• おすすめタイムカードアプリ7選!無料で使えるアプリも紹介

    最終更新日 

    テレワークやフレックスタイム制など働く場所や時間の選択肢が多様化したことにより、勤怠管理も複雑化しています。

    今までタイムカードで打刻をしてエクセルで勤怠管理を行っていたという方も負担が増えたと感じる機会も多いのではないでしょうか。

    昨今ではタイムカードによる勤怠管理の代わりに、勤怠管理システムを導入することにより、多様化した働き方に対応した勤怠管理を実現している企業も増えています。

    この記事ではタイムカードアプリ、すなわち勤怠管理システムでもiPhoneやAndroidでも使うことができるスマートフォン用のアプリに対応したサービスに注目して、導入のメリットやおすすめの勤怠管理システムを紹介しますのでサービス選定の参考にしてみてください。

    アプリ対応の勤怠管理システム導入のメリット

    ペーパーレス化によるコストカット

    • 打刻機の設置費用をカット
    • タイムカードを発注する費用が不要に

    タイムカードでの勤怠管理では、専用の打刻機を用意する必要があり、購入する場合でもレンタルする場合でも一定の費用が発生します。

    さらに、機械が故障してしまった際には打刻ができなくなってしまうため、非常に効率も悪いです。メンテナンスの費用もかかります。

    また、タイムカードは一定の期間ごとに業者に発注する必要があり、注文費もかかるので長期的には膨大な金額を支払うことになります。

    勤怠管理アプリを導入することで、手持ちのスマホから簡単に打刻が行えるようになるので機材を導入する必要がなくなり、勤怠管理もシステム上で行えるため、タイムカードを発注するコストもカットできるというメリットが生まれます。

    業務効率化の実現

    • 集計作業を自動化
    • エクセルなどへの手入力が不要に
    • システム連携によって他業務まで効率化

    勤怠管理アプリを導入することで、今までタイムカードを集計してエクセルなどに手入力していた作業を自動化することができます。

    スマホから打刻を行うと勤怠データがシステムに自動的に保存されるので休憩時間や残業時間をわざわざ追加で入力する必要がなくなります。また、手入力の時には見間違いや打ち間違いによって起きるヒューマンエラーも、システムによる正確な打刻が実現できるので未然に防ぐことが可能となるというメリットも生まれます。

    さらに、勤怠管理だけでなく、給与計算システムなどと連携させることで集計した勤怠データから自動的に給与を計算してくれるなど幅広い業務を効率化することができるのもメリットです。

    適切な勤怠管理の実現

    • GPSを利用した正確な打刻
    • テレワークにも活用できる

    タイムカードでの勤怠管理で問題視されているのが、タイムカードを同僚に渡して代理で打刻してもらったり、実際に打刻した時間を手書きで修正して時間を誤魔化したりするなどの不正打刻です。

    業務が終わっているのに打刻をせずに残業代を受け取ろうとする行為も実際に起きているケースです。

    他社へ出向している社員の勤怠管理がタイムカードでは残業時間や休憩時間の管理が難しいというデメリットもあります。

    勤怠管理アプリには、スマホに搭載されているGPS機能を使って正確な位置情報を利用して打刻ができる機能を搭載しているものも多く、テレワークのような離れた拠点での勤務体系でも勤務時間をしっかりと把握できるようになります。

    タイムカードでの勤怠管理と違い、専用の打刻機が不要でスマホから簡単に打刻ができるので、リモートワークを導入する場合や出向する従業員の管理を行いたいという場合にも最適と言えます。

    適切な勤怠状況の管理

    • 正確な残業時間を把握
    • 超過労働を未然に防止

    勤怠管理アプリを導入することで、従業員の勤務状況を正確に把握できるようになります。

    タイムカードでの勤怠管理では、従業員一人ひとりの勤務状況を正確に把握するのは難しく、毎月の集計のタイミングになって超過労働に気づくというケースもあります。

    勤怠管理アプリには従業員の勤務時間、休憩時間、残業時間が自動で入力されて集計されるので、一覧表示で働きすぎな従業員をすぐに把握できるようになります。

    また、超過労働になりそうな場合、対象の従業員や管理者に対してアラートを送る機能もあるので超過労働を未然に防ぐことができます。

    おすすめのアプリ対応勤怠管理システム7選

    スマレジ·タイムカード

    • テレワークにも活用可能
    • 給与計算サービスとの連携
    • 30名までなら無料

    株式会社スマレジが提供している勤怠管理サービスです。

    勤怠管理だけでなくシフト管理や労務アラート機能などが搭載されているので幅広い業務を効率化することができます。無料で利用することも可能で、その場合は従業員数30名未満で勤怠管理機能だけを利用する場合に限られます。

    スマホアプリはiOSのみに対応しています。

    スマレジ・タイムカードの料金・評判・機能について。月2,000円から使える?

