Kibela(キベラ)の料金·評判·機能について。無料で利用できる?

最終更新日 

かつて紙媒体で管理していた情報がデジタル化され、ビジネスのIT化によって労働生産性は大いに向上しました。
しかしそれに合わせて扱う情報の量が増えたのも事実で、それらをいかに管理·共有するかが課題として昨今悩まれています。
この課題のソリューションとして現在さまざまなサービスが提供されていますが、今回はその中のKibela(キベラ)について特徴や価格などに注目しながら紹介します。
情報の管理や共有に悩まれている方はぜひこの記事を参考にしてください。

Kibelaとは

Kibelaとは組織内で情報の共有を円滑に行うために開発されたツールです。
運営元は株式会社ビットジャーニーで、かつてYahoo! Japanで開発部長を担っていた方が代表取締役として設立しました。
Kibelaはすでに多くの方々に活用されており、会員の数は2万人を超えています。

Kibelaの特徴·機能

ここからはKibelaの特徴や機能について説明いたします。

記事の投稿

業務マニュアルや企画書または議事録など、各種記事をKibelaへ投稿できます。
Kibelaではほかのツールで書いたテキストのインポートが可能なので、記事作成は使い慣れたツールで行い、最終的な投稿のみをKibelaで行うことが可能です。
またKibelaにはプレビュー機能があり、画像や動画の貼り付け位置、またはリッチテキストの状態などを記事作成と連動させながら確認することができます。
加えて共同編集もできるので、複数の担当者で記事の作成場所を分担する場合も困りません。

ユーザーの構造化

Kibelaではユーザーの権限を4段階で設定できるので、それぞれによって絞り込んだりアクセスをコントロールしたりすることができます。
またプレゼンテーション機能や「いいね!」でのレスポンス機能、そしてチャットなどの機能も用意されているので、ユーザー同士の円滑かつ活発な情報共有も実現可能です。

高いセキュリティ性

情報にアクセスできる人数が増えればそれだけ情報の漏洩が危惧されますが、KibelaはSAML 2.0認証シングルサインオンでさらに監査ログ付き、そしてワンタイムパスワードやIPアドレスによるアクセス制限などの機能が用意されているのでセキュリティ性が高いです。

Kibela導入のメリット

Kibelaの強みは豊富な機能と高い操作性です。
作成中の記事はリアルタイムでプレビューされ、さらに動画や画像はコピー&ペーストで貼り付け可能、そして共同編集したり記事をテンプレート化したりもできます。
そのようにさまざまな機能がありながらKibelaのUIは非常にシンプルで、どなたでも直感的に使うことが可能です。
また、高度なセキュリティ仕様が備わっていることもメリットとして挙げられるでしょう。
企業にとって大切な情報を守るべくSAML 2.0認証シングルサインオンや多要素認証などが用意されており、安心して使用することが可能です。

Kibelaの価格·料金プラン

Kibelaには無料のコミュニティープラン、1ユーザーあたり月額550円のスタンダードプラン、1ユーザーあたり月額1,650円のエンタープライズプランが用意されています。
それぞれ使える機能やユーザー数の上限などが異なり、たとえばコミュニティープランは5人までしか使えないところスタンダードプランとエンタープライズプランなら無制限です。
なお、スタンダードプランは14日間、エンタープライズプランは2ヶ月間の無料トライアルが設けられています。
2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

Kibelaの注意点

スタンダードプランは14日間、エンタープライズプランは2ヶ月間の無料トライアルが設けられていますが、その期間中にクレジットカードが登録されないとトライアル終了後に凍結処理され使えなくなってしまいます。
もし試用してみて継続的に活用したいと思ったならば、無料トライアル中にクレジットカードを登録しなくてはなりません。
しかしそれ以外に注意すべき点は基本的になく、どなたでも快適に使用できます。

Kibelaの導入事例·評判

社内のコミュニケーションが活性化しました

“会社の規模が大きくなるタイミングに合わせてKibelaを導入しました。当初は自分が書いた記事を公開することに抵抗を持つ方が多く、社内ルールやコーポレートからのお知らせといった情報の共有が多かったです。
やがて毎朝ブログを更新する社員が現れ、それに促されてKibelaを有効に活用する社員が増えていきました。現在では個人が抱えている情報を積極的に発信していく企業風土ができあがり、多くの社員が活発に知識を共有し合っています。
特に社員へのインタビュー記事は反響が強く、会社の規模が大きくなり役員と直接コミュニケーションを取る機会が限られつつある現在でも各々の人となりを知り合うきっかけになっています。”(株式会社イグニス様)

類似サービスとの比較

Kibelaと類似したサービスとしてはtoaster teamが有名です。
toaster teamではKibelaと同様に記事の作成や共有、またはメンバー同士のコミュニケーションが行えます。
また、アップロードした画像に対してメモや注釈あるいは矢印のような図形を挿入することができ、その操作も非常に簡単です。
さらにtoaster teamでは社内用語や専門用語の解説集を作成する機能もあり、新しいメンバーへ各種用語を教える際に活用できます。
toaster teamはライセンス数に応じてライトプラン·スタンダードプラン·ビジネスプラン·エンタープライズが用意されており、ライトプランなら月額3.5万円で50ライセンスが使用可能です。

toaster team(トースターチーム)の料金·評判·機能について。無料で利用できる?

Kibelaで社内コミュニケーションの活性化を

Kibelaシンプルかつ機能豊富なサービスなので、これを的確に活用すれば社内でのコミュニケーションを活性化させることができます。
無料プランがあり、また有料プランでもトライアル期間が設けられているので、気になった方はぜひ一度Kibelaをお試しください。

画像·データ出典:Kibela公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載