カスタマーサクセスについてよくある疑問

更新日:

本記事では、カスタマーサクセスについてQ&A方式で解説しております。

カスタマーサクセスについてよくある疑問

質問

Q.カスタマーサクセスの目的は?


回答

A.
カスタマーサクセスの主な目的は、顧客が製品やサービスを運用し目標が達成されるまでの間をサポートすることです。そのためには、顧客の課題や要件を十分に理解し、その課題を解決するために製品やサービスを最適化させる必要があります。目標が達成されることで信頼を得ることができ、長期的な関係を築くことが可能です。

具体的な目的としては主に以下のことが挙げられます。
・LTVの向上
・解約率の低下
・顧客ニーズの収集
それぞれ詳しく解説します。

【LTVの向上】
LTV(Life Time Value)とは「顧客生涯価値」とも言われ、顧客が特定の期間内で製品やサービスにどのくらい価値を感じて支払いをしているかを示す指標です。カスタマーサクセスにより顧客の目標が達成されれば、満足度が高まり継続して製品やサービスを利用するようになるでしょう。

【解約率の低下】
前述したLTVの向上と同様に顧客の満足度が高まることで解約率の低下を図ることができます。既存顧客の継続は新規顧客の獲得よりもコストを抑えて利益を生み出すことが可能です。

【顧客ニーズの収集】
カスタマーサクセスは長期的に顧客と関係性を築くことで、ニーズや要望など様々なフィードバックを受けることができます。受けたフィードバックは既存サービスの改善や新規サービスの開発に利用する目的があります。


質問

Q.カスタマーサクセスが必要な理由は?


回答

A.
カスタマーサクセスは製品やサービスの運用する顧客をサポートすることで、顧客リヤルティの向上とLTVの最大化を図り、売上を増やすことが可能です。

一方、顧客との関係性が単発的な場合、新たな顧客獲得のためにコストを費やす必要があります。そのため、売上を増やし事業を拡大していくためにはカスタマーサクセスが必要と言えるでしょう。


質問

Q.カスタマーサクセスの目的を達成させるためのKGIやKPIとは?


回答

A.
【カスタマーサクセスにおけるKGI】
KGI(Key Goal Indicators)は目標やゴールを定量的に示した指標のことをいいます。そのため事業の最終目標を具体的な数値で設定するのが一般的です。

とくにカスタマーサクセスで設定すべきKGIの項目は以下の通りです。
・売上
・成約数
・LTV(顧客生涯価値)

【カスタマーサクセスにおけるKPI】
KPIは(Key Performance Indicator)KGI達成に向けた過程において設定する目標のことです。最終目標であるKGIに向けたKPI設定であることが重要になります。
とくにカスタマーサクセスで設定すべきKGIの項目は以下の通りです。

・オンボーディング完了率
・チャーンレート(解約率)
・リテンションレート(顧客維持率)
・アップセル・クロスセル率

    その他の関連する記事

    これは カスタマーサクセス の製品です。
    カスタマーサクセス の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【カスタマーサクセス】

        類似サービス: yaritori

        (4.5)

        月額料金2,200円〜/ユーザー無料お試し21日間無料
        初期費用要問い合わせフリープランあり

        yaritoriとは、Onebox株式会社が運営している営業・CSに特化したメール共有システムです。 複数アドレスを一元管理することが可能で、対応状況が可視化できるため、対応漏れをなくし、顧客対応品質を向上させることができます。

               

        メールの対応状況を可視化できる

        yaritoriでは、メールごとに、「未対応」、「対応済み」といったステータスを設定することができ、対応ステータスでメールを分類することが可能です。 また、メールごとに担当者を設定することもできるため、対応漏れが解消以外に、重複対応も防止することができます。

        チャットで情報共有を効率化

        yaritoriにはチャット機能が搭載されており、メールごとにチャットをしながら対応方針を決めることができます。 チャットでは、メンションをつけて特定のメンバーにメッセージを送ることができるため、チャットが埋もれてしまい、反応が返ってこないということもありません。

        顧客対応品質を標準化

        「問い合わせごとにメールの内容を考えるのが大変」、「オペレーターによって対応品質にバラつきがある」といった課題もyaritoriであれば解消することができます。 「資料請求」や「問い合わせ」といったカテゴリーごとに複数のメールテンプレートを作成できるため、メール作成を効率化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載