PBXとビジネスフォンの違いは?それぞれの役割や具体的な違いについて解説

更新日:
これはPBXの製品です。

PBXの製品をまとめて資料請求

ビジネスフォンの代わりに、PBXを導入する企業は増えています。

一方で、明確な違いについてご存知ない方は多いのではないでしょうか。

この記事では、PBXとビジネスフォンの基礎知識とその違いを紹介します。

PBXとビジネスフォンの違いを理解したうえでの選び方も解説するので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの類似PBXサービス

類似サービス: YouWire

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入実績300社、700拠点以上

YouWireとは、株式会社ギークフィードが運営している録音システムです。 携帯電話やオフィスの固定電話、会議での音声議事録などの音声を一元管理することができ、電話業務におけるトラブルの防止や、会話録音によるオペレーターの育成、顧客とスタッフの認識違いの防止などが実現できるとして、幅広い業界で導入されている実績があります。

低価格かつ短時間での導入が可能

YouWireは、固定電話·携帯電話どちらを利用の場合でも、初期費用や月額費用は低価格となっています。 自社開発のサービスであるため、高品質かつ多機能でありながら、価格を抑えた提供を可能としています。

既存システムとの連携も可能

既に他社の通話録音サービスを利用している場合でも、YouWireはCTIやCRMとの連携支援も行なっているため、安心して乗り換えることができます。

クラウドで一元管理

YouWireは、固定電話だけでなく携帯電話もクラウドサーバーでの管理を行なっています。 クラウドで利用できることで、いつでもリアルタイムの情報を把握することが可能となり、顧客対応の質や問題解決のスピードが向上します。

類似サービス: BIZTEL(ビズテル)

(4.5)

月額費用15,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用50,000円〜最短導入期間5営業日程度

BIZTEL(ビズテル)は株式会社リンクとブライシス株式会社の共同事業として運営しているサービスです。 モバイル、ビジネスフォンはもちろん、コールセンター業務に最適なシステムに強みがあり、国内導入実績No. 1のクラウド型コールセンターとして大規模コールセンターをはじめとした2,000社を超える多数の企業で導入実績があります。

幅広いテレフォニーサービスを提供

BIZTELの有名なサービスといえばコールセンター業務を支えるBIZTELコールセンターがありますが、携帯端末の内線化を可能にするBIZTELモバイル、クラウド型IPビジネスフォンサービスのBIZTELビジネスフォンなど多彩なサービスを取り扱っています。

コールセンターに必要な機能を標準装備

BIZTELでは、待ち呼や入電状況、応答率などをリアルタイムで表示することができます。このように対応状況を可視化することでセンター運営の効率化へと繋がります。また、座席追加などの設定変更もブラウザ経由の管理画面から簡単に行えます。操作性の良さはもちろんのこと、画面の見やすさも好評です。

CRM連携機能

BIZTELではSalesforceを始めとする各種CRM/SFAと簡単に連携することができます。この連携機能を使うことで顧客情報を一元管理することができ、業務の効率化へと繋がるのです。

類似サービス: Dream Cloud PBX

(4.5)

番号利用料月額200円〜無料お試し要問い合わせ
アカウント発行費20,000円最短利用席数1席〜

Dream Cloud PBXとは、株式会社ドリームソリューションが運営しているクラウドPBXサービスです。 インターネット環境とPC・有線IP電話機(ドリームソリューションで用意可)があれば、オフィスに限らず在宅勤務でも会社番号を利用できるようになり、多様な働き方を促進します。

       

内線の無料化

Dream Cloud PBXを導入することで、内線間での通話が全て無料となります。 別拠点や海外からの利用でも無料となるため、コストカットを実現できます。

着信時の対応を効率化

Dream Cloud PBXでは、着信時の便利機能として、内線ごとにどの番号を表示させるかを設定することができます。 また、不在時には転送機能を利用することや、メールによって、いつどこから電話があったのかをリアルタイムに通知することも可能なため、取りこぼしを防止することが可能です。

人材育成に効果的な機能を搭載

Dream Cloud PBXには、モニタリング・ウィスパリング機能が搭載されています。 モニタリング機能では、電話対応中の内容を、他のスタッフが確認することができ、ウィスパリング機能で担当者にアドバイスを出すことが可能です。

