勤怠管理システムの種類

更新日:

勤怠管理システムの種類は?

  • クラウド型:スマホやタブレットから勤怠管理が簡単にでき、集計も簡単
  • ソフト(オンプレミス)型:自社の利用目的に合わせた柔軟なカスタマイズができるが導入費用が高額になりやすい
  • アプリ型:スマートフォンに専用のアプリで自分のスマホを使って打刻ができるようになり、打刻機などが必要なくなる

クラウド型

クラウド型のサービスではスマホやタブレットから勤怠管理が簡単にできることからテレワークのような在宅勤務にも簡単に対応が可能です。

エクセルや紙での勤怠データ集計が勤怠管理システムを導入することで大きく効率化できるというのも担当者からすると魅力的です。

ソフト(オンプレミス)型

ソフト型の勤怠管理システムは自社の利用目的に合わせた柔軟なカスタマイズができるというメリットがあります。ですが運用管理を自社で行わなければいけない点とクラウド型と比較すると導入費用が高額になりやすいというデメリットがあります。

アプリ型

アプリ型はスマートフォンに専用のアプリをインストールすることで自分のスマホを使って打刻ができるようになるというメリットがあります。
専用の打刻機を購入しなくて良いので機材面のコストカットが魅力的です。サービスによっては端末が対応していないケースがあるというデメリットもあります。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載