勤怠管理システムの費用はどのくらいかかる?費用を抑えるコツは?

更新日:
勤怠管理のサービス資料を無料ダウンロード

勤怠管理の製品をまとめて資料請求

勤怠管理システムの導入を検討しているとき、気になるのが費用です。

コストを抑えて導入するためにも、費用の相場をチェックしておきましょう。

この記事では、勤怠管理システムの相場を種類別に紹介します。

費用の内訳や抑えるコツ、実サービスの費用の例とあわせてまとめました。

おすすめの勤怠管理システム

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

       

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

類似サービス: freee勤怠管理Plus

(4.5)

月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

       

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

類似サービス: KING OF TIME

(4.5)

         
月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間3営業日〜

KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

       

豊富な打刻手段

KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

給与計算も効率化

KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

いつでも最新の状態で利用できる

働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。


勤怠管理システムの導入でかかる費用

勤怠管理システムの導入にかかる、費用の内訳を紹介します。

初期費用

勤怠管理システムを導入する際に必要な費用です。

自社で運用するオンプレミス型の場合は、初期費用が高額になる傾向があります。

一方でインターネット上のサーバーから提供されるクラウド型は、初期費用が安いのが特徴です。

ほかにも打刻デバイスや端末の購入などに別途で費用がかかるケースがあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

有料の導入サポートを提供している勤怠管理システムもあるので、あわせてチェックしてください。

ランニングコスト

勤怠管理システムを利用するために、月額使用料を支払います。

クラウド型の場合は利用者の人数で費用が決まる形が一般的です。

また、オンプレミス型はサーバー費や保守サポート費などがかかります。

管理・運用を行うエンジニアが必要なので、その人件費も必要でしょう。

勤怠管理システムの費用相場

勤怠管理システムの費用相場を、オンプレミス型とクラウド型、カスタム開発型にわけてまとめました。

オンプレミス型の費用相場

オンプレミス型の初期費用は、サーバーの設置やシステム構築、パッケージ購入、システムのインストールなどをあわせて、30万円〜150万円が目安です。

ランニングコストはサーバー費、エンジニアの人件費、保守サポート費のトータルで、月額40~100万円ほどかかります。

正確な費用は規模や機能によって違うため、見積もりをとって比較しましょう。

クラウド型の費用相場

クラウド型の勤怠管理システムの初期費用は、0~20万円を目安にしてください。

初期費用が無料な勤怠管理システムも多いですが、打刻デバイスや端末の購入が必要なケースもあります。

月額使用料は、1人につき月額200円〜500円くらいが目安になるしょう。

オプションの追加や人数によって費用は左右されるため、見積もりをとって比較するのがおすすめです。

カスタム開発型の費用相場

1から勤怠管理システムを開発する場合、初期費用は数十万から数百万ほどかかります。

その他にカスタマイズ費用やランニングコスト、保守サポート費なども必要です。

規模や機能によって費用は異なるため、まずは見積もりをとってください。

勤怠管理システムの費用を抑えるコツ

勤怠管理システムの費用を抑えて、導入する方法を紹介しましょう。

企業規模に合ったプランを選ぶ

勤怠管理システムの導入は、規模が大きいほどコストがかかります。

大企業向けのプランだと、費用が高くなる傾向があるので注意が必要です。

自社の規模にあった勤怠管理システムやプランを選択することで、費用を抑えられます。

なお、多機能な勤怠管理システムほど費用は高い傾向があるため、必要な機能を絞って選ぶのもよいでしょう。

クラウド型の活用

コストを抑えて勤怠管理システムを導入したいなら、クラウド型がおすすめです。

初期費用が無料なケースが多く、ランニングコストも安くすみます。

一方で同じクラウド型勤怠管理システムでもそれぞれ費用は異なるため、比較したうえで選ぶことが重要です。

カスタマイズの必要性の検討

オンプレミス型やカスタム開発型は、機能をカスタマイズができます。

一方でカスタマイズには費用がかかるので注意が必要です。

本当に必要なカスタマイズなのか、社内で検討したうえで依頼してください。

勤怠管理システムの費用を実サービスでご紹介

勤怠管理システムの費用を、実サービスを例に紹介します。

勤次郎

プラン名初期費用クラウド金額使用料金
勤次郎Smart無料1アカウント200円
勤次郎Lite個別見積り1アカウント300円
勤次郎Enterprise個別見積り1アカウント370円~400円

スマレジ・タイムカード

プラン名月額使用料追加料金
スタンダード30名まで0円31名以上で1人につき+110円
プレミアム10名まで2,420円11名以上で1人につき+385円
プレミアムプラス10名まで4,840円11名以上で1人につき+495円
エンタープラス10名まで7,260円11名以上で1人につき+770円

勤怠管理システムの費用相場をチェックしよう

勤怠管理システムの費用相場は種類によって異なります。

オンプレミス型とクラウド型、カスタム開発型、それぞれの初期費用やランニングコストをチェックしておきましょう。

費用を抑えて導入するコツも紹介したので、あわせて参考にしてください。

これは 勤怠管理 の製品です。
勤怠管理 の製品をまとめて資料請求
    • 勤怠管理

      類似サービス: Shachihata Cloud

      (4.5)

      月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
      初期費用0円最短導入期間即日〜

      Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

             

      紙の決裁業務をそのまま電子化

      Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

      運用に合わせて柔軟な設定が可能

      Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

      電子帳簿保存法対策に有効

      Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      類似サービス: freee勤怠管理Plus

      (4.5)

      月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
      初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

      freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

             

      多彩な打刻方法が導入できる

      freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

      わかりやすい画面で管理・修正が可能

      freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

      勤怠状況を一覧で確認

      管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

      類似サービス: KING OF TIME

      (4.5)

               
      月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
      初期費用0円最短導入期間3営業日〜

      KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

             

      豊富な打刻手段

      KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

      給与計算も効率化

      KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

      いつでも最新の状態で利用できる

      働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載