GIJI(ギジ)の料金·評判·機能について。1人につき月額300円から利用できる?

最終更新日 

その日の会議でどういったことが話し合われ、帰結はどうなったかの記録を残しておくために、議事録は非常に重要です。
しかし議事録の作成は非常に手間がかかり、それに多くの時間を要してしまうとほかの業務を圧迫してしまいます。
そのため、議事録の作成や共有をサポートするツールを導入している企業は珍しくありません。
今回は議事録の作成·共有に活用できるGIJI(ギジ)を紹介します。

GIJIとは

 

 

GIJIとはその名からもわかる通り、議事録の作成や共有を円滑に行うためのツールです。
参加者全員から合意を取ったり清書をしたりと議事録の作成にはさまざまな手間がかかりますが、GIJIを使えばそれらを解消可能です。
会議を行う限り議事録作成は避けては通れない道であるため、その業務を効率化できるツールとしてGIJIは現在多くの企業や施設で導入されています。

GIJIの特徴·機能

ここからはGIJIの特徴や機能について説明いたします。

議事録の作成

GIJIには議事録作成用のエディターが付いており、それを用いれば議事録を簡単に作成できます。
UIは非常にシンプルであるため直感的に操作でき、はじめて使用する場合でも悩みません。
また並び替えやインデント変更、そしてラベル付けといった機能も用意されているので、見やすくて内容が充実している議事録を作成可能です。

議事録の共有

GIJIでは作成中の議事録をリアルタイムで共有できます。
また全員で同時に編集できるので、会議の終了とともに議事録の共有と承認を完了させることが可能です。

議事録の参照

作成した議事録は一覧にまとめられます。
一覧では日付順で表示ができ、またタイトル検索も可能なため、過去の議事録を見返すためにメールフォルダを漁ったりチャットツールを遡ったりする手間が省けます。

変更履歴の管理

議事録の内容が誤っていた場合や追記すべき内容が後から出た場合、それらを追記することができます。
それによって行われた変更は履歴として残るため、どの部分が変わったのかを後から確認可能です。

GIJI導入のメリット

GIJIの強みは議事録の作成や共有に特化している点にあります。
エディターのUIは議事録の作成が行いやすいようにデザインされており、さらに編集の様子はリアルタイムで共有できるため、これまでに要していたさまざまな手間を省くことが可能です。
議事録の作成はどのような企業または各種団体であっても必須の業務であるため、それを簡便化できるGIJIは導入するメリットがあるでしょう。
もちろんセキュリティ対策も万全なので、議事録が社外に漏れてしまうこともありません。

GIJIの価格·料金プラン

GIJIはまず、社外のサーバーに情報を記録するクラウド版と自社サーバーまたはプライベートクラウドで管理するオンプレミス版があります。
クラウド版はお試し用のFreeとユーザーあたり月額300円のStandardがあり、Freeはユーザー数の上限が10名までなのに対しStandardは無制限です。
なお、クラウド版には学校または非営利団体専用のCommunityプランもあり、これはStandardと同じ機能を無料で使用できます。
ちなみにオンプレミス版も機能自体はStandardと変わりませんが、Standardは容量制限なしに使えるのに対しオンプレミス版は導入環境に依存してしまいます。
2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

GIJIの注意点

GIJIには無料のFreeプランがあるものの、ユーザー数に上限があり、また容量も5GBまで、加え全文検索や変更履歴などの機能を利用できません。
しかしこれ以外に注意すべき点は基本的になく、どの企業や団体にもおすすめできます。

GIJIの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

GIJIとよく比較されるサービスとしてはMiroが挙げられます。
Miroはオンラインホワイトボード、つまりオンライン上でホワイトボードを共同編集できるツールです。
海外初のツールであり、TwitterやNETFLIX、SpotiifyやCISOなどあらゆるIT企業が導入しています。
議事録作成サービスではなく、あくまでオンラインホワイトボードであるため、Miroでは図形の挿入や付箋の貼り付けなどが簡単に行え、動的な議事録を作成することが可能です。
Miroには無料プランと複数の有料プランがあり、たとえば月額8ドルのプランならビデオチャットやエクスポートが行えるようになります。

GIJIでストレスのない議事録作成を

議事録の作成は非常に重要な業務ですが、それに多くの時間を取られてしまっては本末転倒です。
しかし、わかりやすいエディターで作成でき、さらにその様子をリアルタイムで共有できるGIJIを活用すれば、これまで議事録作成にかかっていた手間を大きく削減できます。
無料プランも用意されているので、気になった方は一度使用を試してみることをおすすめします。

画像·データ出典:GIJI公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載