IT導入補助金が使える?pasture(パスチャー)の料金·評判·機能について

最終更新日 

pasture(パスチャー)は、多くのフリーランスと契約している企業をマネジメントする管理サービスです。
煩雑な請求業務などを代行するサービスは近年多く求められていますが、数あるサービスの中でpastureが選ばれる理由はどこにあるのでしょうか。

pastureとは

pastureは、エン·ジャパン株式会社が提供するフリーランスマネジメントシステムです。
CRMや会計ソフトなどほかのWebサービスとも連携し、フリーランスへの発注から請求までをワンストップで行えるサービスとなっています。
多くの契約者を抱え、煩雑になりやすい決済までの全行程を代行し、タスクを一括管理することで業務効率が大幅に向上する期待があります。

pastureの特徴·機能

pastureの最大の特徴は、多くのソフトウェアとスムーズに連携することです。
個別契約となるフリーランスとの業務管理は煩雑になりがちですが、pastureがハブとして機能することで管理側の業務を一元管理し業務コストを削減できる機能があります。

請求書の一括管理が可能

個別の契約数が多い場合、月末など締めが近づくと請求書の確認や処理などが非常に煩雑になりがちです。
pastureがハブとなって介在することで請求書の処理手間が大幅に省け、タスクと連動した間違いのない管理が可能となります。

契約先のスキルや進捗を見える化

フリーランスを一覧リストにまとめ、案件ごとに進捗を確認することが可能です。
スキルや実績などもあわせて管理できるため、情報や状況を見える化することができます。発注状況や納品管理、請求書の確認や承認などをすべてpastureで行えるため、すべて手元でワンストップ管理ができます。

外部サービスと強力に連携

フリーランスとのやりとりにはさまざまなアプリケーションが使用されますが、pastureは多くのツールと連携できます。
メッセンジャーツールはもちろんのこと、会計ソフトウェアやCRMとの連携が可能で、各種データもCSVなどでエクスポートすることが可能です。

pastureの強み

 

pastureは自らがハブとなり、フリーランスとの業務タスクを案件ごとに見える化したうえでワンストップ管理できるようになっています。
各担当者の進捗や請求に関するデータ、支払い状況なども含めてすべて手元で確認できる環境が作れるため、管理コストも大幅削減できます。
多くのフリーランスと契約している企業では、毎月の締め業務を一括管理することで時間を大幅に短縮し本業へ注力できる環境が作れます。こうした煩雑な業務が圧縮できるのは、企業にとって大きなメリットであることは言うまでもありません。
ただpastureが本領を発揮するのは、実はタレントマネジメントの領域です。これまでは企業がフリーランスへの発注を行う際、発注主だけが個々の能力やスキルを知った状態でした。pastureは社内で評価を共有することで、共通の評価のもと発注ができる仕組みを実現したことが強みです。
このサービスの開発前、ヒアリングにおいてタレントマネジメントを課題とする企業が非常に多かったことから、ツールの企画を練り直し、実現されたシステムです。

pastureの価格·料金プラン

pastureの費用については、個別に問い合わせが必要です。
サービス利用費用は契約パートナー人数で料金が変わりますが、ひと月あたり25,000円(税抜)からが基本となっています。
ほかに導入支援費用などもあり、支援を希望する場合には導入時に別途必要となります。
契約期間は1年となっており、こちらは途中解約も可能です。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

pastureの注意点

基本的に、フリーランスとの契約を多数抱えている企業などが対象となるサービスです。
そもそも契約数が少ない、抱えているフリーランスの人数が少ないという場合には期待するほどの効果は発揮されない可能性もあります。

pastureの口コミ·利用企業からの評判

契約フローが単純化しました

“契約会計士が1,000名以上増加し、管理上ヒューマンエラーが起きやすい状況になっていました。pastureを導入することで契約から支払いまで部署を横断したシームレスな環境が整えられ、煩雑な契約フローもボタン一つになりました。”(ブリッジコンサルティンググループ株式会社様)

スピーディーな制作が可能になりました

“自社ECサイトのランディングページやバナー制作を、複数のフリーランスデザイナーに依頼することになり導入しました。パートナーのアサインからクリエイティブ制作の体制を構築するまでがわずか1ヶ月半となり、これまで1週間かかっていた制作も3日で完了するほどスピーディーになりました。”(株式会社買えるAbemaTV社様)

類似サービスとの比較

pastureと比較されるサービスとしては、株式会社ROBOT PAYMENTが提供する請求管理ロボなどが挙げられます。
ただ、こちらは請求·消込·催促の作業を自動化するクラウドサービスで、請求書発行システムという位置づけであり立ち位置が異なります。料金は初期費用が300,000円で月額80,000円~と少々高いです。
ほかにも株式会社コネクティボの見積RICHなどのWebサービスもありますが、こちらもpastureとは活用方法が異なります。
真の意味でフリーランスマネジメントができる類似サービスはほとんど見当たらず、そうした意味ではpastureの独壇場と言えます。
見積RICHは1ユーザーであれば初期費用、月額費用ともに無料ですが、複数ユーザープランだとユーザー数によって月額費用が変わり、最低でも5ユーザーで5,000円からです。

pastureでコスト削減の実現を

pastureを紹介させていただきました。
pastureは開発当初、業務フロー改善によるコスト削減に最も力を入れていましたが、ヒアリングによりタレントマネジメントの課題ソリューションも盛り込んだことが大きな強みとなりました。
契約締結から請求書発行までの煩雑な業務を一元化する業務効率化はもちろん、フリーランスの個別スキルやノウハウなどナレッジ共有も実現したことが、このサービスの価値をさらに高めています。

画像·データ出典:pasture公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部