NI Collabo 360(NIコラボ)の料金·評判·機能について。月額360円から利用できる?

最終更新日 

ビジネスにおいて重要なことは業務の効率化ですが、効率化を実現するには社内全体はもちろん、プロジェクトメンバー間でのコミュニケーションが重要です。

積極的に意見や情報共有ができる環境があると従業員はアクティブに行動できるようになります。

社内のコミュニケーションを活性化できるだけでなく、様々な機能が搭載されているグループウェアのNI Collabo 360についてご紹介させていただきます。

NI Collabo 360とは

NI Collabo 360とは株式会社NIコンサルティングが提供しているグループウェアです。グループウェアとして基本的なメール機能、スケジュール機能、回覧板機能、掲示板機能などが搭載されていることはもちろん、ワークフロー機能なども搭載しているという特徴があります。

グループウェアを活用することで、社内での情報共有が簡単に実現でき、社内の動きを可視化することで経営効率を上昇させることができます。

NI Collabo 360の機能·特徴

UP!

NI Collabo 360に搭載されているUP!という社内SNSを使うことでスピード感を持った情報共有、コミュニケーションが可能になります。メールでは必要な情報がどこにあるのかわからなくなったり、他のメールによって埋もれてしまうことがありますが、UP!であれば情報を可視化できるので見逃すこともありません。

1対1でのコミュニケーションはもちろん、部署やグループでのコミュニケーションも可能なのでオープンな情報共有が可能になります。画像やPDFなどを添付することもできます。

Twitterでいうところの「いいね」のようなリアクション機能もあるので積極的に会話に反応することができるようになります。

ワークフロー機能

申請業務などの流れを可視化して効率化することができるワークフロー機能も搭載しています。グループウェアでワークフロー機能が使えるものはありますが、有料オプションとして搭載されているものが多く、標準装備されているのはNI Collabo 360の大きな特徴です。

予め経路を設定しておくことで申請者は簡単に申請書ごとの経路選択が可能になります。任意の項目を条件にして承認ルートを自動で変更することも可能なので柔軟な運用ができます。

SFA(Sales Force Assitant)との連携が可能なので、紐づけた項目がワークフロー登録時に自動で申請書にセットされるようになります。顧客情報や案件ごとに紐づいた申請書を簡単に作成できるようになるので申請業務をより効率化することができます。

アプリでさらに効率化

スマートフォン用のアプリである「NIコラボNow!」をインストールすることで、スマホのGPS機能を利用した社員の現在位置確認が可能になります。

行先伝言共有機能と連携させることで勤務状況の報告と安否確認が無料でできるようになります。

テレワークのようなオフィス以外での勤務でも、アプリを起動してNow!ボタンをタップするだけで位置情報が自動でアップロードされるので勤務状況の管理が楽になります。

NI Collabo 360の料金·価格

NI Collabo 360ではクラウド版とライセンス購入版で料金体系が異なります。

クラウド版ではNI Collabo 360またはnyoiboxのみを利用する場合は初期費用はかかりませんが、それ以外では初期設定費用として50,000円かかります。

クラウド版NI Collabo 360は1ユーザーごとに月額360円の費用がかかります。最低利用人数は5ユーザーからです。

パッケージ購入をする場合は、10ライセンスで58,000円、20ライセンスで96,000円、50ライセンスで188,000円とユーザー数に応じて費用も上がります。

無料お試しについて

NI Collabo 360は公式サイトから会社名や氏名などの基本情報を入力して申し込むことで30日間の無料体験が可能です。

一度の申し込みで、グループウェアだけでなく「Sales Force Assistantシリーズ」、「顧客の声」、「見積書作成WEBシステム Sales Quote Assistant」、「MapScorer(可視化経営実現のための経営支援ツール)」がセットで利用可能なので併せて検討することができます。利用可能人数は30名までなので注意が必要です。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

NI Collabo 360の強み

NI Collabo 360の強みは1つでグループウェアだけでなくプロジェクト管理やワークフロー機能など豊富な機能を有している点にあります。

グループウェアの中にはワークフローやプロジェクト管理機能は有料のオプションで追加することができるというものもありますが、NI Collabo 360は標準装備でこれらの機能を有しているので無駄な費用をかけることなく幅広い業務の効率化が実現できます。

NI Collabo 360導入企業からの評判·口コミ

全社でナレッジ共有が可能になりました

“日本全国に拠点があるために社内ナレッジがうまく共有できないという課題がありました。全社から集められたアイデアの集計にも時間がかかり、せっかくのアイデア活かしきれていませんでした。掲示板機能であるナレッジ·コラボレーションを使うことで全社での意見交換が可視化できるようになりました。”(匿名企業様)

ワークフロー機能で申請業務を可視化

“以前は紙で稟議書を作成して申請業務を行っていたのですが時間がかかる上に書類の紛失が起きたケースもあり、ペーパーレス化したいと思っていました。NI Collabo 360のワークフロー機能は専門ソフトに負けないくらい柔軟に申請経路が設定できるので申請書類が今どういう状況になっているのか可視化することができるようになりました。”(匿名企業様)

類似サービスとの比較

NI Collabo 360との類似サービスとしてはGaroonやKnowledge Suiteなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
NI Collabo 360360円(5ユーザーから)0円30日間無料·豊富な機能がオールインワン

·アプリと連携でさらに効率化

Garoon845円(10ユーザーから)0円30日間無料·中堅〜大企業向け

·グループウェアの移行をサポート

Knowledge Suite6,000円〜(ユーザー数無制限)0円あり·SFA/CRMとして活用可能

·容量課金制

料金面ではユーザー数に依存せず、容量によって課金が発生するKnowledge Suiteが3GBまでの利用であればお得です。数百人規模の中堅企業、大企業で利用する場合にはGaroonがおすすめです。

機能面の比較としては、ワークフローやタスク管理がオプションを追加しなくても利用できるNI Collabo 360が使いやすくおすすめです。

1ユーザー月額845円から使える?Garoon(ガルーン)の料金·評判·機能について

月額5万円から使える?Knowledge Suite(ナレッジスイート)の料金・評判・機能について

NI Collabo 360で社内コミュニケーションの活性化を

グループウェアを導入することで、離れた拠点がある会社でも簡単に情報共有、ナレッジの蓄積ができます。

若い世代の従業員などはSNSの利用に慣れており、メールでのコミュニケーションよりチャット形式のグループウェアの方が馴染みがあり、導入に抵抗も少ないので是非検討してみてください。

画像·データ出典:NI Collabo 360公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部