    画像·データ出典:スマレジ·タイムカード公式サイト

    ジョブカン勤怠管理

    • 豊富な打刻方法
    • 社会保険労務士監修
    • 10名までなら無料

    給与計算や労務管理で有名なジョブカンシリーズからリリースされている勤怠管理システムです。

    ICカードや、Slack、 LINEなど打刻方法が豊富であり、社労士監修で最新の法令にもリアルタイムに対応してくれるので初めて勤怠管理システムを導入する場合にもおすすめです。

    無料プランを利用する場合はユーザー数10名まで、データ保持期間の上限は30日、チャット機能が利用不可といった制限があります。

    スマホアプリ版はiOSのみに対応しています。

    ジョブカン勤怠管理の料金·評判·機能について。1人あたり月200円から使える?

    画像·データ出典:ジョブカン勤怠管理公式サイト

    シュキーン

    • シンプルに利用できる
    • コストを抑えて導入可能
    • 最大2ヶ月の無料期間

    シンプルな操作性と低コストから導入できることで人気のシュキーン。スマホから勤怠管理ができるので専用の打刻機を購入する必要がありません。

    新規登録から2ヶ月間は全ての機能を無料で利用することができます。

    スマホアプリはiOSとAndroidどちらにも対応しています。

    シュキーンの料金·評判·機能について。1人あたり200円から使える?

    画像·データ出典:シュキーン公式サイト

    jinjer(ジンジャー)

     

    • 豊富な機能数
    • jinjerシリーズとの組み合わせでさらに効率化
    • 従業員用と管理者側のアプリを提供

    人事労務ソフトや給与計算システムで人気のjinjerシリーズの勤怠管理システムがjinjer勤怠です。

    勤怠管理に関する基本的なシステムはもちろん、ワークフロー設定やシフト管理も可能という特徴があります。jinjerシリーズとの連携ももちろん可能です。

    管理者用の「jinjer勤怠マネージャー」と従業員用の「jinjer勤怠スタッフ」というスマホアプリを提供しており、どちらもiOSとAndroidに対応しています。

    月額300円から導入できる?jinjer(ジンジャー)の料金・評判・機能について

    画像·データ出典:jinjer公式サイト

    KING of TIME(キングオブタイム)

    • 柔軟に運用が可能
    • 英語対応
    • 無料体験あり

    勤怠管理システムとして非常に高いシェア率を誇るKING of TIMEは管理者権限が柔軟に設定できる点に特徴があります。

    英語表記にも対応しており、タイムゾーン設定ができるので外国人の従業員が多いという企業にもおすすめです。

    無料お試し期間は30日間と十分と操作感を確かめることができます。

    スマホアプリは管理者用と従業員用でリリースされており、どちらもiOSとAndroidに対応しています。

    KING OF TIME(キングオブタイム)の料金·評判·機能について。1人300円、初期費用0円で使える?

    画像·データ出典:KING of TIME公式サイト

    CLOUZA(クラウザ)

     

    • 直感的操作が可能
    • シフト管理機能を搭載
    • コストを抑えた導入が可能

    CLOUZAは初心者にも使いやすい勤怠管理システムとして定評があります。

    直感的に操作できるUIを搭載しているので導入から迷うことなく打刻申請·管理が可能となります。

    また、シフト管理機能も搭載しているのでアルバイトを雇用している企業にもおすすめです。

    特徴的なのはその月に打刻したユーザー数に応じて利用料金が変動するので、利用人数が減った場合には自動的にコストを抑えることができます。

    従業員用のスマホアプリはiOSとAndroidに対応しています。

    CLOUZA(クラウザ)の料金·評判·機能について。1ユーザー200円から使える?

    画像·データ出典:CLOUZA公式サイト

    kincone(キンコン)

     

    • 交通費精算も可能
    • kintoneとの連携でさらに効率化
    • シンプルな設計

    kinconeは勤怠管理と交通費精算に特化した勤怠管理シンプルです。

    必要な機能だけに絞ってシンプルな設計で開発しているので操作性に優れており、直感的に利用できることで定評があります。また、足りない機能についてはkintoneなど外部サービスとの連携によって補えるようになっているのでいくつものシステムを導入する手間もありません。

    iOSとAndroidに対応した従業員用打刻アプリを提供しています。

    kincone(キンコン)の料金·評判·使い方について。1アカウントわずか200円で利用できる?

