• ワークフローEXの料金·評判·機能について。Excelでフォーム入力ができる?

    最終更新日 

    稟議書の申請や承認を従来の押印と回覧でまだ行っていますか。
    これではテレワークやDXが推進される時代に他社に後れをとり、業務効率や生産性も低下してしまいます。
    リモートワーク時代や印鑑廃止が叫ばれる時代に、稟議書をデジタル化やクラウド化できるサービスを導入する企業が増えてきました。
    ここでは、ワークフローEXの特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

    ワークフローEXとは

    ワークフローEXはExcelで作成された既存の稟議文書をそのままワークフローに乗せて承認申請や決済ができる画期的なワークフローパッケージです。
    電子捺印機能や改ざん防止機能などを搭載し、既存の決裁フローを簡単にデジタル化してリモートワークにも対応できます。

    ワークフローEXの特徴·機能

    ワークフローEXの特徴や代表的な機能を見ていきましょう。

    リモートでもワンクリックで申請·承認できる

    Excelで作成した稟議書をWebページ上でワンクリックするだけで、承認申請や回覧させることができ、いつでも、どこでも申請や承認、閲覧が可能です。
    申請·承認の状況が一目で確認できるのも便利です。

    押印機能やコメント機能もある

    申請·承認時に自動で押印することができ、捺印のデザインも選べます。
    書類に不備があった場合はワンクリックで差し戻しができるので、業務効率アップにも役立ちます。
    ただ、チェックして押印するだけでなく、コメントの記入やファイルの添付も可能です。
    リアルタイムで確認できるので、コミュニケーションを高めるにも役立ちます。

    改ざん防止ができ回覧や保管も容易

    申請~承認~決裁までの履歴が残り、改ざん防止機能が搭載されているので安心です。
    決裁文書の稟議だけでなく、承認のない回覧に利用することや権限を制限して所属部署だけで閲覧可能にすることもできます。
    稟議書や回覧文書はすべて電子で保管され、期間やキーワードで見たい書類を簡単に検索できるのも便利です。

    ワークフローEXの強み

    決済申請や印鑑を押すためだけに出社する必要がなくなります。
    出張中の上司の決裁を待つ必要も、出張から帰ってきて決済箱が満杯になってため息をつく必要もありません。
    類似サービスの中には文書をサイトやシステム上で作成する必要があるものも多いですが、ワークフローEXはこれまで使っていたExcel文書をワンクリックでアップロードできるので導入や運用もスムーズです。

    ワークフローEXの価格·料金プラン

    ワークフローEXの料金は公表されていないため、詳細な料金については要問い合わせです。
    ホームページの問い合わせフォームから価格の見積もりをはじめ、資料請求、デモの依頼、各種カスタマイズ、システム連携の相談ができます。
    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    ワークフローEXの注意点

    新しいシステムやサービスを導入するにあたって、気になるのは費用ですが、ワークフローEXは価格が公表されていないのが残念です。
    目安がわからないと検討しにくい、問い合わせをして見積もりをしないといけないとなると、ハードルが上がる企業が少なくないからです。

    ワークフローEXの導入事例·評判

    既存のExcel帳票をそのまま活用しながらスピードアップ

    “社内の稟議書全般に加え、見積書の作成と回覧にも活用しています。業務の効率化とペーパーレスによるコストカットや環境貢献といったニーズを満たしてくれました。業務ルールに従った適切な稟議がデジタル化してスピードアップされ、稟議書のやり取りにかかる工数が大幅に削減されました。”(株式会社パソナテック様)

    回覧や稟議効率アップと添付充実

    “回付処理の効率化が実現でき、稟議のデジタル化という時代に即した対応ができ満足しています。文書の添付もできるので、情報をより確実に伝えられます。”(株式会社サイゼリヤ様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスであるStyleflowは外出先や遠隔地でも申請·承認·決裁を可能とする、クラウド型ワークフローシステムです。
    プログラム知識がなくても、申請入力フォームを簡単に作成でき、承認ルートも直感的な操作で自在に設定することができます。
    初期費用は無料、月額料金は1ユーザーあたり月額300円の一律料金なので、費用面もわかりやすいです。
    ワークフローEXは導入したシステム上で、新たに書類の作成法をマスターする必要はなく、これまで利用してきたExcel帳票をワンクリックでデジタル化できるので、よりスムーズに運用をスタートできます。
    料金について公表されていない点で、類似サービスと比較しにくいのが難点です。

    Styleflowの料金·評判·機能について。1人につき月額300円で利用できる?

    ワークフローEXで稟議効率アップを

    ワークフローEXは稟議書としてこれまで使っていたExcel文書を印刷して手動で回覧させる必要なく、ワンクリックでデジタル化してスピーディーに承認申請や決済ができるツールです。
    いつでもどこでも申請や承認が可能となり、業務効率アップや決済スピードを上げることで、企業を支援してくれます。

    画像·データ出典:ワークフローEX公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部