Zendesk Supportの料金評判機能について

更新日:

    企業において、問い合わせ対応は顧客のニーズを把握できるだけでなく、適切な対応ができれば顧客満足度の向上も期待できることから決して軽視できない業務です。

    ですが、昨今の少子高齢化問題や働き方の多様化に伴う人材定着率の低下などによって問い合わせ業務に対応するカスタマーサクセスの人手不足は申告な問題になっています。

    問い合わせ業務に対する人手不足解消の手段として、多くの企業で導入が進められているのがヘルプデスクツールです。

    今回はそんなヘルプデスクツールの中でも多くの企業で導入されているZendesk Supportについてご紹介させていただきます。

    Zendesk Supportとは

    Zendesk Supportとはデンマーク発のZendeskシリーズの中でもカスタマーサクセスの業務効率化が可能なヘルプデスクツールです。

    種類の違う問い合わせでも優先順位が視覚的に把握できるようになるので、顧客を待たせることなくユーザー満足度の高い問い合わせ対応が実現できるようになります。

    Zendesk Supportの機能・特徴

    種類の違う問い合わせも一元管理

    企業に寄せられる問い合わせは、フォーム経由だけでなく電話やメールなど様々な方法で寄せられます。

    それぞれに個別で対応していると優先順位や重要度が把握できないという問題がありますが、Zendesk Supportであれば異なる種類の問い合わせも一元管理できるようになります。

    トリガー機能を使うことで、設定されたお問い合わせに対してはワークフローを自動で実行するようにでき、時間経過によって定型文を自動送信することができるので問い合わせ対応のスピードを向上させることができるだけでなく、オペレーターの負担を軽減することも可能です。

    自社にあったカスタマイズが可能

    Zendesk Supportではシンプルで使いやすい管理画面を採用していますが、さらに使いやすくするために、導入企業にあったカスタマイズが可能です。

    100種類以上のAPI連携が可能で、カスタマーサクセスがより成長できるようなナレッジベースの構築や、チケット機能を使うことで問い合わせの優先度を視覚化することも可能になります。さらに、管理画面に表示する項目はユーザーが自由に設定できるので、自社にとって不要な項目があれば使いやすいように手軽にカスタマイズすることで利便性を向上させることができます。

    分析ツールで顧客満足度の向上へつなげる

    Zendesk Supportには様々な分析機能が搭載されているので、分析結果を元にさらに質の高い対応を提供することで顧客満足度の向上へつなげることができます。

    カスタマーサクセスを利用したユーザーに対して満足度の評価をしてもらえる機能やアンケートを実施できる機能などユーザーの生の声をもとに自社の課題を明確にすることができます。

    また、問い合わせの数や回答までに要した時間などのデータを自動で集計してグラフ化できるので課題の可視化も可能です。浮き彫りになった課題はレポート化することで目標の設定に役立てることができます。

    Zendesk Supportの料金・価格

    Zendesk Supportでは5つのプランを提供しています。

    低額から利用することができるEssentialプランは1ユーザーにつき月額5ドルです。

    Essentialプランよりさらに顧客分析などの機能が追加されたTeamプランは1ユーザーにつき月額19ドルの費用が発生します。

    Professionalプランは1ユーザーにつき月額49ドルの費用がかかり、Enterpriseプランは1ユーザーにつき月額99ドルとなっています。

    もっとも多機能なEliteプランは1ユーザーにつき月額199ドルの費用が発生します。全て年間契約時の月額換算料金となります。

    Professionalプランを無料で試すことができるのでまずは試験的に運用してみることをおすすめします。

    2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    Zendesk Supportの強み

    Zendesk Supportの強みは多言語での対応が可能という点にあります。

    海外発のサービスなので英語はもちろんその他40以上の言語に管理画面を切り替えることが可能です。海外拠点がある企業や外国人ユーザーが多い、外国人のカスタマーサクセスがいるという企業にとっては対応がスムーズになるので非常に大きな強みと言えます。

    Zendesk Supportの導入事例・評判

    スムーズな顧客対応ができるようになりました

    “以前はメールによる対応を行っていましたが、回答までにラグが発生してしまうことと従業員への負担が大きいことからコスト面と使いやすさの面からZendesk Supportを導入することにしました。導入後は24時間以内に回答できるのはもちろん、できていないものにはアラームが届くようになったので対応の漏れがなくなりました。”(Peach Aviation株式会社様)

    ヘルプセンターの運用が効率化できました

    “以前はGmailを活用した顧客対応をしていましたが手間と時間がかかり非常に非効率でした。Zendesk Supportは直感的操作が可能で、SFAと連携できる点もいいですね。チケット機能を活用してヘルプセンターのナレッジ蓄積に活用することで顧客満足度の高い対応ができるようになったと感じています。”(HENNGE株式会社様)