    画像·データ出典:kincone公式サイト

    そもそも勤怠管理システムとは

    勤怠管理システムとは勤怠管理を効率化できるシステムのことを指します。

    多様化した働き方や労働法の改正に迅速に対応することができ、有給管理や残業時間の把握が容易になることも特徴として挙げられます。

    エクセルなどでの勤怠管理では起こりがちだったヒューマンエラーを防止してセキュリティ性の高い勤怠管理ができることから、企業規模や業界を問わず多くの企業で導入され始めています。

    勤怠管理システムについては下記記事でも紹介していますのでよろしれければ参考にしてみてください。

    結局どれが一番いいの?おすすめ勤怠管理システム9選と選び方のポイント

    アプリ対応の勤怠管理システム選定の注意点

    自社の勤務体系に対応しているか

    • リモート環境でも活用できるか
    • 従業員ごとに異なる出勤方法でも対応できるか
    • 深夜営業にも対応しているか

    勤怠管理アプリを導入する上で重要なのが自社の勤務体系に対応しているかどうかということです。

    昨今では新型コロナウイルス対策として広く定着しつつあるテレワークのようなリモート環境での働き方も増えています。

    離れた拠点にいる複数の従業員の勤務状況をしっかりと管理できるアプリか、海外の拠点を持っている企業であれば海外でも利用することができるのか、多言語対応しているのかを確認するようにしましょう。

    また、フレックスタイム制など従業員ごとに出社時間が違う勤務体系を採用している場合や、シフト制などに対応しているかも確認する必要があります。

    意外と盲点とされているのが深夜営業などの日付を跨いでの業務を行う必要がある場合です。勤怠管理アプリによっては日付を跨いだ場合の打刻に対応していないものもあるので事前にしっかりと注意しましょう。

    費用面の確認

    • 固定料金制度か
    • ユーザー数に応じた課金制度か
    • 自社でスマホの支給が必要か

    費用面の確認など当たり前かと思われるかもしれませんが、勤怠管理アプリと一口にいってもその料金体系はそれぞれです。

    一定の料金内で決められたユーザー数まで利用することができる固定料金制のサービスか、利用するユーザーごとに課金が発生する従量課金制なのか、または無料のアプリを利用するのかなど選択肢は様々です。

    勤怠管理アプリを利用する従業員数が多いようであれば、固定料金制のアプリを利用した方がお得ですし、利用する人数が極端に少ない場合は無料でアプリを利用することが可能というケースもあります。

    また、従業員の手持ちのスマホを利用して打刻申請を行うことが勤怠管理アプリ導入のメリットの1つなので、従業員がそもそもスマホを所持しているのかという点も確認する必要があります。

    もし、スマホを所持していない従業員が多い場合、会社側から支給しなくてはいけないのでその分の費用が発生することも念頭においておく必要があるでしょう。

    無料で使える勤怠管理システムについては下記記事でも紹介していますのでよろしければ参考にしてみてください。

    ずっと無料で使える勤怠管理システム5選!

    社員のスマホ所持状況の確認

    • iOSとAndroidに対応しているか
    • セキュリティは強固か

    勤怠管理アプリを導入する際には、iOSやAndroidなどOSの対応状況を確認するようにしましょう。

    一部の勤怠管理アプリではiPhoneでは利用することができるがAndroid端末には対応していないというものもあります。また、スマホは所持しておらずiPadなどのタブレットのみを所持しているという方もいるでしょう。そのような方がいることも想定して、タブレットでの画面比率など操作性も確認しておくと良いです。

    社員のプライベート用スマートフォンを利用して勤怠管理アプリを導入したいと考えている場合は、セキュリティ性に関しても事前に確認しておく必要があります。

    機器代というコストを抑えて導入できるメリットはあるものの、勤怠管理情報という個人情報が含まれる項目を扱うためセキュリティに関しては特に注意する必要があるため、外部からのアクセスに対する堅牢性はもちろん、内部からの不正利用ができない仕様になっているのか、管理者権限による制限がかけられるものかなどをチェックしましょう。

    必要であれば自社でスマートフォンを支給することも検討してみると良いでしょう。

    タイムカードとアプリどちらがおすすめ?

    今回はスマホアプリ対応の勤怠管理システムについて紹介させていただきました。

    スマホを利用して直感的操作で打刻、勤怠管理ができる勤怠管理アプリはタイムカードの勤怠管理で感じていた煩わしさを解消してくれます。

    個人事業主の方やスタートアップ段階の小規模企業であればタイムカードでの勤怠管理でも負担は少ないかもしれませんが、将来的な自社の規模も見据えるのであれば勤怠管理アプリを導入することをおすすめします。

    導入の手軽さや様々な勤務形態に対応できる点、幅広い業務の効率化ができるという利点を考えれば、勤怠管理担当者だけでなく、全従業員にとってもメリットが生まれるシステムと言えるので、本記事で紹介したおすすめサービスも参考にしつつ、是非導入を検討してみてください。

    結局どれが一番いいの?おすすめ勤怠管理システム9選と選び方のポイント

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部