DataDeck(データデック)の料金·評判·機能について

更新日:
月額費用
0円~
初期費用
0円
無料お試し
フリープランあり
導入社数
要お問合せ
これはBIツールの製品です。
BIツールの製品をまとめて資料請求

DataDeckとは

DataDeckは、多くのデータをたくさんの人が共有しつつコミュニケーションを図ることができる環境を構築するデータ·コミュニケーションツールです。

情報化社会と言われている一方、あまりにも情報量が膨大になりすぎて持て余し気味になっているともいわれ、せっかくの良い情報も人と分かち合う機会を持ちにくいといった問題も抱えています。

これはビジネスの現場においても同様で、有益な情報を現場のスタッフの間でしっかり共有できるかどうかが大きな意味を持っています。逆に重要な情報が膨大な情報量に埋もれてしまい、うまく共有できないような状況では業務が非効率的になってしまうだけでなく、迅速な意思決定の阻害、ひとりひとりの負担増による人材不足の問題の露呈といった問題を引き起こしかねません。

こうした高度情報化社会ならではの問題を解消するべく、DataDeckではデータを一元管理したうえで可視化できるサービスを用意しています。これによって必要なデータを共有したい相手にスピーディ且つスムーズに共有できる環境を手に入れることができるのです。

おすすめの類似BIツール

類似サービス FineReport

(5.0)

月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

直感的な操作で帳票が作成可能

FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

豊富なグラフとマップでデータを可視化

FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

強力なデータ入力機能を搭載

設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

類似サービス BIソリューション

(5.0)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

リゾームが提供するBIソリューション(Tableau)は、「様々なデータを統合的に活用したい」 「部門横断でデータを共有したい」など、企業にとって大切な財産であるデータの活用をサポートします。

豊富な分析が可能

BIソリューションでは、売上分析やショップ評価、フロアマップ分析、CRM分析など幅広い分析が可能です。 豊富な分析によって得られたデータをもとに、SCや小売業におけるデータ活用をサポートすることができます。

幅広い支援を提供

BIソリューションでは、BIツールの構築からダッシュボード構築、データ活用の支援まで幅広いサポートを提供しています。 利用企業の段階や状況に応じた最適なサポートを提供しているため、BIツールの利用経験がないという方でも安心です。

類似サービス: Reckoner

(4.5)

月額費用要お問合せ無料お試し14日間
初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

   

直感的な操作でデータ連携ができる

従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

リアルデータでの変換・結合

通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

この製品はBIツールの製品です。

BIツールの製品をまとめて資料請求

DataDeckの特徴·機能

データを一元管理

特徴·機能として第一に挙げられるのは、さまざまなデータベースを一元管理できる点です。具体的にはGoogle Analytics、Salesforceなどのクラウドアプリ、また多くの企業の現場で使用されているエクセルなどのデータを連携させたうえでまとめて管理することもできるのです。

複数のデータベースを使用している場合、共有するにもそれぞれのデータベースを参照しなければならず、連絡がうまくいかない、あるいはそもそも一方が対象となるデータベースに接続できないといった問題も起こります。そこで一元管理することで、連絡事項を最小限に減らし、必要な情報をスムーズに共有することができるのです。

データの可視化が可能

その一元管理の環境においたデータを可視化できる点も魅力です。複数のデータベースを集計·加工したうえで可視化するサービス、わずか数クリックでSaaSサービスと直接接続できるなどの機能もついており、直感的に理解しやすい環境を作ることができます。

自動通知機能

さらに自動通知機能もついています。これはあらかじめ設定していた目標の数値に達成したとき、あるいは現状との間に落差が大きいときに自動で通知される機能です。

達成したときにはよりチャンスを活かすための次のアクションへスムーズに動けますし、目標が遠い場合には早い段階でしかるべき対策をとることができるでしょう。

DataDeckの強み

単にデータを一元管理·可視化できるだけでなく、トレンド分析などを用いたデータ分析も行うことができるのが強みです。

特定のセグメントごとにデータを詳細にチェックし、素早く分析したうえで市場のトレンド、さらには問題点のあぶり出しといった情報を入手することができます。

そして、複数のデータベース·データソースを一元管理でき、対象となるデータベースはじつに100種類以上。有名どころはもちろん、じつに幅広い種類のデータソースを利用できます。

例えば、電子メールを活用したマーケティングに役立つ「Mailchimp」、オンライン上での決済サービスを利用できる「Stripe」など。企業内で行われている業務に関連するほとんどのデータを一元管理できるといっても過言ではないでしょう。

