boardの料金·評判·機能について。月額1,980円から使える?

最終更新日 

どれぐらいの金銭がどのように動いたかを明確にするために、見積書や請求書の作成は怠ることができない重要な業務です。
しかしそれらの作成はあくまでバックオフィスであり、これに時間を取られたことで本筋の業務に支障が出てしまっては元も子もありません。
今回はその見積書·請求書作成をサポートしてくれるboardについて、その機能や料金プランなどについて分析します。

boardとは

boardは見積書や請求書などの作成をはじめとして営業や支払いの管理またはキャッシュフロー予測など、経営にまつわる業務を一元化·効率化するためのサービスです。
ただ請求書を作成するだけでなくさまざまな機能を持ち、中堅の企業が使うようなサービスほど価格が高くないため、現在多くの企業から注目を集めています。

boardの機能·特徴

boardを導入した企業からの評判は非常に高く、有料版の継続率はほかでは類を見ない99%です。
その数字を打ち出した理由がboardにはいくつもあるので、それらを確認していきましょう。

一つのサービスでさまざまなことができる

基本機能である請求書·見積書作成はもちろんのこと、それを受け手の入金や発注の管理、または合算請求書の作成、さらには郵便代行や捺印申請まで行うことができるのがboardの特徴です。
その機能の豊富さは中堅向けERPに匹敵するほどですが、導入価格はそれらよりも非常にリーズナブルなため、特に中小企業や個人事業主の方におすすめです。

通知機能も充実している

どれだけ高性能なサービスも、それが適切なときに使えなければ効果を発揮できません。
それを防ぐために未請求や未払い、あるいは請求期間終了などを事細かに通知してくれる機能がboardには設けられています。
ステータスの変更や業務処理状況の変化などがあった場合に通知するようにも設定でき、さらにその通知はメールだけでなくChatWorkやSlackなどのチャットツールにも送れるので非常に便利です。

案件単位で管理できる

各種書類は実際の案件単位で確認することが可能です。
請求書や送付状などがすべて一括管理されているので、見積書を入力すればそれらの書類を自動で生成してくれます。
もちろん、各々の書類は必要に応じて個々に修正することも可能です。

アドオンが豊富

アドオンとはニーズに合わせて後から追加する拡張機能のことで、boardはこのアドオンが非常に豊富です。
たとえば種類テンプレートを微調整できる「書類デザインエディタPro」、ユーザー権限を細かく定義できる「カスタム権限」など、かゆいところに手が届くニッチなアドオンが月々数百円で使用可能です。

boardの強み

boardの強みはやはりその多機能性でしょう。
本来なら複数のサービスをまたがないといけない業務を単一のサービスで完結できるため、フローの中でエラーが起こる危険性を減らせます。
また、board内で完結するため、各数値も可視化され、事業が現在どのような状況にあるかがわかりやすくなることもメリットです。
そのように機能が充実していながら月々の費用はリーズナブルなため、起業から間もないベンチャー企業や個人事業主におすすめできるでしょう。

boardの価格·料金プラン

boardは機能別、または利用者別にPersonal·Basic·Standard·Premiumの4プランが設けられています。
これらのうちPersonalは個人利用のみで、法人は申し込めません。
Personalは捺印申請やデータロックが行えない代わりに月々980円で使えます。
上から2番目のStandardはユーザーを15人まで追加可能で、外部ファイルの保管容量は5GB、料金は月々3,980円です。
最も高いPremiumは月々5,980円かかる代わりにユーザー上限は50人まで引き上げられ、さらに外部ファイル保管容量も10GBと大容量です。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

boardの注意点

boardは比較的少人数での利用を想定しているため、最もグレードが高いPremiumプランでもユーザー上限は50人です。
100人規模の企業は基本的に使うことができず、それでも使用したい場合は特注になるでしょう。
もちろん特注ですと料金は跳ね上がるため、多機能なのにリーズナブルというboardの良さが薄れてしまう可能性があります。

boardの導入事例·評判

洗練されたシステムが業務を効率化してくれました

“業務系のシステムは特別問題がなければ新しいものへ乗り換える必要がない、ということは聞いていたものの、良いものはどんどん導入していこうという社風へ正直になって導入を決めました。boardは開発者自らがサービスを使用していることが、細かな箇所の丁寧さからひしひしと感じられて非常に素晴らしいです。また、開発者がサポートしているため何かあってもすぐに聞けるという安心感もboardの良さだと思います。”(株式会社時雨堂様)

類似サービスとの比較

boardの類似サービスとして知られているmisocaはロゴや印影の挿入や請求書の自動作成予約など、独自のサービスが特徴的です。
また、取引先の登録が可能なので、2回目以降はスムーズに取引を進められます。
一方で料金が少々高く、小規模法人向けのプラン15でも月々8,000円、その一段階上のプラン100だと30,000円かかってしまいます。
しかしmisocaは1年の間無料で使え、さらに無期限で使える無料プランもあるので、それらを試してみるのも手段の一つです。

請求書を自動作成!Misoca(ミソカ)の使い方・料金・評判を解説

boardで効率的な書類作成を

管理が煩雑になりがちな請求書や見積書も、boardを使えば効率的に作成·管理できます。
さらにboardは料金プランもリーズナブルなので、小規模事業主の方でも安心して導入できます。
30日間のトライアルが用意されているので、まずは使い勝手を確かめてみるのも良いでしょう。

画像·データ出典:board公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部