• Wrike(ライク)の料金·評判·機能について。無料でどこまで使える?

    最終更新日 

    タスク管理を効率化するためにタスク管理ツールを導入しているという企業は多いことでしょう。ですが管理者の立場からしても従業員の立場からしても、タスクの進捗状況をうまく把握することができなかったりプロジェクト全体の進捗が把握できないなどの問題にぶつかってしまうケースがあります。

    そこで今回はあらゆる業界におけるチームのタスク管理を効率化できるツールのWrike(ライク)をご紹介させていただきます。

    Wrikeとは

    WrikeはアメリカのWrike社が提供しているタスク管理ツールです。

    個人でタスク管理をしている時にはわかりにくかったプロジェクトの進捗状況やタスクの進捗具合を可視化することができ、チームメンバーとの情報共有も簡単にできるようになることから世界中で20,000社以上の企業で導入されているサービスです。

    Wrikeの機能・特徴

    必要な機能がオールインワンされている

    Wrikeはプロジェクトの始まりから終わりまでに必要な機能が1つの画面で行えるようにダッシュボードをカスタマイズすることができます。

    タスクごとに優先順位をつけて可視化することで効率的にタスクを消化していくことができます。目標に締め切りを設定することで進捗状況の確認、メンバーごとのタスク消化状況を管理しやすくすることができます。

    タスクのテンプレート化が可能

    Wrikeでは定期的なタスク・プロジェクトをテンプレート化することができます。

    テンプレート化によって同じようなプロジェクトが発足した時にいちいちタスクを作成する必要がなくなるのでスピード感を持って業務に取り組むことができます。

    ガントチャートを作成可能

    タスク管理において工程数を効率的に管理することができるようになるガントチャートを作成することができます。

    視覚的にタスクスケジュールを確認できるだけでなくチームメンバーの進捗を簡単に追跡することもできます。

    レポート作成機能

    Wrikeではプロジェクトの進捗状況や過去の達成した目標についてのレポートを作成する機能が搭載されています。

    手書きでレポートを作成していた時間がWrikeを利用すれば大幅に効率化することができます。

    連携可能なサービスについて

    WrikeはPCはもちろん、スマートフォンやタブレットなどの端末に対応している利便性の高さだけでなく、様々なサービスと連携することが可能な点も高評価を受けています。

    主な連携できるサービスは以下の通りです。

    • Salesforce
    • Box
    • Google Drive
    • Jira
    • Github
    • Slack
    • Dropbox
    • Microsoft OneDrive
    • MSプロジェクト
    • MSエクセル

    Wrikeの料金・価格

    無料で利用することができるFreeプランをはじめ、1ユーザーごとに月額9.80ドルの費用が発生するProfessionalプラン、1ユーザーごとに月額24.80ドルの費用が発生するBusinessプランなどが用意されています。

    Enterpriseプランは別途お問い合わせが必要です。

    2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

    プランごとに利用できる機能について

    Freeプラン

    • かんばん表示
    • タスク管理機能
    • ファイル共有機能
    • 更新情報のリアルタイムストリーム表示
    • スプレッドシートビュー機能
    • Microsoft365、MS Teams、Slackとの連携
    • ブラウザ、デスクトップアプリ、モバイルアプリでの利用
    • Google Drive、Dropbox、Box、OneDriveとの連携
    • ストレージ容量は2GB

    Professionalプラン

    ProfessionalプランではFreeプランに加えて以下の機能が利用可能です。

    • タスク下にサブタスクを作成
    • ガントチャート機能
    • MS Project、Excel、RSSとの連携
    • ダッシュボード(共有可能)
    • ゲストユーザーの追加機能
    • ストレージ容量は5GBから(ユーザー数に応じて追加)
    • 月あたりの動画アップロード容量は15GBから

