sactonaは非常に運用しやすいシステムといえます。

        幅広い規模で利用可能

        Sactonaは、Microsoftのテクノロジーに準拠して開発されており、10ユーザーの小規模利用から、数千ユーザーの大規模利用にまで対応しています。 億単位の件数のデータをメモリ上で高速処理させる技術等を駆使し、エンタープライズ向けのグループ連結経営管理システムとしての利用が可能です。

        オートメーション機能を標準装備

        Sactonaには、オートメーション機能が標準装備されており、RPAでデータの取り込みからレポートの出力までをワンクリックで実行することができます。 予算・見込データといった数値や、コメント等の定性情報など担当者が入力するデータは、入力フォームからのデータ送信と同時に外貨換算や単純合算、連結消去データを自動で作成してくれるため、非常に効率的です。

         

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載