Diamond Portalの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
500円~
初期費用
21,000円
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは グループウェア の製品です。
グループウェア の製品をまとめて資料請求

あらゆる業務を一括管理したい。そんな時に使用感のいいツールを探していても使用が難しそうなものばかりで選びづらい。そんなときにご紹介したい簡易的なデザインで使い勝手のいい多機能業務改善ツールであるDiamond Portalをご紹介します。

Diamond Portalとは?

Diamond Portalとは、ハイディメンション株式会社が提供する業務円滑化ツールです。

低コストで多機能、使い勝手の良い簡易的な構成で、業務の内容確認や進展状況などの業務スケジュール管理や業務の優先度の設定、グループ内でのファイル共有や掲示板機能、メンバー同時のメッセージ機能、社用車や会議室の設備予約機能、勤怠状況確認など、業務を効率的に行うために必要な機能が兼ね備えてある業務効率化ツールです。利用料金は、初期導入費用が21,000円、月間利用料が基本料金で500円、GPSオプションは200円、年間利用契約の場合は1年契約の場合は、2カ月分割引になるなどの設定になっています。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

   

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。
プロジェクト管理の製品をまとめて資料請求

Diamond Portalの特徴

Diamond Portalの特徴としては、低コストで多機能な点でしょう。メンバー内のメッセージ機能を使用した情報共有は当たり前ですが、他の機能である設備予約機能や掲示板機能によるさらなる情報共有の場の提供、勤怠や経費管理、有給申請、日報や月報などの補助機能なども充実しており、Diamond Portal一つであらゆる業務をサポートすることができます。そしてこれらの多機能なサービスを低コストかつ簡易的に使用できる点が最大の特徴ですね。

Diamond Portalの口コミ、評判とは

Diamond Portalの口コミをみても、簡易的なホームページウェアによる使いやすさと豊富なポータルが評価に繋がっていますね。

●良い点として簡易ホームページエディタで目的別ポータルを実現しています。社内行事をまとめた「社内報」など、だれでも簡単に社内向け情報発信サイトを作成できます。

●様々な連絡事項やスケジュール管理を確実かつ効率的に行うため、当倶楽部ではグループウェアの導入を決め、いくつか検討しました。数あるグループウェアの中から最終的に、ダイヤモンドポータルを選んだ最大の理由は、他のグループウェアより機能が断然多く、標準で使えるという点でした。使い方も簡単で使いやすいです。外出先でも携帯電話さえあれば必要な機能が使えるので、多機能グループウェア“ダイヤモンドポータル”に決めて正解でした。

まとめ

Diamond Portalは低コストかつ多機能な業務円滑化サービスです。パソコンの扱いがあまり得意ではない方も使用しやすい設計により、ミスなくすぐに業務で使用できる点が優れていますね。使いやすさ重視の方はDiamond Portalの使用をオススメします。

    その他の関連する記事

    これは グループウェア の製品です。
    グループウェア の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    多機能で使いやすい

    評判

    全社向けのポータルのほか、組織向けのポータルや個人ごとのポータルなど3種類のポータルを作成できます。公開するポータルを選択することやレイアウト変更機能などがあります。多機能な面がいいですね。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【グループウェア】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載