どんな機能がある?Yellowfin (イエローフィン)の料金·評判·機能について

最終更新日 

膨大なデータの処理や管理、分析を目的としたBI(ビジネスインテリジェンス·ツール)が注目を集め、導入する企業も増えてきました。BIを導入すれば、これまでのマーケティング活動も効率化されると考えられています。しかし、問題は数あるBIの中からどれを選んだら良いのか、ということではないでしょうか。
この記事ではBIツールとして安定した人気を誇るYellowfin(イエローフィン)についてご紹介します。Yellowfinの特徴や強み、料金プランなどについて分析していますのでツール選びの参考にしてください。

Yellowfinとは

Yellowfinは、ウェブブラウザで利用できるBIです。パソコンやスマートフォンからのアクセスが可能で、ダッシュボードを利用してデータをグラフ化することも簡単にできます。
分析機能をはじめ、簡単なプレゼンが作成できるストーリーボード機能を搭載、BIをプラスアルファで利用できる便利なツールです。

Yellowfinの特徴·機能

Yellowfinの特徴や機能についてご紹介します。Yellowfinには注目すべき特徴がいくつかあります。

AIによるダッシュボードの構築

使いやすさを追求したYellowfinのダッシュボードは画面の見やすさだけでなく、AIによって構築することが可能です(自動インサイト機能)。必要なデータを質問するだけで、すぐに答えが見つかるシステムになっています。
情報の分析や整理、管理などが簡単にできるのでモニタリングもしやすくなります。

必要な情報をスピーディーに集約

Yellowfinで集めるデータはスプレッドシートをはじめデータベース、Web APIなど、ありとあらゆるデータを集約することが可能なツールで、その中から必要なデータのみを集約させられます。集約した情報はレポート化できるので、分析準備がスムーズに進みます。

分析したデータを他人と共有しやすい

データを分析していると、問題点や気づき、変化などさまざまな点が表面化します。分析したデータを共有することで、ほかの社員とナレッジを共有することやフィードバックを得ることも簡単にできるようになります。データへのアクセス権を細く設定できるため、共有するデータごとに制限を設定することもそれほど難しくはありません。

Yellowfinの強み

Yellowfinの魅力は、膨大なデータに簡単にアクセスでき、必要な情報を取り出して分析の準備ができる点です。アクセス解析はさまざまな目的で行われ、必要な情報も目的によって異なります。分析には複数の資料が必要になるため、その準備だけでもある程度の時間が必要になりますが、Yellowfinがあると質問しただけでほしい情報が得られます。
データを見ながら最適な方の施策を選べ、情報を共有しやすいなど使いやすいBIとしてオフィスで活躍してくれます。

Yellowfinの価格·料金プラン

Yellowfinの利用料はサイト上には公開されていませんので、詳細な料金については要問い合わせになります。しかし、Yellowfinでは、30日間無料お試し版を提供していますので事前に使い勝手などを体験できます。
Yellowfinは必要に応じて機能を別途購入できますが、事前に無料評価版を試し必要なツールを把握しておくことをおすすめします。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

Yellowfinの注意点

Webブラウザ上で利用できるなど、手軽で便利な機能を揃えているYellowfinですが、外部からのデータを取り込むときは、ある程度の操作に慣れている必要があります。ダッシュボードは構築しやすい仕様になっていますが、利用面において操作が難しい場合があるなど注意が必要です。
レポートのカスタマイズにしても同じです。Webページなどへの埋め込みする際は、上位のライセンスを取得しておく必要があります。

Yellowfinの口コミ·利用企業からの評判

戦略立案が簡単になりました

“Webブラウザで利用できるBIと聞き、導入を決めました。パソコンやスマホからの操作が可能で、利便性が高い点が良いです。さまざまなデータの集約が簡単にでき、地図上に配置することも可能です。このおかげで、戦略立案がやりやすくなりました。”(ソフトウェア·SI業界、企業名非公開)

類似サービスとの比較

Yellowfinと類似のサービスに、「QlikView」と「Tableau8」があります。
Yellowfin同様これらのサービスも、料金プランについては公表していないため、要問い合わせです。
YellowfinとQlikViewは、複数のサーバーOSに対応していますがTableau8はWindows Server2003~のみになります。レポートの自動更新機能が付いているのは、3つのサービスの中ではYellowfinのみです。

Yellowfinでデータ分析の能率アップを

Web上で操作でき、さまざまなソースからデータを集約できるYellowfin。
操作が難しい面もありますが、データの集約から表示まで分析しやすさを考慮したサービスは、膨大なデータをチェックするマーケティング活動にとって、心強いツールとなってくれるのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

画像·データ出典:Yellowfin公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部