WEB会議ツールのセキュリティ課題とその対策方法

更新日:
web会議のサービス資料を無料ダウンロード

web会議の製品をまとめて資料請求

WEB会議ツールを使用するなら、十分なキュリティ対策が必要です。

リスクを正確に把握することで適切に対策を行えます。

この記事では、WEB会議ツールのセキュリティ課題とリスクの回避方法をまとめました。

WEB会議ツールのセキュリティ対策機能や、実際に発生したセキュリティ事故とあわせて解説します。

おすすめの類似Web会議システム

時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

(4.5)

定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

使いやすいインターフェースを採用

RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

安定した会議を実現

RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

利用しやすい料金体系

RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

接続や操作が簡単

LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

きれいな画質

画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

カスタマイズができる

人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

この製品はWeb会議の製品です。

\30秒でダウンロード可能/

Web会議の製品をまとめて資料請求

WEB会議ツールが持つリスクにはどのようなものがあるのか

WEB会議ツールを使用する際に注意が必要な、リスクをまとめました。

不正アクセスとハッキング

WEB会議ツールに脆弱性がある場合、第三者による不正アクセスやハッキングといったリスクがあります。

アカウントの流出や乗っ取りに注意が必要です。

データの漏洩はもちろん、関係のない画像や動画を映すイタズラの被害にあうケースもあります。

データ漏洩とプライバシー侵害

不正アクセスやアカウント乗っ取りによる、データの流出に注意しましょう。

社内の重要な情報が流出すれば、悪用されたりインターネットに公開されたりする恐れがあります。

また、WEB会議ツールにより、顔や自宅などプライベートな空間が侵害されるのもリスクの一つです。

映像を閲覧されたり、インターネット上にさらされたりといった可能性があります。

不正な参加者

ウェブ会議ツールは、インターネット環境と端末さえあれば社外でも参加が可能です。

第三者による盗み見や盗み聞きに注意してください。

端末の紛失や盗難が発生することで、アカウントの不正利用やデータの抜き取り、改ざんなどの恐れがあります。

ほかにも悪意のある参加者による情報漏えいやプライバシーの侵害といった、リスクが考えられるでしょう。

自社でできるWEB会議ツールのリスク回避方法

WEB会議ツールを使用する際に、実践しておきたいリスク回避方法をまとめました。

定期的なアップデート

WEB会議システムやOSを定期的にアップデートすることが、セキュリティ対策として重要です。

システムのアップデートには、セキュリティ強化や改善が含まれます。

定期的にアップデートして、セキュリティを最新の状態に保つことが大事です。

認証の強化とアクセス管理

認証とは、特定の接続IDやIPアドレスだけがWEB会議ツールに参加できる仕組みです。

未登録の接続IDやIPアドレスからのアクセスを防げます。

アクセス権を正しく管理することで、不正アクセスなどのリスクを防げるでしょう。

セキュリティ意識の向上と教育

WEB会議ツールを使用するメンバーの、セキュリティ意識の向上を目指します。

無料Wi-Fiを利用しない、重要なファイルはサーバー上で保存しないなど、セキュリティの基本を教育しましょう。

IDやパスワードを使いまわさない、端末にパスワードロックをかけるなどの対策も徹底してください。

WEB会議ツールが持つセキュリティ対策機能

ウェブ会議ツールに備わっている、セキュリティ対策機能を紹介します。

データの暗号化

文章や音声を暗号化して、情報漏えいや改ざんを防ぐセキュリティ対策機能です。

暗号化されたデータは盗まれても内容がわかりません。

ウェブ会議ツールでは、処理速度が早く強固な「AES」が主に使用されています

認証とアクセス制御

接続IDやIPアドレスで認証することで、第三者による不正なアクセスを防ぎます。

さらに端末固有の番号である「MACアドレス」による端末認証も可能です。

同じ端末であれば場所に関係なく使用できるため、テレワークでも活躍します。

ユーザー認識技術

登録したユーザーを識別してアクセス制御などを行う機能です。

また、会議によって異なる参加者に、接続IDを発行して識別する機能もあります。

参加するにはそのWEB会議の接続IDが必要なので、第三者による不正なアクセスを防げるでしょう。

実際に起きたWEB会議ツールのセキュリティ事故

実際に発生した、WEB会議ツールのセキュリティ事故をまとめました。

ケース①Zoom爆撃

WEB会議システム「Zoom」への不正アクセスにより、発生したセキュリティ事故です。

URLが第三者に知られてしまい、無関係な画像や映像が流されてしまいました。

ケース②無料Wi-Fiによる情報の流出

無料Wi-FiでWEB会議ツールを使用してしまい、会議内容や企業情報が流出。

従業員のセキュリティ意識の低さが原因で、不正アクセスの被害にあった例です。

WEB会議ツールは万全のセキュリティ対策が必要

WEB会議ツールには、不正アクセスやデータ漏洩などのリスクがあります。

安全に使用したいなら、万全なセキュリティ対策が必要です。

リスク回避方法やセキュリティ対策機能をチェックしたうえで、WEB会議ツールを活用しましょう。

Web会議の製品比較

LoopGate

LoopGate

月額料金要問い合わせ

2,600社以上の企業や官公庁に導入されている、日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システムです。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れた、ワンランク上のオンラインコミュニケーションツールです。難しい設定が不要なシンプル設計で、どなたでも簡単にワンタッチ操作でお使いいただけます。

無料お試しあり

RemoteMeeting

RemoteMeeting

従量制費用29円/分

RemoteMeetingとは、OrangeOne株式会社が販売しているクラウド型のWeb会議サービスです。時間や場所を選ばず、簡単な操作ですぐにWeb会議をスタートできる利便性の高さが好評で、効果的なWeb会議に役立つ機能が豊富に搭載されています。

詳細記事はこちら

定額制月額費用990円〜

Web会議の製品比較

LoopGate

LoopGate

月額料金要問い合わせ

無料お試しあり

2,600社以上の企業や官公庁に導入されている、日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システムです。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れた、ワンランク上のオンラインコミュニケーションツールです。難しい設定が不要なシンプル設計で、どなたでも簡単にワンタッチ操作でお使いいただけます。

RemoteMeeting

RemoteMeeting

従量制費用29円/分

定額制月額費用990円〜

RemoteMeetingとは、OrangeOne株式会社が販売しているクラウド型のWeb会議サービスです。時間や場所を選ばず、簡単な操作ですぐにWeb会議をスタートできる利便性の高さが好評で、効果的なWeb会議に役立つ機能が豊富に搭載されています。

詳細記事はこちら

    その他の関連する記事

    これは Web会議の製品です。
    Web会議の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【WEB会議】

        時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

        (4.5)

        定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
        初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

        プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

        使いやすいインターフェースを採用

        RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

        安定した会議を実現

        RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

        利用しやすい料金体系

        RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

        高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
        初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

        日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

        接続や操作が簡単

        LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

        きれいな画質

        画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

        カスタマイズができる

        人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載