Mule Soft(ミュールソフト)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
要お問合せ
これは RPA の製品です。
RPA の製品をまとめて資料請求

iPaaSを導入すると業務効率化が期待できます。企業はiPaaSを入れると、より効率よく仕事に取り組めるでしょう。この記事ではiPaaSであるMule Softというサービスについて紹介します。Mule Softの特徴や、導入することによって得られるメリット、使用者の声、料金について詳しく紹介します。

Mule Softとは

Mule SoftはiPaaSと言われる業務効率化が期待できるサービスです。Mule Softは、あらゆるシステム同士を連結して、業務効率化へと導きます。Mule SoftはMule Softによって開発され、現在は株式会社セールスフォーム・ドットコムが買収しました。Netflixやコカコーラなど名だたる企業が導入しています。

RPAのおすすめ製品

Robo-Pat DX

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試しあり
初期費用0円サポート費用0円

各社員の稼働負荷が多い、現場部門向けに設計されたRPA。DX推進を実現する専任担当を中心とした「3ヶ月導入支援サポート」制度があります。また、1つのライセンスを複数のPC端末で使えるフローティングライセンスが標準搭載なので、離れた拠点や部署間でも使え、コスト削減にも繋がります。業務を直感的に置き換えることができるので、WEB、システムに詳しくない業務部門や事務職の方でもすぐにロボに指示ができる。

ノンプログラミングでロボットを作成

ロボパットDXは、プログラミングなどの専門的な知識がなくても手軽にロボットを作成することができます。 RPAを自社に導入したいが、エンジニアがいないため新しいシステムを導入することができないという課題に対しても、現場の社員がロボットを作成して指示を出すことができるロボパットDXであれば、簡単に運用を開始することが可能になります。

短期での利用が可能

RPAツールの中には、年間契約しかできず、繁忙期だけRPAを導入したいのに余計なコストが発生してしまうものもあります。 ロボパットDXは、利用者側のニーズを理解して設計されているため、1ヶ月単位での導入を実現しています。

さまざまな課題を解決

ロボパットDXを導入することで、属人的な業務の解消やスムーズな引き継ぎが実現できるようになります。また、売り上げに直結しないようなルーティーン業務の自動化、ロボットによる人材不足の解消なども可能になり、業務におけるミスや確認作業のストレスも軽減できます。

ipaSロボ

(5)

月額費用120,000円無料お試し1ヶ月無料
初期費用0円最低利用期間1ヶ月〜

ipaSロボとは、株式会社デリバリーコンサルティングが提供しているRPAサービスです。プログラミングなどの専門的な知識が不要で、手軽に導入できる点が特徴的で、作業ステップ単位にコマンドを設定するだけで業務の自動化を可能とします。

RPAコンサルタントによる無償サポートを提供

ipaSロボでは、「どの業務にロボットを導入すべきか」、「ロボットを作成する人材の確保・育成」などについて、RPAコンサルタントがプランニングからサポートしてくれるため、安心して導入することができます。

簡単操作でロボットを作成

画面上から簡単に設定することができ、作業ステップ単位で「どのような業務を行うか?」、「どのような条件を設定するか?」といったコマンドの指定をするだけで、プログラミングの知識がない方でも操作することができます。

充実のサポート体制

操作方法など不明な点については、いつでも質問ができるヘルプデスクが用意されているだけでなく、操作方法が学べるオンライントレーニングも提供しているため、初めてRPAを導入するという方でも安心です。

RoboTANGO

(5)

月額費用5万円無料お試しあり
初期費用10万円最短導入期間要問い合わせ

スモールスタートから始めることができるRPAで、サポート体制にも優れています。1つのライセンスを複数のPC端末で利用することができるフローティングライセンスが標準で搭載されており、離れた拠点や部署を跨いだ利用が可能です。低価格かつ最低利用期間が短いため非常に利用しやすいサービスとなっています。全てのプランで専用のサポートサイトの利用が可能という点も特徴的です。

複数端末で利用可能

RoboTANGOは、一つのライセンスを複数のPC端末で利用することができるフローティングライセンスが標準搭載されています。 そのため、離れた拠点や部署を跨いだ利用も可能なため、最小限のコストで運用することが可能です。

低価格で利用できる

RPAツールは、初期費用や月額費用が高額になってしまい、自ずと大企業向けの製品が多いという印象を持つ方も多いでしょう。 RoboTANGOは、1ライセンス5万円から利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入しやすいという特徴があります。

