• Robee(ロビー)の料金·評判·機能について。月額50,000円から使える?

    最終更新日 

    Robeeとは

    2015年に設立された「株式会社Macbee Planet」により、2017年にリリースされたのがRobee(ロビー)です。

    近年、定額で利用し放題のサブスクリプションサービスが様々なジャンルで台頭しています。また、毎月商品が届くタイプの通販により安定した利益を上げるケースも多いですが、これらのサービスでは解約をどう防ぐかがポイントです。

    Robeeはこのようなサービスを手掛けている企業向けのツールで、ユーザーの気持ちをつかむために使われます。

    Robeeの特徴·機能

    LTVを高めることに注力

    サブスクリプションサービスが注目を集めるにつれて、マーケティングではLTVという言葉がよく使われるようになりました。LTVとは「Life Time Value」の略で、そのユーザーとの取引が始まってから終わるまでの利益の総額を導き出す指標です。サブスクリプションサービス、定期的に届く通販などでは消費者は毎月支払いをするため、離脱を防ぎ、LTVを高めることは非常に重要です。

    Robeeは解約に注目したツールで、どのようなユーザーがサービスを解約しやすいのかを分析してくれます。解約に踏み切りやすいユーザー像が分かれば、同時に解約とは遠いところにいるユーザー像を導き出せるのです。

    2方向からのアプローチ

    Robeeはまず分析から入り、分析後にはLTVを高めるため2つの方向からアプローチします。

    1つ目は既存のユーザー対策であり、現状の問題を洗い出すことによりサービスの向上が見込めるのです。

    2つ目は新規のユーザー取り込みであり、行動分析により新規のユーザー取り込みのために力を入れるべきコンテンツが浮き彫りになります。

    A/Bテストも可能

    2パターンから成果につながる方を探り出すA/Bテストはサイトの最適化に欠かせませんが、Robeeは簡単にA/Bテストを実施できる点も見逃せません。

    新規ユーザーの取り込みにしろ、既存のユーザー対策にしろ、Robeeはチャットポットを効果的に使ってくれます。まだサービスについてよく分かっていないユーザーに対してはメリットを、既存のユーザーには伝えられていない隠れた魅力を提示することで、LTVのアップが見込めるのです。

    Robeeの強み

    Robeeの強みは、新規契約と既存ユーザーの契約更新の両方に対して効果が期待できる点です。

    どちらかにアプローチするのではなく、両者に対してアプローチしてくれるので、Robeeを活用するだけでユーザーのより一層の取り込みが期待できます。また、そのユーザーの取り込みの中で、マーケティングに役立つ深層心理を知れる点も大きなポイントです。

    ユーザーの属性、動きなど様々な要素から把握できる深層心理は、本人すら気づいていないものも多く、マーケティングを仕掛ける側からすれば財産と言っても過言ではありません。Robeeを導入してユーザーについて深く知ることは、サービスの充実化につながるでしょう。

    Robeeの価格·料金プラン

    Web接客、解約防止の2つのメニューがRobeeにはありますが、この2つはそれぞれ別料金です。

    まず、Web接客については1ヶ月に5万円からと公式サイトで記載されていますが、一方で利用するサイトのユニークユーザーが月間10万を超える場合は料金体系が変わります。

    ユニークユーザーが月間10万を超える場合は、料金体系がユニークユーザー数に応じたものに変わりますが、その具体的な料金体系は公開されていません。そのため、すでに月間10万以上のユニークユーザーを抱えている場合は、料金体系について問い合わせが必要になります。

    続いて、解約防止はWeb接客とは違って公式サイトでは明記がなく、やはり問い合わせが必要です。両方のサービスを利用する場合も同様なので、Web接客しか利用せずユニークユーザーが少なめな場合を除いて、問い合わせるのが基本です。

    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    Robeeの注意点

    機能の多さなどのメリットから様々な企業が導入しているRobeeですが、先に書いたように、ユニークユーザー数次第で費用がかさむ可能性があります。

    サイト数無制限などのメリットも大きいものの、サービスの状態によってはコストパフォーマンスの部分にネックを抱える恐れがあるため、導入の前にはコストの部分も意識してください。

    Robeeの口コミ·利用企業からの評判

    貴重な意見を収集できました

    “お客様がチャットボットを邪魔だと感じるのではないか、そのような懸念はありましたが、実際にはお客様によく利用していただけます。解約される方からも積極的に意見を出していただけるのは、運営側からすれば非常にありがたい話です。真摯な意見は非常に参考になりますし、よりよいサービスを作り上げる上で役立っています。”(株式会社バンダイナムコライツマーケティング様)

    類似サービスとの比較

    Robeeとの類似サービスとしてはChamoやKARTEなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
    Robee50,000円〜要問い合わせなし(デモ体験あり)·LTV向上に注力
    ·解約防止に強み
    Chamo·スタンダード/6,980円〜

    ·プレミアム/12,800円〜

    ·アイビスプラン/14,900円〜

    0円15日間無料トライアルあり·低価格で始めることができる

    ·直感的な操作が可能

    KARTE要問い合わせ要問い合わせなし·テンプレートが豊富
    ·拡張性が高い

    料金面の比較としては、明確な料金が記載されていないサービスもありますがChamoが1ユーザーにつき月額6,980円から利用することができるので比較的安価にスタートすることができます。

    機能面の比較としては、ある程度サイト運営を行ってきた方にとっては、解約ユーザーの心理を分析できることでLTV向上にも繋げることができるRobeeがおすすめです。

    RobeeでLTVの向上を

    LTVは様々な業種で意識したい指標です。LTVが利益に直結するサブスクリプションサービスなどを展開しているのであれば、評判のRobeeの導入を検討してください。

    画像·データ出典:Robee公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部