• Oracle BI(オラクルBI)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

    最終更新日 

    会社も大きくなっていくと、さまざまな部門や箇所でデータが発生します。膨大なデータの収集や処理をすべて人間だけで行うのは大変です。
    このような状態においてはBIツールがおすすめで、さまざまな企業が導入を進めています。
    今回はBIツールの一つであるOracle BI(オラクルBI)について紹介します。

    Oracle BIとは

    企業ではさまざまな箇所にデータがあるものですが、規模が大きければ大きいほどデータを収集するのは大変です。
    Oracle BIは高いパフォーマンスとスケーラビリティで、そのときにほしいデータをすぐ取れるように集約してくれます。

    Oracle BIの特徴·機能

    魅力的な特徴や機能が多数ありますので、ここから紹介していきます。

    使いやすく、分析もしやすい

    機能が大変充実していますので、ダッシュボードや非定型分析も可能です。もっと便利に利用するためにアラート配信やMicrosoft Office製品との連携もできます。
    大人数でも利用でき、ここで出た大切な情報などをダッシュボードに集約することも可能です。

    高いパフォーマンス力

    データが大量になってしまっても、それらをまとめる力があるので困ることはありません。
    スケーラビリティの拡張性が高い点も優れている部分で、会社の中でも変化などにも対応できるため心強いでしょう。

    さまざまなデータソースも統合や分析ができる

    Oracleだけでなく、ほかの機種のデータソースも仮想的に統合できますので、より効率的な分析が可能となります。
    さまざまなデータを集約して分析ができるため、検索の自由度もあり、まとめて分析したい時でもスピード感を持って分析することが可能です。

    Oracle BIの強み

    分析したい項目に合わせて効率よく分析することが可能です。
    必要な情報がすぐにわかり、便利なダッシュボードやWebベースの非定型分析·検索環境も与えられるため効率的な分析を実現できます。
    細やかなレイアウトの帳票出力、配信機能もあり、ただ集約や分析するのではなくさらに利用しやすくなっているのも強みです。

    Oracle BIの価格·料金プラン

    スタートアップは初日からお得に試すことができ、最大で9,000時間無料になります。
    ここで使ってみて良い場合、本格的に契約ということも可能です。
    詳しい費用については、申し込み内容で変わってきます。
    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    Oracle BIの注意点

    機能は多数あり充実はしているのですが、グラフや地図の機能には弱い面があります。
    データの検索のスピードも遅く感じてしまう場合もあり、急いでいる時には少し気になってしまうかもしれません。

    Oracle BIの導入事例·評判

    コスパも良く顧客データの抽出にも優れている

    “これまではIT部門に顧客リストやほかのデータの抽出をお願いしていましたが、結構な時間と労力を必要とするプロセスで大変でした。実際に利用してからは、必要なデータを早く集約してくれているのでターゲットのリアルタイムの行動もすぐに把握することができ、顧客に必要な情報をすぐに提供できるようになりました。”(コクヨ通販カウネット様)

    類似サービスとの比較

    同じようなBIツールのDOMOとの比較をしてみました。
    DOMOはすぐに正しい情報を利用できるもので、数回のクリックをするだけで必要なデータを集約できます。
    データもスムーズに視覚化ができるため、簡単に組織全体で共有し必要な時に確認が可能です。
    Webベースで、OSにも制限がなく使いやすいのも特徴と言えます。
    柔軟なストーリー機能も充実していて、数多くのWebアプリケーションとも連携をしながら分析を行いほしい情報もすぐに取り出せます。
    価格は契約プランによりますが少し高めで、中小企業には不向きなBIツールです。

    Oracle BIで機能を統合し仕事の向上を

    膨大なデータを自分達の手だけでまとめようとすると大変ですので、Oracle BIを上手に活用してまとめましょう。
    ほしいときに情報も取り出しやすく、非定形分析やさまざまなデータ分析機能などもありますので効率良く仕事を進められます。

    画像·データ出典:Oracle BI公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部