録画機能でスムーズにロボット作成

RoboTANGOには、画面上の操作を録画する機能が搭載されており、これを活用して、はじめからスムーズにロボットを作成することができます。 ロボット開発の専門的な知識がなくても、普段行なっている業務をPC上で録画してロボットに覚えさせることで、簡単にベースのロボットを作成することができるため、導入から本格的な運用までを短期間で実現することが可能です。

RPAの製品をまとめて資料請求

Mule Softの特徴

全てをMule Softで完結に

Mule Softを導入すると、1つのプラットフォームで、まとめて設計から構築、保護ができるようになります。このように1つのプラットフォームで業務ができるため、不必要なサービスなどを導入する必要がありません。Mule Soft1つで済むため、新たにサービスの使い方を覚える必要もなく、業務に取り組みやすいでしょう。

ソフト同士の連携をして業務効率化

Mule Softはアプリ、デバイスなどのソフト同士を連携させます。連携させることによって、今まで時間がかかっていたデータ管理も短時間で行うことが可能になります。異なるシステム同士の連携も可能なので、あらゆる可能性をもたらします。

問題をいち早く察知

Mule Softにはリアルタイムで管理状況を確認できます。そのため、問題が起こりそうな時は警告してくれるため、いち早く対応が可能です。ダッシュボードをカスタマイズしたり、
APIのエンゲージメントを確認できるため、使いやすく幅広い使い方ができます。

Mule Softの機能

Anypoint Platform

Anypoint Platformは、ノーコードかつローコードでの開発が可能となっており、あらゆるシステムのデータ統合を容易にします。

Anypoint Platformには、開発と管理をメインとした以下の3つのツールがあります。

  • DesignCenter:WebベースでAPI設計や開発を実施
  • Anypoint Code Builder:VSCode Webベースで設計や開発が可能
  • Anypoint Studio:EclipseアプリベースでWindowsやUNIX、Macでの開発が可能

MuleSoft Composer

MuleSoft Composerは、アプリとデータを瞬時に接続し、ノーコードかつ簡単操作で開発することができます。

フロー設計や開発、管理にも対応しており、プロセスは自動化されています。

事前に構築したコネクタでクリックするだけでデータを統合して、自動化、開発することができます。

AnypointPlatformのIDとSalesforceが関連済みであれば、Muleの画面でもSalesforce画面でも切り替えることが可能です。

MuleSoft RPA

MuleSoft RPAは、Botによってタスクを自動化することができます。

ルーティーンワークを自動化し、業務効率化を実現でき、プロセスの設計はクリックだけで完結します。

MuleSoft RPAには、以下の3つの機能が搭載されています。

  • RPA MANAGER:開発したRPAプロセスを管理し最適化
  • RPA BUILDER:IDEツールでプロセスをデザイン、開発や発行が可能
  • RPA RECORDER:キーボード操作やマウスクリックでプロセスマップを変換

Mule Softでは何ができる?

複数サービスの連結を実現

Mule Softは、1つのプラットフォームで複数サービスのデータを連結させることができます。

複数のアプリケーションを利用している場合、Mule Softで統合することで、業務効率化が可能となります。

業務ごとに必要だった処理やメンテナンスを自動化し、コア業務に集中することが可能です。

注目の3つの機能

Mule Softには、「Anypoint Platform」「MuleSoft Composer」「MuleSoft RPA」という3つの機能に応じたサービスを展開しています。

Anypoint Platformは、API統合開発機能で、世界一のAPIプラットフォームとして多くの企業で利用されており、ノーコード・ローコード開発でシステムのデータ統合を可能とします。

MuleSoft Composerはプロセス開発の機能で、ノーコードかつクリックだけで開発することができます。

MuleSoft RPAは自動化開発機能で、Botによるタスクの自動化が可能です。

Mule Softに関係する資格について

MuleSoft Certified Developer

MuleSoft Certified Developerは、開発者が基礎的なAPIやインテグレーションを管理、またはAnypoint PlatformとAnypoint Studioの連携をするための知識を有していることを認定する資格です。

MuleSoft Certified Developerの資格を持っている人は、Anypoint Platformを使用して、基礎的な API のライフサイクルの工程を担当することができます。

また、Anypoint Studioを使って基礎的なインテグレーションと API 実装のビルド、テスト、デバッグができることも認められています。

MuleSoft Certified Platform Architect

MuleSoft Certified Platform Architectは、API設計や環境ごとに応じたMuleSoftサービスの選定や、運用といったプラットフォームレベルの知識や経験を確認する資格です。

