eValue NS 2nd Editionの料金・評判・特徴について

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
要お問合せ
非公開
これはグループウェアの製品です。
グループウェアの製品をまとめて資料請求

皆さんの企業は業務効率化をするためにどのような工夫を行なっていますか?コミュニケーションツールを導入したり、ワークフロー管理を見直してみたりなどさまざまな工夫をしているでしょう。ドキュメント管理やワークフロー管理などを行ってくれるのが「eValue NS 2nd Edition」です。eValue NS 2nd Editionは株式会社OSKが運営しています。この記事ではeValue NS 2nd Editionの特徴やメリット、価格などを紹介します。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

操作性に優れたグループウェア: aipo

(5.0)

月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
初期費用0円導入会社要お問合せ

ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

テレワークにおけるスケジュール管理が可能

テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

Excelでのスケジュール管理から脱却できる

Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

類似サービス Slack to Teams

(5.0)

         
年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

   

複数チャットツール間の確認漏れを防止

Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。

\30秒でダウンロード可能/

グループウェアの製品をまとめて資料請求

eValue NS 2nd Editionの特徴・機能

作業を記録

1つ目の特徴が作業を記録できるという点です。主にいつ・誰が・など・どのようになど詳細を記録できます。これらのデータを共有できればよりスムーズに業務に取り組めれるでしょう。もし仮に作業の担当者が欠席したり、作業手順が分からなくなってもeValue NS 2nd Editionow活用すればこのようなお悩みもすぐに解消されます。

オールインワン型グループウェア

2つ目の特徴がオールインワン型グループウェアという点です。ドキュメント管理、ワークフロー、スケジューラ、コミュニケーションなどさまざまな機能を備えています。そのため他のシステムを導入する必要がなく煩わしさも無くなります。

モバイル環境からも操作可能

3つ目の特徴がモバイル環境からも操作が可能という点です。これまでのツールはパソコンから管理ができるというのものはいくつもありました。しかしパソコンが手元ないと管理ができません。一方でeValue NS 2nd Editionはモバイル環境からも利用できるので、出張先や外出先でも使えるので大変便利です。

eValue NS 2nd Editionのメリット

eValue NS 2nd Editionのメリットは主に以下の2つです。

コミュニケーション機能によって業務が効率化
1つのシステムでありとあらゆる管理が可能

eValue NS 2nd Editionにはワークフロー管理や業務ナビが備わっているだけではなく社内のみのやりとりに使える社内メッセージ機能、sy外とのやり取りできるメール機能があります。非常にシンプルでみやすい画面となっており、円滑に業務に取り組めます。また、1つのシステムでありとあらゆる管理が可能なので複数のシステムを導入する必要もありません。

eValue NS 2nd Editionの価格・料金プラン

公式サイトよりお問い合わせ

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

eValue NS 2nd Editionの注意点

全てが電子化されるので、対応しきれない方もいるでしょう。取り扱いに慣れるまでに時間がかかってしまいます。

eValue NS 2nd Editionの導入事例・評判

メール機能が充実しており、掲示板の新着機能で見落としもなくなりました。コミュニケーションが活発になる原因となりました。
株式会社日本取引所グループ機

他の部署の業務状況がすぐに確認できるので、予定をスムーズに組めます。効率的に組めるので重宝しています。会議室の予約も手早くできました。
一般財団法事 九州電気保安協会様

類似サービスとの比較

サービス月額料金特徴
サイボウズ Officeクラウド型とパッケージ型で異なる施設予約からワークフロー、必要な機能はほぼ備わっている
Google Workspace680円からGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを使っている方にお勧め
Knowledge Suite6,000円からユーザー数に制限がない

サイボウズ Officeの特徴は施設予約やワークフローなど必要な機能がほぼ備わっているので、強いこだわりがある方以外はこれを入れておけば間違い無いでしょう。Google WorkspaceはGoogleサービスを使う企業であれば導入ておきたいものです。Knowledge Suiteはユーザー数に制限がないのが特徴です。

eValue NS 2nd Editionを含むおすすめのグループウェアツール比較

グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

この製品に関連する動画を紹介

eValue NS 2nd Editionによってどこからでも管理

eValue NS 2nd Editionの特徴はなんといってもモバイル環境からも利用できることです。これにより出張先からでも管理できるので、外勤が多い企業は導入すれば大きなメリットを感じるでしょう。全てが電子化されてしまうという注意点もありますが、慣れてしまえばそれ以上のメリットを感じられるはずです。

これはグループウェアの製品です。
グループウェアの製品をまとめて資料請求

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載