Web会議システムにかかる費用は?費用を抑えるポイントも解説

更新日:
web会議のサービス資料を無料ダウンロード

web会議の製品をまとめて資料請求

新型コロナウイルスによる三密回避や働き方改革の動きに伴い、オフィス以外でも業務を行う企業が増加しています。

そのために、オフィスと同様の会議を遠隔地で実現する必要があるため、近年、多くのWeb会議システムが広く認知されるようになりました。

Web会議用のビデオ通話ツールは、今や多くの企業からリリースされていますが、どのサービスが適しているのかについてわからない方がいらっしゃるかもしれません。

そこで、本記事ではおすすめのWeb会議システムやその利用方法について紹介することで、皆さまの参考となる情報を提供したいと思います。

おすすめの類似Web会議システム

時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

(4.5)

定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

使いやすいインターフェースを採用

RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

安定した会議を実現

RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

利用しやすい料金体系

RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

接続や操作が簡単

LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

きれいな画質

画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

カスタマイズができる

人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

この製品はWeb会議の製品です。

\30秒でダウンロード可能/

Web会議の製品をまとめて資料請求

Web会議システム導入時、費用面で注目するポイント

ここからはWeb会議システムの導入時に注目すべきポイントについて解説していきます。

導入コストを考慮する

Web会議システムを導入する前に、コストがどの程度かかるのか把握することが重要です。

何らかのWeb会議システムを選択する前に、まずは選択肢をリサーチしましょう。

オフィスでのコミュニケーションを維持するために、Web会議システムが必要になる場合、収益が増加するかどうか、従業員の生産性が向上するかどうかを考慮しましょう。

次に、費用をリサーチすることが重要です。

多くのWeb会議システムは一定の費用がかかりますが、パッケージによっては、月額や年間契約による利用料金が必要となる場合があります。

運用コスト、定額料金の見積もり

定額料金の見積もりは、月額や年額などの一律料金でWeb会議システムを利用できるプランです。

従量課金方式と違い、利用回数や利用時間に応じて費用が変更されることはなく、予算の見積もりが容易になります。

企業にとっては、使いたいときに使いたいだけ利用できるこのプランは、非常に効果的な費用対効果が得られるでしょう。

ただし、これは利用頻度が高い場合や導入規模が大きな企業にとっては適していますが、利用率が低い場合には、月額料金の支払いが無駄になってしまう可能性があります。

そのため、利用頻度や規模を事前に把握した上で定額料金の見積もりを申し込むことが大切です。

追加機能やオプション料金を確認する

Web会議システムについて、費用を抑えるための方法として、追加機能やオプション料金を確認することが重要です。

多くのWeb会議システムには、基本的な機能以外にも追加機能やオプションが用意されています。

これらの機能やオプションは、会議の質を向上させるために必要な場合もありますが、余分なコストを発生させることになります。

費用がかからないWeb会議システムは?

ここからは費用がかからないWeb会議システムについて解説していきます。

bellFace

BellFaceは、近年多くの企業で採用されているオンライン商談ツールです。

このツールの最大の魅力は、5秒で相手と接続できるという手軽さにあります。

さらに、営業を効率化できる多数の機能が搭載されています。

顧客情報や商談履歴を一元管理し、自動予約や顧客分析などの機能も備えています。

これらの機能により、営業担当者はよりスムーズな商談を行え、より多くの時間を顧客との接点に充てることができます。

また、BellFaceは導入のサポートも徹底しています。

ツールの導入に不安がある方でも安心して利用できるサービスと言えます。

zoom

今日では、Web会議システムとして利用されるだけでなく、Zoomはオンライン飲み会など様々な場面で活躍しています。

Zoomは、100人まで無料で参加することができ、チャット機能を備えているため、映像だけでなく、文字でもコミュニケーションを行うことができます。

これにより、参加者全員がリアルタイムで意見交換を行い、議論を深めることができます。

remoteMeeting

RemoteMeetingは、コロナ禍において企業のテレワークやオンライン会議需要が高まる中、OrangeOne株式会社が販売するクラウド型のWeb会議サービスです。

最近は企業だけでなく、学校や個人でも利用する場合が増えています。

これは、クラウド型であるため時間や場所を選ばずに利用することができる簡単な操作性から高い評価を得ているからです。

また、マルチデバイスに対応しているためスマートフォンやタブレットでも利用することができ、外出先や自宅でも簡単にWeb会議が可能です。

Web会議システムの費用を抑えるポイント

ここではWeb会議システムの費用を抑えるポイントについて解説していきます。

クラウドシステムを選択する

オンラインでのビジネスコミュニケーションが増えるにつれて、Web会議システムを利用する企業も増加しました。

しかし、Web会議システムを導入するとなると、その費用についても考慮する必要があります。

費用を抑える方法は、クラウドシステムを選択することです。

クラウドシステムでは、Web会議システムに必要なハードウェアやソフトウェアの設置やメンテナンスの費用が不要です。

また、クラウドサーバー上にWeb会議システムを設置するため、自社でサーバーを保有する必要もありません。

これにより、ハードウェアやサーバーにかかる費用を大幅に削減することができます。

適切なプランを選択する

適切なプランを選択することは、Web会議システムの費用を抑える上で非常に重要なポイントの1つですが、このポイントにはまだもう1つアドバイスがあります。

それは、実際に必要な機能や機能拡張によって使用するプランを選択することです。

ある程度の予算を組んでいる場合でも、最も高度なプランを選択することは、無駄なコストをかけることになるかもしれません。

オープンソースのシステムを検討する

ビジネスにおいて、Web会議システムは不可欠なツールの1つとなっています。

しかしながら、多くの企業では、Web会議システムの導入や更新にかかる費用が高額であるため、慎重な検討が必要です。

そこで、費用を抑えるために、オープンソースのWeb会議システムを検討する必要があります。

オープンソースのWeb会議システムは、商用システムと比較して、費用が抑えられることが大きな利点です。

これは、オープンソースのシステムが無料で提供されるためで、導入コストやライセンス料の負担がないためです。

また、オープンソースのシステムは、多くの場合、コミュニティベースで開発されており、使用上の問題に対して、迅速に修正されるというメリットもあります。

まとめ

今回はおすすめのWeb会議システムなどを紹介してきました。

より効率的な会議を実現するためには、各社に最適なWeb会議システムを導入することが不可欠となります。

本記事を参考に、皆様がお使いのシステムと比較検討していただき、最適解を見つけていただけますと幸いです。

    その他の関連する記事

    これは Web会議 の製品です。
    Web会議 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【WEB会議】

        時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

        (4.5)

        定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
        初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

        プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

        使いやすいインターフェースを採用

        RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

        安定した会議を実現

        RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

        利用しやすい料金体系

        RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

        高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
        初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

        日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

        接続や操作が簡単

        LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

        きれいな画質

        画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

        カスタマイズができる

        人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載