キャッチアップとは?各業界で異なる言葉の意味についてご紹介

最終更新日 

ビジネスシーンにおいてキャッチアップという言葉を聞く機会が増えていますが、このキャッチアップという言葉は業界によって意味が異なるのをご存知でしょうか。

本記事ではキャッチアップについて基本的な意味、業界ごとに異なる意味やキャッチアップ力を高める方法などを紹介しますので参考にしてください。

キャッチアップの意味

キャッチアップ(catch up)とは、基本的な意味として「追いつく」や「追いかける」と捉えることができます。

先輩社員やチームリーダーなど自分より優位な立場にいる人や先行している人を追いかける意味として用いることが多いです。

業界によって使い方は異なる言葉で、いずれの場合も基本的には先にいる者を追いかけるという意味ですが、利用シーンによってはニュアンスが違うこともあるので注意しましょう。

業界ごとに異なるキャッチアップの意味

キャッチアップという言葉は業界によってはニュアンスが異なります。

そのため、相手によっては普段自分が使っているキャッチアップとどうもニュアンスが異なると感じた方もいるのではないでしょうか。

業界ごとのキャッチアップの意味を解説します。

経済用語として使われる場合

経済用語としてのキャッチアップは「発展途上国が経済や技術などさまざまな面において、先進国との格差をなくそうとする」という意味を持ちます。

「発展途上国が先進国をキャッチアップする」といった使われ方が一般的ですが、主語が必ず先進国となるわけではないため注意が必要です。

放送業界で使われる場合

放送業界で用いられるキャッチアップという言葉は、「キャッチアップ放送」や「キャッチアップ配信」といった形で使われることが多いです。

放送した内容を後からもう一度再生するいわゆる再放送を意味するのがキャッチアップということになります。

リアルタイムでは番組を視聴できなかった人に対し、再放送を行うことで今後放送した時にリアルタイムで見てもらい視聴率のの獲得につなげるために行いますが、昨今のサブスクリプション型のサービスやオンデマンドといったネット配信サービスの登場によってその概念も薄れつつあります。

IT業界で使われる場合

IT業界で用いられるキャッチアップにはさまざまな意味があり、サービスによって固有の使われ方をしています。

例えば「未読になっていたニュースをまとめて確認する」といった意味や「ネット上の画像を一括でダウンロードする」といった意味で使われることがあります。

医療業界で使われる場合

医療業界では主に以下の用語でキャッチアップという言葉が使われています。

  • キャッチアップ現象:病気な障害など何らかの原因によって母体にいる赤ちゃんの成長が遅くなっても身体状況が改善することで成長が加速して問題なく出生できること
  • キャッチアップ(ピックアップ)障害:卵巣から排出された卵子が卵管に取り込まれない状態

水泳の分野で使われる場合

水泳ではクロールを覚える際にキャッチアップという言葉が使われます。

左右の手で水を掻く時に都度一瞬だけ手を揃える泳ぎ方のことをキャッチアップクロールと言います。

企業で導入されるキャッチアップミーティングとは?

企業で導入されるケースが増えてきたキャッチアップミーティングとは、ミーティングの種類の1つです。

通常、ミーティングはチームやプロジェクトメンバーが会議室などに集合して、今後のプロジェクト方針を共有したり、進捗の報告を行うことが多いですが、キャッチアップミーティングは基本的には2人で行います。

上司と部下で意見交換をしたり、現在行なっている業務の進捗についてより詳細に調査を行うことをキャッチアップミーティングと呼ぶことがあります。

企業によってキャッチアップミーティングの形式は異なりますが、決まった時間をとってランチミーティングという形式で行なっている企業もあります。

キャッチアップミーティングが重要とされる理由とは?

キャッチアップミーティングは、導入している企業が増えているとはいえ必ずしも必要というわけではありません。

ですが、チームメンバー、プロジェクトメンバー同士での情報共有·意見交換には効果的なため、状況によっては通常のミーティングよりも効果的である場合があります。

通常のミーティングよりラフに行うことも多いため、メンバー同士が互いを理解しやすくなって連携力が高まることが期待されます。

ビジネスにおいてキャッチアップ力を高める方法

ではビジネスにおけるキャッチアップを高める方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

キャッチアップ力を高める方法をご紹介します。

不明な点はすぐに尋ねる

ビジネスシーンに限ったことではありませんが、何かわからないことが出てきたときにそのまま放置してしまうことはないでしょうか。

不明点を上司に尋ねたり自分で調べて解決することは非常に重要で、自分に何が足りないのかを把握するきっかけとなるため、不明点は放置せずにすぐ解決するようにしましょう。

こだわりをもたない

こだわりを持つことは決して悪いことではありません。ですが、キャッチアップ力を高めるためには一度そのこだわりを捨ててみることも重要です。

こだわりが新たな発見や出会いを妨げていることもあり、キャッチアップ力を高める障害となっているのかもしれません。

自分は何にこだわっているのか、執着しているものはないか一度よく考えてこだわりを手放してみることで、これまで気づけなかったものと出会える可能性が高まります。

時には断ることも重要

自分には不向きな仕事や雑務などを断れないせいでキャパシティオーバーとなっていませんか。

もちろんやりたくないからといって断ってばかりではステップアップに必要な仕事もスルーしてしまうことになります。ですが、時には自分の仕事に集中するため、キャッチアップ力を高めるために勇気を出して断ってみることも必要となるのです。

柔軟な思考で仕事に臨む

今まで業務をこなしてきた経験から「この場合はこうするべき」「このケースにはこれを使わなくてはいけない」といった固定概念に囚われていませんか。

固定概念に囚われてしまうことで、自分で考えて仕事することをやめ思考が停止してしまう場合があります。

もちろん定型な考え方も必要ですが、時には固定概念を払拭して柔軟な思考で物事を考えてみることもキャッチアップ力を高めるためには重要と言えるでしょう。

スピード感を持って仕事をする

どうすれば業務を効率化できるか、時間が短縮できるかを意識して仕事をすることもキャッチアップ力の向上につながります。

業務が効率化され、短時間で完了できるようになれば空いた時間を別の業務に充てることができ、さらにキャッチアップ力を高めることができるでしょう。

モチベーションを保つ

仕事をする上でモチベーションの維持は非常に重要です。

当然ながらずっとやる気を維持することは難しく、時にはなかなかモチベーションが上がらない日もあるでしょう。

モチベーションを感情ではなく行動で測るようにし、「今日はこれだけのタスクを消化できた」といった実績を客観的に評価することでモチベーションの維持や他者へのアピールにもつながります。

新鮮な情報をチェックする

情報は鮮度が命というくらいに最新の情報をキャッチすることは重要です。

もちろん、日々の業務に追われなかなか情報をチェックする余裕がないという人もいるかと思います。

しかし、最新の情報が業務効率化の思わぬヒントとなる場合もあります。それ故に常にアンテナをはって最新の情報をチェックすることが重要となるのです。

まとめ

キャッチアップについて、基本的な意味や業界ごとで用いられる事例、キャッチアップ力を高める方法などを解説しました。

自身のスキルアップについて、どうしたらいいか悩んでいるという方は一度キャッチアップ力を高めることに注目してみると良いでしょう。

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載