TopicRoom(トピックルーム)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
300円~
初期費用
0円~
無料お試し
30日間
導入社数
要お問合せ
これは グループウェア の製品です。
グループウェア の製品をまとめて資料請求

新型コロナウイルスの影響もあり、テレワークのようなオフィス以外での勤務を採用する企業やオフィスを持たない企業が増えてきました。

テレワークを導入した企業において、課題として挙げられるのがコミュニケーション不足です。以前はチームメンバーの顔が見えていたので、気軽に声をかけることができたが、テレワークになり相手の状況がわからなくなり、コミュニケーションを取りづらくなってしまったという意見が挙げられます。

今回紹介するTopicRoom(トピックルーム)は、テレワークでも活用できるチャットツールとして注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

TopicRoomとは

TopicRoomとはNTTテクノクロス株式会社が運営しているビジネスチャットツールです。

テレワークや働き方改革にも活用でき、コミュニケーションの活性化が期待できることから幅広い企業での導入実績があります。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

   

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。
プロジェクト管理の製品をまとめて資料請求

TopicRoomの機能·特徴

リアルタイムでのコミュニケーションを実現

TopicRoomはテレワークでも普段のオフィスでの勤務と変わらないコミュニケーションを実現します。

メッセージには動画や画像を添付して送ることが可能で、ファイルの共有もできるのでビジネスチャットツールとして基本的な機能をしっかりと搭載していると言えます。

また、忙しくてなかなか連絡ができない時でもスタンプやテンプレート機能を活用することでワンクリックのコミュニケーションを実現します。引用返信を送ることも可能です。

業務効率化にも活用できる

TopicRoomは単なるビジネスチャットツールではなく、重要なやりとりをトピックとして切り取ってまとめることができるので、ナレッジの蓄積が可能です。

また、全体·グループごとの投稿数を見える化することができるので業務状況の把握が可能となります。

どのチームのコミュニケーションが不足しているのかがわかるので、管理職も改善点を発見しやすくなり、スピーディーに対策を打ち出すことが可能です。

強固なセキュリティ体制

TopicRoomはビジネスチャットにおいて重要なセキュリティ面も安心して利用することができます。

IDやパスワード、アプリ、端末での多要素認証を実現しており、万が一IDやパスワードを紛失·盗難されてしまった場合も、認証された端末でのログインのみを許可しているので安心です。

TopicRoom上でのやりとりデータは端末には残らないので、ログイン状態で紛失してしまった場合でも遠隔ロックでデータを守ことができます。

TopicRoomの料金·価格

TopicRoomの料金は2タイプの料金となっています。

Businessプランは初期費用0円、月額料金は1ユーザーにつき300円となっています。

より高度なセキュリティで利用することができるEnterpriseプランは初期費用50,000円、月額料金は1人あたり300円です。

両プランとも最低利用人数は10ユーザーからとなっています。

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

TopicRoomでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて30日間の無料トライアルを提供しています。

公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号、利用開始希望日など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

TopicRoom導入のメリット

テレワークや複数拠点でも活用できる

TopicRoomはPCからはもちろん、スマホからでも利用できるためテレワークはもちろん外回りの営業職や離れた拠点間でも活用することが可能です。

操作はドラッグ&ドロップの直感的なのでPC操作が苦手という方でも問題ありません。また、ログアウト時は通知されるので連絡のタイミングも把握できるようになります。

オープンなプロジェクトを立ち上げられる

TopicRoomには入退室自由なルームを作成できる機能が搭載されているので、部署を跨いだ有志で新しいオープンなプロジェクトを始めることができます。

普段関わることがなかったメンバーとも気軽に知り合うことができ、思わぬアイデアが生まれる可能性も高まります。

TopicRoomの導入事例·評判

情報共有の効率化が実現

“情報共有のために一日に何度も責任者に電話を行っていたことが負担となっていました。TopicRoomを導入してからは使い勝手のいいチャットツールがすぐに社内へ浸透してくれました。情報共有は1つのルームで済むようになったので責任者の負担が軽減されました。”(株式会社カラーズ様)

コールセンター業務の効率化ができました

“4拠点あるコールセンターに対して1日に来る案件は約6,000件と膨大でした。さらに1対1のコミュニケーションをとっていたためどうしても対応件数に偏りがありました。TopicRoomでルームを作成し、寄せられた問い合わせをチームで共有して対応可能な人があたるように変更したため対応スピードが向上したと感じています。”(アシュリオン·ジャパン株式会社様)

類似サービスとの比較

TopicRoomとの類似サービスとしては、LINE WORKSやTalknoteなどが挙げられます。

LINE WORKSはビジネス版のLINEとも言われるビジネスチャットツールで、アンケート機能やスケジュール共有機能など業務の効率化に役立つ機能が多数搭載されています。

料金面としては初期費用0円、ユーザー数1人につき月額300円で利用できるプランが最安となっています。利用者数100人までなら無料で使うことができるプランも提供されています。

Talknoteは社内のコミュニケーションツールとして1,000社以上での導入実績があります。

情報共有に優れたグループ機能や、スピーディーなコミュケーションが実現できるメッセージ機能、業務依頼に活用できるタスク機能が特徴的です。

料金は初期費用と月額利用料が発生しますが詳細は公式サイトから問い合わせが必要となります。

TopicRoomを含むおすすめのグループウェアツール比較

グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

TopicRoomでコミュニケーションの活性化を

テレワークの導入によって、社内のコミュニケーションが減ってしまったという企業も少なくはありません。

今後、働き方の1つとして定着するであろうテレワークを快適に行うためにもチャットツールの導入は積極的に検討するべきでしょう。

本記事を読まれてTopicRoomが気になったという方は、是非トライアルから試してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:TopicRoom公式サイト

    その他の関連する記事

    これは グループウェア の製品です。
    グループウェア の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【グループウェア】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載