リファレンスチェックは違法?正しく実施する注意点も紹介

更新日:
これはリファレンスチェックの製品です。

リファレンスチェックの製品をまとめて資料請求

会社側としては、応募者の経歴に偽りがないかを確認するためにリファレンスチェックは実施したい調査です。

実はリファレンスチェックは、気を付けなければ違法となってしまう事があるんです。

今回は、リファレンスチェックは違法になる可能性があることについて解説します。

おすすめの類似リファレンスチェックサービス

類似サービス: HERP Trust

(4.5)

月額料金1.5万円/回無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

HERP Trustとは、株式会社HERPが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

面接だけではわからない候補者情報を取得できる

HERP Trustは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

信憑性の担保が可能

HERP Trustでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

チャットで追加質問ができる

回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

類似サービス: ASHIATO

(4.5)

                   
月額料金30,000円〜/人無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

ASHIATOとは、エン·ジャパン株式会社が運営しているリファレンスチェックサービスです。 従来のリファレンスチェックは、採用候補者のマイナスな面を調査するネガティブチェックの側面が強いものでしたが、ASHIATOは、採用候補者のこれまでの「活躍の足跡」を可視化することで、入社後の活躍から定着率向上までに寄与していくことができます。

   

面接ではわからない人となりがわかる

ASHIATOは、これまで15万社の採用支援を行ってきたエン・ジャパンだからこそできるノウハウを詰め込んだ独自のアンケートを実施することによって、通常の面接ではわからない候補者の、それまでの働きぶりや、周りとの協調性を知ることができます。

入社後の活躍・定着まで支援

リファレンスチェックによって、採用候補者と一緒に働いてきた人から「当時の働きぶり」、「人柄」、「相性が良いチーム」、「パフォーマンスを発揮した場面」などの情報を取得できることで、入社後の人材配置・チーム編成に活かすことが可能になります。

スピーディーなヒアリングとレポート回収が可能

ASHIATOによるヒアリングは、候補者1名あたり5分程度でヒアリングを行うことが可能です。 レポートの回収も平均で3営業日ほどで可能なため、選考フローのスピードを落とすことなく利用することができます。

類似サービス: レキシル

(4.5)

利用料金6.6万円(税込)/人無料お試し要問い合わせ
初期費用11万円(税込)最短導入期間要問い合わせ

レキシルとは、株式会社ビットミックスが運営している採用におけるリスク対策ツールです。 採用したスタッフが、「協調性に欠けている」、「ストレスに弱い」、「不平不満ばかり言う」、「経歴が疑わしい」、「SNSトラブル」、「情報漏洩」、といったネガティブ要素によるミスマッチを解消することができます。

       

精度の高い第三者チェックを実施

レキシルでは、第三者からのインタビューを通した「経歴チェック」、「評価チェック」を実施しています。 面接における、過去の役職や学歴の過大申告、経歴詐称のリスクを早期に発見し、入社後のトラブルを事前に防ぐことが可能です。

Webによるバックグラウンド調査が可能

第三者へのインタビュー調査だけでなく、Webによるバックグラウンド調査も可能です。 ネット検索情報やSNS情報、個人ブログ、マスメディア情報などの調査手法を用いて、性格や素行に問題がないか、入社後に情報漏洩につながるリスクを抱えていないかといった要素を調べ、リスクヘッジを行うことができます。

法令遵守の安心サービス

レキシルは、弁護士、社労士監修のサービスで、個人情報保護法への抵触リスクを排除、厚生労働省の示している候補者の適正や能力に関係がないとされる項目(出生地や家族に関することなど)の情報収集はせず、労働基準にも配慮しているため、安心して利用することができます。

この製品はリファレンスチェックの製品です。

リファレンスチェックの製品をまとめて資料請求

リファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは会社側が雇用予定者に対し、転職以前の勤め先において勤務状態などに問題はなかったかを調べる事です。

面接時に申告していた事に齟齬がないかも、リファレンスチェックで照らし合わせを行います。

また、面談では把握し切れない内面などについても調査を行います。

面接担当者の主観ではなく、客観的に対象者を見る事が出来るところが利点です。

たまに、無資格で勤務して逮捕されたニュースなどを目にしますよね。

雇用予定者の申告を鵜呑みにするとこの様なケースになりかねず、会社に多大な被害を出す可能性も出てきます。

会社を悪意のある対象者から守る為にも、リファレンスチェックの必要性は高いのです。

リファレンスチェックは違法?