Mule Soft導入のメリット

Mule Soft導入のメリットは主に以下の2つです。
・不必要なソフトを入れる必要がない
・トラブルに素早く対応
Mule Softはシステムの連携に加えて数多くの、アプリとサービスの統合して管理できます。Mule Softでできることが多いので、その都度必要なソフトを入れる必要がありません。そのため、新しくソフトの使い方を覚える必要がなく業務効率化につながります。
Mule Softは管理状況をリアルタイムで確認できます。トラブルが起こりそうになったらMule Softが警告してくれるため、素早く問題に取り組め、トラブル解決に大きく役立ちます。

Mule Softの価格・料金プラン

Mule Softは料金の詳細が公開されていないため、公式サイトからお問い合わせを行ってください。無料トライアル期間があります。

Mule Softのサポート体制

カスタマーサクセスへの問い合わせが可能

Mule Softでは、機能強化やその他のサポートについて、カスタマーサクセス担当者に問い合わせることができます。

また、Mule Softのサポートチームは、Salesforceのサポートチームとも連携しており、Salesforceのテクノロジーに関するサポートチケットの処理調整もしています。

ヘルプセンターを設置

Mule Softでは、ヘルプセンターを設置しており、不明点を検索してFAQを参照することができます。

カスタマーサクセスに問い合わせる前に、自己解決できる場合があるため、利用してみると良いでしょう。

Mule Softの注意点

Mule Softはアプリの連携から、異なるシステム同士の連携、管理などができますが知識が必要です。データフォーマットに関する基礎的な知識や、インテグレーションに関する基礎的な理解が必要となるので、知識がない方が使いこなすのは難しいかも知れません。
HSBC

Mule Softの導入事例・評判

イノベーションを一歩リード

Mule Softによってイノベーションを一歩リードでき、価値あるデジタルエコシステムを作り上げることができました。イノベーションスピードを4倍に加速させ、他の事業に取り組めました。

開発期間を短縮

Mule Softを使うと、コードを再利用できるので、開発期間が短くなりました。本来2.5ヶ月かかるフェーズを4週間へと短縮。今後の開発にもMule Softを使用することによって、開発時間を短くできるでしょう。

Mule Softのいい評判・口コミ

Mule Softでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

Mule Softの良い口コミ・評判

・データの統合を行い、情報の可視化ができる。

・Salesforceとの他システムの連携に有効。

Mule Softは世界中で使われているAPI連携サービスです。

APIとはApplication Programming Interfaceの略で、アプリケーションWEBサービスをつなぐ際の形式のことです。

Mule Softを使うことで、Salesforceなどの営業管理ツールと他サービスのデータの統合を行うことができます。

Mule Softのその他評判・口コミ

Mule Softでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

Mule Softのその他口コミ・評判

・問合せ窓口の対応がメールのみ。

悪い口コミとしては、問い合わせ窓口の対応がメールのみという点があげられます。

Mule Softは世界中で使われているサービスです。

現在では、セールスフォース・ドットコムによる買収が完了しているため、窓口はセールスフォース・ドットコムとなります。

しかし、直接Mule Softに問い合わせを行う際には英語の問い合わせとなるようです。

Mule Softを導入した結果は?

Mule Softを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

Mule Softを導入した結果に関する評判・口コミ

・日本語版の学習サイトがある。

Mule Softには一部が日本語で表記された、トレーニングサイトがあります。

これらのトレーニングを受けることで、基礎的な内容から応用的な内容に至るまで知識を習得することができます。

また、認定資格者制度もあり、資格合格というモチベーションを保ちつつ学習を進めることができます。

類似サービスとの比較

サービス名月額料金特徴
Anyflowお問い合わせクラウド型サービスを利用する企業に特化
Workatoお問い合わせプログラミングスキル不必要
ActRecipeお問い合わせ既にあるレシピで簡単にデータ連結

Anyflowはクラウド型サービス、通称SaaSに特化しているためSaaSを利用している方はAnyflowがおすすめです。Workato、ActRecipeはプログラミンスキルなしで使えるので、知識に自信がないという方はWorkato、ActRecipeがよいでしょう。

この製品に関連する動画を紹介

Mule Softによって連携、統合から管理まで

Mule Soft1つで、連携、統合から管理までできる優れものです。
使いこなせれば、業務効率化に大幅な期待ができるでしょう。無料トライアルもあるので、自分に合っているか判断できます。

複数のデータ管理をしている方ほど、Mule Softによって業務効率化が期待できます。まずは無料トライアルへ申し込みましょう。

画像·データ出典:Mule Soft公式サイト

    その他の関連する記事

    これは RPA の製品です。
    RPA の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    複数のアプリケーションを一括で管理できます

