• WinActor(ウィンアクター)の料金·評判·機能について。どんな業務を自動化できる?

    最終更新日 

    昨今、企業においてRPAツールを導入する企業が増えてきました。RPAとはRobotic Process Automationの略で、ホワイトワーカーが行う業務を自動化できるシステムです。定型的に行われている事務的な業務を効率化できることで企業としての生産性を向上させることができるのでこれからRPAツールを導入したいと考えている企業も多いでしょう。

    そこで今回はRPAが手軽に導入できるWinActor(ウィンアクター)というサービスをご紹介させていただきます。

    WinActorとは

    WinActorとは株式会社エヌ·ティ·ティ·データが提供しているRPAツールです。導入することでWordやExcelといったオフィス業務を自動化することが可能になります。定型業務にかかっていた手間を自動化できることで時間とコストの削減が実現できるとあって多くの企業で導入されているツールです。

    WinActorの機能·特徴

    定型業務を効率化

    WinActorを導入することで処理量が多い業務だけでなく繁閑差のある業務も安定して稼働することができるようになります。

    ロボットであれば引き継ぎなどの必要がなく、一度記憶させることで継続的に業務を行ってくれます。人材育成にかけるコストもカットすることが可能です。

    RPAによって空いた時間をコア業務に注力することで生産性を向上させることができます。導入もWindows端末であれば可能なのでオフィスに浸透させやすいです。

    導入に専門的知識は不要

    RPA導入にはプログラミングなどの専門的な知識が必要というイメージが強いですが、WinActorは簡単にシナリオを作成することができます。

    WinActorを導入したPCでいつも通りの業務を行うだけでシステムが操作を録画し自動でシナリオを作成してくれます。作成したシナリオはそのまま使用することも可能ですし動作条件を編集して別の場面で使うことができるシナリオにすることも可能です。

    安心のサポート体制

    WinActor導入までをしっかりとサポートしてくれるので安心です。2ヶ月間の有償トライアルがあり、基本的な操作を学ぶことができます。RPA化したい業務を選定し、トライアルで実践してみることでPDCAを回して適切なシナリオ作成を体験することが可能です。

    その後は部分導入フェーズとして一部の部署でWinActorを導入してみて課題解決を通して問題なく運用できるようであれば社内全体へ導入することが可能なので社内への浸透をスムーズに行うことができるのです。導入後のサポートももちろん継続的に行ってくれるので安心です。

    WinActorの料金·価格

    WinActorの公式サイトでは具体的な料金は明記されていませんが販売代理店サイトでの料金価格としてはフル機能版が908,000円、実行版が248,000円となっていますので目安とする良いでしょう。

    2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    WinActorの強み

    WinActorの強みは専門的な知識が不要で簡単に導入できるという点にあります。

    プログラミングなどの知識やスキルがなくてもWindows端末があれば簡単に導入することができ、しっかりとトライアルを試して自社にあったツールなのかを検討することができるサポート体制があるので、導入後のイメージに差異がなく安心して導入·運用することが可能なのはサポート体制が厚いWinActorの強みです。

    利用企業からの評判·口コミ

    定型業務の自動化ができました

    “定時的に行ってた定型業務を自動化したいと思いWinActorを導入しました。夜間や早朝に行っていた業務が出社時に確認するだけになったので非常に助かっています。”(株式会社 中電シーティーアイ様)

    年34,800時間の短縮に成功しました

    “全国の拠点で共通している業務を効率化したいと思いRPAツールの導入を決めました。WinActorは工数がかからず簡単に導入できたのでよかったです。社内で効率化できそうな定型業務をヒアリングして100種類ほどRPA化していくことに決めたところ年計算で34,800時間もの削減が実現できました。”(株式会社オカムラ様)

    類似サービスとの比較

    WinActorとの類似サービスとしてはUiPathやBizRobo!などが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
    WinActor0円·フル機能版/908,000円(目安)

    ·実行版/248,000円(目安)

    有償トライアルあり·Windows端末に対応

    ·万全のサポート体制

    UiPath要問い合わせ要問い合わせ無料トライアルあり·幅広い操作を自動化可能

    ·直感的操作が可能

    BizRobo!要問い合わせ要問い合わせ有償トライアルあり·業務の特に合わせた導入タイプを提供

    ·複数のロボットを一元管理

    料金面の比較としてはいずれのサービスも詳細な料金は問い合わせが必要となりますが100,000円以上の費用がかかる傾向にあります。機能面の比較としては小規模で導入するのであれば無料トライアルのあるUiPathが直感的操作が可能で幅広い業務の自動化ができるのでおすすめです。

    BizRobo!(ビズロボ)の料金·評判·機能について。他のRPAと何が違う?

    WinActorで定型業務の自動化を

    企業においては定型的に行っている業務は意外と多く、これを効率化することでコア業務に人材を注力することができるのでぜひRPAツールの導入を検討してみてください。

    導入に際してかかる費用は決して低額ではありませんが、効率化·自動化できる時間や手間を考えると導入費用以上の効果を生み出せる場合が多いのでまずはサービス側との打ち合わせが重要です。

    画像·データ出典:WinActor公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部