DataDeckの価格·料金プラン

価格·料金プランは4種類です。

まず、基本的な機能のみを無料で利用できる「フリー」があります。

それから月額3,980円(税抜)で応用的なデータベースの活用などが利用できる「スタートアップ」。

月額9,980円(税抜)でより充実したサービスが利用できる「ビジネス」。

さらに要相談で利用上の制限がほとんどない環境で利用できる「エンタープライズ」。利用条件と予算を照らし合わせたうえで適切なプランを選びましょう。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

DataDeckの注意点

注意点としては料金プランの選択で、価格とサービス内容のバランスをよく考慮する必要があります。

無料で利用できる「フリー」プランは魅力的ですが、「ビジネス」というプラン名もあるようにビジネスとして本格的に用いたいならある程度のコストは必要になります。安さばかりに目を向けてしまうとせっかくの機能を十分に活かせない可能性も出てきます。

DataDeckの口コミ·利用企業からの評判

エクセル作業が0になりました

“以前は目標進捗などのデータを逐一エクセルで作成しており、非常に手間がかかっていました。DataDeckを導入してからは見たい情報を可視化できるようになっただけでなく作成にかかる時間が0になりました。”(RIZAP株式会社様)

類似サービスとの比較

類似サービスではTablear Desktopが挙げられます。料金面や特徴で比較してみると以下の通りです。

DataDeckTablear Desktop
初期費用0円0円
月額最低費用3,980円〜年間102,000
お試し利用無料プランありあり
特徴トレンド分析も可能豊富なグラフ表示

料金面の比較としてはDataDeckが月額3,980円で利用できるので比較的安価に運用を開始することができます。
また、機能面ではグラフが20種類以上も利用でき、可視化がしやすいTablear Desktokpがおすすめです。

DataDeckを含むおすすめのBI(ビジネスインテリジェンス)ツール比較

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

この製品に関連する動画を紹介

DataDeckで脱エクセルを

業務の過程で蓄積したデータは会社にとっての財産です。しかし、それも有効且つタイムリーに利用できなければ意味がありません。このDataDeckはそんな悩ましい問題をデータソースの一元管理という手段で解決してくれる非常に魅力的な選択肢といえるでしょう。

画像·データ出典:DataDeck公式サイト

これはBIツールの製品です。
BIツールの製品をまとめて資料請求
    • キュウイ枠【BI】

      類似サービス FineReport

      (5.0)

      月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル版あり
      初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

      FineReportは、帳票作成、データ可視化分析ダッシュボード、データ統合、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBI・データ活用ツールです。

      必要データを自動集計し、分析結果も複数のデータを統合し、グラフ表示で可視化できるのが特徴です。 経営陣による素早い意思決定、営業部門での市場対応、各種マーケティング効果を得ることが可能であり、製造部門では工程·品質·納期管理を徹底することができます。

      直感的な操作で帳票が作成可能

      FineReportは、Excelライクなデザイナが搭載されており、シンプルに利用できる点が強みです。 ローコード開発とマウスのドラッグ&ドロップ操作で請求書、明細書、発注書、契約書、進捗管理表など複雑で多様な日本式帳票、表現力の優れたBI分析ダッシュボードを実現できます。

      豊富なグラフとマップでデータを可視化

      FineReportには、独自開発の70種類以上ものH5グラフが搭載されており、円や棒グラフやもちろん、ガントチャートやツリーマップなど、複雑なグラフまで幅広く網羅しているため、多彩な可視化グラフとインタラクション効果でダイナミックな可視化表現が実現できます。

      強力なデータ入力機能を搭載

      設計した業務帳票やレポート、お客様の各種DBデータを入力することで、対象データベースをリアルタイムに更新することができ、それと同時に入力フォームを多様なフォーマットに出力することが可能です。

      類似サービス BIソリューション

      (5.0)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ導入実績要問い合わせ

      リゾームが提供するBIソリューション(Tableau)は、「様々なデータを統合的に活用したい」 「部門横断でデータを共有したい」など、企業にとって大切な財産であるデータの活用をサポートします。

      豊富な分析が可能

      BIソリューションでは、売上分析やショップ評価、フロアマップ分析、CRM分析など幅広い分析が可能です。 豊富な分析によって得られたデータをもとに、SCや小売業におけるデータ活用をサポートすることができます。

      幅広い支援を提供

      BIソリューションでは、BIツールの構築からダッシュボード構築、データ活用の支援まで幅広いサポートを提供しています。 利用企業の段階や状況に応じた最適なサポートを提供しているため、BIツールの利用経験がないという方でも安心です。

      類似サービス: Reckoner

      (4.5)

      月額費用要お問合せ無料お試し14日間
      初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

      Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

         

      直感的な操作でデータ連携ができる

      従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

      豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

      Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

      リアルデータでの変換・結合

      通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載