    良い点

    ひとつのシステムで多くの目的を達成できるため、別システムの導入コストも削減できます。

    改善点

    特になし。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    このシステムひとつで様々なデータを管理できるため、チームで進めるプロジェクトにおける管理工数やデータ共有の手間がかなり改善しました。

    満足度

    利用するツールやシステムを最小限に抑えられます

    良い点

    ツールやアプリケーションを横断してデータを管理したり分析したりする必要がなくなりました。

    改善点

    サポートも受けられるので今のところ使いづらい部分はありません。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    システム開発に関する各種管理データを統合し、いつでも可視化できます。必要なデータもいつでも取り出せるため、過去に使用したコードの再利用時などとても便利です。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【RPA】

        継続率98%の国産RPA: Robo-Pat DX(ロボパットDX)

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用0円サポート費用0円

        プログラミングなどの専門的な知識がなくてもロボットを作成できる手軽さと、中小企業でも利用しやすい料金体系が魅力的で、すでに導入実績950社を突破している実績があり、その優れたサービス体制から利用継続率は、98%を達成しています。

        ノンプログラミングでロボットを作成

        ロボパットDXは、プログラミングなどの専門的な知識がなくても手軽にロボットを作成することができます。 RPAを自社に導入したいが、エンジニアがいないため新しいシステムを導入することができないという課題に対しても、現場の社員がロボットを作成して指示を出すことができるロボパットDXであれば、簡単に運用を開始することが可能になります。

        短期での利用が可能

        RPAツールの中には、年間契約しかできず、繁忙期だけRPAを導入したいのに余計なコストが発生してしまうものもあります。 ロボパットDXは、利用者側のニーズを理解して設計されているため、1ヶ月単位での導入を実現しています。

        さまざまな課題を解決

        ロボパットDXを導入することで、属人的な業務の解消やスムーズな引き継ぎが実現できるようになります。また、売り上げに直結しないようなルーティーン業務の自動化、ロボットによる人材不足の解消なども可能になり、業務におけるミスや確認作業のストレスも軽減できます。

        サポート体制に優れたRPA: RoboTANGO

        (4.5)

        月額費用5万円無料お試しあり
        初期費用10万円最短導入期間要問い合わせ

        実際にRoboTANGOを導入した企業からは、「業務時間が大幅に削減できた」、「サポート体制が優れている」といった声が挙げられており、機能性はもちろん、初めての方にも親しみやすいサービスであることがわかります。

        複数端末で利用可能

        RoboTANGOは、一つのライセンスを複数のPC端末で利用することができるフローティングライセンスが標準搭載されています。 そのため、離れた拠点や部署を跨いだ利用も可能なため、最小限のコストで運用することが可能です。

        低価格で利用できる

        RPAツールは、初期費用や月額費用が高額になってしまい、自ずと大企業向けの製品が多いという印象を持つ方も多いでしょう。 RoboTANGOは、1ライセンス5万円から利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入しやすいという特徴があります。

        録画機能でスムーズにロボット作成

        RoboTANGOには、画面上の操作を録画する機能が搭載されており、これを活用して、はじめからスムーズにロボットを作成することができます。 ロボット開発の専門的な知識がなくても、普段行なっている業務をPC上で録画してロボットに覚えさせることで、簡単にベースのロボットを作成することができるため、導入から本格的な運用までを短期間で実現することが可能です。

        類似サービス: ipaSロボ

        (4.5)

                 
        月額費用120,000円無料お試し1ヶ月無料
        初期費用0円最低利用期間1ヶ月〜

        ipaSロボとは、株式会社デリバリーコンサルティングが提供しているRPAサービスです。 プログラミングなどの専門的な知識が不要で、手軽に導入できる点が特徴的で、作業ステップ単位にコマンドを設定するだけで業務の自動化を可能とします。

           

        RPAコンサルタントによる無償サポートを提供

        ipaSロボでは、「どの業務にロボットを導入すべきか」、「ロボットを作成する人材の確保・育成」などについて、RPAコンサルタントがプランニングからサポートしてくれるため、安心して導入することができます。

        簡単操作でロボットを作成

        画面上から簡単に設定することができ、作業ステップ単位で「どのような業務を行うか?」、「どのような条件を設定するか?」といったコマンドの指定をするだけで、プログラミングの知識がない方でも操作することができます。

        充実のサポート体制

        操作方法など不明な点については、いつでも質問ができるヘルプデスクが用意されているだけでなく、操作方法が学べるオンライントレーニングも提供しているため、初めてRPAを導入するという方でも安心です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載