    類似サービスとの比較

    Zendesk Supportとの類似サービスとしてはチャットプラスやメールディーラーが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名月額料金初期費用無料お試し特徴
    Zendesk Support5ドル〜/ユーザー0円あり・問い合わせの一元管理
    ・多言語対応
    チャットプラス1,500円〜0円10日間無料トライアルあり
    ・シンプルな設計
    ・低価格から運用可能
    チャットディーラー要問い合わせ要問い合わせあり
    ・2タイプのチャットボットを設置可能
    ・1契約で複数ボットを設定可能

    料金面の比較としては1ユーザーあたり5ドルから運用可能なZendesk Supportが安価に利用することができるのでおすすめです。

    機能面の比較としては海外拠点がある企業にとっては多言語対応が可能なZendesk Chatがおすすめですが、国内での利用という場合にはシンプルな設計で価格も比較的安価なチャットプラスがおすすめです。

    Zendesk Supportで問い合わせ業務の効率化を

    問い合わせ業務を効率化することで、顧客満足度の向上だけでなく、社内へのナレッジ蓄積や課題の明確化など大きなメリットが得られます。

    自社が問い合わせ対応において何が課題となっているのかを明確にした上で、必要な機能だけをまずは使いこなせるように、無料トライアルからまずは導入してみることをおすすめします。

    画像・データ出典:Zendesk Support公式サイト

      • qeee枠【Web接客】

        専門的な知識は不要: hachidori(ハチドリ)

        (4.5)

        基本料金5万円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用10万円〜最短導入期間要問い合わせ

        直感的な操作画面で、チャットボット開発における専門的な知識がなくても、5分程度で作成できる手軽さが魅力的で、hachidoriを使用して7,000を超えるチャットボットが作られた実績があります。

        幅広い用途のチャットボットが開発できる

        hachidoriでは、マーケティングから業務効率化まで幅広いチャットボットの開発が可能です。 リード獲得や顧客関係構築、カスタマーサポートなどの用途でチャットボットを開発することができ、LINE·Facebook·LINE WORKS·WEBなど、豊富なプラットフォームに対応しているため、幅広いシーンでの運用が実現できます。

        簡単なシナリオ設定

        hachidoriは、直観的に操作ができる管理画面から簡単にシナリオ設定することができ、ノンプログラミングでの運用が可能です。 7,000を超えるチャットボットの開発実績をもとにした、成果につながる初期構築が実現できます。

        LINE統合が可能

        hachidoriでは、LINEの公式アカウント発行からチャットボットの作成までを一気通貫して行うことができる統合ソリューションを提供しています。 LINE公式パートナーだから取り扱うことができるソリューションと、7,000件以上のチャットボット開発から培ったノウハウを掛け合わせたhachidoriだけのサービスを提供することが可能です。

        PDCAを回してより良い顧客体験を提供: anybot

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

        自動接客だけでなく、データを活用したCRM(顧客関係管理)としての機能も有しており、直接ビジネスにインパクトする予約やEC、その他集計分析機能も搭載されているため、PDCAを回しながら、より良い顧客体験を提供することができるようになります。

        開発不要で自社に合ったチャットボット/データ活用を実現

        anybotのチャットボットは、開発不要で自社に合った内容を構築することができます。高度なカスタマイズ機能も搭載されており、WebのUIやチャット用のアイコンを自由自在にカスタマイズすることができます。 公開方法も1行のコードを貼り付けるだけと非常に手軽に、自社の問い合わせ対応にチャットボットを導入することができます。

        高度なCRM(顧客関係管理)機能

        anybotは、顧客管理機能にも優れており、ユーザーが選択した内容やアップロードしたファイルを自動的にユーザーデータとして保存することが可能です。

        優れた集計分析機能

        多くの導線やKPIなどの情報を自動で集計して分析、可視化することが可能です。 業務別·アンケート別の集計のほか、ユーザーの操作やキーワード別の分析がスマートフォンからでも簡単に確認できるため、より効率化された改善、PDCAサイクルの実行を可能とします。

        類似サービス: qualva

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

        qualvaとは、株式会社PROFESSYが運営しているチャットボットサービスです。 新規顧客の獲得を目的として開発されたチャットボットのため、Webサイトにおけるコンバージョン率向上にお悩みの企業の強い味方となってくれます。

        離脱率を抑えてコンバージョンを促進

        qualvaは、業界でも唯一、新規顧客の獲得を目的として開発されたチャットボットです。 普段から慣れ親しんでいる対話形式のデザインで、ユーザーのフォーム入力を優しくサポート、入力モチベーションの向上を促します。

        豊富なサービス連携で新しい購入体験を実現

        qualvaは、ECカートや決済代行サービス、後払い与信サービスとのシームレスな連携が可能です。 D2C向けECカートとの連携によって、顧客管理プロセスを変えることなくqualvaを利用することができるだけでなく、CRMやAPIがない独自に開発された受注管理システムとの連携までもが可能となっています。

        優れたUI/UX

        qualvaが多くのユーザーに利用され、確かな成果を発揮している理由の1つに、その優れたUIが挙げられます。 熟練のUIデザイナーが長い時間をかけてピクセルレベルで厳密にデザインされたUIであるため、ストレスのない操作を実現します。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載