結論から言うとリファレンスチェック自体は違法ではありません。

雇用予定者を選定する上で、リファレンスチェックは会社側の当然の権利です。

ただ、条件によっては違法となってしまう事があります。
違法となるケースは、大きく分けて3つあります。

まず一つ目は、無断で対象者にリファレンスチェックを行う事です。

同意の得ていないリファレンスチェックは違法となるので、必ず許可を得なければいけません。

二つ目はリファレンスチェックで取得した個人情報を、雇用予定者に無断で他者に漏らす事です。

三つ目は、リファレンスチェックの結果を理由に内定を取り消す事です。

リファレンスチェックが違法にならないための対策や注意点

十分に留意していれば、リファレンスチェックの違法性を問われる事はありません。

ここでは違法にならない様にする注意点と、その対策をご紹介します。

候補者に関する「個人データ」の取り扱いに注意

取得した雇用予定者の個人データは、決して漏洩させてはいけません。

そのため、個人データを書面に残す場合は厳重に保管する必要があります。

電子データとして保存する場合は、会社のセキュリティそのものの強化が必須です。

候補者の許可なく「個人データ」を他人に提供するのは違法

例え同社の職員に提供するのだとしても、対象者に無断で個人データを渡すのは違法となります。

ただし許可を得ていれば、 部署内などでの個人データの閲覧は可能になります。

しかし例え対象者の許可があっても、データを他者に提供する事自体が違法となる場合もあるので注意して下さい。

それは、外部にデータを提出する場合などです。

そのため会社によっては、外部へのデータ提供を禁止しています。

他社からデータの提供を求められた場合、リファレンスチェック担当者が個人の判断で渡してしまうと、違法と見なされる場合があります。

決して無断でデータの受け渡しはせず、会社の方針に従って下さい。

会社のガイドラインと法律を遵守し、個人データの取り扱いには用心しなければいけません。

リファレンスチェックをもとに内定取り消しは違法の可能性あり

リファレンスチェックを理由に内定を取り消したからといって、ただちに違法となる訳ではありません。

しかし対象者が違法だと申し立て訴訟になった場合は、損害賠償請求が認められてしまう可能性は高いです。

その上リファレンスチェックによる内定取り消しは、労働法に違反しています。

対象者に余程の瑕疵がある場合でない限り、違法となってしまう可能性があるのです。

ちなみに、内定前のリファレンスチェックによる不採用は違法にはなりません。

内定後のリファレンスチェックは会社側にとって損なので、実施する場合は必ず内定前に行いましょう。

リファレンスチェックは違法ではないが、違法となるリスクもある

面接では、何故対象者が転職に至ったのか、必ずしも真実を述べるとは限りません。

デメリットの大きい人物を会社に入れない為にも、リファレンスチェックの実施は有効的な手段です。

またリファレンスチェックにおいて、無断で行わない・内定前に行う・個人データを漏らさないの3つさえ守れば違法にはなりません。

より良い人材を獲得する為、リファレンスチェックを活用しましょう。

    その他の関連する記事

    これは リファレンスチェック の製品です。
    リファレンスチェック の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【リファレンスチェック】※qeee枠未実装

        類似サービス: HERP Trust

        (4.5)

        月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

        HERP Trustとは、株式会社HERPが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

        面接だけではわからない候補者情報を取得できる

        HERP Trustは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

        信憑性の担保が可能

        HERP Trustでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

        チャットで追加質問ができる

        回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

        類似サービス: ASHIATO

        (4.5)

                           
        月額料金30,000円〜/人無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

        ASHIATOとは、エン·ジャパン株式会社が運営しているリファレンスチェックサービスです。 従来のリファレンスチェックは、採用候補者のマイナスな面を調査するネガティブチェックの側面が強いものでしたが、ASHIATOは、採用候補者のこれまでの「活躍の足跡」を可視化することで、入社後の活躍から定着率向上までに寄与していくことができます。

           

        面接ではわからない人となりがわかる

        ASHIATOは、これまで15万社の採用支援を行ってきたエン・ジャパンだからこそできるノウハウを詰め込んだ独自のアンケートを実施することによって、通常の面接ではわからない候補者の、それまでの働きぶりや、周りとの協調性を知ることができます。

        入社後の活躍・定着まで支援

        リファレンスチェックによって、採用候補者と一緒に働いてきた人から「当時の働きぶり」、「人柄」、「相性が良いチーム」、「パフォーマンスを発揮した場面」などの情報を取得できることで、入社後の人材配置・チーム編成に活かすことが可能になります。

        スピーディーなヒアリングとレポート回収が可能

        ASHIATOによるヒアリングは、候補者1名あたり5分程度でヒアリングを行うことが可能です。 レポートの回収も平均で3営業日ほどで可能なため、選考フローのスピードを落とすことなく利用することができます。

        類似サービス: レキシル

        (4.5)

        利用料金6.6万円(税込)/人無料お試し要問い合わせ
        初期費用11万円(税込)最短導入期間要問い合わせ

        レキシルとは、株式会社ビットミックスが運営している採用におけるリスク対策ツールです。 採用したスタッフが、「協調性に欠けている」、「ストレスに弱い」、「不平不満ばかり言う」、「経歴が疑わしい」、「SNSトラブル」、「情報漏洩」、といったネガティブ要素によるミスマッチを解消することができます。

               

        精度の高い第三者チェックを実施

        レキシルでは、第三者からのインタビューを通した「経歴チェック」、「評価チェック」を実施しています。 面接における、過去の役職や学歴の過大申告、経歴詐称のリスクを早期に発見し、入社後のトラブルを事前に防ぐことが可能です。

        Webによるバックグラウンド調査が可能

        第三者へのインタビュー調査だけでなく、Webによるバックグラウンド調査も可能です。 ネット検索情報やSNS情報、個人ブログ、マスメディア情報などの調査手法を用いて、性格や素行に問題がないか、入社後に情報漏洩につながるリスクを抱えていないかといった要素を調べ、リスクヘッジを行うことができます。

        法令遵守の安心サービス

        レキシルは、弁護士、社労士監修のサービスで、個人情報保護法への抵触リスクを排除、厚生労働省の示している候補者の適正や能力に関係がないとされる項目(出生地や家族に関することなど)の情報収集はせず、労働基準にも配慮しているため、安心して利用することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載