esa(エサ)の料金評判機能について

更新日:

    リモートワークを取り入れる企業が増え、当たり前だった1つの場所に集まって働くという働き方は変わりつつあります。

    そこで、以前より重要になってきたのが情報共有の効率化です。

    今回紹介するesaは、チームで情報を育てることができる情報共有ツールとして注目されているサービスです。

    機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    esaとは

    esaとは合同会社esaが運営している情報共有ツールです。

    完全でない状態でも情報を公開し、チームで情報を更新し、精査して整理することで情報共有を可能とすることができます。

    使いやすいUIでチームでの共同作業を行うことでチームワークの強化にも活用することが可能です。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

    類似サービス Slack to Teams

    (5.0)

             
    年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
    初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

    Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

       

    複数チャットツール間の確認漏れを防止

    Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

    この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    グループウェアの製品をまとめて資料請求

    esaの機能·特徴

    不完全でも情報共有ができる

    情報共有ツールといえば、精査した情報をツール上にアップロードするイメージですが、esaは生産性の向上のために不完全な状態でも情報を公開し、チームで情報を補完しあうことで情報を育てることができるツールとなっています。

    チーム全体で情報を更新していくことで、チーム内での認識不足も防ぐことができます。

    チームで共同編集がしやすい設計

    esaはチーム全員で共同編集できるエディタを搭載しており、常に最新の情報に更新することが可能です。

    書き途中の状態でも共有することができ、チームメンバーが補完することで情報を育てることができます。

    編集しながら記事の状態を確認できるリアルタイムプレビューを採用しており、編集履歴からいつでも巻き戻すこともできる点も魅力的です。

    外部ツールとの連携でさらに効率的に

    esaはビジネスチャットツールとして圧倒的なシェア率を誇るSlackと連携することが可能で、esaで更新した情報をSlackに表示させることができます。

    また、以下のチャットツールと連携させることも可能です。

    • Idobata
    • HipChat
    • Chatwork
    • Typetalk
    • LINE Notify
    • Ikachan
    • Discord
    • Microsoft Teams
    • Mattermost
    • Workplace by Facebook

    esaの料金·価格

    esaは1ユーザーにつき月額500円で利用することができます。支払い方法としてはクレジットカードに対応しており、教育機関や学生向けのアカデミックプランも提供していますがそちらは問い合わせが必要となります。

    2021年3月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    esaでは、チーム作成後の2ヶ月間は無料で利用することが可能です。

    例えば4月にチームを作成した場合は、6月の末まで無料で利用できます。

    esa導入のメリット

    活用方法を自主的に学習することができる

    esaでは「docs.esa.io」としてサポートチームがesaの活用方法をまとめたパブリックチームを公開しています。

    ユーザーは閲覧とStar、Watchのみが可能で、ヘルプやトラブルシューティングなどカテゴリーごとに効率的に利用する方法、操作方法が公開されています。

    esaの導入事例·評判

    ちょうどいい情報共有ができる

    “仕事以外の場で思いついたアイデアをその場にいないメンバーにも共有することはできないかと思っていたときにesaのことを知り導入しました。会社として大々的に利用し始め、初めは特定のメンバーしか使っていなかったのですが徐々に浸透していきましたね。伝えたい情報をしっかりとまとめられて他の人にも見てもらえる機会がもてる点が気に入っています。”(ピクシブ株式会社様)

    使い心地の良いツールです

    “esaは利用していく中で、自社に根付かなかったものを適宜削除して整理しています。利用しながら文化をみんなで作っていくというイメージですね。全体的に使い心地が良くてこれからも使っていきたいと思えるツールです。”(株式会社Misoca様)

    類似サービスとの比較

    esaとの類似サービスとしては、NotePMやTalknoteなどが挙げられます。

    NotePMはクラウド上で議事録の作成、マニュアルの作成などができる社内Wikiツールです。

    紙のマニュアルをWeb上でまとめることができるのでペーパーレス化が実現できるだけでなく、コメント機能でナレッジの共有も可能とします。

    料金としては、月額1,000円から利用することができ、30日間無料のトライアルも提供しています。

    Talknoteは社内SNSとして活用することが可能なカルチャーマネジメントツールです。

    SNSのように手軽にメッセージを発信することが可能で、いいね機能も搭載されているのでリアクションがとりやすいという特徴もあります。

    料金は非公開となっているので問い合わせが必要です。

    esaを含むおすすめの情報共有ツール比較

    情報共有ツールについては以下の記事でも紹介しています。

    esaで積極的な情報共有を

    esaを導入することで、チームで情報を育てながら共有することができるようになります。

    2ヶ月無料でトライアルができる点も魅力的ですし、本記事を読まれて興味をもたれた方は是非トライアルを導入してみてはいかがでしょうか?

    画像·データ出典:esa公式サイト

    これはグループウェアの製品です。
    グループウェアの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

      • グループウェア

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載