    Businessプラン

    BusinessプランではProfessionalプランに加えて以下の機能が利用可能です。

    • カスタムフィールド機能
    • カスタムワークフロー機能
    • リアルタイムレポート共有
    • レポートのテンプレート化
    • 多彩なグラフ表示機能
    • カレンダー機能
    • リクエストフォーム作成機能
    • プロジェクトとタスクにおける承認プロセスの実施
    • タイムトラッキング機能
    • ユーザーグループ設定と権限管理機能
    • Salesforceとの連携
    • 作業スペースロゴを自社ロゴに変更
    • ストレージ容量は50GBから(ユーザー数に応じて増加)
    • 月あたりの動画アップロード容量は15GBから
    • オートメーション

    Enterpriseプラン

    EnterpriseプランではBusinessプランに加えて以下の機能が利用可能です。

    • Active Directoryとの連携
    • シングルサインオン(SSO)
    • 2段階認証
    • パスワードポリシーの設定
    • 管理者権限の詳細設定
    • ユーザー監査レポートの作成
    • ポリシー設定によるネットワークアクセスの制限
    • BIツールとの連携
    • より高度なユーザーアクセス管理の実現
    • ストレージ容量は100GBから(ユーザー数に応じて増加)
    • 月あたりの動画アップロード容量は15GBから

    Wrikeの強み

    Wrikeの強みは豊富なワークビューが搭載されていることです。工数管理におすすめなガントチャートはもちろん、ボードビュー、テーブルビュー、タイムログビュー、ファイルビュー、ボードビューと多くのワークビュー機能があります。

    スケジュール管理はガントチャート、ステータス変更はボードビューというように同じデータでもワークビューを変えることで管理のしやすさがグッと変わるのでWrikeのように様々なワークビューを利用することができるシステムは非常に優れた管理システムと言えます。

    利用企業からの評判・口コミ

    プロジェクト進捗の共有が効率化

    “Wrikeは当社が設定する厳しいセキュリティ基準にも対応でき、必要な機能も満たしていたため導入を決めました。Wrike導入によってアセットの高品質化、業務の効率化が実現できました。”(Airbnb様)

    プロジェクトのステータスが検索しやすくなりました

    “以前はスプレッドシートを利用してタスク管理をしていましたがワークロードをトラッキングすることができないなどの問題点がありました。Wrikeを導入してからは担当者をすぐに確認することができ、アクションも起こしやすくなりました。レポートを簡単に作成できるのでプロジェクトの成果を証明することが可能になりました。”(Premier Sotheby’s International Realty様)

    SNSでの評判・口コミ

    類似サービスとの比較

    Wrikeとの類似サービスとしてはjootoやBacklogなどのサービスが挙げられます。これらのサービスを料金面や特徴で比較すると以下の通りです。

    サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
    Wrike・Professional/9.80ドル/ユーザー
    ・Business/24.80ドル/ユーザー
    ・Enterprise/要問い合わせ
    0円フリープランあり
    ・タスク管理に関するレポート機能
    ・タスクをテンプレート化
    jooto・スタンダートプラン/500円/ライセンス
    ・エンタープライズプラン/1,300円/ユーザー
    0円フリープランあり
    ・直感的操作が可能
    ・メンバー権限を簡単に設定可能
    Backlog・スタータープラン/2,400円
    ・スタンダードプラン/11,800円
    ・プレミアムプラン/19,800円
    ・プラチナプラン/50,000円
    0円あり
    ・必要な機能がオールインワンされている
    ・Wikiを利用できる

    料金面としては少人数であれば500円から始めることができるjootoがお得です。機能面としては達成したタスクのレポート作成やタスク作成のテンプレート化ができるWrikeがおすすめです。

    jooto(ジョートー)の料金·評判·機能について。無料でどこまで使える?

    backlog(バックログ)の料金・評判・機能について。月2,400円から使える?

    Wrikeでタスク管理の高速化を

    今回はタスク管理ツールのWrikeをご紹介させていただきました。Wrikeのようにタスク管理を可視化することができるツールを導入することは管理者だけでなく、従業員自身のタスク進捗管理も効率化できるのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

    導入に際しては、自社のタスク管理における課題を明確にし、課題解決に必要な機能を把握しておきましょう。トライアルプランなどを提供しているサービスも多いので試験的に運用してみてタスク管理ツールとはどういったものなのか、何ができるのかを体験しておくことも重要です。

    画像・データ出典:Wrike公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部