この製品はPBXの製品です。

PBXの製品をまとめて資料請求

PBXとは

PBXは「Private Branch eXchange」の略で、電話交換機のことです。

オフィスなどに設置して、外線の発着信の制御や内線電話の接続をコントロールします。

外線を複数の電話機で受け取れるようにしたり、内線同士で外線の転送が可能です。

電話回線と機器を使用する「レガシーPBX」や社内LANを利用する「IP‐PBX」、クラウド上にシステムを接続する「クラウドPBX」の3種類に分かれます。

現在では機器の購入が不要なクラウドPBXを導入する企業が増加しており、ビジネスフォンは減少傾向です。

ビジネスフォンとは

ビジネスフォンは、オフィスで使用する電話システムのことを指します。

「主装置」と複数の「専用電話機」をつないで運用する仕組みです。

主装置には外部からの外線を振り分けたり、専用電話機同士の内線を制御したりといった機能があります。

保留や転送、留守番電話といった基本の機能のほかに、車内放送やインターホンと連携が可能な機種も。

ビジネスフォンの主装置とPBXの基本的な役割は似ていますが、接続台数や機能には違いがあります。

PBXとビジネスフォンの違い

PBXとビジネスフォンの違いを詳しくまとめました。

接続台数の違い

ビジネスフォンで接続できる台数は50台が目安です。

一方のPBXは数千台ほどの接続が想定されているため、大規模運用にも対応しています。

複数拠点の内線化の違い

ビジネスフォンでは複数拠点に分かれたら、内線化ができません。

PBXでは、フロアをまたいだり複数の拠点だったりしても内線をつなげられます。

スマートフォンの内線化の違い

種類にもよりますが、PBXではスマートフォンを内線化して利用が可能です。

ビジネスフォンの場合は専用電話機しか使えません。

機能の違い

ビジネスフォンは留守や転送、保留など発着信に関する機能に特化しています。

PBXは拠点や端末間の接続に関する機能が充実しているのが特徴。

クラウドPBXならオプションでさまざまな機能を追加でき、より使いやすくカスタマイズできます。

コストの違い

ビジネスフォンは導入費用が安価です。

レガシーPBXやIP‐PBXは初期費用が高額になりやすく、メンテナンス費用もかかるでしょう。

ただし、クラウドPBXのような初期費用を安く導入できるPBXも登場しています。

PBXとビジネスフォンの違いを理解した上での選び方

PBXとビジネスフォンを比較したうえで、選び方をチェックしましょう。

規模と拠点の数に注目

ビジネスフォンは、小規模な単一拠点の運用に適しています。

規模が小さく機能も抑えることで、低コストで導入できるでしょう。

一方でビジネスフォンは大規模運用に適していません。

接続したい台数が多かったり、複数の拠点があったりするならPBXがおすすめです。

クラウドPBXと比較する

クラウドPBXなら、コストを抑えながら小規模な運営ができます。

小規模で単一拠点であっても、クラウドPBXが適しているケースは多いです。

ビジネスフォンとクラウドPBXの機能やコストを、十分に比較したうえで選びましょう。

PBXとビジネスフォンの違いを理解しよう

PBXとビジネスフォンでは、接続台数や機能、コストが異なります。

導入を検討するなら、違いを理解しておくことが重要です。

運用の規模や拠点の数など、選び方のポイントをチェックしておきましょう。

    その他の関連する記事

    これは PBX の製品です。
    PBX の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【PBX】

        類似サービス: YouWire

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入実績300社、700拠点以上

        YouWireとは、株式会社ギークフィードが運営している録音システムです。 携帯電話やオフィスの固定電話、会議での音声議事録などの音声を一元管理することができ、電話業務におけるトラブルの防止や、会話録音によるオペレーターの育成、顧客とスタッフの認識違いの防止などが実現できるとして、幅広い業界で導入されている実績があります。

        低価格かつ短時間での導入が可能

        YouWireは、固定電話·携帯電話どちらを利用の場合でも、初期費用や月額費用は低価格となっています。 自社開発のサービスであるため、高品質かつ多機能でありながら、価格を抑えた提供を可能としています。

        既存システムとの連携も可能

        既に他社の通話録音サービスを利用している場合でも、YouWireはCTIやCRMとの連携支援も行なっているため、安心して乗り換えることができます。

        クラウドで一元管理

        YouWireは、固定電話だけでなく携帯電話もクラウドサーバーでの管理を行なっています。 クラウドで利用できることで、いつでもリアルタイムの情報を把握することが可能となり、顧客対応の質や問題解決のスピードが向上します。

        類似サービス: BIZTEL(ビズテル)

        (4.5)

        月額費用15,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用50,000円〜最短導入期間5営業日程度

        BIZTEL(ビズテル)は株式会社リンクとブライシス株式会社の共同事業として運営しているサービスです。 モバイル、ビジネスフォンはもちろん、コールセンター業務に最適なシステムに強みがあり、国内導入実績No. 1のクラウド型コールセンターとして大規模コールセンターをはじめとした2,000社を超える多数の企業で導入実績があります。

        幅広いテレフォニーサービスを提供

        BIZTELの有名なサービスといえばコールセンター業務を支えるBIZTELコールセンターがありますが、携帯端末の内線化を可能にするBIZTELモバイル、クラウド型IPビジネスフォンサービスのBIZTELビジネスフォンなど多彩なサービスを取り扱っています。

        コールセンターに必要な機能を標準装備

        BIZTELでは、待ち呼や入電状況、応答率などをリアルタイムで表示することができます。このように対応状況を可視化することでセンター運営の効率化へと繋がります。また、座席追加などの設定変更もブラウザ経由の管理画面から簡単に行えます。操作性の良さはもちろんのこと、画面の見やすさも好評です。

        CRM連携機能

        BIZTELではSalesforceを始めとする各種CRM/SFAと簡単に連携することができます。この連携機能を使うことで顧客情報を一元管理することができ、業務の効率化へと繋がるのです。

        類似サービス: Dream Cloud PBX

        (4.5)

        番号利用料月額200円〜無料お試し要問い合わせ
        アカウント発行費20,000円最短利用席数1席〜

        Dream Cloud PBXとは、株式会社ドリームソリューションが運営しているクラウドPBXサービスです。 インターネット環境とPC・有線IP電話機(ドリームソリューションで用意可)があれば、オフィスに限らず在宅勤務でも会社番号を利用できるようになり、多様な働き方を促進します。

               

        内線の無料化

        Dream Cloud PBXを導入することで、内線間での通話が全て無料となります。 別拠点や海外からの利用でも無料となるため、コストカットを実現できます。

        着信時の対応を効率化

        Dream Cloud PBXでは、着信時の便利機能として、内線ごとにどの番号を表示させるかを設定することができます。 また、不在時には転送機能を利用することや、メールによって、いつどこから電話があったのかをリアルタイムに通知することも可能なため、取りこぼしを防止することが可能です。

        人材育成に効果的な機能を搭載

        Dream Cloud PBXには、モニタリング・ウィスパリング機能が搭載されています。 モニタリング機能では、電話対応中の内容を、他のスタッフが確認することができ、ウィスパリング機能で担当者にアドバイスを出すことが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載